HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

年内最後のブログ

2018年12月30日|カテゴリー「sotoDesignの日常
エクステリアプロダクツのプレゼン
今日が2018年最後のブログとなります。
今年もご愛顧頂きありがとうございました。
2018年はどのように過ごされましたか?
災害が続いた 不安のある1年でしたね。
外構関係としては大阪北部地震でブロック塀の倒壊被害にあったお嬢さんのことが 一番胸にささった記憶です。
町並みやお家の外構が 機能的で美しくデザインされることはもちろんですが
なによりも安全な施工を心がける必要を あらためて感じました。
二度とあってはならないことだと思っています。
儲け優先の業者にかかわらないように
わずかな費用をしぶって 
おそまつな手抜き工事されることがないように
現在よりさらに職人が減り 材料が揃いにくい来年は
私達 施工側もそうですが 
消費者のみなさんにもキチンとアンテナを張り
適正な施工を選ぶ目をもっていただけますように願います。

冬休み中は 頂いている設計プランに時間をさいて過ごすことになると思います。
メールなどのご相談は随時お受けしておりますが
パソコンを開かない日も 普段よりは大きな確率でありますので
当日中の返信ができない場合もあるかもしれませんが ご了承下さい。

それでは良いお年をおむかえください。



今年最後の外構納め

2018年12月29日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
白ベースにカラーアクセント
デザイン門柱白×青バージョン
今日は今年最後の現場納めに行ってまいりました。
今年の仕事納めで表札の出来上がるのをお待ちの川西市お客様の所へお届け、取り付けをおこなってまいりました。
最近sotoDesignブログでも頻繁にでてくるアルミ門柱です。実際等事務所で色々なお客様のプレゼンに取り込んでおり
この門柱をお選び頂いたと言う具合です。
ブログでも多数書き込んで参りましたとおり、来年初頭にsotoDesigiブランドにて商品化が最終段階まですすんでおります。流石に商品になる最終段階の門柱なのでかなりの製品精度で仕上がっておりますが、後何箇所かは修正してまいりますが、そんなに長い時間かかる修正では無いので、来年の商品デビューをお楽しみにしていてください。

もうブランド名等も決定しており、エクステリア・外構において色々構想中のものがあり、来年はそれらを実際の商品にして行きたと考えております。今年は生産工場や新素材の加工工場等のブレーンもたくさんできて本当に心強いです。
来年初頭からsotoDesignの商品開発にどうぞご期待ください。門柱や照明等の製品と少し風変わりな商品を検討しておりますので、皆さんにもきっと気に入っていただける商品開発に尽力していきたいと思います。

今年のブログはsotoDesignプロダクツの記事をかなりの数書いてまいりましたが、今年最終のブログも
プロダクツの書き込みになってしまいました。
sotoDesignの力の入りようの現れですのでお許しください。

最後に今年もsotoDesign、造園部をご愛顧頂き誠に有難うございました、お仕事としてはかなり順調な年であったと
思います、来年も年明けから全力でお仕事に取り組んで参りますので宜しくお願い申し上げます。
それでは皆様良いお年をお迎えください。

                              

                                                                                                                      21018.12.29           sotoDesign  竹本新吾


外構プロダクト製品化前の仕上げ作業

2018年12月27日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
アルミのスリムな表札
アルミ表札施工例グリーン
アルミ表札施工例照明点灯
今年も最終の年末ラストスパートの中、来年商品化する事が決定している門柱の設置に行ってまいりました。
夏頃から数邸にお納めさせていただいていますが、細かいところですが仕様変更をおこなっております。
出来上がり姿は同じなのですが、設置の方法や組み込み時の下穴の位置など製品にする為の小変更を繰り返してきた結果
かなり施工性は上がったと感じております。
初号機にはなかったジョイントインナーのビス用下穴等は地味にみえて この門柱の肝だったりします。
色の違うアルミを接続していった時に各々がずれているとこの門柱の魅力が損なわれます。
あくまでも基本コンセプトである一本のアルミパイプからできている単純明快な門柱ということが魅力なわけですから
この部分のズレを見過ごす訳にはいかないところなので、今回は製品に近づけてネジ穴からインナーの長さ表札と柱本体をビスで止めるための下穴、そのビスまでも製品さながらの内容で現場組してみました。
やはり企画とおりに組めるので施工時間が大幅に短い事と仕上がりの安定度はかなり上がったと感じました。
この差を体感できるのは初号機から自分の手で組み上げてきたからこそわかる事です。
もっと言うと改善箇所が自分で工場の職人さんに直接伝える事ができるということが非常に有利になっていると思います。でもよくよく考えてみると当たり前の事だとも思います。
問題は全ての事柄が机の上で解決できると言うことでは無いことを身をもって体験しながら、なんとかここまで
完成度を上げる事ができました。と言いながらもまだまだ改良の余地はまだいくつもあります。
明日、今年の営業最終日ですがこのタイプの門柱の仕上げを もう一つおこなって参ります。
数をこなす程 問題点が明確になり それを解決していくということが当分の間 続いていくことになりそうです。
来年初頭には完全製品化をめざいして日々奮闘しておりますが、ゴール間近
製品になったさいにはsotoDesignホームページや数社の企業さんより発売予定をしていますので またアナウンスします。

外構プロダクツのパーツ選び

2018年12月25日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
今日は昨日とくらべると一段と冷え込みますね。今年も残すところ 後数日になりました。
本年最もエネルギーを注ぎ込んできましたオリジナルプロダクツのパーツをあらためてセレクトしました。
来年は いよいよ商品として発売できるはず。
選定基準は現場での施工性を第一に考えました。
これまでsotoDesignが取り組んできましたオリジナルプロダクツは 各お客様に対して創造してきた一点物が多かったので、sotoDesignの職人が設置を行っていました。他の人が扱うことも無いので 凝りに凝った取り付け方法等を考えておりましたが、これから一般販売することになれば 不特定多数の方が組み立てる事になるので 出来るだけ簡単でいて誰が施工しても同じようになることが大前提にならなければなりません。
ということで同じようなパーツでも取り付け方が異なり難易度も変わって
来ることから 今回のパーツ選定も注意しながら選ぶことになりました。
現在候補に上がっているパーツのどれを取り付けても 効果的にはさほど変わりがないことも実験して確認済ですが
どうしても商品にするからには 細かな部分にもこだわりたいところです。
このような地道な研鑽が後々に必ず良い結果を生むということを信じております。
物づくりの基本中の基本で中々根気のいる事ですが sotoDesignも色々な事が決まっていき販売に近づいている事をワクワクしております。


販売プロダクツのパーツ選定
表札に組み込むLED

2018年末の外構部営業について

2018年12月22日|カテゴリー「sotoDesignの日常
先週は 外構工事の仕上げ作業に数日を使い 週の後半にぎゅっと設計作業や発注などデスクワークをもりもりこなしました。年末ということで 発注にしても問屋さんや職人さんの休業日もあって もう動ける範囲が決まってしまっています。
うまく収まるだけ収まって お客様に御迷惑をかけないようにと随分前から気をもんでいましたが 最後はどうなりますか・・・?

外構デザイン折衝も年内にお目にかかれるお客様があと数人
資料をととのえ 良いお話で締められると嬉しいなと思いながら その次に待つ職人の手配に頭を悩ましています。
これも先日から書いている通り だんだんと職人が不足しているのは私どもではどうしようもない事実ですが
来年もスムーズに工事ができるようひきつづきお付き合いのある外構職人さんたちにも声をかけながら段取りしておこうと思っています。

年内の営業は29日まで   の予定です。
ただもしかしたら年末まで走り回る可能性あり です。
お電話やメールなどのお問合せは随時お受けしておりますので なにかありましたらご連絡下さい。
ちなみに造園部も29日まで 必死で作業を行っています。美しいお庭で新年を迎えていただけるように。

がんばります!
エクステリアプロダクトの試作

エクステリアプロダクト梱包材

2018年12月21日|カテゴリー「sotoDesignの日常
エクステリアプロダクトの梱包
このところ12月完工予定の現場監理に追われており、久しぶりにsotoDesign事務所で商品発売の為の梱包材について
打ち合わせを行いました。

よくよく考えて見ると何かを入れる為の梱包材の打ち合わせ等したことがありません。なんの知識も無い状態での打ち合わせで、豊中市のタイホーパックさんから二名もお越しいただき色々と梱包についての打ち合わせをさせていただきました。というよりもあまりにも梱包についての知識がなかったので教えて頂いたというのが正しいでしょうか、、、

例えば中に入れる内容物と梱包に隙間が無いほうが良いなんて皆さんもご存知でしたか?
私自身そのような事も知らずに少し恥ずかしい思いもしました。
そのようなsotoDesignにもきちんと分かるように説明頂き大変ありがたいと思いました。先程も申しましたように
自分で専用の梱包材を作る機会等なかったので良い勉強になりました。それと何よりも来年から販売するプロダクツは
一点物ではなく商品として販売するのでキッチリと梱包しお客様にお届けしたいと言う思いが強いです。

お客様にご注文頂き商品が手元に届いた時に簡易な包装に包まれていると何となくがっかりですよね。
勿論過剰包装にする気持ちはありませんが、商品として販売するのだからそこはキッチリとしたい思いが大きいのだと
思います。

勿論今回の梱包も製品に合わせてオーダーしますので商品が中でゴソゴソ等と言うことは無いようにしたいと思います。
今年中に製品として皆様にお披露目をしたいと考えておりましたが、12月も後半になろうとしておりますので今年中にお見せすることは叶いませんでした。

後いくつかの検討事項が残っておりますが来年の早い時期にお披露目できるように頑張りたいと思います。

川西市の外構工事完工作業

2018年12月20日|カテゴリー「工事について
川西の外構完工当日夜景
川西市で続いていたデザイン外構工事の仕上げ作業へ行ってきました。
年末まであとわずか
現地へ行くのも道路は大渋滞で 師走だなとようやく実感します。

この日の仕上げ作業は 思いの外工程が残っていたり ちょっとしたアクシデントがあったりで 寒い中でも(冷)汗をかきながら 走り回って作業しました。
造園部の職人もいくつかの植栽を行い 
みんなやれる限り全力で完工を目指しました。
気がつくと日が暮れてしまって 
途中の写真を取りそこねていたことに気が付きましたが
まだ出来上がっていない表札など 
この日にできないこと以外は 全部しっかり仕上げることができました。
完全ではないにしても 
外構が仕上がると植木や照明でぐんと印象が変わってきます。

できれば年内にきちんとおさめて
気持ちよく新年を迎えていただければいいのですが
材料が揃うか間に合うか・・?と 
一人ではどうしようもない部分のことなので 
祈るしかありません。

間に合いますように・・・!

八尾市ちょっとかわいいデザイン外構

2018年12月19日|カテゴリー「工事について
八尾市外構完工

八尾市外構仕上げ

八尾市の外構デザインは 丸い赤のポストがアクセントになっていてそれゆえちょっとかわいらしい印象を受ける
すてきなデザイン外構が完成しました。
階段に貼っている石目のタイルは お客様の住宅に使われていたものですが 住宅メーカーさんが当時たくさんとりすぎて捨てるつもりだったタイルでした。それがもったいないから どこかに使えないかと相談を受けて ここで使用させていただきましたが ちょうどいいダークなポイントになっていい感じですよね。
樹木や小さな植栽を植えて 最後にきれいに流してお引渡しとなりました。

ここへ緑の表札が入る予定です。
その様子はまた後日に ご紹介します。

八尾市外構工事最終日

2018年12月18日|カテゴリー「工事について
八尾市外構最終工事日

八尾市外構インターホン取付

八尾市で行っていたデザイン外構の工事が最終日を迎え 総力で仕上げに行ってまいりました。
施工を担当したものと 植栽を受け持つ造園部スタッフ そしてデザインしたデザイナー本人が集まって作業するのは
当たり前のようで他社ではなかなか無いことだと思いますが
それぞれの立場で必要なことをプロフェッショナルに作業をすすめた一日でした。

表札のみ 工場で現在塗装作業を依頼したところなので 少しお待ちいただくことになります。
できれば 年内に仕上げて取付けて差し上げられたらいいなと願ってはいるのですが・・・
もしかしたら仕事納めのあと 数件の表札設置に走ることになるのかもしれません。
プロダクトの職人さんにも 同じ思いを持ってがんばっていただいているので これ以上の無理は言えないのですが
お客様のために はやく完成すると嬉しいですね。

明日は完成したデザイン外構の全体の様子をお伝えします。

エクステリア勉強会来年へむけて

2018年12月15日|カテゴリー「sotoDesignの日常
エクステリアデザイナー忘年会
長くお付き合いしている 大阪のクラフトデザイン・湯川氏や伊丹の北ガーデンプロデュースの北代表、森下氏、岸氏
京都aoiniwa・山田氏 岡山のofficeAA・豊田氏
この 不定期で行っているエクステリアデザインの勉強会の有志で忘年会でした。
今年は メンバーの岡山でも大きな自然災害がおきるなど 不安な時期をそれぞれ抱えながらも
刺激しあって 真面目に熱心に仕事に邁進した一年でした。
同じくらいの熱量でエクステリアデザインをよりよく広めたいという仲間がいることは 本当に心強くて
相談に乗っていただいたり 職人や材料について話し合えたことにあらためて感謝しています。

昨年の北欧デザイン研修 今年の京都庭園見学の思い出話もあり
来年も みんなで素敵なものを学びに行こうと さまざまな意見が出ました。
この日集まれなかったメンバーも含め その他知り合いのデザイナーが参加されてもいい くらいの広い交流で
お客様にアウトプットできるエクステリアやガーデンの見識を もっと増やしていきたいと思います。

目からウロコが落ちた日

2018年12月13日|カテゴリー「sotoDesignの日常
プロダクトアイデア
表札などの作製技術
今日は本当に目からウロコが落ちた気がしました。
最近 プロダクツ事業に時間をさくことがかなり多いと思いますが 通常の業務もいつもどおりこなしながらですので
ご安心してください。
そのような中、鉄とステンレス以外の加工をおこなっている会社にお邪魔してきました。
そこで見た加工技術は これまでsotoDesignが色々な所で見てきた概念を変える程の技術と感じました。
この技術を使用すればこれまで加工が難しいと思っていて手を出せていなかったデザインも 実現可能だと思いましたのでデザインというよりもデザインの幅自体がかなり広くなるのではとかなりワクワクしております。
ここ数年前からトライアンドエラーを繰り返ししていたカーボン素材もこの通りきれいに加工が可能なので
これから思う存分カーボン素材を使用したプロダクツデザインに取り組んで参りたいと思います。
これまでお願いしていた加工業者さんのレーザー機ではこの加工はできませんが こちらの企業さんでなら美しいカーボンへの加工が可能となったので 色々挑戦して皆さんに喜んでいただける商品を創っていけるのではないでしょうか。
今年も残すところ少ないですが、今年はプロダクツに始まりプロダクツに終わる一年になりました。
どうやらこの熱は来年も当分続きそうな勢いです。来年も面白い年になりそうです。

今年残りわずか、工事納期に思うこと

2018年12月12日|カテゴリー「外構業界のこと
今年も残りわずか、12月に完工納期の物件の作業に追われながらの新規物件への対応となり、只今大忙しな状態です。
この後12月終盤から新規工事の着工も控えておりますが、こちらの物件は元々年越しをお許し頂いている物件なので
工期での大きなストレスもなく こちらの物件は普段通りに仕事に取り組んでいきたいと思います。
来年 年明け早々から数邸の工事着工を予定しており、本日もお客様とのお話の中で職人さん不足のお話をさせて頂き
現状の職人さん事情をご理解頂く時間を設けさせていただきました。

今年の職人さん不足の大きな原因の一つに自然災害による影響は図りせれないほど大きく、この後いつまで続く事かも
誰もわからず、来年はじめから職人さんのとの日程調整に頭を悩ませる事になりそうです。
もちろんこの状況はsotoDesignだけに起こっている事ではなく、業界全体の状態なので
これまでより、より一層職人さん不足問題に取り組んでいかなければお仕事を前に進めることができなくなってしまいます。

以上の事から、現在エクステリア・外構の工事依頼をお考えの方は、まず工事店を決めた後でプランなどの変更をかけていく方が良いかと思われます。ギリギリまで工事店を決めないで最後の段階で工事決定を頂いてもおそらくタイムリーに工事着手は難しいと思われます。
これからのキーワードは「まずは素早い施工業者の選定、その後ゆっくり内容の煮詰め」これが標準的な考え方になる恐れが非常に大きいです。
現在プラン検討中の方は上記の事を真剣にご検討いただき 賢くスムーズに進行下さい。

大阪八尾市の外構施工監理へ

2018年12月11日|カテゴリー「工事について
玄関まわりの外構工事経過
デザイン外構施工中
大阪八尾市の工事進捗確認に行ってまいりました。
本日までの進捗状態はタイル工事が完了したところです。sotoDesignのエクステリア・外構プランで外すことのできない300角タイルですが、今回の石目調タイル。
実は建築工事で使用されて残った材料を使用してプランに取り込みました。白のタイルと石目調のタイルのコントラストが非常にはっきりしていてとても美しいです。

アプローチ階段とガレージの後部にも支給頂いたタイルを貼っております。
ご支給頂いたタイルを使用しても きっちりデザインすればお客様にお喜びいただけるプランが可能になります。
結果的に材料の無駄使い等をしなくて良くなるので環境にも優しく、とても良い使い方だと考えております。
実行予算もタイルを購入しなくて良いのでお財布にも優しくなり、ここでもお客様にお喜び頂いております。

もうすすぐ12月も半ばにかかり残すところ僅かですが、外構工程的にはガレージ土間コンクリートやオリジナル門柱や植栽が残ります。
普段通りのお仕事をしているのですが、師走ということもあり何となく気忙しない感じは否めませんが、こちらの物件は予定通り今年中の工事完了を目指して各工種の職方が頑張って進めてまいります。
出来上がりはこのブログでも紹介してまいりたいと思いますので宜しくお願い致します。

西宮市の外構植栽工事

2018年12月11日|カテゴリー「工事について
シンプルな玄関まわり
スライド門扉
sotoDesugnでは工事終盤に差し掛かっている現場が複数邸ありますが、今日は西宮市の現場の最終工事(表札残工事あり。)を行ってまいりました。
ご覧のように 玄関廻りはかなりタイトな敷地配置で なおかつ階段を設けないと靴脱ぎまで上がりきれない条件の中での
プランニングでした。その中には門柱や宅配BOXや植栽などの機能は不可欠、その上でどのようなプランを考えていくかの検討をかさねた結果がこちらの完成写真になります。
階段の延長上に植物があったり、門柱は最薄で50ミリでオリジナル作成致しました。
それでいて 階段部分に狭さを感じさせないように考えてあります。
実際に階段の上り下りの際に窮屈さを感じることはないのでは無いかと思います。流石に最近流行りの宅配BOXは別部位に配置することとなりましたが、全体のデザインを崩す事無くまとめることができ本当に嬉しいです。
全体の色使いもヘーベルハウスのシンプルモダンな建築に大変馴染んでいると思います。

建物の裏側にはタイルデッキを配し裏庭全体的に嵩上げすることにより よけいなステップ等が無くこちらもシンプルにまとまりました。道路からのアプローチ階段部分に引き戸型のスライド門扉を設けて、その引き戸は間口一杯開けることが可能でお客様の趣味である自転車もらくらく取り込むことができ とても使い勝手が良さそうです。
タイルデッキのレベル(高さ)を上げることによりリビングからきちんと植栽も見えます。
この土間レベル(高さ)を上げるプランをする方は少ないようでsotoDesignからすれば少し不思議なくらいです。
sotoDesignではこのような機能もデザインに取り入れた素敵なプランを日々考え続けております。
只今エクステリア・外構のデザインをご検討中の方でご興味があればお問い合わせください。


川西市の外構現場監理

2018年12月8日|カテゴリー「工事について
川西の外構監理
川西の外構現場管理
11月後半から工事着手しております川西市の現場打ち合わせに行ってまいりました。
こちらの現場もある程度早い段階で当社にお決めいただいておりましたので、お引渡し直後からの工事着手が可能となり年内のお引渡しに向けて取り組んでいるところです。
本日の打ち合わせの内容はオリジナル門柱の納めとポスト及び宅配BOXの設置方法について打ち合わせをさせていただきました。
門柱についてはsotoDesignのオリジナル門柱で、こちらの門柱は製品化間近ですが組み立て説明書などはまだ完成していないので各職方さんと細かく打ち合わせせねば上手く収めることができません。
今日は図面に手書きになりますが 色々と書き込み説明致しました。職方さんからもよく理解できましたとの声をもらい次はポストと宅配BOXの納について打ち合わせをしましたがこちらは普段壁付けにするものを汎用材でサイドから挟むように収めるだけなので さほど難しいことでは無いので短い時間で打ち合わせは終了しました。
後は今後残工事の進め方や工程の話を行い年内いつ頃に完了できるかの検討を行い、残るタイル工程と植栽工程に向けての段取りをととのえていきます。
12月にはこちらの物件とは別に仕上げないといけない現場が数件ありますので残り少ない日数の中で効率的に進めてまいりたいと思います。
完成後にはブログ紹介してまいりますのでお楽しみに。