HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常「osu」と向き合った時間

「osu」と向き合った時間

コンペに向けての作業
最近のsotoDesign事務所では
「osu」のコンペ応募に向けて作業を進めておりました。

soto+・uchi+の製品ひとつひとつにsotoDesignの思いが込められておりそれぞれが大切な製品です。
その数ある製品の中から長年sotoDesignが温めてきた機構を採用した「osu」に絞り込み今回のコンペに臨みました。

遂に本日コンペに向けての準備が整いました。
今までどれくらいの時間を費やしたのか忘れるほどに「osu」と向き合う時間を過ごしました。

私たちなりに審査時のことを想像してosuの魅力を出来る限り引き出せる方法を練る中で
osuの魅力について深く考える時間となり、
今まで感覚的に魅力を感じていたことももっとより具体的な言葉にして表現できるようになったと思います。

sotoDesign事務所の外へ飛び立ち「osu」を初めて見る人の目にはどう映るのかとても気になるところです。
コロナ禍でなかなか社外の方に見ていただく機会がなかったので
このような機会があることで私たちにとってプラスになると思います。これからどうなるのか予想はつきませんがsotoDesignの考えや思いが伝わりますように。