HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常知財への意識

知財への意識

知財
デザインの周辺で 昨今気をつけているのが権利の問題です。

以前から sotoDesignでは他社がデザインした設計に敬意を示そうと
「他社のデザインでの施工はしない・他社へデザインを流出させない」という方針をもってきました。
デザインをした本人にしかわからないデザインのポイントは 
図面をコピーしたのでは理解できないことです。

それはデザインしているからこそ思える事で 
簡単に考えている人には形だけ真似ればいいのだと思うのかもしれません。
ですが外構といえど空間全体をデザインしているため
形をコピーしただけでは同じものは出来ないとお考えください。

それと同じように弊社が製作しているデザインプロダクトも 
制作に至った根拠がきちんとあって 経緯があって 必要性があって作っています。
今後一点ものではなくマスプロダクトとして生産するようになるのなら
大事なその根拠を明文化して
権利をキチンと守る必要が出てくると思われます。
知財に関する知識を自分なりにも持ちながら設計することが大事だと考え
講演や勉強会などで 勉強させていただいています。
幸い相談できる弁理士さんも近くに沢山いらっしゃるので
心強く今後の新しい展開に必要な知財に対して 
常に意識をしっかりもっていたいと思っています。