HOMEよくある質問question

よくある質問

基礎用語編

エクステリアとは なんですか?

A. エクステリアとは一般的に建物の周りにある構造物全体を指す言葉です。
門、車庫、塀、作や植栽などの全般を総じて エクステリアと呼びます。
インテリアの対義語だと思っていただけばわかりやすいかもしれません。

外構とは なんですか?

A. 外構はエクステリアと同じ意味だと考えていただければ問題ありませんが 文字通り「外側を構える」なので 外柵部分を指す場合もあります。

ガーデニングとは なんですか?

A. イングリッシュガーデンなどの人気とともに 造園→和風 ガーデニング→洋風
の作庭として扱われることが多いと思われます。

トータルデザインとは 何ですか?

A. 文字通り 建物とエクステリア(外構)のテイストを合わせて全体で共通のトーンでデザインすることです。

お見積について

見積に費用は必要なのですか?

A. 基本的に必要ありません。弊社で工事をせず デザイン設計のみのご希望の場合のみ別途図面代が必要になります。

相見積もりは取ってもいいですか?

A. 大丈夫です。他社とも比較していただいた上でじっくりご検討いただかなければと思います。
ただし 他社様の図面をお持込になって その図面をもとにしたお見積は行っておりません。
あくまでも当社のオリジナルプランについてのお見積をご提示いたしますので 内容の違いをしっかり比較して
金額だけでご判断されないようお願い致します。

他社の見積額と大きく違うのはなぜですか?

A. 当社は同業他社様の価格なども参考に お客様の負担にならないよう適正な価格でのお見積を心がけております。
直接工事者どうしで比較すれば それほどの大差は無いと思われます。もしあるとすれば 下請けが何社関わっているかによって 
価格差が生まれることは考えられます。いずれにせよ内容を吟味した上 信頼のおける業者を見極めてください。

見積書はどれくらいで完成しますか?

A. 一概には言えないところがありますが 
お客様にヒアリングさせていただいてからプランが確定し そのプランについてのお見積をご提示しますので 
プランが確定するまでにどのくらいお時間がかかるかによります。早くても2週間から1ヶ月以上必要な場合がほとんどです。
また建物の完工の時期によっても 折衝の進行ペースが変わってきます。
どうしても すぐに着工しなければならないお客様の折衝が先になってきますので 
工事がしばらく先のお客様の順番は少し後ろにずれる事もありますが 丁寧な設計と正確な見積を目指しますので 
ご理解いただけたらと思います。

外構工事の予算について

エクステリア工事にはどのくらい費用が必要ですか?

A. 敷地面積や敷地状態(高低差等)、またご依頼内容によっても大幅に異なります。
例えば 外周すべてに柵が必要ならその費用は絶対かかりますし 電動シャッターがいるなら その分の価格は決まってきます。
必要なものはなにか 絶対譲れない部分はどこか ご家族で意見をまとめていただき優先順位を決めて設計を行います。
もし決まっているならご予算をお聞きして それに合わせた計画をたてていくこともできます。

エクステリア工事にローンは使えますか?

A. 可能です。当社でもローン会社をご紹介することもできます。
当然審査はあり 各ローン会社は住宅ローンよりも利息は高い傾向にあります。計画的にご利用ください。

プランの作製に費用は必要ですか?

A. 正式にご契約いただくまでは 代金がかかる事はありません。

プランを依頼したら必ず工事しないといけないですか?

A. 外構工事のご相談 設計 作図 お見積をご確認 ご納得いただきましたらご契約頂きます。
ただし 私どものプランご提案をお聞きいただいた上でご契約になるかお断りいただくかは 
基本的にお客様のご判断におまかせいたします。
※図面等資料についいては 原則ご契約まではお持ち帰りいただけませんのでご了承ください。

お支払について

代金はいつ支払うのですか?

A. 工事着手時に30%  工事完了時に70%が基本となります。
お支払手数料を差し引いてから 請求後1週間以内に お振り込みください。

アフターサービス・メンテナンスについて

アフターフォローはどうなっていますか?

お庭のメンテナンス(消毒や剪定 雪吊りなど)は有料で随時お受けいたしております。お気軽にお問合わせください。

小さな工事でもしていただくことはできますか?

A. もちろん大歓迎です。
カーポートの取付やフェンスの設置 ウッドデッキなどの外構工事も 植木の手入れや植栽の移動などの造園作業も
建物の外回りに関することであればご相談お受けいたします。
お急ぎの場合など ご相談内容によっては施工ブレーンのご紹介で直接お取引して頂く場合もございます。

良い業者を見分けるポイントはありますか?

ひとつ例を挙げるとすれば
多数の物件を設計施工されているところ 物件の写真などデータがあるか確認されてみてはいかがでしょう。
作品をみせてもらって気に入った邸があればその現場に案内してもらえるか たずねてみてください。
良い施工をしてお客様と良好な関係を持っている会社ならば どの物件にも案内することが可能だと思います。

お手入れについて

木製製品のお手入れについて教えてください

A. 木製製品は素材としては味があって それを使うことでお庭にも素敵なアクセントが生れますが 性質上腐りやすいというデメリットがあり
こまめにお手入れをすることが必要になってきます。市販の木材用保護塗料を使って年に一回程度を目安に塗り替えてください。
注意する点は 塗装の前に水洗いもしくはきれいに水拭きをしてよく汚れを落とし 乾燥してから塗装することです。
ペンキやニスは外部には不向きですので 必ず浸透性の塗料をお使いください。
また弊社では 樹脂でできた樹脂木のご提案もしています。
質感は天然木に劣りますが その後のメンテナンスが格段に楽になりますのでご興味があればお問合わせください。

ステンレス製品アルミ製品のお手入れはどうすればいいですか?

A. 最近表札や水栓柱など おしゃれなアルミ・ステンレス製品が増えてきました。
アルミやステンレスは錆びないというのは まず間違いです。切り口や傷 汚れなどからサビが出る場合もありますので 
新しいうちからこまめに拭き掃除を行いましょう。特に交通量の多い場所や海に近いところはご注意下さい。
ステンレスはヘアラインという細かいラインが入ったものがほとんどですので その場合はラインの目にそって拭いて下さい。
すでにサビが出ているときには市販のステンレス用洗剤をご利用下さい。

ブロックやレンガに白っぽい物がついています

A. 白華現象と呼ばれるものです。コンクリートの内部に侵入した水分が蒸発する際にコンクリートの石灰分、空気中の二酸化炭素とともに
空気中に染み出し固まったものです。構造上の強度には全く問題なく 白い生成物も無害なのですが 見た目に汚く気になりますね。
成分は炭酸カルシウムなどですので 塩酸を含むトイレ用洗剤などである程度落とすことはできます。
完全には落とすことができないので 残りはドライバーなどで削り取ってしまうのが良いようです。
いずれにしても施工のせいではなく素材のアクのようなものですので 施工クレームの対象外にさせていただいています。

植栽について

植物に肥料はいつあげたらいいですか?

A. 植物によってタイミンがが異なるので一概には言えませんが 花が咲く時期や芽吹く時期などは植物もエネルギーがほしいので
肥料をあげると効果的だと言われています。ただし新築などで木を植えたときには 根をさわっていたり枝を落としたり 
木自体が充分に栄養を得られる状態にありませんので 少し休ませたほうが良いです。最低一年は 肥料をあげないで 
その後は冬場1月から2月の寒の時期に施肥するのが良いとされています。

消毒はいつすればいいでしょうか?

A. どのような樹木も 最低 春と秋の年に二回は消毒をおすすめします。
虫がいない病気になっていないうちからの予防の意味と 洗浄の側面もあります。
大きな樹木になると上の方はかけにくく 周囲の車や洗濯物にも配慮が必要です。
ご自分で難しいときにはプロにご依頼下さい。