HOMEsoto Designブログオリジナルエクステリアプロダクトエクステリアに欠かせない表札の材質

エクステリアに欠かせない表札の材質

0ebbb3b3e17ad06dc66108b64e8a7f19
73997aac277aaa2dbab184b1e7c59000

sotoDesignが メーカーのカタログ商品以外の選択肢としてお客様にご提案しているのが
オリジナルデザインで弊社が作っている エクステリアプロダクトたちです。
エクステリア 外構で欠かすことができない表札など お客様の家をアピールする目玉となる部分は
となり近所に見られる大手エクステリアメーカーのカタログ商品「ではないもの」がもっと色々な種類あれば 
お客様もインテリアを選ぶときのように嗜好にあわせて選択できるのに と思って作り始めました。

最近 BASEで販売しているそのエクステリア商品がけっこう好評いただいていて
お問合せが続いているのですが その中で素材のことを質問頂くことがあります。
アルミはエクステリアで使っている柱と同じものを使っています。カーポートの柱やフェンスの柱をイメージしていただけばだいたい一致するものだと思います。
あと osuやmasu  または ori とorioriのような色鮮やかなパネルで製作しているものがあります。
インテリア雑貨のラインナップ「uchi+」にもありますが 赤や青の鮮やかなパネルは
エクステリア業界で使っているのを見たことはありませんが 間違いなく屋外で多用されているパネルで
アクリルとは違います。
アクリルでエクステリアプロダクトを作った事もありますが どうしても耐候性に弱く変化しやすいもので使う場所を選びます。
その分 こちらのパネルはアクリルよりも 日光や気温変化に耐久できる素材になっています。
そしてしなやかでやわらかいため 弊社のデザインに使っても動作しやすくなるのでいいのです。
さらにもう一つアクリルより優位な点は パネルの質感があって高級感を感じることです。
つるっとした光沢のあるイメージかも知れませんが ご覧のように少しシボが入っているので表情があります。
これが下敷きみたいなつるつるだったら ちょっとイマイチな気がしてしまいます。

私達はエクステリアのプロではありますが プロダクトのプロではないので
まずは素材を探すところからの出発でした。
逆にさまざまな業種の方にアドバイスをいただいて 凝り固まらないでいいものはいいと思える気持ちで
素材選びをおこない このパネルに出会ったからこそ masuやosuのデザインが完結できたみたいなこともあります。
それまでに使っていたステンレスは良いものだけど 高価だし加工も高価
お客様に安価でも面白いものをご提案したいという目的もクリアすることができました。
教えてくださった工場さんには今も感謝でいっぱいです。