HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常パーツのデザインと考え方

パーツのデザインと考え方

新商品確認とパーツの検討会議
新入社員の大西です。週末sotoDesign事務所では久しぶりに新商品の細かなマイナーチェンジについて会議を行っておりました。
弊社オリジナル外構プロダクトsoto+に追加予定である試作品ができあがってきてからちょうど1ヶ月経過しました。実際に完成した試作品を一点ずつ細かな部分までのチェックと表札といった取り付けの工程が発生する商品について何度かの検討を行い、同時にsotoDesignの身近な人へ見てもらい意見聞く取り組みも行っていました。このように進める中で先程も挙げていたのですが、表札のように取り付けを行う商品には取り付けパーツが発生してくるのですがこのパーツについての変更と話し合いを何度かおこなっており今回の会議でも短い時間のなかですが話し合いを行いました
今回の新商品の表札から家の中で使うものまで、シンプルなデザインと廉価であることを大切にしておりますのでこのように取り付けの方法やそのために必要になるパーツについても、それらを追求しております。
メインとなる表札と取り付け用パーツの価格の内訳は当然メインよりパーツが高くなる事はないと思いますし、私の個人的意見ですが販売側であれ購入側であれ主要ではない部分での価格というのはどのような物事に置き換えたとしても抑えたい所だなと考えます。今回はそのような考え方を忘れずデザインはもちろん手を抜かず廉価であるというコンセプトを大切にパーツについても深い話し合いの末、現在のベストな形に収まってきています。表札などメインのデザインを崩すことないパーツのデザインであり取り付け方法もシンプル。この事を頭に置きながら進める事で最終的な販売へ形にしていこうと考えております。