HOMEsoto Designブログオリジナルエクステリアプロダクト大阪淀川区の外構門柱がついて完成

大阪淀川区の外構門柱がついて完成

大阪淀川区の外構仕上がり
門柱青バージョン
数日前ですが表札以外完了していた大阪市の外構工事 本日表札を取り付けて全て完了となりました。
この表札はアルミオリジナル表札とアルミ汎用材を使用して数々の現場で使用されて来た実績のある仕様でしたが
sotoDesignのオリジナルブランドsoto+を企画するさいに製品化されたのがオリジナル門柱flacoになります。
この門柱(表札含む)の良いところは非常に汎用性にとんでいるところで 写真に写っている表札部分のカラーが数種類あり 外柵から門袖と門柱までを一体にデザインすることが可能です。
おまけに四角いアルミパイプの特性を活かし表札の向きも自由に変更できるので アプローチの向きなどにより自由に使用することができます。表札の向きが変えられるという構造はこれまで
の既製品門柱にありそうでなかった仕様になります。
表札単体としてはカラフルで派手さが目につきそうですが 外構・エクステリア全体のデザインの中に入ってしまえば丁度よい見え方になります。これこそ普段からsotoDesignのデザイン流儀の王道で、ある一部分のデザインをするというよりも細かい部位のディテールにもこだわりながら全体の構成にもこだわるという作風といえば少しわかりやすいでしょうか、、、
ディテールにこだわりながら実は汎用性もある、そのような表札になります。
シンプルモダンなプランには非常に使いやすいものになっておりますので気になる方がおられましたらsotoDesignまでお問い合わせ下さい。