施工例

吹田市・シャープで端正な浮き階段の外構テクニック

外構工事
吹田市・シャープで端正な浮き階段の外構テクニック

施工ポイント

大阪のベットタウン吹田市住宅地の一角に建つ勾配のある道路と敷地の関係を利用した外構計画です。
道路との高低差を生かして、宙に浮いた浮き階段をアプローチにもつ個性的なエクステリアをご提案しました。
道路と玄関の間の距離は短く、その上、高低差が大きくある敷地条件でした。
既存の石垣を残したまま新しい外構に上手くつなげなるべく一段が低くなるよう道路に沿って長く階段を作り上がりやすくしています。
重々しくならないように台を浮かせて階段を製作する施工力あってこそのデザイン外構となりました。
ひときわ目立つ宙に浮く階段、その正確な施工力とシンプルでシャープな外構は住宅街でも一目おかれる存在となっています。

  • 階段と共に設置したステンレスの手摺も既成品ではなく、待ちやすい太さとデザインにこだわったオリジナル製品です。
    玄関ポーチをあえてなくし、玄関ドアの前から庭までを段差のない白いタイルで美しく一面を揃えることによって、玄関前の空間も庭へ取り込み、広々と機能的なスペースをもつ外構になりました。
  • 階段もなるべく段差をゆるやかに作り、階段巾も広めにゆったりととりました。大きな黒いタイルの広い踊り場をぐるりと廻って門扉へ。
    コンクリートの袖壁にスリットを入れ、表札とポスト、インターホンを内包しています。
    縦格子の門扉をくぐるとまぶしい白のタイルで、広い段差の無いタイルデッキが庭の端まで広がっています。玄関ポーチと庭に分けてしまうとスペースが少し足りなくなるところを一つにしてしまうことで、ガーデンライフを楽しめるスペースを作ることが出来ました。
  • 全体のエクステリアが良くわかる写真です。
    装飾せず潔く無駄を省いたシンプルな構造と外構を実現するには、エクステリア 工事の施工力の高さもおのずと必要となってきます。
    難しいだけでなく、面倒な手間を惜しむことなく施工しました。
  • 道路の勾配や敷地と道路との高低差もご確認いただけます。
    向かって左にはアコーディオン門扉のついたガレージがあります。
    スリットの入った端正なコンクリートの袖壁は、外からの目線をさえぎり、重厚で堂々とした安心感を与えます。
    スリット部分に表札の機能がついたオリジナルデザインのインターホンカバーを設置しました。

施工概要

所在地
大阪府吹田市
邸名
T邸