素材、特殊ガラスについて

プロダクトの素材
特殊ガラス
まずは2枚の写真をご覧下さい。
何十年も前から建築用建材としては存在しいたので、皆さんも知らず知らずに目にしていいる建材であるのではないでしょうか。
実はsotoDesignの自宅を建築家にお願いした時にコンペで選ばれなかったプランに この特殊なガラスが使用されていたと記憶します。その時は面白い素材だなと思ったぐらいでそんなに気にかける事もありませんでした。
最近非常に忙しいのですが その間を使い新規プロダクトの事をよく考えております。
その際ふと思い出したのが このガラス素材です。
早速メーカーさんに問い合わせてみましたが 使用の際に留意しなければならない事も含めて色々と教えて頂けました。今度 大阪のショウルームにお邪魔することをお約束させてもらいました。

ショウルームでは実物を見ながら どの様な物が創れるかの検討に入ります。
簡単なイメージは済んでいますので その後の確認と検証等を行いながら内容を詰めていく事になります。もちろん 色々と問題がでてくる事と思います。
完成できるのか この素材を使用しながら進めるかも現在のところはまだ未定ですが、くわしくお聞きしていると とても面白い素材であることに間違いはないように感じました。
ぜひ 可能になるよう この素材の使い道を慎重に検討していきたいと考えております。

このように色々な素材の特性等について勉強していく事はプラン作製のお仕事にも とても役にたちます。
元々製品として無いものを頭の中で構築し実際に創って行く行為自体がプラン作成時の考えを柔軟にすることができるのです。
あながち一つのプロダクト作製に終始せず、この業界で仕事をしていく上ではとても役にたっていると思います。
これからも素材についての検討等は率先しておこなってまいりたいと思います。