HOMEsoto Designブログオリジナルエクステリアプロダクト試作品を前に再検討すべきこと

試作品を前に再検討すべきこと

エクステリアプロダクトの試作

IMG_0188-e1532000504879

今回のニュープロダクツの検討用で試作品を作成してもらいました。
もうすぐ商品開発でコラボレーションする商社さんにプレゼンの日が近づいて来ましたので色々検討しているところです。
色の塗り分けやエッジの収め、艶の具合や塗料の強度等々検討することは沢山あります。
スケール的には小さくても検討している素材事態で試作を作らないと気づかないところやわからない事は山程ありますので
試作品作成は非常に重要な工程になってきます。
今回も実際の品を見て 色々と収まりが変わるところもありました。やはり実物を見ないと分からない事だらけです。sotoDesignは ほぼ毎日三次元CADを使用し色々なものを創っているのですが、図面と実物のギャップを埋めることはできません。シンプルな物になればなるほど その傾向は強くなると思います。
理由はシンプルなものほど ごまかしがきかないため。
シンプルなものを創る方が楽しくもあり難しいと感じております。
この作業を行っている時の期待感やドキドキ感をへて、多岐に渡り検討を重ねる事で最終的に出来上がってくる
新しいプロダクツに期待が高まります。
次回のプレゼンが終わり、結果次第では近い将来に皆さんに実物をご覧いただけるのではと思います。
その時は当ブログにて紹介致しますのでお楽しみに。