HOME施工事例着工から完工まで茨木市の外構施工例から 施工の様子をレポートします

茨木市の外構施工例から 施工の様子をレポートします

CONCEPT
sotoDesignの施工の様子をご紹介します。完工後の作品は施工例に掲載していますので、あわせてご覧ください。 デザインを具体的にする施工力も大切にしています。




着工当時の様子は

こちらのお客様は 住宅の建築前からご相談を頂きました。住宅メーカーさんの着工前はこのような更地の状態です。
最初はホームページをご覧になって メールをいただきました。それが1月のことです。
そして 建築中に何度もお打ち合わせを繰り返し 外構計画をじっくり設計して 建物完成後に外構工事に着手しました。
お客様がデザインや建築に対して 大変ご理解があって 打合せも楽しくスムーズだったのを
よく記憶しています。

着工時には 資材を仕入れているエクステリア商社の担当者と 工事の施工担当責任者を交え あらためて確認作業など行いました。
実際 これほどじっくりと準備をして 各担当者とも入念なすり合わせができるのが理想的です。
建築前の敷地

着工当時の敷地

問屋さんと業者さん

室外機のスペース
建物を住宅メーカーからお引渡しされた後に お客様はお引越をされました。
お引越の頃に 先にエアコンの設置などがありましたので
室外機を置く土間を 外構工事の一番最初に施工しました。

生活をされながら 外構工事をさせて頂くときには
お客様とご相談の上 さまざまな配慮が必要な場合があります。

ガレージ土間の施工

ガレージ土間の施工中
設計に合わせて 敷地をゾーニングしながら 形を作っていきます。
ラインが出来上がり ガレージ土間の施工を行いました。
駐車しやすいようにと ガレージ土間を台形にしてあるのがよく見えます。
土間をモルタルで整え アプローチを仕上げると
土が靴裏にくっつくことが少なくなって
新築のお玄関をドロドロにすることが防げますので
これも なるべく早急に行いました。

樹脂木を使った工事作業の様子

ccf7e22b0f8e1f7f0347050a975ecfcd
形が整った後は フェンスなどを施工します。

こちらのお宅では 天然木に比べて変色や劣化の少ない樹脂木を使うことになっています。
こちらで使った樹脂木は リサイクル資材を多用したエコな樹脂木です。
よくあるカタログセットの既製品フェンスやデッキではないために
施工には技術と根気が必要です。
施工職人が樹脂木を図面の指示に合わせて1つずつカットし
フェンスやデッキに仕上げていきます。
50280c1c7a625d5d5fb959b7f1844201

a2abe5bada434620ff33401a2233dbd4

7a66f9deb269d85bbc9d0747aacef247

タイル施工の様子

60c37018b022bb4dcd0dc719cab87f1e
また同時進行でタイルの職人が作業に入っています。
これも 施工者同士がきちんと打合せをして 無駄なくスムーズに進捗するように努めてくれているので安心して任せています。

30センチ角のタイルをアプローチに貼って仕上げてくれました。

オリジナルデザインの表札を製作

ステンレス加工
職人さんが ブロックで下地積みしてくれた門柱用の柱ぴったりサイズをあわせて ステンレスで表札兼インターホンカバーを製作します。
デザインについてはお客様と事前にお話をして決定したものを
実寸を確認した上で ステンレスの加工業者さんに発注します。
名前部分はレーザーでカットしていただくので 細かな指示が必要になってきます。
ステンレス表札兼インタホン
当然 お客様のお名前が一人ずつ違うので 
どの表札も1つずつ一点ものの特注品となりますが
個性を発揮する大切なパーツなので 加工職人さんもいつも丁寧に作製してくださいます。

右手の正方形がインターホンのカメラの穴が空いた表札部分で
左手の縦長いのは 縦型ポストの口になります。

植栽の植物や植木などの準備

ギボウシのご希望

アカバドラセナ

表札の完成と同時に準備するのが 植木や下草にする植物の仕入です。
今回は白い玉砂利が入るので 色鮮やかな植物を選んでいます。
奥様のご希望のギボウシも忘れずに。。
そして ガレージの脇には 人気のアカバドラセナを用意しました。

弊社には造園部門がありますので 植木は弊社の植木職人と同行して作業に入ります。






植木や植栽工事と 表札など仕上げ作業

外構作業終了
ハードな外構が完成して カーポートの屋根も設置されました。

でも 植木が無いと少し寂しいものです。
植栽作業と 製作した表札の設置およびインターホンや照明の配線など

外構工事の仕上げ作業を行います。
照明などの配線作業

足下のグリーンを植えていき

植木を植えます

作業工程終了しました

植栽後の様子2
植木を植えてすぐには 少し頼りないほど小ぶりな植木であっても
年月が経てば 立派に建物を彩ってくれます。
なおかつ 作業したのは4月のこと。
まだ肌寒い日がありますが このあと夏に向かって
植物も植木も 元気に葉を茂らせてくれると思います。
植栽も終了しました
植物を植え終わってから 肥料をやって
白い玉砂利で地面を覆いました。
樹脂木の色や 植栽の緑が映える 美しい外構になりました。

完成後撮影した写真は 施工例でご確認ください。
プラン内容の詳しい説明もございます。

こちらから↓
https://www.soto-design.jp/works/original/garegehuan.html