外構工事の最後に表札

IMG_1464
ステンレスオリジナル表札
Y様オリジナル表札設置
今年の夏頃に工事させていただいた兵庫県の物件ですが、この度打ち合わせを繰り返していたようやくオリジナルデザインの表札が出来上がってきましたので取り付けに行ってまいりました。
こちらの物件のお客さまは外構・エクステリアデザインにとても興味を持っておられて、打ち合わせと制作に時間を掛ける事ができました。今回の完成品に至るまでいくつものデザインを作成致しました。お客さまのスケッチなども色々といただき、その上で二世帯分の苗字とインターホンの位置、文字の大きさや文字色等検討する事は全て検討を繰り返してCADで作成しお客さまに見ていただく事を繰り返して 現在のデザインに落ち着きました。
写真をご覧いただきわかると思いますが、表札はスリーピースに分割されておりその横に入ったラインが上手く各世帯を分ける役目をしており、一番上部のピースはステンレスを折り曲げる事でインターホンと表札の庇になっております。
最後までこだわられていた文字色はホワイトですが、このホワイトの文字ですが打ち合わせ段階では中々良さを理解し辛いようでした。
このステンレスにホワイト文字という組み合わせ 実は提案時にはほぼみなさんに賛成頂けない事が多いですが、実際に表札が出来上手来て実物をご覧頂くと「ホワイト文字にして良かった!」という声を沢山頂いております。
かくいうsotoDesignも同意見で表札を創り始めた頃は皆さん達と同じ意見でしたが色々な表札を創ってきまして
現在では表札の文字色ベスト色ではないかと考える程です。
このように表札一つにまで思いを入れて外構・エクステリアプランを考えております。
こちらのお客さまも「やっぱり仮設では無く完成した表札が取り付くと雰囲気がガラリと変わりますね。」という
言葉を頂いて色々な部分でこだわる事の大事さを再認識することができました。