HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

9月は新規外構問合せ件数が多かったです

2019年9月30日|カテゴリー「sotoDesignの日常
オリジナルプロダクトsoto+イメージデザイン

9月も今日で終わりになりますが本当に暑いですね.。明日から10月とは信じがたい程の気温です。
その暑い9月最終日にも新規のお問合せにて打合せにお越し頂きました。
お打ち合わせに来られたのは自動車に乗られて 奥様お一人でお越し頂きました。たまたまなのでしょうがここ数件のお打ち合わせでは平日に(お一人)でsotoDesign事務所へお越し頂くお客さまをたくさん見ております。これらのお客さまはそれほど程外構・エクステリアにご興味をお持ちな方々なのだと思います。よくあるケースでは週末にご夫婦(お子様連れ)でお越し頂くケースが多いのではと思っていましたが ここ最近の傾向としてお一人で来られる熱心なお客さまとお打ち合わせする機会が多いです。そのような状況に引っ張られて打合せ自体もついつい熱が入ります。勿論お客様も熱心な方が多いので中々ご質問の内容も非常に高度な質問が多いように感じられます。勿論sotoDesignはそれらの質問に丁寧お答えするように心がけております。わからないことや確信の持てないことは正直にその旨をお伝えするように心がけております。決してその場でお茶を濁すようなお答えはしないよう心がけております。
それはある決心をしてはじめての場所に打合せにお越しに頂いた方々への少しばかりの気遣いです。
このような思いで打合せさせていただいている大切なお核様たちですのでsotoDesignの考えれる最善のプランを提示するように注力してまいりたいと考えております。

外構色に付いての予測不能な行き違い

2019年9月28日|カテゴリー「お打合せや進行
外構素材

私達の業界ではカタログから商品を選んでもらったりカットサンプル等からカラーを選んで頂くことが日常のようにあります。
例えば電化製品や自動車などのようにカラー設定が決まっていてカタログなどから選んで頂くだけであれば それほど間違いはないと思いますが、この業界では自然石やタイル(焼き物)レンガ等の自然商材であったり自然素材を使用し製造した商品等が無数にあります。この自然素材というのが中々難しくてこれまでも何度か問題になった経験があります。
提案者側からすると自然素材の色幅(自然素材ならではの色の違い)が時には予想以上に大きかったりします。そうなればお客さまからすれば「こんな色でしたか?」となるわけです。お核様はsotoDesignが現地に持参したサンプルを見ながら色を決められるのでいざ現地に商材が届くと以前確認したサンプルと違う、イメージが違うということになるわけです
製造メーカーの担当者に相談しても「自然素材ですから」という答えが帰ってくることが ほとんどでおまけに私達ご提案側からするとお客様の「色が違う」とメーカーの言い分で「自然素材です」という全く相反する意見の板挟みなる訳です。
両者の言い分は決して間違っていないと思いますのでこの問題が発生した場合sotoDesignも非常に困ってしまいます。
現在sootDesignの中にもこの問題の完全なる解決策は見当たりませんができる事として必要以上にお客さまに色の誤差の件を説明していくしかないのかな、、、
いずれにせよお客さまのご要望にお答え出来るように尽力していきたいと考えております。

外構業界次世代の卵

2019年9月27日|カテゴリー「外構業界のこと
スタッフさん

sotoDesignには2年程前からある大学のインターンがお手伝いに来ています。
知り合いの大学准教授より託された学生です。正直なところ2年前はほんの軽い気持ち(悪意ではない)で引き受けたことを思い出します。当時は若者に外構・エクステリアの世界はこのような活動をしていて大変おもしろい世界ですということを理解してもらいたくて引き受けた記憶があります。
当時の期間は一ヶ月弱だったと記憶していますが、期間後半にはsotoDesign自身が業界の魅力を伝えるべく一生懸命になっている自分にも気がついたりしていました。
あれから2年の月日が経過し当時勉強にきていた学生は来年の春からsotoDesignの社員として働く事が決定しております。この次世代の卵は教える事全てに対して貪欲に興味を示し知識を吸収しようとします。教えがいがあるとでもいいましょうかsotoDesignとしても良い勉強になっています。
これまで経験を積み重ねてきた事を口に出して人に教える事などそうそうあることではなかったのですが 自分自身の経験を良い事も悪い事も全て教えていこうと考えております。大げさでは無く師弟関係で取り組んでいきたいと考えております。この次世代の卵を活かすも殺すも私達指導側の気持ち一つで結果大きく変わって来ると思います。折角この業界に興味を持っているのですから大事にしながらも厳しく教えていければと考えております。
これからの次世代の卵の為に。

soto+がジワジワ周知されています

2019年9月26日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
鮮やかなインタホンカバー

以前にもブログに書き込みましたが9月に入って新規お問い合わせの数が実感できる程増えてきました。
本日も新規お問い合わせのお客さまが初回お打ち合わせに来られました。しかも遠方より小さなお子様を連れてこられて
そのお子さんの顔を見ているとsotoDsign自身も昔を思い出し 少し懐かしい気持ちになりながら初回お打ち合わせをさせて頂きました。
物件の話にもどしますと、流石に奥様単独(0歳児のお子様共)で初回お打ち合わせに来られる方なのでお打ち合わせ自体も非常に中身の濃い打合せになりました。そういったお客さまなので外構・エクステリアに対するしっかりした思いをもっておられて打合せしていても話がどんどん進んでいきます。本日はご主人が打合せには参加されていないのでできるだけご主人の思いなどもお聞きしました。どうやらご夫婦では趣味が異なるようですがそのようなことは日常茶飯事におこっておりますので特に気にすることも無く お話を続けていき、打合せの後半にお聞きしました。
「遠方からのご依頼ですが、なぜsotoDesignをお選びで?」という質問に「soto+に非常に興味があったので」というお答えを頂き 非常に嬉しく思いました。ジワジワですがsoto+の効果が出てきている実感をさせていただいた瞬間でもありました。
現在sotoDesignの中のsoto+の立ち位置は物品販売だけでも可能な商品という立ち位置ですが その以前に
そもそもはsotoDesignを広く皆様に知って頂けるツールという側面ももっていましたので soto+がその真価を発揮してくれているのだと本当に嬉しい気持ちです。この気持ちを心にとめてこのお客さまのためにお喜び頂けるプラン提案をしていかなくてはと思いました。今日一日とてもハッピーな気持ちです。

茨木市外構の石貼りほぼ仕上り

2019年9月25日|カテゴリー「工事について
門まわりタイル貼り門袖
石の乱貼り施工中
現在大阪府茨木市で工事進行中の現場確認にいってまいりました。
数日前から床の自然乱形石貼り工事をおこなっています。ご覧のようにほぼ石張り工事は終了しており 後は細かい石を
残りの隙間に入れていけば貼り付け終了します。この石貼り工事なのですが職人さんのセンスがものをいう工種で
貼る職人さんの性格がものすごくでます。例えば石と石の隙間(目地)などは さいたるもので少しめんどくさがりの職人さんが乱貼りをすると目地幅がものすごく広くなり 几帳面な正確の職人さんの目地はとても細くなる傾向があります。
といっても目地が細ければ細いほど良いわけではありません。ご覧のような乱形石では適当な目地隙間も必要になってきます。海外の石貼り工事などは目地に少し隙間をもたせて 石貼りにリズムをもたせております。
逆に日本庭園などで貼る鉄平石貼りなどは 数ミリ目地と言いまして目地が小さい程に職人さんの技量があるというようになります。
今回こちらの邸は純和風な創りではないので 石貼り前の打ち合わせでは適度な目地隙間をリクエストしております。
そのとおり現場では丁度良い具合の目地幅で施工してもらっているので石貼りに表情があります。
後は目地を入れれば石貼り工事は終了になります。今後工事は最終段階に入っていきますのでブログ紹介頻繁になります。
出来上がりまであとひといきです、気合入れて取り組んで参ります。

建築家と庭創り

2019年9月24日|カテゴリー「お打合せや進行
京都ホテル庭打合せ

今日は京都三十三間堂近くに現在建築中の観光ホテル内のガーデンについて打ち合わせに行って参りました。
絶対的な要件としてメンテナンスフリーという事と潅水もあまりしなくて良いような庭と聞いて少しびっくりしました。
「水やりをしなくていよい庭?」などありえないと訴え続けましたが 少し時間をかけて色々な事を検討した結果
潅水の手間やメンテナンスをほぼフリーとして考えられるハイゴケを使用した庭の提案をしました。
多少コケの色味は変化してきますが ハイゴケならばかなりの期間で潅水なしでもなんとか維持する事も可能です。
ということで基本的にハイゴケと石の庭とすることが決定しました。
今日はその内容を京都の建築家事務所でプレゼンして参りました。

当社sotoDesignにはmos-tという苔玉のスペシャリストもいるのでハイゴケの仕入れなどのコネクションもあります。
おまけにケト土などの扱いにも長けているので 今回非常に助かリそうです。というかハイゴケ主体の庭になりますので
今回はmos-tがメインの庭になりそうです。ハイゴケを皆さんにもっと知ってもらうために今回sotoDesignは縁の下の力持ちになり尽力したいと思います。
ホテルの竣工は11月中頃にはホテルの竣工予定なのでブログ紹介致します。

遠方からの外構依頼のお客さま

2019年9月21日|カテゴリー「sotoDesignの日常
topsrideエクステリアプロダクト

今日から世間では三連休に突入しておりますが 近畿にも台風が近づいていますので心配ですね。
そんな連休初日に広島県からお越しになったお客さまの外構・エクステリアのお打ち合わせをさせていただきました。
現在広島在住で 関西に新築工事をしておられるお客さまのエクステリア打ち合わせなのですが 現在のネット社会には本当に驚かされます。勿論ですが最善のプランご提案をさせていただき sotoDesignへの工事依頼は決定しているところで本日の打ち合わせ内容は細かい部分の変更を時間の許す限りおこないました。時間の配分がうまく行けば本日中に広島へ変えられるそうでsotoDesignも少しびっくり致しました。今日は三連休の初日ということもありかなり渋滞の渋滞が予想されますので 本日の帰省になる場合気をつけておかえりいただきたいと思います。
距離があってもご縁をいただいた今回のお客さま、外構工事の着手自体は来年1月を予定しておりその際はブログでも紹介してまいります。

オリジナルプロダクトmasuの施工例

2019年9月20日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
fb69ca0c672d9c7c20b3ab7c30384f0a
masu施工例小
今日はsotoDesignのオリジナルブランドsoto+の商品であるmasuの施工例を紹介致します。
すでに出来上がった外構・エクステリア工事に当社masu(表札 / インターホンカバー)を採用頂いた事例です。
今回ご発注頂いたmasuがシルバーでしたので ごくシンプルモダンな外構なのだろうと思い現場へ伺わせていただいて
拝見させて頂いたのですが  現場はどちらかというと可愛いナチュラル系の玄関廻りでした。
このようなナチュラル系の現場にシルバーのmasu がフィットするということはsotoDesignにしても嬉しい誤算でした。masuの本体は確かにシルバーですが ホワイトの文字なので現場に溶け込んでいるように見えます。ナチュラルな感じにスッキリしたカラーのmasuが非常にマッチしていると思いました。
この商品のカラーバリエーションは
 三色あり今回のシルバーとレッドにブルーがありますので 有色をお選びいただいているともう少しかわいい感が強い現場になっていたと思います。
差し色としてご使用いただいても面白いと思いました。でも先程もお伝えしましたが 今回のシルバーをお選び頂いたお客様には脱帽です。カラーセンスが光っております。
いずれにせよ新築の外構・エクステリアに当社soto+のmasuをお選び頂き誠に光栄です。
お買い上げ誠に有難うございました。長くお付き合い頂ければ幸いです。


11月6日7日の展示会に出展します

2019年9月19日|カテゴリー「お知らせ
ビジネスマッチング2019秋
これまでも 来場者として会場にうかがって さまざまな業種の方とお付き合いが始まったきっかけになった
きたしんビジネスマッチングフェア
この秋は 弊社も出展側として参加することになりました。

日時は11月6日水曜日と7日木曜日の二日間・10時から17時(7日は16時まで)
会場はマイドームおおさか2階です。弊社のブースは60番だそうです。
その日は1階で東大阪産業展 テクノメッセ東大阪も同時開催されるそうなので 技術やアイデアを探している方には
一回で二度おいしいと思います。

弊社は今年発表したオリジナルデザインエクステリアプロダクト「soto+」を 実際にたくさんのかたに手にとって頂けるように展示会にて展示することにしました。写真ではお伝えしきれない soto+のこだわりの仕様を実物でご確認ください。

CADもお持ちするので外構プランについても直接ご相談いただけます。
ぜひ ご来場ください。よろしくおねがいします。

soto+レーザー工場打ち合わせ

2019年9月18日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
レーザー加工会社さん

レーザー加工の技術

今日は久しぶりにsoto+の製造工程などの件について色々と打ち合わせに行って参りました。
9月には週刊エクステリア(業界新聞)にも掲載いただきましたし、関東及び東北、北海道にてsoto+の販売を決定頂いています会社さんへの物品安定供給を目指しての細かい打ち合わせとなります。
sotoDesignのホームページだけで販売しているのであれば販売個数的にも生産が追いつかないということは考えにくいのですが こと他の商社さんやその他ブロックメーカーさんで販売いただくとなると納期などの件が大きな問題にもなりかねません。納期遅れなどを出してしまうとsoto+の納期の問題だけでは済まなくなります。最終的には外構・エクステリア工事の信用問題にまで発展しかねない事になりますので 工場へ製作発注をかけてから仕上がりまでのデータやり取りの問題や品質についての問題をかなり掘り下げて打ち合わせすることが出来ました。
今日打ち合わせた内容にてかなりデータやり取りがスムーズになり納期問題とレーザー加工の工程について飛躍的な進歩があったと思います。一度発表済のsoto+ですがこのような関係者全ての努力を繰り返すことにより以前にまして素晴らしい製品に仕上げていくという ブラッシュアップの過程を大変重要な課題と捉えており これら地道な努力により皆様の満足度が高い商品へ変わっていくものだと捉えております。より良い製品と安定供給を目標にがんばります。

茨木市の外構工事進捗乱形石貼り

2019年9月17日|カテゴリー「工事について
茨木施工中外構デザイン門

外構施工中門柱足元

大阪府茨木市の外構現場監理に行って参りました。
前回の監理より 門袖のタイル工事が全て完了しており、現在は床の石貼り作業をおこなっているところです。
今回は乱形石貼りなので職方さんの腕が試されるところであります。
写真のとおり 一枚一枚石の形を見極めて仮置きをおこなっていきます。この仮置きの後で細かい部分の調整(カットや割り等)をおこない 最終的にモルタルで固定していくという中々手の混んだ工程となります。
いつもに増し 丁寧な作業が必要なのでこの石貼り工程には何日かを要す予定です。
石貼り工程が終われば次はガレージなどの土間コンクリート工事が控えております。
最新の週間天気予報での確認ですが この先少しの間天候が安定しているようなのでその期間に工程をできるだけ進めたいと考えております。あとはほぼ仕上げ工程になりますので 現場に行けば目に見えて進み具合がわかるようになり、
今後の現場監理は非常に楽しみです。
夏も終わりに近づき職人さんも体力的にバテバテな状態ですが今日なども影に入り少し風が吹くと以前より確実に涼しくなってきましたので現場では皆大喜びでした、現場作業をしている人において「涼しい」ということが一番うれしく思える事なのではと思いながらの2時間ほどの現場監理となりました、一番暑い時期も乗り越えてきた現場なのでもうひと
踏ん張りして感動できる物件に仕上げたいと意気込んでおります、出来上がりをお楽しみに。



外構プロダクトsoto+新聞掲載されました

2019年9月14日|カテゴリー「お知らせ
週刊エクステリア9月10日号

エクステリア業界紙掲載

9月10日発刊の週刊エクステリア(業界新聞)に軽鎖されました。
掲載予定の件はブログでも何度か紹介させていただいておりましたが 掲載新聞社さんより掲載紙をお送りいただき拝見させていただきました。
新聞記事を見て連絡頂いているかは不明ですが 今週中だけで数件のハウスメーカーさんや大手工務店から問い合わせがあり何社かの担当者さんとお会いする予定になっております。

基本的にsotoDesignは下請け業をおこなわずほぼ全ての物件を自社受注(エンドユーザーさんより依頼あり)を守り通しているのですが、この度のsoto+の取り組みを期に会社同士のお付き合いをさせていただく機会ができればと考えております。
それは新聞記事にも書いているとおりsoto+ブランドとしては他業者さんのコラボレーション等も視野に入れており積極的に取り組んでいこうと考えているからです。soroDesignが考える企業同士のコラボレーションが可能になれば
外構・エクステリア業界ももっと変わっていくのではという内容の記事になっております。
自分が30年弱 身をおいている業界ですが  soto+の開発コンセプトの一つである他業者とのコラボレーションが普通におこなわれてその結果お客さまが選ベル選択肢が一つでも増える結果につながってくれれば嬉しいという記事内容の記事に
一人でも多くの共感者さんがいてくれれば幸いです。

外構・エクステリア勉強会

2019年9月13日|カテゴリー「sotoDesignの日常
秋篠の森なずな

エクステリア勉強会2019秋

久しぶりに気温の低い すがすがし朝を迎える事ができ少しほっとしました。9月も中頃を迎えるとこのぐらいの気温が普通ではと思います。
そのような中 不定期ではありますが外構・エクステリアデザイナーが集まり勉強会をおこないました。
この集まりは特に縛りもなく 業界関係者が集まるようになり もう何年も続いている会になります。
今回の勉強会としましては 奈良県の秋篠の森なず菜でお庭散策及び見学し 美味しいランチを頂きながらの意見交換等をおこないました。
到着後は自由に植物の配置や外構・エクステリアにもつながる 造作物について見て回りました。冒頭に書きましたが今日はこれまでとは違い外気温がこれまでより低くて とても気持ちよく見て回る事が出来ました。
これまでなら昼間日中に庭の散策等をしたら暑すぎて汗が止まらない状態で非常に不快に感じたと思いますが そのような事も無く本当に快適な一日をすごさせてもらいました。
集まったメンバーと楽しいひとときをすごさせてもらい 短い時間ではありましたが とても充実した時間となった気がしました。sotoDesignが思うにこの勉強会の良いところの一つとして 決まった題名や題材が無いところだと考えており
たまに合うメンバーが日頃の喧騒を忘れて過ごせるとても潤いのある特別な時間だと捉えております。
それぞれが日々の中 真剣に仕事に向かって 悩んだこと感じたことを率直に話せる間柄
個性的なメンバーではありますが ある一種の統一感を感じて心地よいです。
次回はどこで集まり勉強会があるか今から楽しみです。

就職内定お祝い会

2019年9月12日|カテゴリー「sotoDesignの日常
山中氏と新規スタッフ

2年前からインターンシップでsotoDesignに来ていました学生の 就職内定お祝い会を難波でおこないました。
来年春よりはれてsotoDesignの正社員として働くことが決まっており 現在は仕事に慣れてもらうように月何回か手伝いに来てもらっております。
とてもやる気のある学生ですでに色々な事に取り組んでもらっています。例えばsoto+のカタログ作成やプランご依頼のあったお客さまの建物をCAD入力をしてもらったり 実践に近いような事もこなしてもらっております。
実はこちらの学生をsotoDesignに紹介してくれたのは建築家であり 大学でも学生を教えている山中氏(写真左前列)であります。
彼とはすでに15年程のお付き合いがあります。自宅の創作家具や事務所の家具その他ハウスメーカーとの取り組みも一緒に取り組んできた仲で その氏が自信をもって推薦してくれたのですが 流石に学生の質(やる気のレベルが違います。)が非常に高い事に驚かされております。この秋から来春にかけてsoto+の販促や周知に色々取り組んで行かなければならないのですがすでにそのメンバーの一員になっおります。
sotoDesignのお仕事に少しずつ慣れるべく今から取り組んでいって貰えればと思います。
来年の春からは即戦力として期待をしている新人さんですが 褒める部分と厳しくする部分のメリハリをつけて指導していきたいと今から考えております。



今月はsoto+(外構プロダクト)に注目

2019年9月11日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
今年春に発表しましたオリジナル外構ブランドのsoto+ですが  今月色々と動きがあります。
業界新聞の週刊エクステリアにインタビューを受けて 今週にでも新聞掲載されます。内容はsoto+の構想からどのような思いで取り組み 今後どのようにしていきたいかという内容でかなり大きな記事で掲載頂けるようです。
業界の関係者さんなどにお読みいただき 何かレスポンスをいただければとても嬉しく思います。
それと来月頃には宣伝としてカラーで商品の掲載も予定されておりますので これまた多数の方々に認識して頂けるのではと思います。新聞のインタビューにもお答えしましたが大手メーカーさんだけが商品開発をするということでは無く
中小の会社も商品プロデュースをしても良いと思います。
その行動が必ず外構・エクステリア業界の活性化につながると信じています。

それともう一つの動きは来年の商品カタログで発売が決定しておりますので(全国流通のカタログです。)その内容の詰めをはじめております。
掲載されると日本全国の注文が予想されますので 生産の方法やその他色々と決めていかなければならない事もあります。今月はsoto+にとって一度にたくさんの動きがああるのでsotoDesign事務所内もバタバタしておりますが このように活動を継続しているときっと誰かの目にとまり評価頂けるのを楽しみにしております。
今秋にはマッチングフェアーにも出展するのでより多くの方々に目にして頂ける機会になります。
一つ一つの活動は小さなものかもしれませんが地道にsoto+の販促活動をしてまいりたいと考えております。

外構プロダクトの企画