HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

外構のリフォームもうけたまわります

2016年10月30日|カテゴリー「sotoDesignの日常
re外構
一時 弊社でもすごく多かったのが外構のリフォームのご相談でした。

日本は住宅の価値は古くなると下がってしまいますが
海外のように きちんとメンテナンスをしながらリフォームして
長く使っていけると 住み方も変わっていくかもしれません。

お住いの方の年齢が上がることで 
車の台数やサイズが変わり 自転車の台数も変わる。
将来を見越し 介護に適したガレージやアプローチにリフォームする事も
必要なことですね。
新築時には無かった資材や機能もつけて 少しでも便利になるように
また 美しくなるようにお手伝いしたいと思います。

外構価格について

2016年10月22日|カテゴリー「お打合せや進行
外構工事の価格については いろいろな受け取り方があるなと思います。

もちろん
再々書いてきたように 建築の後半にでてくる外構が 安価であるほうが
望ましいのは きっとみなさん同じだと思うのですが
私が思うのは せっかくのお家を不特定多数の方に見せているのは
外構の部分になるので 少しは個性や洒落たものをきちんと考えて
素敵な外構にしましょうということ。
外構は 機能が満ちていれば どこかが壊れるまでそのまま使い続けます。
最初の一回で 満足できるものにしないと ずっとそのまま です。

だからといって
妙に蛇足をつけて 費用を積み重ね 高価な外構にする必要はありません。
気をつけないと そうやって 商品を多用することで高価な外構を提案する
外構屋も多くいるので 油断ならないところです。
蛇足ですが
住宅メーカーさんのご紹介なら 高い気がするけれど安心 でしょうか?
でも 外構工事に不備があれば 施工した外構屋さんが直しに来ます。
住宅メーカーさんが直してくれるわけではありません。
じゃあなんで 工事代金に住宅メーカーさんへのマージンがはいるのか
不思議ですね。
外構のデザイン料や 商品に費用がかかったのではなく
紹介料で費用がかさんでしまうなんて なんとなく納得いきません。
その分 いいタイル貼れたのになぁ なんて つい思ってしまいませんか?

外構には 設計費用をいただく習慣はありません。
でも 経験や知識やセンスをいかして
しっかりとしたデザインをする外構屋は必ずいます。
デザインできていない 商品をやたら並べてレイアウトしただけの外構と
同じ土俵で計られるのは ちょっと違う気もしますが
金額だけ見ていると わからなくなるのかもしれません。

外構は 建物をふくむ敷地全体の
もしかしたら 町並みを含む空間のすべてに気を払い
機能的で なるべく永く美しくあるものを考える必要があります。

商品を積み上げた見積もりに気が付かれたら
再度 どこかで相見積もりを出してみることをおすすめします。
確かに 手間かもしれませんし 金額の数字だけ見ると同じか
もしかしたら高価になる場合もあるかもしれません。
でも見積もりをよくよくご覧ください。
基本的な土工事は この部分は高くても あっちの部分は安い・・・と
各社 ほぼ同じくらいのはずです。
あとは どこが違うのか
必要なものだけをセレクトして ご提案しているのはどちらの会社か
そして 設計の面白さや考慮の度合いを

たとえ同じ金額でも
自分の家について どれだけ考えて出された答えなのかを 見抜いていただけたら
後悔しない外構が完成すると思います。

外構のアクセント・表札

2016年10月6日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
表札デザイン
外構は空間全体からみて作るものと考えているので
カタログ商品をレイアウトしただけのエクステリアデザインは やっていません。

車庫としての機能 門としての機能など
必要なものをちりばめつつ 空間全体 つまり敷地の有効範囲を
バランスよくデザインしていくのが外構設計だと考えています。

なので
あまり装飾しなくてもよいもの が出来る。
だから弊社の外構デザインには 装飾がいろいろついていないのです。

アクセントにつけるとしたら植栽や 表札など。
とくに表札は オリジナルデザインがほとんどです。
形も配置もフォントも自由 様々なタイプを製作しています。

ありきたりな外構ではないものにしたい方 オリジナルデザインの表札などご検討されてはいかがでしょうか?
きっと ご想像されているよりも安価なのに驚かれるでしょう。
施工例はこちらからご覧いただけます。
もちろん 一邸ごとにちがうものなので あくまでデザインのご参考として。
sotoDesignオリジナルプロダクト→https://www.soto-design.jp/sotoware