アルミカラーの可能性

アルミに色をつけて
アルミ着色
先日ブログにも書き込みました大阪で行っている外構・エクステリア勉強会に 
多目的リペアー業の「色禅」佐伯氏にお越し頂き、色々とお話やリペアー例をお聞きししました。
外構ではよく使用されるアルミ材ですが メーカー品は既定の色ばかりです。
こんな鮮やかな着彩ができるなんて 勉強会のメンバーさんも発耳だと言う方がほとんどで 聞く事、見る事 皆さんビックリされていました。

sotoDesignも 数ヶ月前にフェイスブックで色禅さんと知り合い、以前自分の物件でコンクリートとアルミの傷んだ部分をリペアー頂いた事がきっかけで、
次回の勉強会で多目的リペアーの事を勉強会メンバーさん達に紹介させて下さいとお願いしてありました。
快く引き受けてくださって みんなでリペアーの説明を詳しく聞くことが出来ました。

その際に色禅の佐伯氏より説明があったのは、リペアーと言うのはある部位の補修だけでなく、全体のカラー替え等の
提案等の説明を頂きました。その時のカラーサンプルの色がとても綺麗で驚きました。
そういえばエクステリア・外構のメーカーさんの作る商品には無いカラーなので、
例えば既製品の門扉カラーやカーポート等のカラーがこの様な色だったらとても楽しいプランができるのではないかという話をしながらワクワクした気分になりました。

とかくデザインというと形の事をイメージしがちですが、同じ形のものでもカラー変更により
十分 デザインに勝るとも劣らない効果が得られる好例だと思います。
sotoDesignも含め勉強会メンバーさんのプランの中に このカラフルなアルミ材が盛り込まれるのは
そう遠くないことかもしれません。
その時には 勉強会やこちらのブログでも紹介して行きたいと思います。