HOMEsoto Designブログオリジナルエクステリアプロダクトアイデアで差別化する外構デザイン

アイデアで差別化する外構デザイン

ブロックでできた門柱

オリジナルステンレス表札作品例

アイデアを出しそれを具体的に外構デザインに落とし込む、この方法はこれまでのsotoDesignの基本的なデザイン流儀であります。
まずは、街なかで同じ物を目にしたく無いのでsotoDesignにご依頼頂いた方の外構プランには必ずオリジナルのエクステリア部品等を配置しプランニングするようにしております。
この考えも25年も続けている今では sotoDesignのアイデンティティーになっています。
ただ、これらのアイデアは普段から常にアンテナを張り巡らしていないと中々その場しのぎでは出てこないことが多いです。
普段街中を歩いている時などはエクステリアと外構とは全く関係ないもの造形等(ディテール等)を頭にいれておき
その要素をsotoDesign流にアレンジしてプランニングに取り込むというデザイン手法を使用します。
このときのデザインの流儀として同じカテゴリーのデザイン・ディテールを使用しないということです。
どういう事かといいますと、どこかで素敵な看板(サイン)を見たとします、それをそのままデザインとして表札などに
取り込むということなどは致しません。
それよりも全く違うものからインスピレーションをもらい それをデザインに生かしていくというやり方を普段からおこなっております。これらがsotoDesignのアイデンティティーを生むルーツになっているのでは無いかと考えております。それらがお客様達の胸に響きお喜びいただけることが一番喜んでいる部分で これからも色々なデザインを生み出していくエネルギーにもなっていると考えます。
世の中の物件全てのお客様がsotoDesignのデザインを喜んでいただけるなどとは全く考えていなくて、
むしろある一定量のお客様に必ず喜んでいただけるプランを考えているという感じで好きな方には非常に喜んでいただけるデザインだと信じてプランニングしております。
これからもこのデザイン手法は変わることなく続いていく思います。この少し風変わりなシンプルな造形に興味をお持ちの方はぜひデザイン依頼をお待ちしておりますので、宜しくお願い致します。