HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構現地調査が変わるかも?

外構現地調査が変わるかも?

LiDARスキャナー

皆様はiphone12pro以上に採用されているLiDARスキャナーをご存知でしょうか?
自分自身のiphone自体にこの機能が備わっている事は知っていたのですが何時、何処で、どのようにして使用する機能かも知りませんでいました。当社社員も同じ機種を所持しているので それこそ先週末に「どのようにして使うのかな?」等と話していたところでありました。昨日の事になりますが 使用しているCADメーカーさんが何やらユーチューブに投稿しているので確認の為見てみると今回ブログ記事にしているLiDARスキャナーを使用した現地調査の動画でした。
それを見て正直な感想は、とうとうここ迄できるようになったか! が率直な感想になります。
その内容を簡単に説明しますと、専用アプリで現地写真を取ると写真自体に細かい無数の点が出来ます。これを点群と言うようでその点をCADに貼り付けると撮影した写真内の距離や高さがわかるようになるという技術になります。これは長らくお仕事で現地調査をおこなってきた者にいわせれば本当に夢のような話で、本来現地調査でメジャーやレベル機を駆使して一時間以上かかる工程をLiDARスキャナーを使用すると数分で済ませる事が可能になります。それにメジャーで図るより精度も高いのでこれからの現地調査は手書きスケッチに寸法等を入れていいく事なくペーパーレス時代がほぼ目の前まで来ているということになります。このようにデジタル技術で色々な作業の効率アップが見込めますのでその分を各お客様へきめ細かい対応が可能となりますので 技術進歩に期待がかかります。
sotoDesignでは今後もできるだけ高い技術を取り入れお客様に対応していきたいと思いますので 宜しくお願い致します。