HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常吹田市外構物件でデザインの違う複数プランを検討しています

吹田市外構物件でデザインの違う複数プランを検討しています

フェンスピンコロタイルサイクルポート土間コンクリート

グレーチングルチアウッドタイル立水栓
sotoDesignではお問い合わせ頂いたお客様への外構プランついて特に考え抜き最終的に決まった内容でCAD入力することが多いですが 今回吹田市のお客様へのエクステリアプレゼン下書を2タイプ作成させていただきました。
水平と垂直を基調としたシンプルなプランと 方向性などが少し曖昧になっても大丈夫なプランなのです。元々シンプルモダンなプランを得意としていsotoDesignであれば 角張った方のプランをご提案する事が非常に多かったのですが 最近事務所のトレンドとしては 2つ目の少しラフなプランのご提案も多くなって来ました。
この方向性の少し曖昧なプランには非常に面白いところがありまして 物件としてお問い合わせ頂いた際には必ず決まっているゾーニング(用途割り)の中で2つ目の方法を使用しプランすると同じ広さでも少し広く見えますし、駐車していない場合のガレージが案外そっけなく見えがちになること防げたりもします。
このように二つ目のプランも素敵な仕上がりになることは十分理解いた上で今回は1つ目の角張った方のプランでプレゼンを進めたいと考えております。そこは初回ヒアリングでお客様のご要望が「シンプル」にしてくださいというご要望をどうしても尊重したいからです。作者側が良いと考えていてもお客様の心をつかめなければ初回プレゼンとしては不合格になります。そうならないためにの決断ですが正直作者としては心揺れるところであります。
プレゼンの結果はブログでも紹介したいと思いますのでお楽しみに。