HOMEsoto Designブログ北欧研修ヘルシンキのカンピチャペル

ヘルシンキのカンピチャペル

カンピ礼拝堂
ヘルシンキカンピ礼拝堂
本日は久しぶりに北欧研修で見てきた建築について少し書き込みたいと思います。

場所はフィンランドヘルシンキ
オフィスやモールが立ち並ぶ賑やかなところにその建築は建っております。
規模自体はそれ程大きな物ではありませんが 形状に余りのインパクトの強さがあり、見る者の心を一瞬にして鷲掴みといったところでしょうか。

形状だけではなく細かいディテール等も細かく見てまいりました。
それは細く細長い集成材を使用しとても巧みに造られていて、まず日本では使用されない木の使い方だと思いました。
これまでも北欧研修旅行ブログで何度も書き込みしましましたが、このディテールで日本に同じ物を作ると極めて短い期間で朽ち果てるだろう思います。
物凄く不思議に思っているところであり今後も色々と考察していきたいところです。
外部も大変美しく魅力的な教会ですが、内部もとても好感の持てる作りになっており、静粛の礼拝堂はカメラのシャッター音が気になるくらいの静粛感ですので内部の写真を撮ることはしませんでした。
そのぐらい内部礼拝堂の中は静かな空間になっており、外部の喧騒と隔絶された空間になっておりました。
形状やデザイン等が動向ではなく、静か(静粛)であることが一つの意味(要素)を持っているという事なのでしょう。

このように北欧にはとても魅力的な建築が多く存在しています。
北欧研修最終日でしたが この様な素敵な建築に出会えてとても嬉しい気持ちになりました。
流石は北欧デザインといわれるだけのことはあると感じさせられた建築でした。