HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

明日 大阪吹田市の外構最終日

2018年7月31日|カテゴリー「工事について
吹田市外構最終工程

吹田市外構門まわり

大阪北部地震、関西豪雨と大きな自然災害の中  少しずつ進んできました 大阪吹田市の現場が明日完了する予定です。
工期の遅延でお客様にもご迷惑をおかけした現場でした。
あまり知られていない事ですが 吹田や豊中でも 報道で知らされていた場所以外にも沢山被災された場所があり、それらの場所の復興に職方さん達が応援に行っていて、
そうでない一般的な現場は 言葉が悪いですが 後回しになって工期が大きくずれ込むことになっておりました。
どうしようもないのですが 申し訳ないことです。
お客様には理由をきちんと説明してご理解いただき お待ち頂いていた物件で 大変気になっていた物件なので
明日完了できることころまでこれて 少しホッとしております。
明日の工事最終日にはオリジナルの門柱や植栽等の仕上げ工事も問題なく仕上がるよう 入念に準備しております。
ただ明日も猛暑が予想されますので 職方さん達と気をつけながら休憩を充分取りながら工事を進めて参りたいと思います。
夜の表情にも少し工夫をしてあるのですが夜景が取れる時間まで現場にいることは出来ないと思いますので(作業終了後は速やかに職方さん達を帰らさないといけないので。)
夜景以外の写真は明日のブログに書き込めると思いますので お楽しみにお待ちください。
別日に夜景もブログアップします。

新デザイン門柱パーツの完成

2018年7月30日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
アルミ門柱の塗装

アルミ塗装

写真をご覧ください、この度プロダクトデビューする部品の一部が出来上がって来ました。
これは実際の物件に設置が決まっている品物で、年内に建築イベントで発表するモノのとは 少し収め部分が異なりますが、文字を抜いたり着色したりのメイン部分は同じ仕様となっています。
製品の仕掛けの部分はまだお見せする事はできないですが、全公開をどうぞお楽しみにお待ち下さい。
今回は金物に着色してもらっているのですが、お恥ずかしいことにsotoDesign自身も アルミニュウムに着色するには
特別な下地を施さなければいけないことを知らずに、今回塗装担当して頂いた方々に教えて頂き無事に着色に成功しております。
ちなみに普通に塗装はのり 着色は可能だそうですが、時間が経過したり少しの擦れ等で塗装が浮いたり剥がれたりするそうです。お客様達の大事なお家のパーツになりますので耐久性もとても大事です。
今回写真に写っているパーツは自信を持っておすすめします。カラーにもこだわりかなり打合せして選んだカラーを使用していますし、夜には文字も浮かび上がりとてもキレイだと思います。
仕掛けは他にも有るのですが 今回ブログに書き込むのはこのくらいにしておきます。
次回はこの部品が組まれた完成状態の写真をご覧いただこうと思いますので お楽しみにお待ち下さい。

新外構プロダクツ企画プレゼン

2018年7月28日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
外構プロダクツのプレゼン
エクステリアプロダクツのプレゼン
2018年に初頭より取り組んでいる三社コラボレーションプロジェクトの会議をsotoDesign事務所で行いました。
今回は販売を担当される商社さんの二名と会議を行いました。
今日のメインテーマはsotoDesignの考案したプロダクツのプレゼンテーションにありました。
この数ヶ月通常業務を行いながら このプロジェクトの為の時間を作る事は容易な事ではありませんでしたが、「デザインされた良い製品」を皆さんに届けたい(存在を知ってほしい)という思いで活動してまいりました。
その甲斐もあり 本日のプレゼンに対する 商社さんの反応はsotoDesignが想像していたよりもよく、私自身としても非常に嬉しく感じた時間でもありました。ほんの少しですが自信にもなりました。
まずは 企画関係者の心を掴む事ができないようなデザインでは エンドユーザーさんに喜んでいただけることもありませんので 今日は良い反応を聞けて ホッとしたのというのが正直なところです。
その後は 今後の大まかな製造手順や売り方等の話を行いました。
結果 この外構プロダクツ群のデビューは2018年12月に東京ビッグサイトで行われる建築展示会になるようです。まだ数ヶ月有るのですがあっという間にその時はやってくると思いますので、どんどん前倒しで取り組んで行って丁度良いのではないかと思われます。
今後、通常業務と同時進行でかなりタイトなスケジュールとなりそうですが、これまでかなりの期間思い続けてきた夢の
一つが実現すると考えると本当に嬉しいです。 
12月のデビューまで楽しみながら、全力投球で取り組んで参りたいと思います。今後の動向もお楽しみに。

大阪吹田市の外構タイル工事

2018年7月27日|カテゴリー「工事について
K'sクラフトさん
K'sクラフトさん

西日本豪雨は 大阪の現場にはほとんど被害を与えませんでしたが 長雨によって工期はぐっとずれてしまいました。
大阪北部地震でも 職人さんたちは被害の復旧を優先して動かざるを得ないので どうしても新規の工事については少し待たなければならなくて お客様にご迷惑をかけてしまっています。
災害なので どなたも怒ること無くお許し頂けたのは幸いでしたが いつまでもお言葉に甘えるわけにもいかず
とうとう 新規の職人さんをつてを伝って探し回ることになりました。
手のいい職人さんが忙しいのは 当然のことでなかなかすぐには動けない方が多くて 探すのには苦労しましたが
なんとか動ける職人さんをつかまえることができました。
今回の吹田の現場には かねてから交流のあった摂津のK'sクラフトさんから職人さんをお借りしました。
K'sクラフトさんはいつもは もっと大きな店舗など主に室内のタイル施工をされているので 個人住宅はほとんどされないのですが 職人さんも多く、技術や会社の体制もしっかりされているので 単発のお仕事も安心です。
ただ この異常に暑い中の作業を快く受け取ってくださったのは ほんとにありがたく思います。

タイルの施工が済めば 植栽や新しいオリジナルデザイン門柱の設置を行い 仕上げになります。
ながらくお待たせしていますので このあとスムーズに進めばと願っております。
また完成の様子 および新しい門柱などご紹介したいと思います。

猛暑の職人さんが心配です

2018年7月26日|カテゴリー「sotoDesignの日常
西宮の外構

暑い!
外部で働く職人さん達には厳しすぎる暑さです。
sotoDesignの仕事は メインが設計業務なので屋内で作業することも多いですが、
現場管理や現場打合せや工事最終日等は もちろんですが必ず外部での作業となります。
このところ現場などにいて思うのが「人間が外部で作業する環境の限界を超えている」というのが率直な実感です。
今年は経験をしたことがない猛暑で 動揺しながらも 従来どおりの夏対策で過ごしておりますが、
来年もこのような猛暑の夏になるようなら(私的にはなると思っております)外部での働き方を変えていかなければ
どうにもならなくなると考えております。
例えば始業の時間を一時間程早めて昼休みをこれまでより長く取り、夕方も一時間程長く仕事をするというように就業時間帯を少し変更等のテコ入れをしないと 作業を行う職人がひと夏を越すことが困難になるかもしれません。
勿論 高温時期のみのサマータイムと言うことです。
これは業界人やお客様の理解が無いと実現し得ない問題で、国や行政を巻き込んで行う気持ちが無いと到底実現し得ない事と思います。
世の中の常識がそうなれば気を使うこと無く休憩時間を取ることも可能となります。
今年の猛暑はこのような事を考えさせられるそんな猛暑です。
暑いからといって は外部の仕事をしないわけにはいきませんので、、、

先日ですが、私の知っている限り少々の暑さではこたえない職方さんが熱中症の初期症状で現場を後にされたと聞いて
「これは、他人事では無く根本から考え直す時期が来ている」と感じました。
それでなくても職方さんがものすごく少なくなり、次のなり手が無いというのに、この猛暑の中で働こうと言う人(若者)がいるはずも無いと思います。
今年の猛暑をきっかけに色々と考え直す良い時期に来ているかもしれません。
サラリーマンさん達の世界ではノー残業デイや完全土日休日等はずいぶんと前から通常化されているのに
外部で働く職方さん達の労働条件は 今も昔もあまり変わっつていないような気がします。
今こそこのあたりの問題を直視し解決していく事を試みないと日本中から職人さんがいなくなってしまうかもと 懸念されます。
設計者とそれらを実現する職人さんがいて初めて成立する業界ですので、これらの問題の早期解決を切に望みます。
行政や国の動きを注視していきたいと思います。
これからしばらくこの猛暑は続くと思いますが、関係者の皆さん体調管理に一層注意を払いなんとかこの猛暑を乗り切りましょう。そして来年来るであろう猛暑に打ち勝つ方法を今から考えて参りましょう。

新プロダクツ門柱の試作品

2018年7月25日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
アルミ角門柱試作品

アルミレーザー文字加工

暑い日が続いております。
この所sotoDesignプロダクツの所試作完成続きで、本日も制作を依頼している工事に引き取りに行ってまいりました。
今回の素材は珍しくアルミ製で なおかつ角パイプ状になっていているので、どこ工場のレーザーでも加工できるというわけではありません。
写真のように納得の行くレベルで文字を抜いてもらうだけでも試行錯誤を何度も繰り返し、
本日やっとサンプルの確認ができました。
これらがどのように変化していき完成品になるのかはもう少しお待ちいただく事となります。
勿論のことですがsotoDesignの考えたプロダクトなので簡素で優れたデザイン性を兼ね備えている物に仕上がる予定で進めております。

次回はこのサンプルを使用し販売会議(勿論完成形の資料はできております)を行います。
その後細かいディテールを検討し最終型まで持って行ければと考えております。
この他にもプレゼンする品物があり、これらをまとめてプライベートブランドにして行くことがこのプロジェクトの最終
目的になり、ここが踏ん張りどころでも有ると思いますので
今年の夏の暑さに負けず、sotoDesignも熱く突っ走りたいと考えておりますのでお楽しみに。

兵庫県西宮市の外構着工

2018年7月23日|カテゴリー「工事について
西宮の外構

兵庫県西宮市の外構着工

大変暑い日が続きますが、ブログお読み頂いている方も本当にお気をつけください。
連日報道等で言われている事は大げさでは無く、気を抜いているととんでも無いことにもなりかねないと感じております。
最近、営業車の外気温渡をこまめに確認するようにしておりますが、数日前に何度確認をしても42度を示す日があり、
とうとう温度計も故障したのかな?と思いましたが、やはり正常値を示していたのだとわかり今年の極暑には本当に驚いている次第です。

そんな中、大阪市内の物件を完了させて本日より西宮市の物件着工日を迎える事となりました。
相変わらず朝から立っているだけでも汗が吹き出してくる状態です。勿論物件の詳細な打合せを済ませて暑さ対策に気をつけての工事開始となりました。
この物件は老夫婦と若夫婦とお二人のお子さんのための建物で、ご家族皆さんがデザインに興味をお持ちのようで、打合せ時から色々と深い部分までお打合せさせていただいたのでsotoDesignとしても仕上がりが大変楽しみです。

記録的な極暑の中ですが 現場工事と関係者の体調管理に気をつけて現場を進めてまいりたいと思います。
内容は今後のブログでも書き込んで参りますので宜しくお願い致します。

大阪城東区の外構リフォームの完成

2018年7月23日|カテゴリー「工事について
工事前の外構

大阪城東区の外構夜景

高齢者のいるお宅の外構

玄関周りの外構

こちらの物件は大阪府城東区にあります、高齢者さんの為の外構・エクステリアリフォーム物件(全やり替え)になります。
工事中に大阪北部地震や大雨災害に阻まれながらなんとか完成することができました。
工期のズレもかなりの日数になり お客様に多大なご迷惑をおかけする事になりましたがなんとか完成し、少しホッとしております。
他にも仕掛りの物件があり、同じように遅延している状態ですがお客様にきっちりと説明させて頂きご理解頂いている状態です。
とにかく1件でも工事完了でき、とてもうれしく思っております。

一枚目左側の写真は工事着手前の写真になります。
街を歩いているとよく目にする風景です。床に自然石乱貼りと門柱には既成品の機能門柱が立っている状態でした。
お客様からのお題は「高齢者が安全に出入りできて、介護する側、される側の両者のための外構・エクステリアリフォームでなおかつ、デザイン性の良いもの」を提案してほしいとのお題でした。
完成写真がsotoDesignとしての回答で、介護と言えば必ず出てくるスロープをしないプランをご提案しました。
道路から玄関までの距離を三段に割り、車椅子の前輪を使い登って行くという方法です。
この方法ですとスロープの勾配で介護される方が急勾配の傾きで恐怖を感じることもなくなリます。
デザイン的には何時も使用している300角のタイルでシンプルさを出し、自然石乱張りでナチュラルな感じも取り入れた中々面白いデザインに仕上がったと思います。
本日客様にお引渡しさせて頂きましたが沢山のお褒めの言葉を頂きとても良い気分で帰路につくことができました。
この物件の詳細はホームページの物件欄におって掲載致しますのでもう少し詳細を見てみたい方は是非そちらもご覧ください。(掲載までの少しお時間がかかると思われます。)

タイルを使った表札

2018年7月20日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
タイルの表札

タイルエッチング

外構施工中の物件も最終工程に入ります。
いつもどおり 表札はオリジナルデザインのものを作製します。
今回の表札は 外構工事で使用しているタイルを使い それにエッチングでお名前を彫ってもらいました。
タイルのエッチングに関しては 大正区のグッドカントリーさんでお願いしていますが 毎回気持ちいいほど快く
スピーディに対応していただいています。
技術的な相談もさせていただいているので 大変心強い相談先でもあります。

フォントは数種類の中からお客様にsegoe printを選んでいただきました。
これを設置した様子も またブログでご紹介したいと思います。

試作品を前に再検討すべきこと

2018年7月19日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
エクステリアプロダクトの試作

IMG_0188-e1532000504879

今回のニュープロダクツの検討用で試作品を作成してもらいました。
もうすぐ商品開発でコラボレーションする商社さんにプレゼンの日が近づいて来ましたので色々検討しているところです。
色の塗り分けやエッジの収め、艶の具合や塗料の強度等々検討することは沢山あります。
スケール的には小さくても検討している素材事態で試作を作らないと気づかないところやわからない事は山程ありますので
試作品作成は非常に重要な工程になってきます。
今回も実際の品を見て 色々と収まりが変わるところもありました。やはり実物を見ないと分からない事だらけです。sotoDesignは ほぼ毎日三次元CADを使用し色々なものを創っているのですが、図面と実物のギャップを埋めることはできません。シンプルな物になればなるほど その傾向は強くなると思います。
理由はシンプルなものほど ごまかしがきかないため。
シンプルなものを創る方が楽しくもあり難しいと感じております。
この作業を行っている時の期待感やドキドキ感をへて、多岐に渡り検討を重ねる事で最終的に出来上がってくる
新しいプロダクツに期待が高まります。
次回のプレゼンが終わり、結果次第では近い将来に皆さんに実物をご覧いただけるのではと思います。
その時は当ブログにて紹介致しますのでお楽しみに。

面材で外構に新しいルーバー

2018年7月18日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
新しいルーバー

新しい柵

sotoDesignの外構・エクステリアプランの構成部品で非常によく登場する現場作成のルーバーです。
隣地境界部の目隠しや玄関前の目隠し等に無くてはならないアイテムになっております。
この素材を使用し始めてすでに十数年が経過しております。
基本的にはメンテナンスフリーな素材になりますが 数年経つと使用場所や日光のあたり具合により少し白く濁ったりしますが、少しかたいタオルなどでこすってやると表層部の劣化した部分が取れてきれいになってくれます(勿論新品というわけには行きませんが。)ずいぶんキレイには戻ってくれます。
そんなこんなで、どのぐらいこの素材を使用したのかわからないぐらい使用してきましたが、この度新しいサイズが有ることを知り(それでもメーカー曰く発表後一年あまり経過しているようです。)このような使い方のルーバーを試みてみました。

この素材は1820*910ミリで一般的に言うコンパネサイズのものです。
一枚をそのままアルミ柱に取り付けては あまりにも普通になってしまうので、少し斜めにカットし使用してみました。写真で見るより実際現場で目にするとダイナミックに見えます。
小口の収まりが良くも悪くもスパッと切った仕上げなので ものすごくシャープな印象もあります。
sotoDesignのプランにはこれまでの横板よりこの大判の板のほうが合うのではと思うぐらいです。
この素材、コスト的にもかなり魅力的でお客様にも喜んでいただけるのではないかと思います。
今回は大阪吹田市の現場でのデビューとなりましたが、これからのsotoDesign物件でもかなり活躍してくれるのではと期待しております。
次回使用時は切り方にもう少し表現をもたせようかなと色々思案中ですので 今後にご期待ください。

オリジナル表札が出来上がるまで

2018年7月17日|カテゴリー「お打合せや進行
高橋 邸(表札パース)
磯和 邸(表札)
今日はsotoDesignが普段から取り組んでいるオリジナル表札について少しお話します。
お客様から外構・エクステリアのご依頼があれば、ほぼ全邸について門柱や表札をsotoDesignのオリジナル制作品で
ご提案する事が標準になっております。(本当に時々ですが、お客様が指定する既成品表札がある場合は除く)

実はこのオリジナル制作品がsotoDesignの真髄の部分でもあり、お客様にご支持頂いている所以だと感じております。
ここにいくつかのオリジナル表札のレイアウトをお見せします。
この最終決定の図面等だけ見るとそうでもありませんが この最終制作依頼図面にたどり着くまでには 色々とハードルを超えていかなくてはならず、時にはお客様との意見が煮詰まり打合せが停滞することもしばしばあります。sotoDesignとしては普段のお仕事の一部ですが お客様にしてみればもしかすると一生に一回の作業になるので検討にも力が入り、思考がまとまらなくなるということもうなずける事なので、可能なかぎりお付き合いするように心がけております。(勿論変更回数等の限度はあります。)
おかげで、これまでに手掛けて来たオリジナル表札は他所で見る事の無い唯一無二のものばかり。
先程も説明しましたが、この活動こそがsotoDeisgnの真髄だと信じてやみません。

表札されど表札ですが、外構・エクステリアの構成部品としてはサイズ的に大きなものではありませんが、この部分まで凝ったものを創っていくという心構えが無いと真の良い物件にならないという信念で各御客様のプランに取り組んでおります。

sotoDesign3連休の予定2018.7.14~

2018年7月14日|カテゴリー「お知らせ
撮影の天気は晴れ
ものすごい猛暑となっております。

やはり 今年は異常気象ですね。ですが毎年同じように
異常気象だと言っている気がします。

自分で守るしかないのかもしれませんね。からだの声を聞いて
これからの暑い時期を 注意深く乗り越えてください。

さて 今週末は3連休ですが すこしペースが落ち着いたか
3日間で4つの折衝予定です。
一時の集中に比べると ちょっとゆったりしました。
建築時期が秋以降のお客様も増えてきたので
じっくりお話することができそうです。

WEBからの外構問い合わせ

2018年7月13日|カテゴリー「sotoDesignの日常
お問合せ
最近WEBからのお問い合わせが順調でとても嬉しく思っております。

この話を同業者さんやメーカー担当者さんに話をすると 皆さんの感じておられる様子とsotoDesignが実際に体験している
ことが少し異なっているように思えてなりません。

ここ数日で何組かのお問い合わせお頂いているsotoDesignは 現在猫の手も借りたい程に忙しくしているのですが
そうでない同業者さんもちらほらいるらしいです。
ではなぜこの差が生まれるのだろう?、、、という疑問が生まれて来ますが、ここ最近色々な方との意見交換で自分なりに少し見えてきたかな?という事があります。
それは「どれだけ拘れるか?」という事による差がほんの少しずつですがあり、そのほんの少しの差もずっと
こだわり続けることによりいつかは大きな差として現れるという現象が現れているのでは無いかと考えております。

実際にsotoDesignのWEB担当していただいている方に実際分析してもらうと、
新規で当社WEBを見に来ていただいている数は予想する程多くはないようで、むしろ少ないそうです。何なら通常の1/10の数程しか見に来てもらっつていないようです。
ホームページをご覧頂いている数が大切なわけではなく、実際にお問い合わせ頂く数が大変重要になってくるわけです。
WEB担当者さんによると、ホームページを見に来てくださる数からのリターン数を見ると説明がつきにくいそうです。
sotoDesignとしては大変に喜ばしい事と感じておりますが、やはりこの現象もこだわりぬくという事を続けてきた結果
が功を奏しているのではと考えます。
sotoDesignとしては特別な事を行っているつもりは全く無く、自分がしたい事をお客様と一緒にしているだけです。
ただそこに有るのはオリジナリティーとこだわりの積み重ねが大半だと考えております。
それゆえsotoDesignが少しでも御客様からの支持を受け続けるにはこの「こだわり」を大切にしていかなければならず、これをなくしてはsotoDesignとは言えないとも感じております。
これからも、より沢山のお客様よりお問い合わせ頂き、良いお仕事をしていく事を心情にこれからもより一層
「こだわりに」こだわって活動していきたいと思いますので、皆様宜しくお願い申し上げます。

エクステリアプロダクト素材の打合せ

2018年7月12日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
アクリルの勉強
アクリル加工の打ち合わせ
ある企業とコラボレーションで創るオリジナルプロダクツの素材の確認するために 本日は素材加工業の会社へ行ってまいりました。
なぜここまでしてオリジナルプロダクツの作成に力を入れるかといいますと、sotoDesign本人が実際に見てみたいという
思いは勿論のことですが、期待に胸膨らませて当事務所に来られるエクステリアご依頼のお客様にも実際ご提案することで 個性的なエクステリアプランを喜んで頂きたいという思いが すべてです。
独立後約24年程になりますが、その思いは変わることなく現在でも健在です。
いつしか 自分自身でもオリジナルの品をいくつ創って来たかわからない程になりました。
最近自分でもよく考えるのですが
途切れることなく信念を持ち、ずっと継続してきた結果、WEBやその他から御客様の目に止まりsotoDesignにお問い合わせいただくという流れになっているように思います。
これは デザイナーとして大変嬉しい事で 長く希望してきてようやく実現叶ったことだと感じます。
少し大げさに言うとsotoDesignの生命線だと言っても過言では無い「オリジナルデザイン」の柱の一つですので
エクステリアで使う新規オリジナルプロダクトの開発には自ずと力が入ります。
根っからこのような事(創造)大好きなのでいくら時間が掛かろうが壁にぶち当たり頓挫しても全く苦になりません。
むしろ楽しんでいる自分がいることに気づきます。

今回の素材は写真でご覧頂けるとおわかりいただけますが「アクリル」になります。
これまでも数知れずアクリルで色々なものを創って来ましたが、このアクリルを使用した新しいアイデアを発想しました。
7月26日は 販売のチャンスをいただいている商社の担当者さんへプレゼンを行う事になっておりますので
ただ今 さまざまなことを検討し試作めざし奮闘中です。
完成の姿をお見せすることはまだできませんが、プレゼン以降にでも少しお見せできたらと思っております。