HOMEsoto Designブログオリジナルエクステリアプロダクト大阪市の外構でこのような表札を作りました

大阪市の外構でこのような表札を作りました

ユニソンヴィコとオリジナル門柱
アルミ表札レーザー
こちらの大阪市の外構は今年最初の新築外構工事となります。
こちらのお客様は非常に外構・エクステリアデザインに対してこだわりのある方で 意気投合して色々意見交換するうち ついにこのような加工にトライすることになりました。何がいつもの加工技術と違うのかと申しますと、例えば四角柱のどこか一面にレーザー加工で文字や模様を入れる加工は多数経験してまいりましたが 今回の加工は四角柱のうち2面を使い 各々の面がつながるよう切り抜き文字加工を試みたのです。中々うまくいかず失敗の連続でした。レーザー加工工場の関係者さん達にはサンプル加工を何度もお願いすることになりましたが 快く引き受けて頂き 今回は何とかこのデザインで模様を抜くことに成功致しました。
実際に出来上がった品を見ていただけると加工の凄さがお解りいただけると思います!
今回のレーザー加工で作られた
部品はアルミ柱のオリジナル門柱にセットされたのですが 門柱のデザインも今回の加工同様 垂直に配置された白のインターホン取り付け台と水平に展開された品がシルバーの門柱を介して一つになるという造型の門柱に仕上がりました。言葉で説明すると少し伝わりにくいので写真をじっくりご覧ください。

こちらの現場完成は間近ですが、今年の一番目に施工させていた物件がはじめてのレーザー加工なども含め とても充実した物件になり嬉しいです。前回ブログ紹介させていただいたコンクリート製のミ◯キーについても 次回紹介させていただきますので皆様お楽しみに。