HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常プランを設計を始めるまでの流れ

プランを設計を始めるまでの流れ

現地調査
最近のsotoDesignは現地調査に出向いたり
色決めのため現地にて打ち合わせを行うなど事務所外での動きが多かったように思います。

現地調査や色決めといった工程は
外構・造園工事を着工するまでの流れの中の重要なポイントと言えます。sotoDesignではまず初めにヒアリングを行い、外構やお庭についてのご要望をお聞きしたりsotoDesignがデザイン・設計をした外構やお庭の施工写真をご要望の内容に合わせてご覧いただいております。
初回ヒアリングが終了すると、後日私たちが現地調査を行うため現場へ出向きます。そこではお預かりした図面内容と照らし合わせて敷地の確認や図面には現れてこない設計に関係してくる現場の様子をチェックします。現調を終えるといよいよプラン設計が始まります。このように現調は外構やお庭を設計するためにはかかせない現場の様子についてのチェックを行う時間でありプランの設計にはいるための始まりの重要なポイントと言えます。sotoDesignではプランに取り掛かるまではこのような工程を踏み日々プランを進めております。プラン設計するまでの流れについて書いているとsotoDesignスタッフである私も改めてこの初めの部分へ携わるにあたって姿勢を正して取り組んでいこうと思います。