HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常タイルを使用した新たな外構プラン

タイルを使用した新たな外構プラン

豊中市の外構完成イメージパース
本日豊中市外構工事が着工しました。
今回の外構プランはイメージパースを見てもらうと良く分かると思いますが
タイルの面積でほぼ敷地内が構成させています。

タイルは経年劣化に強く、汚れが付きにくくお手入れもしやすいです。
sotoDesignではお客さまに汚れが気になったら
メラミンスポンジや高圧洗浄機を使用してお掃除することをおすすめしております。
このような機能的な特徴を持ちながらも外構の中に
抑揚や色を付ける等デザインの面においても大切な材料です。

sotoDesignでは玄関アプローチや階段以外にもデッキや門柱・表札等に使用しています。
今回のプランにはアプローチ・ガレージ・門柱とほぼ全体に的使われていますが

外構の中心部分のタイルが楕円形にきり抜かれていて
メインツリーや砕石でつくられた玄関前のお庭になっていたり、
左角の丸くタイルが切り抜かれていてその中に門柱と足元には草花が入っています。


タイルのみで単調にならないようにこのような工夫しプランを考えております。
タイルのグリットの中に円や楕円のような真逆な形が組み合わさることで
sotoDesignらしく遊び心のあるデザインになっていると思います。

今後工事が進んで行く様子や完成した姿をご覧いただけるように
更に気を引き締めて工事を進めて参りたいと思います。