HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常

sotoDesignの日常

週刊エクステリアの取材を受けます

2019年7月5日|カテゴリー「sotoDesignの日常
四角い表札

インターホンカバーmasuパーツ

sotoDesignのプライベートブランドであるsoto+(ソトプラス)が来週はじめに業界紙である週刊エクステリアさんにより
取材を受けることになりました。その時に話をする内容を少し考えて見ました。

なぜこのsoto+を立ち上げようと考えたのか、またどのようなコンセプトを持っているのか、エンドユーザーに語り掛けるだけではなくメーカーにも語りかけていきたいという思い(sotoDesignのこれからの立ち位置)、今後soto+をどのように育てていくかと言うことに絞り取材を受けたいと思います。

では簡単にまとめて上記の内容を少しお話してみたいと思います。
soto+(プライベートブランド)の構想は数年も前から考えておりました。元々sotoDesignは下請けでお仕事をすることはなくほぼ全ての物件がエンドユーザーさんからの依頼のみをお受けしてまいりました。
その際お客様から「もっと個性的で面白い~は無いですか?」などという言葉を数知れずお聞きししておりました。
そのご希望を叶えようとWEBで検索したりカタログを片っ端から見ていってもどこにもお客様のご要望にお応え出来きそうな商品がどこにも見つかりませんでした。「無いなら創ろう」がsoto+の始まりであったと思います。
普段からエンドユーザーさんの意見を直接お聞きすることが多かったのでどのような商品を創れば良いかと言うことは
概ね掴むことができていたと思います。
そのお客様達からお聞きした貴重なご意見を元にコンセプトを固めていきました。
ずばりコンセプトは「difference違いとlowprice安価」がメインテーマになっております。世の中の常識では良いものは高価というのが当たり前であり、それらを使用するのなら高価な金額を支払いなさいということが常識中の常識でしたが
soto+ではそこの常識を超えた物創りも大きなコンセプトの一つとなっております。
最後にsoto+はエンドユーザーさんだけに訴えかけるだけの商品軍ではありません。製造メーカーさんや工務店さん等の
プロの世界にも訴えかけていきプロの方達とも一緒にお仕事が出来る事もコンセプトの一つとしております。
どういう事かといいますと、製造メーカーさんとのエクステリア商品開発であったり工務店さん等の工事会社との新商品
プロデュ-スであったりと多岐に渡ります。実際に工務店さんや商社さんなどのニーズもエンドユーザーさん達と同じで
他に見ない商品でありなおかつ安価であるものと言うことと言うことになります。
このsoto+が他の商品と圧倒的に違う生い立ちなのは ユーザー目線とプロの目線どちらから見ても納得のいく商品である事と商社さんや工務店さん等のプロと開発をともにしていき各々独自の商品として発表、販売していけると言う新しい側面を有する事です。そうすることでその企業さんのエンドユーザーさんに対するアピール度は飛躍的にあがることになります。
上記に書いてきましたがどのコンセプトも外せない要素であることは間違いありませんが、この企業さん(プロ)との接点がsoto+のコンセプトの最も重要な点であるあることは間違いないと考えております。
いずれにせよ来週の新聞取材時にはきちんと話えを伝えてエンドユーザーさんやプロの方々にご理解頂けるように取材時にインタビュアーさんにお伝えしたいと思います。取材後に新聞掲載された記事の紹介は後ほどブログ紹介しますので
お楽しみに。




外構工事の順番をお待ちいただいております

2019年7月3日|カテゴリー「sotoDesignの日常
工事を待つ外構デザインプラン
九州地方並びその他地方にもに大きな影響をもたらしている雨が続いています。
知り合いの多い岡山の水害の記憶も新しく この雨の影響で不安な思いをされている地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。なにより安全でありますよう お祈りしております。

さて大坂でも雨が降ったりやんだりのここ数日です。
本日も箕面市の工事現場でタイル工事をおこなっていますが 午後3時頃に雨が降り出し工事の終了を余儀なくされました。
このように雨天で工事の進捗が読めない状況ですが工事をお待ち頂いているお客様の数が少しずつ増えてまいりました。
どのお客様にも理由をお伝えし工事がすぐに行えないことを了承は頂いておりますが なんとも心落ち着かずといった心境です。
こちらのお待ちいただいているお客様とは別に現在進行中の物件は実際に雨天により工事工程のやりくりで頭が痛い状態ですがなんとか関係者とのやり取りで事なきを得ている状態です。
流石にこの後の工期に余裕がないのでより一層注力していかねばならない日々です。
毎年訪れる梅雨ですが実際に工期ズレを起こしてくる状態になると精神的には良くないですね。
早く梅雨が明けて順調に工事工程を進めれるようになってほしいと願っております。
そして進行中物件とこれから外構工事が始まる物件の両方で問題なく外構の工程をこなしていける状態を望みます。
しかし今年の梅雨はまだまだ続くようですのでその対応に追われそうです。

展示場パブリックスペースのデザイン改修案

2019年6月30日|カテゴリー「sotoDesignの日常
神戸新聞ハウジングガーデン 芝生
こちらの展示場施工例は「施工例」のページにございます
http://www.soto-design.jp/works/original/sinijintyuoujyutakukoen.html
数年前にデザインコンペの末にお選び頂き施工させていただいた神戸新聞.加古川住宅展示場のイベントスペースや住宅公園のサイン(看板)などの改修プランを作成いたしました。
数年ぶりに現場に行き実際の状況確認させていただきましたが大きく傷んでいるところもなくほっとしました。
もちろん管理スタッフさん達の頑張りにより状態維持がなされてきたからでしょう、感謝せねばなりません。

今回の改修工事につきましてはまだ少し先だそうですがプラン段階から参加してほしいとのことなのでこの段階から
プロジェクトに参加させていただいております。
担当者さんとうちあわせをさせてもらいましたが前回のコンセプトとは少し違う内容で非常に難しいお題だったので
検討に検討を重ねた結果今回のファーストプランに至りました。
重ねて時間的にもかなりタイトなスケジュールだったので
より一層難易度が高かったように思います。
明日会議で取り上げられるそうでこれから何度もプラン修正が入ってくると予想されますが、sotoDesignとしましても
これらのようなパブリックデザインや店舗デザイン等も この先手がけていきたいと考えておりますので
勉強しながら全力で取り組んでいきたいと思います。
10acd9c5c84384c96d40e10ada063c95
f75f77ee6ff769dc8dfe6611a8570884

外構工事をお待ち頂いている物件

2019年6月25日|カテゴリー「sotoDesignの日常
次回施工外構デザイン

デザイン門まわり

2019年前半の工事
現在数件の外構工事を進めておりますが  今後も工事の予約でお待ち頂いているお客様が何組もいらっしゃいます。
これは本当に有り難いことで、いくら気に入ったプランを提案させていただいても工期をそこまで待てないという理由から工事が流れてしまうことも十分考えられることで  実際このような状態で当社をお選びいただけなかったという物件も
ございます。こればかりは誰が悪いわけでもありませんが大変深い問題でもあります。

こんな中でもsotoDesignをお選びいただき「工事の順番がくるまで待ちます。」と言って頂けると本当に幸せで これらのお客様のための最善の工事をおこない喜んで頂けるように頑張っていきたいと思います。
長い間お待ち頂いてでも当社をお選びいただいたのですからその思いにお応えするべく気を引締めて工事しなければなりませんね。
現在プラン進行中の物件も控えておりますのでこのような状態は続くと思われますがやはり同じように喜んで頂けるよう
に仕事に取り組んでまいりたいと考えております。
ただ、観測史上最遅の梅雨が気になります。
梅雨に入れば否が応でも工期の遅延は起こってしまいます。そのような状態を少しでも好転させるべく踏ん張りところでもあります。この後に控えているお客様達のためにも気合を入れて乗り越えてまいりますので今しばらくお待ち下さいませ。




エクステリア商品の製造販売

2019年6月19日|カテゴリー「sotoDesignの日常
春にエクステリアで使用していただく商品「soto+」をデザインして製作して販売する動きを本格始動しました。
これまでは 外構デザインを受け持ったお客様のために デザインして作っていたものを
自社のお客様以外に販売しようという 弊社にとってやったことのないチャレンジです。
そのために いろんな方の技術や知識を分けていただきました。
技術で言えば 創りたいデザインを叶えるためのテクニックであり商品知識、加工技術です。
工場で作業される方から 沢山の意見をお尋ねすることで 創りたいものや必要なデザインが具現化するのですから
とても重要な部分を担っています。

また
別に知財についてや法律 マーケティングについてなど 経営戦略のようなアタマの部分でも
多くの先生方や有識者の方のアドバイスを受け取っています。
これも単に外構デザイン設計施工だけをやっていたときには ほとんど単発でしか学んでこなかったことで
今回改めて 幅を持ってなおかつ少し深くまで勉強する機会になったと思います。

以上の多くの部分でいろんな方を紹介してくださったり取り次いでくださったりしたのは
弊社が取引させていただいている信用金庫の関係です。
信用金庫さんは 弊社のメインバンクではありませんが 今回のsoto+プロジェクトに関しては
非常に興味深く関心を持っていただいて コネクションをつけるという点でたくさんご協力いただきました。
弊社のメインバンクさんは最大手の都市銀行ですが きっと弊社の取り組み自体ご存じないでしょう。
つながりというのは不思議なものだなぁとしみじみ感じています。

弊社もたいへん小さな会社ではありますが デザイン性や細やかさにおいては自信をもっていて
大手のエクステリア会社さんに勝てると思っていますが
規模の大きい小さいや メジャーかそうでないか よりも大切なものがありますね。
お客様のためにがんばろうという心意気は 信金さんと弊社は同じようなものかもしれません。

より良いものを作ってお客様に喜んでいただきたいために 毎日がんばります。
soto+は次のデザインも すでに検討を始めていますので ぞくぞく発表できればと思います。
お打ち合わせと勉強