HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

本日は現調(現地調査)日です

2019年7月31日|カテゴリー「sotoDesignの日常
現場調査の様子

本当に暑い日が続きます。
本日は一日かけて数件の現地調査に行ってまいりました。皆様にすればこの調査は地味に見えているのでは無いでしょうか?
私達プロの目線から言いますとこの現地調査は非常に大切で現場の色々な情報を得るために欠かさせない調査でプランを作製する者にとってはなくてはならないプロセスととなります。例えば隣地境界部分などは念入りに確認したい部分でこの部分の確認が甘いと後にとんでもない問題に発展しかねませんので特に慎重に確認せねばなりません。
それ以外に土地の高低差や道路と敷地の関係等なども非常に大切な調査項目になります。
長年このお仕事をしていると現地調査に行った際どの部分が大切でそうでない部分かがすぐさまわかるようになりますので調査をする時間は比較的少ない時間で済むようになるのですが あまりの暑さに本日の調査は大変厳しく感じました。なんとか数件の現地調査を終えることが出来て嬉しいです。後の作業は事務所でできる作業ばかりなので頑張って作業してまいります。
と言いましても調査後の作業の方が圧倒的に時間がかかる作業ばかりですが自分の頭で色々なことを考えてプランしていくのですからsotoDesignとしては一番楽しい時間になります。
この楽しい時間を大切にしながら現地調査完了物件のプラン作製に入ってまいりたいと思います。お待ち頂いているお客様へ、プラン完了まで今しばらくお待ち下さいませ。

大阪箕面市の外構ポーチ施工

2019年7月30日|カテゴリー「工事について
玄関ポーチ施工

ポーチの施工

梅雨が明けて本当に暑い日が続きますが皆様はいかがお過ごしでしょうか?
本日は現在工事中の大阪箕面市の現場管理に行ってまいりました。状態としては各々の下地工事が順調に進んでいる状態です。 
この下地工事が終了すると各部位の仕上げ工事に入っていくのですがこの下地段階というのは外から見ていてもどのような物が出来上がるかが非常にわかりにくくその割に時間がかかるのでお客様にしても関係者にしても我慢のしどころなんとなく工事が停滞しているように見えてしまうのでは無いでしょうか?
実際にお客様の声で「工事があまり進んでいるように見えませんね。」的なお言葉をいただくことも少なくありません。
その時は「ここまでは時間がかかりましたが、ここからは急加速度的に現場が進んで行きます。」とお答えします。
実際にそこからの工事進捗はこれまでのスピードとは違いとてもスピーディーに進んでいくことになります。
下地工事より実際に各部位が完成していくほうが皆様の眼に映る光景も随分違うのだと思います。実際完成に近づいてきているのでそのように見えるのも当たり前ですね。
さてこちらの現場も半分弱の進捗状況になり今後ガレージの土間打ちなどが控えております。その後タイル工事を行い
植栽などが入れば工事最終段階になります。予定では8月のお盆前には工事完成させたいと考えております
この後の状況もブログ紹介してまいりますので宜しくお願い致します。



エクステリアデザイン色決めの大切さ

2019年7月27日|カテゴリー「sotoDesignの日常
素材いろいろ
先日は次回着手する大阪府茨木市の現場で使用材料の色決めを現地でおこなってまいりました。
この色決めという作業は基本的に全邸でおこなうようにしております。
お客様によってはsotoDesign事務所などの屋内で決めてしまおうと考えておられるようですが理由をきっちり説明をおこない必ず現地でおこなうように心がけております。
理由は出来上がった物件を確認いただいた際に「こんな色だったっけ?」などの行き違いをなくすためとカラーの違いによる出来上がりイメージの差異をなくすためです、ところが案外この色決め自体を軽く見ているのでは無いかと思える事が沢山有ります。聞くところによると「現地での色決め等全くおこなっていない」などの声も耳にすることもあるほどです。sotoDesignからすれば恐ろしくて色決めをしないで工事を進めていく事等は考えてもいません。それだけカラーで現場の仕上がりに差が出てくる事を経験しているからにほかなりません。
皆さんもご経験があると思いますが洋服や靴などのカラーは非常に気にかかるのではと思います。それと同じくらい
いやそれ以上に外構・エクステリアの色決めは大切なことになります、洋服などのようにすぐに買い換える事が難しいからに他ならないです。
以上のことから皆さんも今一度カラーについて高い意識を持っていただければ素晴らしいご自宅の外構。エクステリアになるのではと思います。
今回お時間を頂き色決めをおこなっておりますのでお客様の満足度も高くなると思います。勿論工事自体も頑張って完成させてまいりますブログでの紹介もお楽しみに。

箕面市外構工事の監理に行ってまいりました

2019年7月26日|カテゴリー「工事について
外構施工のはじめ
ガレージ土間の施工
今日は 今週明けより着工しております箕面市の現場を監理してまいりました。
こちらの現場ば高低差もなく完全な平地なので デザインする際の制約もほぼなくのびのびとデザインさせていただけたと思います。デザインのキーポイントもいくつかありますが現在の現場進捗状況では予想が難しいと思います。
この下地工事ですが工事の出来に大きく左右される工程なので特に注意深く勧めていかなければならない工程になります。職方さんと細部に渡り打ち合わせ及び修正をしながら工程を進めてまいります。
美しい外構・エクステリアの完成のためには
ここは踏ん張りどころになります。
梅雨明けによりうだるような暑さになっておりますが こまめな給水と休憩を取りながらの
作業になります。
sotoDesignは作業をしていないのですが打ち合わせをしているだけでも汗だくになる状況ですので職人さん共々気をつけていきたいと考えております。
昨年は観測史上の高温注意報が出ていたのでそれに比べれば随分とましかなとも考えておりますがこれから夏本場になります。注意しながら工事現場を見守っていきたいと考えております。
皆様もお体をご自愛下さい、
現場の進捗状況は追ってブログ紹介してまいります。

表札を取り付け

2019年7月25日|カテゴリー「工事について
表札取付前
縦型表札白色
ソフトモダンデザイン
昨日のブログで紹介させていただきました大阪府箕面市の現場で表札の取り付けのみが残工事として残っておりましたが
昨日現場監理から事務所に帰り着き程なくしたところに 表札の塗装をお願いしている工場の担当者さんが気を利かしてわざわざsotoDesign事務所まで配達にきてくれました。
塗装工場は表札の塗装専門工場ではなく他の物への塗装を数多くされている工場なので 気使いの中かなり急いでくれたのだと思います。
急いで塗装してくれたせっかくの表札なので 本日時間を作り現場取付に行ってまいりました。
昨日の工事で下地までは施工してありましたので 今日の作業はLED照明を取り付けて表札本体と台座を接合すれば完成します。文章にするとものすごく簡単に聞こえますが 現場でカットした本体のアルミと工場でカットした表札を隙間なしにつなげるにはちょっとしたコツ等が必要です(念のために、sotoDesignのカタログモデルのfiacoは工場で全てのカットをおこなっているので上記のような問題はありません。)
少しずつ調整を重ねて問題なく取り付けの完了した表札をお客様ご夫婦に確認頂き 表札の完了も含め物件のお引渡しが完了して本当に嬉しく思っております。昨日の工事完成からご近所さんたちにお褒め頂いたというお話まで頂き大変光栄に感じながら帰路につきました。こちらのお客様に心より感謝しております。
「この度はsotoDesignに工事ご用命頂き誠に有難うございました」

箕面市の外構完成しました(表札以外)

2019年7月24日|カテゴリー「工事について
before
箕面リフォーム前の全体
horizontal
after
リフォームされたエントランス

before
リフォーム前の門まわり

horizontal
after
玄関から道路へ

関西でも本日梅雨明けが発表されまして 今日はとても暑い日になりましたが
昨日の大阪吹田市の現場に続き箕面市の現場も本日完成を迎える事ができました。
外構工事最終日におこなった作業内容は 植栽の植え込みと化粧砂利の敷き込み、インターホンや設備の取り付け等の工事でした。とても暑い中職人さんたちは文句も言わず作業を黙々と続けてくれました。
ようやく少し気温も下がってきた夕方には全作業を終了することができて一安心しました。
お客様がご自宅におられたので完成の様子を足早に見て頂き植物への散水の仕方や散水量のお説明等をさせて頂きました。完成の様子をご覧頂きとても喜んで頂き沢山のお褒めを頂きとても嬉しい時間でも有りました。
無理も無いはずです。梅雨の期間がほぼ同じだった為に工事が思うように進まず 工事関係者とお客様共々気が焦っていましたが梅雨明け当日に工事が完成致しました。
雨天のための工期などの事をのりこえての完成なので嬉しさも一段と大きいです。
後本日事務所に帰り着いたら制作依頼していた表札が完成し届けられてきましたので明日にでも取り付けに行ければと考えております。
その様子はブログにて紹介しますのでお楽しみに。

大阪府吹田市のガーデンリフォーム工事が完了致しました

2019年7月23日|カテゴリー「施工例
古くなったウッドデッキ例
古いウッドデッキを解体して
長かった梅雨も終盤にさしかかってきてとても暑い日になりましたが大阪府吹田市のガーデンリフォーム工事が完成致しました。
こちらの邸には元々老朽化したウッドデッキが有り植物も生い茂った状態になっていたお庭を全体リフォームすることが目的でした。お客様のご要望は植物のボリュームは少し少なくしてもよいので 明るくて使い勝手の良いお庭にしてほしいというご要望でした。そこでsotoDesignが構想したプランは旧ウッドデッキとテラス屋根を撤去してタイルデッキに置き換えるというご提案をしたのですが リビングからの景色の中により植物が視線にはいってくれるようにタイルデッキと同じ高さまで盛土をおこない植栽の植え込みレベルをタイルデッキまで上げることにより植物の見え方は良くなりますし同じレベルまで持ち上げた地面により一層広さを感じることができるようになりました。(元々広い庭ですが。)
タイルカラーも農食を使わずホワイトカラーのタイルを使用しました、このカラー選択も広さを感じる一つの要因になっています、これまでのお庭とはずいぶんと趣向が変わったと思いますが以前よりシンプルになりリビングから出て広く使用していただけるようになったと思います。
今週末にもお客様立会のもとお引渡しを行う予定になっておりお客様の喜ぶ声が聞ければブログでも紹介しますので宜しくお願い致します。

タイルデッキと植栽
タイルデッキ施工例

箕面市で新規外構工事がスタート

2019年7月22日|カテゴリー「工事について
エクステリア工事の着工日
外構工事着工新規
本日梅雨空の中ですが 箕面市で新規新築物件の工事がスタートしました。
こちらの物件でのお客様のご要望はシンプルモダンでオープン外構などのご要望でした。
sotoDesignの得意とするご要望でしたが敷地条件として全面道路から玄関までの距離があまりない事をお客様は大変心配されていましたが sotoDesignではそれは珍しいことでもなく 従来の経験を活かした上で色々と思考し
シンプルなデザインの中にもアクセントのきいた良い外構・エクステリアデザインをご提案できたと思います。
sotoDesignのデザイン流儀として 決して何々風のデザインはしませんのでどの物件も出来上がると無国籍なデザインに仕上がります。決してイングリッシュ風とかバリ風などのデザイン枠には沿わないために 完成した物件は他とは違うデザインになります。
言ってみればsotoDesign流のデザインというスタイル、手前みそですがそこが当社のデザインアイデンティティーだと考えています。

これからもデザインするという大きな終点のない目標に向けて力を注いでいきたいと思います。
長々とお話しましたがこちら箕面市のお客様にもそのあたりが受け入れられたので 当社にお決めいただけたのだと思います。これからは構想やデザインではなく実際に工事を完成箚せなくてはいけないのでこれまでよりより一層注意しながら物件の完成をめざして参ります。

リフォーム外構の解体について

2019年7月20日|カテゴリー「外構業界のこと
外構リフォームの解体例

外構の解体

今年に入ってからの傾向ですがsotoDesignにお問合せいただく物件の中で外構エクステリアのリフォーム工事の割合が非常に多いと感じております。同じ業界関係者にお聞きしても同じような意見が多くその傾向は数年前から続いているといいます。当社では本当に今年に入ってからの傾向ですが リフォームの依頼数がかなり伸びていると感じております。

新築工事とリフォーム工事で圧倒的に違う事は解体工事が有るか無いかとうことでは無いでしょうか。
この解体工事というのは中々大変であり状況を読みきれない部分で非常に繊細な部分があります。
まずは解体してみないとわからない事が多いということです。例えばガレージのコンクリート土間の下に色々な配線や配管が埋設されていますが これらは解体前には全くと言ってよいほどに未知な状態で解体工事に取り掛かることとなりかなり気をつけなくはならない部分になりますので何度取り組んでもなれることの無い工程と言えるでしょう。
このように気をつけて解体工事をおこなっていても回避できないことが以前の建築物の基礎がでてきたり、コンクリートブロックで出来ているであろう構造物が実は全てコンクリートで出来ている時などは請負者としては心底困ってしまいます。解体日数(工程)は多くかかりますし、残材処分も余計にかかってきます。事態の大小もありますがお客様にご負担増をお願いすることは気が引けますので業者間でなんとか解決しようとするのですが 毎回このような事が現場で起きると解体業者さん達も快く思ってもらえないでしょう
このような事柄からリフォーム工事につきものの解体工事との付き合い方は今後大きな検討事項になっていくと思われます、実際に写真でご紹介している物件は解体工事で上記のような事柄が発生いたしましたがお客様のご負担が増えないように処理させていただきましたがやはり業者としては辛いのが現状となります。
今後もこの解体工事の問題点については出口の見えにくい問題として取り組んでいかなければならないでしょう。
この業界からリフォーム工事は絶対になくならないので少しずつでも良いので改善できるところは検討を重ね乗り越えて行きます。

梅雨空の中今後も外構着工が続きます

2019年7月19日|カテゴリー「sotoDesignの日常
今年の梅雨は非常に長く外構工事工程に大きく影響が出ました。
その分お客様にもご迷惑をおかけする結果となってしまい非常に心苦しい思いをしている今日このごろです。現在工事途中の物件数件は梅雨空に負けずになんとか工事終盤にさしかかることができてほっとしているところです。
残すところ植栽工事と細かい仕上げ工事が残るだけなのでゴールは間近です。
来週はなんとか曇り模様が続くようなのでなんとか工事完工まで持っていきたいと考えております。

現在仕掛り物件が終了してすぐに次の物件を工事着手せねばならず少したりとも気を抜くことができない状態です。
次に控えている物件も大小数件が控えており心して工事監理に取り組んでいこうと考えております。
次期物件達ではsotoDesignの新しい取り組みも含まれていますので皆さんにお見せできる時を楽しみにしております。
新規お問い合わせで現在プランニング中の物件もたくさんあり 仕掛り物件の監理と新規ご提案物件で大忙しな夏になりそうです。どちらにしても近々梅雨も開けてくれると思いますので暑くなると思いますので関係者共々体調監理に気をつけて今度は夏場をのりこえていきたいと思います。その結果お皆さまにお見せできる物件も多数出てきますその時期が来ればブログで紹介してまいりますのでお楽しみに。
箕面リフォームほぼ完成
タイルデッキにテラス屋根

外構・エクステリアデザインのこだわりのひとつ

2019年7月17日|カテゴリー「sotoDesignの日常
土間くり抜きデザイン例

コンクリート土間のくり抜き例

本日はsotoDesignが プランを考えるときのデザインディテールのこだわりについて少しお話をしてみたいと思います。
私自身この業界に身をおいてかなりの時間が立っております(30年弱)この期間の間に数え切れない程の外構・エクステリアプランを考えて来ました。特に人と同じようなプランになることを特に嫌い とにかくオリジナルでデザイン性の高いプランを考えることに注力してきました。その結果相当数のオリジナルデザインディテールを試して来ました。

その中には正直大満足と思えるディテールとそうでないディテールをいくつも試みてきたということがあります。
実際に数えているわけではないのではっきりとは言えないですがかなりな数のディテールを試してきたかと思いますが
その中で本当にsotoDesign自身が良いと思えるデザインディテールを物件に投入していくという流れで プラン作りをおこなってきたため sotoDesignがご提案するデザインは他の方が考えたプランとは似ていなく なおかつ面白いという評価をいただく理由になっているのかなと自負しています。
それと皆さんがよく耳にされるイングリッシュ風とかプロバンス風のように 何かに似させた作風にはなっておらず
良い意味で無国籍で何にも属していないデザインが出来ています。sotoDesignにしてみれば~風という評価は決して褒め言葉ではなくどちらかというとマイナス評価だと考えております。ですから細かいデザインディテールがオリジナルであることに特にこだわりを持ちプランに取り組むことにしております。
細部に至るディテールはデザインを考える者としてはこだわらないといけないところ
この部分を無視しては良いプラン等できるはずも無い事を理解しているので
今後もデザインデイテールにこだわり続けて良いプランをお客様にお届けしていきたいと考えております。

箕面の外構完成間近です

2019年7月16日|カテゴリー「工事について
箕面外構工事後半
箕面外構階段仕上げ作業
梅雨明けも近づいてきて ムシムシする日が続きますがいよいよ工事終盤に入った大阪箕面市の外構の確認に行ってまいりました。
こちらの現場は梅雨の雨天に悩まされた現場で有りましたがようやくここまで工事を進める事ができました、
ひとえに各工種の職人さん達の努力の賜物だと考えております。
今回の外構の見せ所の一つであるメイン階段の形状ですが ピンコロ石野アールとそれに合わせたタイル貼りの納めがぴったりとマッチしています
手すりの取付もタイルをコアー抜きしておりますので 目地まで整った仕上がりで 
ガレージと門扉前の自然石乱形貼りも貼り終わった後にサンダー切りしていますので非常に美しい様子になったと思います。ガレー土間に開けたデザインホールも非常に綺麗に仕上がっていてお気に入りの部分であります。
この穴やスリットに化粧砂利などがはいりアクセントになるので各部位の切り分けがより一層強調されて完工が待ち遠しいいです。いずれにせよ後は植栽工事とガーデン部の樹脂ステップを工事すればこちらの邸は完成お引渡しとなります。
この物件はsotoDesignがご提案する物件の中では 少しかわいい系のデザインになっています。
詳細は完成後のブログで紹介してまいりますので今しばらくお待ち下さい。

吹田市リフォーム外構がタイル完了の姿

2019年7月11日|カテゴリー「工事について
タイルデッキはメンテナンスほぼ不要

タイルを貼ったデッキ

梅雨の合間を見て進めておりました大阪吹田市の物件でタイル工事が完了いたしました。
ご覧のようにリビングの掃き出し窓から続く300角タイル貼りになります。
以前は木製ウッドデッキだったので デッキ下部にゴミが溜まったり猫が居座ったりと色々なことがあったようなのですが タイルデッキになってそのような心配はなくなったので安心してお使い頂けるのではと思います。
タイルカラーも白系を使用しましたので実際よりも広く感じられお客様にも満足頂けると思います。
アール部は後にけがいてデザインカットをいたしますのでタイルエンドの処理はきれいなアールに仕上がる予定で、ピンコロ石積みのおかげでタイルと同じ高さまで土が入っております。
床タイルの高さにあわせて植栽を植えるのでより一層の広がりを感じられると思います。
同時にテラス屋根工事も完了しております。大型のテラスを施工させていただいたので小雨ぐらいならタイルデッキをお使い頂けると思います。熱戦遮断ポリカーボネイト屋根のオプションも選択していただいているので高温に対する対策もバッチリです。ご家族とのバーベキューや気候の良い時の来客時は色々と重宝するのではと思います。
今年の梅雨は長引きそうなので確定は出来ませんが残る工事は植栽工事等の仕上げ工事になります。
三連休明け頃には全ての工事が完了出来る予定ですのでお楽しみに。

北ガーデンプロデュースの北社長が来社

2019年7月10日|カテゴリー「sotoDesignの日常
北さんと

北さんのお土産
本日北ガーデンの北さんがこられました。
北さんはこの業界で最も尊敬する人物で ここ数年お付き合いさせていただいている方です。元々庭師さんでかの有名な小島佐一(1968年大阪万博の日本庭園の作者)に師事され住友林業緑化のNo1業者として活動され現在は北ガーデンプロデュースを運営されていて魅力的な作品を手がけられている方になります。
その北さんが本日ですが 北欧研修を終えられてsotoDesign事務所にこられました。素敵なお土産や北欧での興味ある楽しい話を沢山聞かせていただきました。実は北さんとは二年前に北欧研修をご一緒させていただいたので 今日のお土産話は非常に興味深い物ばかりで、街のデザイン等についてかな奥の深い話までさせていただき日本にいながら随分と勉強させていただ来ました。内容的にはごく普通の町並みの中にある手摺やテーブルの細かいディテール等の話で盛り上がりました。普通の人とこのような話をしても全くもって盛り上がらないだろうと言う話で大人二人が大盛り上がりして久しぶりの面白い話に大満足しました。
お土産にHAY(ヘイ)のトレイを頂き本当に嬉しく思いました。HAYは北欧デンマークのインテリアプロダクトブランドで 大変シンプルな作りはsotoDesignの創る作品に通じるものを感じました。(すみません、勝手に思っているだけです。)
このような話をしていると数年後になると思いますが 次回も北欧へ行ってみたいと心から思いました。まずは眼の前のお仕事に注力し頑張らなければと思う本日のお話でした。


吹田市のリフォーム外構タイルデッキ

2019年7月9日|カテゴリー「外構の材料や素材について
タイル張りのデッキ施工

タイルの施工管理

今日は吹田でおこなわれているガーデンリフォームの現場監理に行ってまいりました。
この梅雨の合間を見ての タイル貼り工事となりますが何時雨が降り出すかとヒヤヒヤしながら工事を進めています。
タイル貼り工事は作業の途中に雨天に合うとその時は問題なくきれいに貼れていても 時間経過とともに白華現象にみまわれる事があります。白華現象とは皆様も眼にされた事があるかもしれませんが タイルの目地部などが白くなったり鍾乳石のように盛り上がったりする現象です。これはタイルを貼る際に下地としてパサ(セメントと砂を混ぜてタイルの下に引く骨材のこと)を敷くのですが そのパサが雨水の影響を受けて白華してしまうわけです。ただこの現象を完全に防ぐ事は難しいのですが 基本的に水分の含水率が低い方が白華現象は起きにくいわけですから 雨天にさらされない方が良いことになります。
この度の現場はなんとか雨にたたられる事がなかったので 嬉しく思っております。このことで白華現象が発生する確率は随分減ることとなりますので一安心しております。明日テラス屋根工事を終えて明後日タイル工事の仕上げとなり工事の最終段階に差し掛かります。残るは植栽工事のみとなりますので最後まで集中して工事してまいります。