HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常豊中市マンションのリフォーム外構

豊中市マンションのリフォーム外構

豊中マンション外構リフォーム
マンション外構リフォーム計画図

今月4月1日より工事予定をしておりました大阪府豊中市にあるマンションのエントランス部とアプローチ部のリフォーム外構工事が始まりました。改修前の状態はどこでも目にするインターロッキングが敷かれていて所々に灌木が有る見た目普通のマンションエントランスでした。そのような中でマンションオーナーさんによるsotoDesignへのご希望は少し築年数の経過したマンションの見た目を良くしてほしいというご要望で なるべく工事金額も少なくなるようにというご要望でした。そこでsotoDesignがまず考えたことは工事部位の床をを全てなにかの材料で覆ってしまう工法を取らずに必要な部位に必要な分の床を配置しところどころ素材を変えてやるというデザイン工法を提案させていただきました。こうすることでベッタリとお同じ材料で全ての部分を覆ってしまうよりも施工面積がとても少なくて済むことになります。それでいてデザイン的に特徴の有る床に仕上がることになります。奥行き50メートル程もある現場には持ってこいの収めになります。他にもエントランス表札柱等もsotoDesignオリジナル品で完成後には是非皆さんにも見ていただきたプランになっております。工事は始まったばかりで完成までにはもう少し時間がかかると思いますが工事途中のレポートや完成後の様子はsotoDesignブログで紹介してまいりますのでお楽しみに。