HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

展示場パブリックスペースのデザイン改修案

2019年6月30日|カテゴリー「sotoDesignの日常
神戸新聞ハウジングガーデン 芝生
こちらの展示場施工例は「施工例」のページにございます
http://www.soto-design.jp/works/original/sinijintyuoujyutakukoen.html
数年前にデザインコンペの末にお選び頂き施工させていただいた神戸新聞.加古川住宅展示場のイベントスペースや住宅公園のサイン(看板)などの改修プランを作成いたしました。
数年ぶりに現場に行き実際の状況確認させていただきましたが大きく傷んでいるところもなくほっとしました。
もちろん管理スタッフさん達の頑張りにより状態維持がなされてきたからでしょう、感謝せねばなりません。

今回の改修工事につきましてはまだ少し先だそうですがプラン段階から参加してほしいとのことなのでこの段階から
プロジェクトに参加させていただいております。
担当者さんとうちあわせをさせてもらいましたが前回のコンセプトとは少し違う内容で非常に難しいお題だったので
検討に検討を重ねた結果今回のファーストプランに至りました。
重ねて時間的にもかなりタイトなスケジュールだったので
より一層難易度が高かったように思います。
明日会議で取り上げられるそうでこれから何度もプラン修正が入ってくると予想されますが、sotoDesignとしましても
これらのようなパブリックデザインや店舗デザイン等も この先手がけていきたいと考えておりますので
勉強しながら全力で取り組んでいきたいと思います。
10acd9c5c84384c96d40e10ada063c95
f75f77ee6ff769dc8dfe6611a8570884

大阪箕面市の外構進捗

2019年6月27日|カテゴリー「工事について
箕面の外構リフォームの全体の様子
箕面市外構リフォームの階段
本日は雨模様なので現場作業はなかったのですが現場進捗の確認に行ってまいりました。
こちらの現場は外構の全てを解体しリフォーム依頼の物件でまずは解体工事から作業しておりますので少しずつ様変わり
していく様子を見ているととても楽しみに感じます。
階段廻りや外柵部分が出来上がって来たのですが中々良い感じなので写真に収めて来ました
お客様お気に入りの外柵積み材や少しずつあらわになってきたアール処理がされたアプローチ、階段脇のアールがかった花壇等がより一層良い雰囲気を出していると思います。
このあとはガレージのオーバードアやオリジナルの門廻りとガレージ土間などの工事が残っており先を急ぎたいところなのですがとうとう西日本でも梅雨入りになりましたので各工程も思うように進まない事も多々あると思いますが
そこは各職方さん達と連携をとりなるべく空き工期の無いように心がけていきたいと考えております
ここまでは下地工事等が中心となっておりましたが今後は仕上げ工事になっていきますので日に日に進捗状況が変化していきますのでsotoDesignとしてもとても楽しみに思っております、実際のお客様からも楽しみにしています「早くできないかな」というお声もいただいておりますので身が引き締まる思いで物件に取り組んで参ります
これから最終仕上げに向けての動きはブログで紹介してまいりますのでお楽しみに。


吹田市庭のリフォーム工事ピンコロ石の施工

2019年6月26日|カテゴリー「工事について
吹田市庭のリフォームピンコロ石

吹田市庭のリフォーム

吹田市の庭のリフォーム工事 広いお庭で範囲があるのでお時間頂いていますが 優しく待っていただいております。
今日は このあとのお庭の印象を決める ピンコロ石でのアウトラインを施工しました。
ピンコロ石とは10cm~の立方体の石材です。
お庭のデザイン設計した図面に基づきながら 線をひき ピンコロ石やブロックを据えていきます。
明日以降 土を入れるなど行いますので きっちりと据えて準備しようとしています。
ほかにタイルデッキの作製にはいり お庭でご家族くつろいでいただけるように仕上げていきます。

外構工事をお待ち頂いている物件

2019年6月25日|カテゴリー「sotoDesignの日常
次回施工外構デザイン

デザイン門まわり

2019年前半の工事
現在数件の外構工事を進めておりますが  今後も工事の予約でお待ち頂いているお客様が何組もいらっしゃいます。
これは本当に有り難いことで、いくら気に入ったプランを提案させていただいても工期をそこまで待てないという理由から工事が流れてしまうことも十分考えられることで  実際このような状態で当社をお選びいただけなかったという物件も
ございます。こればかりは誰が悪いわけでもありませんが大変深い問題でもあります。

こんな中でもsotoDesignをお選びいただき「工事の順番がくるまで待ちます。」と言って頂けると本当に幸せで これらのお客様のための最善の工事をおこない喜んで頂けるように頑張っていきたいと思います。
長い間お待ち頂いてでも当社をお選びいただいたのですからその思いにお応えするべく気を引締めて工事しなければなりませんね。
現在プラン進行中の物件も控えておりますのでこのような状態は続くと思われますがやはり同じように喜んで頂けるよう
に仕事に取り組んでまいりたいと考えております。
ただ、観測史上最遅の梅雨が気になります。
梅雨に入れば否が応でも工期の遅延は起こってしまいます。そのような状態を少しでも好転させるべく踏ん張りところでもあります。この後に控えているお客様達のためにも気合を入れて乗り越えてまいりますので今しばらくお待ち下さいませ。




箕面の外構リフォーム進捗の様子

2019年6月22日|カテゴリー「工事について
外構リフォームの途中経過

リフォーム外構の経緯

箕面市で行っている外構のリフォームも後半になりました。

解体が済み 階段や塀など 外構の外形を示す部分がほぼできてきて
これから仕上がる外構のデザインが 透けて見えるようになってきました。
この骨となる部分を仕上げていくとより完成に近づいていきます。
外構のリフォームは 想像以上に手間や段取りが必要です。
新築のときに行う外構工事よりも 技術的というより段取りやスペースの関係で
アタマを使わなくてはならなかったりするので このひとつ先2つ先の行程についても検討しながら
今日の工事を進めています。
うまくかみ合わないこともあったり苦労はしますが こうやってお客様が選んだブロックや商品が設置されて
イメージどおりにできていく様子を見るのは とても力になっています。


今後 新築着工件数は減少していく傾向にあり 

こういったリフォーム外構の需要のほうが高まるのではないかと思われますが
生活スタイルの変化に伴うリフォームは ここのお客様の要望によって千差万別ですので
さまざまなバリエーションに対応できるようにプランや工事の精度を上げていきたいとおもいます。

加古川住宅展示場内パブリックスペースの改修依頼の打ち合わせ

2019年6月20日|カテゴリー「お打合せや進行
神戸新聞ハウジングセンター加古川会場改装

神戸新聞ハウジングセンター加古川会場の現在

数年前になりますが 加古川市住宅展示場内のパブリックスペースの設計及び施工をさせていただきました。
数日前に当時担当者さんより久しぶりにお電話いただき同じ場所の再プランの依頼をいただきました。
住宅展示場内スペースなので何年かおきにその場所をリニューアルしなくてはならないらしく、数年ぶりにこの場所を訪れることになりました。

さすがに施工後数年経過していますので 正直どのように変化しているのかなと考えながら現地に伺いましたが
思いのほか大きな変化はなく、むしろ少し拍子抜けという方が正しいかもしれません。
植物については植木職人さんの技術的なこともありますがsotoDesignが思い描いていた様子と少し差異がありましたが
経過年月のことを考えると誤差範囲というところでしょうか。
ともあれ当時 渾身の思いで制作した物を解体しなくてはならないことにつき少しですが妙な気持ちになりました。
この作品自体sotoDesignのホームページのトップにも使用されている物件なのでこの気持はなおさらです。
既存の作品より魅力的なプランを考え出すことが 容易なことでは無いことは自分自身が一番良く理解しています
既存の作品を越えるにはそれ以上魅力があるプランを考え出すしか方法がありません。
このような状態にプラスしてプレゼンまでの時間的余裕もありませんがとにかく全力で頑張ってみます。
今はこの言葉しかでてこない状態ですが また経過をご報告していきます。

エクステリア商品の製造販売

2019年6月19日|カテゴリー「sotoDesignの日常
春にエクステリアで使用していただく商品「soto+」をデザインして製作して販売する動きを本格始動しました。
これまでは 外構デザインを受け持ったお客様のために デザインして作っていたものを
自社のお客様以外に販売しようという 弊社にとってやったことのないチャレンジです。
そのために いろんな方の技術や知識を分けていただきました。
技術で言えば 創りたいデザインを叶えるためのテクニックであり商品知識、加工技術です。
工場で作業される方から 沢山の意見をお尋ねすることで 創りたいものや必要なデザインが具現化するのですから
とても重要な部分を担っています。

また
別に知財についてや法律 マーケティングについてなど 経営戦略のようなアタマの部分でも
多くの先生方や有識者の方のアドバイスを受け取っています。
これも単に外構デザイン設計施工だけをやっていたときには ほとんど単発でしか学んでこなかったことで
今回改めて 幅を持ってなおかつ少し深くまで勉強する機会になったと思います。

以上の多くの部分でいろんな方を紹介してくださったり取り次いでくださったりしたのは
弊社が取引させていただいている信用金庫の関係です。
信用金庫さんは 弊社のメインバンクではありませんが 今回のsoto+プロジェクトに関しては
非常に興味深く関心を持っていただいて コネクションをつけるという点でたくさんご協力いただきました。
弊社のメインバンクさんは最大手の都市銀行ですが きっと弊社の取り組み自体ご存じないでしょう。
つながりというのは不思議なものだなぁとしみじみ感じています。

弊社もたいへん小さな会社ではありますが デザイン性や細やかさにおいては自信をもっていて
大手のエクステリア会社さんに勝てると思っていますが
規模の大きい小さいや メジャーかそうでないか よりも大切なものがありますね。
お客様のためにがんばろうという心意気は 信金さんと弊社は同じようなものかもしれません。

より良いものを作ってお客様に喜んでいただきたいために 毎日がんばります。
soto+は次のデザインも すでに検討を始めていますので ぞくぞく発表できればと思います。
お打ち合わせと勉強

大阪吹田市庭のリフォーム

2019年6月18日|カテゴリー「工事について
古いウッドデッキ

ウッドデッキ解体

今日は大阪吹田市のリフォーム現場監理に行ってまいりました。
と言ってもsotoDesign事務所から自動車で五分ほどの距離に現場があります。それもそのはずで15年以上前に息子が保育園に通っていました時の同級生さんのご自宅のお庭・エクステリアのやり変え工事をさせていただいております。
施主の奥さんから時々とても懐かし話がでてきて 和やかな雰囲気で監理が進みました。
こちらの邸の工事内容はといいますと、メインガーデンの全体リフォームと植木の剪定という内容になります。
写真でもおわかりいただけますように かなり傷んだ木製のデッキを解体しタイルデッキに変更しテラス屋根をつけて
全体にお庭の雰囲気を変える内容となっておりますが、ここまでで 植木の剪定が終了しデッキ解体が終了したところになります。
解体終了しただけですがかなり現場の雰囲気が変わりとても広く感じられます。
最近の流行りであるタイルデッキにすることでデッキが腐り痛むこともなくメンテナンスも非常に楽になるはずです。
植栽も出るだけ小さくまとめたのでかなりスッキリしたお庭に変身します。
あと使い勝手も良いように工夫もしておりますので 後日ブログで説明していきたいと思います。

masu(表札/インターホンカバー)を引取に来られました

2019年6月17日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
masuお渡し

外構お喜びの声

先日お客様がsotoDesign事務所にmasu(表札/インターホンカバー)を引取に来られました。
実際にご注文いただきましたのは3週程前になります。
そこから制作に入り二週間程で工場から仕上がってまいりましたので取り付けのご説明とともに商品をお渡しいたしました。写真に写っていますよう施主様とお子さんの嬉しそうな顔がとても印象深いです。

sotoDesignとしてもこれまsoto+について色々な取り組みをおこなって来ましたがが、
本日お客様達の笑顔を見ることににより商品についての自信を得ることができました事 大変嬉しく思っております。
これまでの努力が少し報われたような気になりました。
おかげさまでこのsoto+は10社程の商社さんから声をかけてもらっており順調に評価を頂いております。
後パワービルダーさんからも大変素晴らしい評価を頂いているようで是非使用してみたいという声をいただきました。
こちらの声も大変嬉しいことで今回オファーを頂いている商社さんにも本当に感謝しております。

オリジナルエクステリアプロダクトsoto+は今後もバリエーションをどんどん増やしていきユーザーさんにご愛顧頂ける商品開発を進めていきたく考えております。
すでに構想案がいくつか存在しているのですが今は現在の4点の商品の販売に注力していきたいと考えておりますのでsoto+のことを宜しくお願い申し上げます。
最後に商品を引き取りに来られた山路様今回お買い上げ 誠にありがとうございました。


このように外構プラン作製が進んでいきます

2019年6月15日|カテゴリー「sotoDesignの日常
エクステリアプラン下絵

外構プラン下絵

本日はsotoDesignがプランを考えて書き進めていく過程のことを少しお話してみたいと思います。
まずは上の写真をご覧ください。
この状態までプラン作製するまでにお客様とのヒアリングは終了しており ご希望等を十分考慮して検討に検討を繰り返してプランの下書きを何度も書き直して次のステップへ進んだ状態の写真になります。
左写真のラフプランの状態から 右写真のプラン下書きに移行に伴い平面図上での各ゾーンのバランスや実際に工事する時の収め等が再検討されより現実に近い状態になっていることがおわかり頂けると思います。
このような変更は実際にCAD入力する際により一層時間をかけて検討されます。
CADの場合入力された図面はどの角度からも全方位で確認できます。
この便利なCADだからこそ考えたプランの粗や整合性のとれていない部分が良くも悪くも一目瞭然に見えてきます。
それゆえにCAD入力段階に入ってからプランの大規模変更やプラン自体がボツになる事も無いわけではありません。
当方にご依頼を頂いた物件につきましてはこのような行程を経て少しずつ完成に近づいていきます。
これらの行程は物件の大小により大差はありません。大きくても小さくてもとる行動は同じですどのような物件でも
最善のプランを考えるように心がけております。
ほんの少しですがプランの提示までにお時間を頂いている訳をご理解いただけたでしょうか?
現在お待ち頂いているお客様にはご迷惑をおかけしておりますが今しばらくお待ちいただけると幸いです。


エクステリアプロダクトsoto+製造の様子

2019年6月14日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
アルミ表札塗装風景

アルミ門柱flaco工場

今年の春から製造販売しているオリジナルエクステリアプロダクトsoto+ですが、製造は全て国内の工場で製造しています。
各工程を数社の工場でおこなっております。各工場で担当いただいている方達は良い意味でも頑固で妥協を許さない方達
ばかりで どこかsotoDesignと同じ匂いがする方々で 打ち合わせをしていてもとても楽しいです。
どの工種も妥協を許さない工種です。どの工種でもひとつが手を抜けばそれはすぐに商品の出来栄えにひびいいてきます。
手作業でおこなう工程で1ミリの何分の一にも満たない寸法の世界で加工をおこなってもらっています。
中には機械加工が難しい部分を人の手の感触だけでやりきっている工程もいくつかあります。
元々soto+の商品はシンプルなものが多いのでいわゆる「だまし」がききません。
製造誤差が多ければ多いほど製品としての見栄えがかなり左右されるので 製造工程においては特に手の良い工場にしか依頼しておりません。これまでも多数の工場と打ち合わせしてきましたが 中には加工品質の折り合いがつかずお付き合いできていない工場もあります。
このような厳しい状況下で制作されているsoto+ですので ご利用いただくお客様にはきっとお喜び頂けるのではと考えております。
今後ですがsoto+では新しい商品をどんどんと生み出していきたいとかんがえておりますのでご興味のある方は
どんどんお問い合わせください。



大阪箕面のリフォーム外構監理

2019年6月13日|カテゴリー「工事について
箕面外構リフォームの経過

箕面市外構リフォーム工事中

本日は箕面市の外構監理に行ってまいりました。
こちらの現場はほぼ既存の外廻りをほぼ解体して全て創り直すリフォーム外構になります。
まずは解体工事から着手していますが、土間コンクリートの厚さが尋常な厚さでなかったり階段の下地が全てがコンクリートでできているという施主様にとっては物凄く嬉しい話でありますが、この度解体工事をおこなう者としては本当に驚かされるばかりです。
とはいえどうにか解体を終了させなければ次の工程に入っていくことが不可能なので大型重機を投入して 
まずは解体を終了させました。
上の写真がその状態で外柵や門扉階段等が全て取り払われているのが ご覧頂けると思います。

ここからは創っていく行為なので工程のスピードは上がっていきますが こちらの邸でもリフォームの特徴で
解体してみないとわからない地面下での設備等の配管や配線のため 今回のプランに不都合になってくる部分が出てきましたので あらためてお客様と打ち合わせをおかなわければなりません。
こういった問題はリフォーム物件ではどうしても発生し得る事なので 特に注意していかなければならない事柄になります。
この先問題を丁寧にのりこえ 物件の完成をめざして参ります。

エクステリアプロダクトsoto+の発送

2019年6月12日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
soto+梱包

エクステリア商品お届け

masu梱包

今年の春から販売開始しておりますsotoDesignオリジナルエクステリア商品のsoto*ですが、ご注文が入ればこのような状態でお客様に配送させていただいております。
養生した商品と納品書をダンボールに入れて最後箱にsoto+シールを貼り付けて梱包完成です。
今回紹介しているmasuですが工場から出来上がってきた状態では表札表面には別途保護シールが貼ってありキズ等に対しての配慮もキッチリと対応済みですのでご安心頂けるのではと思います。
この度soto+を企画し販売すると決定した後に梱包等についても随分検討を重ねてきました。
普段のお仕事の中では商品の梱包等を考える機会等ほぼ皆無に近く、商品中身のプロデュースより梱包やその他取り巻く事柄の方が難しく感じられました。
梱包等は専門外なのでいたしかたの無いこと。ご満足頂けるようお届けしたいと願います。
今回梱包の方法で色々と凝った梱包デザインも考えなくはなかったのですがそれと経費がかさむ過剰梱包はどうしても避けたかったのでこのような単純な梱包に決定いたしました。中身勝負ということでご理解頂ければ幸いです。
他商品のflacoやedgelight等も同じ品質の梱包で発送されますので宜しくお願いいたします、
このsoto+が少しでも多くのお客様にご支持いただく事を強く望んでこのブログ記事を書いています、
ご興味のある方がおられましたら個人様でも法人様でもお気軽にお問い合わせください。


コンクリートクラックのお話

2019年6月11日|カテゴリー「外柵フェンス、ガレージ、車庫、カーポート
コンクリートクラック
皆さんのお宅にあるガレージなどの土間に細いひび割れなどは起きていませんか?
今日は少しこのコンクリートについてお話をしてみたいと思います。
これらの細いひび割れのことをヘアークラックと言います、
このヘアークラックですが見た目のはほんの小さな(細い)ひび割れなのですが結構目立ちます。
特に新築の新しい土間では特に目立ちやすく築浅ということもあり気になるのだと思われます。
このヘアークラックの問題は大学の研究所などでずっと研究されてきているのですが現在でも完全に防ぐ事ができない
という結果が出ております。少し大げさに言うと日本一の技能をもった職人さんがコンクリートの施工をおこなっても
起きるときには起きてしまうものがヘアークラックというものになります。
ただこのヘアークラックをできるだけ起こらないようにする手立てはいくつか存在します。誘発目地を入れたり
伸縮目地を入れたりまたはスリット目地という方法をとることもあります。少し専門的な話になりますが砂とセメントの比率などを調整したりして少しでもヘアークラックが起きないように心がけますが起きるときには起きるのがヘアークラックというものになります。sotoDesignもこのヘアークラックとは本当に長いあいだ戦って来ました。
お客様にご理解いただけるよう工事前お伝えしておいても実際に現場で発生してしまうとお客様は言いたくなると思います。そこで色々とクラック補修に取り組んで来たのですが 現在一押しなのは特殊配合の成分で水でといてクラックに流し込む製品があるのですがそれが一番効果が高いのではと考えております。もっと現代的に解決したいと考えますが
中々そうはいきません。このコンクリートのヘアークラック問題ですが起きないような予防策しか思いつきません。
ただ、このヘアークラックで構造体に支障をきたすとかいうものでもありませんので その部分はご安心ください。
これから夏の高温期に入りますがこの時期にもクラックは起きやすくなりますので気をつけてコンクリート工事に取り組んでまいりたいと思います。

大阪市のリフォーム外構が完成

2019年6月10日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
大阪市リフォーム外構全体の完成

スリムコンクリート門柱

オリジナル表札とインターホンカバーU

ステンレス表札スリム

ステンレス照明edge

シンプルポスト黒

大阪市内で工事していました外構が完成いたしましたので紹介いたします。
こちらの物件はリフォーム物件で十数年前に新規で工事させていただいたのですが今回訳あって
ほぼ全面的に外構・エクステリアをリフォームした物件になります。

お客様も建築やデザインに興味のある方で打ち合わせ時点からかなり話し込んでプランニングを進めてまいりました。
直線や直角、水平がとても好きなお客様なので、できる限りご要望を叶えられるようにデザインいたしました。
ここ最近のsotoDesignでのお気に入りは直線を使用しながらシンプルなアールを使用したデザインがトレンドなわけですが、久しぶりにここまでシンプルなデザインをさせていただきました。とても潔いデザインで新鮮味すら感じられます。
ポスト本体は既成品を使用しスタンドはステンレスを使用しデザインしていますので皆さんの目にはオリジナル品に映るのでは無いでしょうか。
照明も全くのオリジナルでステンレスを使用しデザインいたしましたが現在夜景が確認できていませんので照明が光った写真が撮れていません。写真が取れ次第ブログアップいたします。
勿論門柱は完全オリジナルでこちらの邸にあわせて作製いたしました。表札とインターホンカバーもステンレスオリジナル品になります。表札文字も最もシンプルにゴシック系を使用しております。ここにもお客様のこだわりが見えます。
こちらの物件では本当に久しぶりに直球なデザインをさせていただき、又それらの良さを再認識させていただくことと
なりました。

このブログをお読みの方でシンプルモダンなデザインをご希望で各部品までオリジナル品でご希望の方が
おられましたら是非sotoDesignにお問い合わせください。