HOMEsoto Designブログ北欧研修北欧の集合住宅

北欧の集合住宅

北欧の集合住宅2
北欧の集合住宅1

北欧の集合住宅について書きます。北欧の集合住宅と日本のものでは少し様子が違うようでした。
何が違うかというと 日本では大別すると一軒家かマンション・アパートに分類されます。
前回もこのブログで集合住宅の書き込みをしましたが 北欧の住宅事情では建物は長屋形式でその他の部分をパブリックスペースとしてみんなで使用する形態がよく見受けられました。もちろんマンション形式のものもありましたが 長屋形式のものが目についたのは比率がそれだけ多かったということなのでしょう。
これは人口密度の問題が大きく関係していると思います。北欧ではまわりを見渡してもどこへでも建築ができそうなくらい広大な土地があります。日本の住宅事情からすれば 本当に羨ましいかぎりです。
日本でこんなにふんだんに土地を使って住宅などを計画すれば 建築にいくら費用がかかるでしょう?まず土地代がものすごそうです。

土地などの建築に対する事情はこのくらいにして
北欧の住宅地は 見るからにグリーンが多くて開放的で素敵です。時期は北欧の夏にあたるので ひときわグリーンもあざやか。
短い夏が終わるとすぐに厳しい冬がくるのでしょうが。

北欧の住宅の外構や玄関まわりについては とくに突飛なデザインは施されてはいなくて 
どちらかというとオーソドックスなスタイルだと思いました。
しかし 左の写真のような 砂利とその他の部分を分けるため 直接スチールのみ差し込んで分けているのは
日本の庭造りではサビを考えるとできないことではあります。
よくこういう納めを見ましたが これがこのオアスタッドだけでなく
北欧という気温が低く雨の少ない地域全土で普通に使われているものなのか いつか調べてみたいと思います。