HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常エクステリアプロダクト梱包材

エクステリアプロダクト梱包材

エクステリアプロダクトの梱包
このところ12月完工予定の現場監理に追われており、久しぶりにsotoDesign事務所で商品発売の為の梱包材について
打ち合わせを行いました。

よくよく考えて見ると何かを入れる為の梱包材の打ち合わせ等したことがありません。なんの知識も無い状態での打ち合わせで、豊中市のタイホーパックさんから二名もお越しいただき色々と梱包についての打ち合わせをさせていただきました。というよりもあまりにも梱包についての知識がなかったので教えて頂いたというのが正しいでしょうか、、、

例えば中に入れる内容物と梱包に隙間が無いほうが良いなんて皆さんもご存知でしたか?
私自身そのような事も知らずに少し恥ずかしい思いもしました。
そのようなsotoDesignにもきちんと分かるように説明頂き大変ありがたいと思いました。先程も申しましたように
自分で専用の梱包材を作る機会等なかったので良い勉強になりました。それと何よりも来年から販売するプロダクツは
一点物ではなく商品として販売するのでキッチリと梱包しお客様にお届けしたいと言う思いが強いです。

お客様にご注文頂き商品が手元に届いた時に簡易な包装に包まれていると何となくがっかりですよね。
勿論過剰包装にする気持ちはありませんが、商品として販売するのだからそこはキッチリとしたい思いが大きいのだと
思います。

勿論今回の梱包も製品に合わせてオーダーしますので商品が中でゴソゴソ等と言うことは無いようにしたいと思います。
今年中に製品として皆様にお披露目をしたいと考えておりましたが、12月も後半になろうとしておりますので今年中にお見せすることは叶いませんでした。

後いくつかの検討事項が残っておりますが来年の早い時期にお披露目できるように頑張りたいと思います。