HOMEsoto Designブログ北欧研修北欧自転車での移動

北欧自転車での移動

北欧電車の中

北欧の駅

北欧で印象的だったものの中に自転車での移動があります。

デンマークでホテルの自転車を2日間借りて あちこち走り回りました。
小さなコペンハーゲンの街は蜘蛛の巣のように石畳の道が続いていますが 市民の方の主な足は自転車。
朝の通勤時間は ヘルメットをかぶった方が自転車専用道路を駆け抜けていきます。
さまざまなタイプの自転車があり なんともスタイリッシュで格好も良かったし 大変便利です。
さらに その自転車 電車に乗せることが出来るのです。
コペンハーゲン中央駅の改札(らしい改札はないのですが)を自転車を押して入り エレベーターでホームに降りることが出来ます。
電車は自転車と車椅子、ベビーカーや荷物の大きな人(スーツケースを持った旅行者など)の専用車両があって
そこに乗り込むことが出来ます。
折りたたみ椅子になっているので 必要な分だけ引き出して使うようになっていました。

市民の方はベビーカーを押したママさんも 車椅子のおじいさんも ゆったり電車を使っていました。
ユニバーサルデザインという特別なものではなくても みんなが使いやすいものが当たり前になっている社会が
非常に心地よく感じました。
こんな街をめざしていきたいものですね。