HOMEsoto Designブログオリジナルエクステリアプロダクト現場対応のちょっとした外構オリジナルアイテム

現場対応のちょっとした外構オリジナルアイテム

アルミ縦桟フェンス

コンクリートのベンチ

これら写真のものはsotoDesignがエクステリアプラン上で非常によく使うオリジナルアイテムです。
今日はそれらのアイテムについて少しお話していきたいと思います。
一枚目の写真ですが50角の柱が沢山立っていますが これはメーカー製の既製品ではなく汎用部材である柱を現場でカットして各々がバラバラにならないように柱下部で連結し 各現場サイズに合わせて設置しているアルミ縦ルーバーになります。ブルーのシール状のものは養生シールで 完成の際に剥がすものですのでご心配なく。
この縦ルーバーの良いところはどこにも横桟がありません。究極にシンプルな見え方でおまけに現場対応で柱と柱の間隔を変更できますので お客様のご希望の間隔にお応えできる仕様になっております。(図面上での指示は必要になります。)色々なお客様にもお喜び頂いているsotoDesignオリジナルの現場対応ルーバーになります。

二枚目の写真は少し分かりづらいですが リビングの吐き出し窓から降りるときや飛石に使用するステップ&飛び石になります。これも簡単な作りになっており汎用の紙製ボイド(パイプ)を任意の長さに切りその中にモルタルを流し込み固まった後で紙を剥がします。出来上がった筒状の天端面にペンキ着色という風にこのアイテムも非常にシンプルな作りになっております。プランの中にこれらオリジナルアイテムを取り込むことで他では目にしないsotoDesignならではのオリジナルプランに仕上げることが可能となります。仕上げに完全に一点ものになる門柱や表札など散りばめることで本当の意味で完全オリジナルなsotoDesignプランになるわけです。他所と異なる個性的な外構を希望されるがゆえに弊社に設計依頼くださったお客様に対してはそのご期待にお応えするひとつの手立てとして オリジナルアイテムを中心としたプランをご提案するように心がけております。このブログの読者さんで他とは違ったこだわりのプランを方ご希望の方は是非sotoDesignにお問い合わせください。全力でプランニングさせていただきます。