HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常建物と外構全体を意識した外構プランになるように心がけています

建物と外構全体を意識した外構プランになるように心がけています

建物の入力中
最近のsotoDesign事務所では外構プランのブラッシュアップや
新規外構プランの作成に向けての作業が進められております。

新規外構プラン作成に向けての作業はいくつかの段階があり
現在作業が進められている数あるプランのうちのひとつは建物の入力が完成してこれからエクステリアのプランニングがスタートします。
外構プランが完成しお客さまへのプレゼンを終えたものも、どの外構プランにおいてもこちらのプランと同じように初めの段階があります。
画像のように外構が入力されていなくて建物しかない様子はまだプランニングの初めの段階ですが
今後の外構プランを作成する上で建物の入力は大切な工程です。

基本的にプランする上で敷地や建物の大きさや形状が分からなければもちろん設計する事はできませんので必要な作業ですが
設計する為に必要な要素というだけではなくて外構プランを考えていく中で敷地や建物や形状からデザインを考えるためのきっかけをもらったり
建物の外壁色や材質からかっこいい雰囲気のものかナチュラルな雰囲気なものかを読み取ったりします。
そうする事で、ヒアリングでお聞きした内容だけでなくもっと深くお客さま好みの外構デザインのテイストに近づくことができると考えています。
お客さまの好みは人それぞれですが、建物外壁のカラーを決定する際にきっと沢山検討されていると思いますので
外構もその色や材質をベースに雰囲気を掴んで使用する材料のカラーも近い系統のものを意識します。

実際に外構が完成した時には外構だけが見えて来るわけではなくて
建物と外構が合わさって見える姿で完成形になります。
どうしても外構を考えるときは外構だけを見てしまいがちですが
そうではなく、建物と外構とトータルで見ることを意識する事が大切です。
しっかりと全体を意識したプランニングをすることで建物と外構の雰囲気に統一感がありより一層素敵な外構プランになるとsotoDesignは考えています。

こちらの画像の外構プランも完成に向けて日々作業が進められていますので
またどこかのタイミングでプランをお見せしたいと思います。
外構プランに向けて建物入力が完了