HOMEsoto Designブログオリジナルエクステリアプロダクト門柱flaco人気安定しております

門柱flaco人気安定しております

スリム表札各色

上の写真は全てsoto+の門柱 flaco部品(表札)になります。
sotoDesign事務所でプランされる物件の中でも結局のところインターホンカバー兼表札のmasuを抜いて このflacoの使用率が圧倒的に多いのが実情になります。soto+を考案したsotoDesignの予想としては少し予想外な結果になっているのが興味深いところでこれらの状況を自分なりに分析すると、外構・エクステリアのデザイナーからするとmasuやedgesignのように完成形として販売されている商品よりflacoのように柱などの本数や配置の仕方で色々な使い方ができる方が使い勝手がよいからなのかと分析しております。
それとオプションのアクリルバージョンなどが設定されている事もその要因かもしれません。それらの結果も関東方面中心に今年の四月からカタログ販売されることでflacoの実力が本当の意味で試されるのだと思います。去年の3月に発表されておおよそ一年がたち販売網が強化されて初めて答えの出る事でその答えはsotoDesignとしても正面から受け止め今後のsoto+商品の開発に努めていかなければならないと考えております。
まずは4月3日,幕張メッセで開催されるEXGでの商品展示の反響などを注意深く見ていきたいと思います。会場での反響などはこのブログでも書き綴りたいと思います。