HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

エクステリア樹木の下見

2020年3月31日|カテゴリー「sotoDesignの日常
庭木を選ぶ様子

植木屋での植木選択

現在大阪の吹田市で外構工事を進めておりますが色々な工種が順調に完了を迎えておりこの後おこなわれる植栽工事について植木の下見をお客様と一緒に植木卸店までいってまいりました。
植木卸店といいましても植木朝市等ではなく宝塚市の植物問屋さんで今では珍しく大きな畑を持っており常に其の畑に多数の植物を持っていて其の上いつでも現品を確認できるとなれば宝塚市の植木問屋さんの中でも数多くはありません。sotoDesignのお客様で植物に興味をお持ちの方を現地ご案内するようにしております。勿論費用などは一切かかりませんしおまけに問屋さんの社長自ら案内いただきます。時には他では聞けないとても深いお話などを聞きながら植木畑を何箇所もまわっていきます。下見をおこなった際にお気に入りの商品を仮押さえしたりお取り置きしたり等も可能なのでお客様からすれば非常に嬉しいサービスであるそうで経験者のお客様からかなり評判の良いサービスになっておりますのでお気軽にお問い合わせいただければ 時間調整の上ですが植物の下見をおこなっていただけます。
一生にほぼ一度と言われている住宅工事なのでsotoDesignもできるだけバックアップさせていただきたいという思いから続けているサービスになりますので外構プランをご依頼いただき植物のことが気になる方は是非お問い合わせいただければと思います。

4月から始まる外構工事

2020年3月28日|カテゴリー「sotoDesignの日常
新しい外構プランパース
例年であれば4月というと沢山の人達が新しい生活に向かって意気揚々と迎える月なのですが今年の4月はどう表現して良いのか分からないなんとも言えない4月の始まりを予感します。そのような状態の4月も工事をお待ち頂いていたお客様の工事着工を予定しております。今回着工をむかえる物件は個人邸の外構では無く賃貸マンションの外構リフォーム物件となります。
お客様にsotoDesignにご依頼頂いた理由をお聞きすると築年数経過に伴い古さを隠せない状況になってきたのでマンションの外構部分に手を入れて賃貸マンションとしての価値を少しでも上げるのが主な目的なのだと言う事でした。
今回の外構プランもsotoDesignテイストをふんだんに散りばめたプランになっております。
該当部位は奥行きが50メール程有ることから同じエレメントで設計すると単調な感じになってしまいますし、
そうかといえば全く別のエレメントを並べていくという設計をすると全く落ち着かない感じになるので非常に難しいご依頼でしたが今回のプランできっちりと解決できているのではと思います。その内容は今後グログで紹介していければと思いますので皆さんお楽しみに。
sotoDesignというと個人宅のお仕事ばかりと思われているようですが今回のようにパブリックな部分の設計もおこなっておりますのでマンションオーナーさんでご興味があれば是非お問い合わせ下さい。

吹田市の外構ガレージ土間コンクリート工事完了

2020年3月27日|カテゴリー「工事について
吹田市外構モルタル土間
土間工事きれい
今回の写真は現在大阪吹田市で外構・エクステリア工事中のガレージ土間工事について少しお話したいと思います。
こちらの現場は今月の初旬から工事着手しておりすでに門廻りやアプローチ工事及びカーポート屋根やウッドデッキ部分が完成し 昨日はガレージ土間コンクリートの工事をおこなったので その時の写真をご紹介させていただきます。
まず土間コンクリート隅部のアール加工もとても綺麗にできておりアプローチ部に使用している自然石乱形石を模したくり抜きも非常にうまく収まっておりました。このくり抜き模様はコンクリート土間の味気なさを少し回避してくれる役目を果たしてくれます。複数個空いている模様にタマリュウや化粧砂利を入れることにより同じコンクリート土間仕上げでも十分素敵に見えます。今日の現場監理では土間の大きなコテ跡などもほとんど無く非常にうまくできており職人さんに感謝です。今後残る工事は細かい仕上げ工事や植栽工事が残りますが現在のところ工事納期的にも問題無く進んでおり上手くいけば4月中頃には植物なども完成した現場の様子を皆様にもお届けできるのではと思います。丁度新緑の緑がきれいな時期だと思いますので今から完成が楽しみな物件です。


簡素ととるか 素敵に思えるか

2020年3月26日|カテゴリー「sotoDesignの日常
傘を置く場所

玄関前傘立て

このような物を創って見ました。
ご覧のように  傘掛けです。皆さん材料に使用されている物は一体何かおわかりになりますか?
答えはsotoDesignで普段から外構・エクステリア工事で使用しているアルミ汎用部材の切れっ端です。
現場作業でアルミ汎用部材を使用した際 必ず「端材」が発生します。その端材を使用して作られているのが今回紹介させていただいている傘掛け(傘置き)。アルミ柱をカットし着色しただけの とてもシンプルな物です。
日頃からsotoDesign目指しているデザインコンセプトの一つに「これで十分」という考えがあります。この傘掛け(傘置き)はまさにそのコンセプト通りの仕上がりでこれ以上シンプルなものは無いと無いのではと思います。外構で使うアルミ端材にカラーリングを施すだけで使いみちは多岐に渡る部材となりました。これだけシンプルな物なので傘掛けだけではなく色々なシーンで使用できるのではないかとおもいます。
sotoDesignでは常に このようにちょっとした工夫で大きなデザイン性を生む部材や製品を考案していきたいと考えながらアイデアを具体化する考案に取り組んでおります。こうした取り組みを続けることが他社との違いを生み出すことを
何度か経験させてもらってきており、これからも新しい事や物を考えていく基本のきは「これで十分」のシンプルな思考。
これを簡素で質素だと思うか 面白い楽しいと感じるか
みなさまのご感想はいかがでしょうか?

sotoDesign4月からのスタートの準備 ②

2020年3月25日|カテゴリー「sotoDesignの日常
IMG-7026

昨日に続き本日も4月から始まる新年度に向けての準備をおこないました。
世界中で猛威を振るっているコロナウイルスの影響は大きいと思いますが何もしないでただ待っているだけではいけないと考えながら今何ができるかと考えて これまで後回しになっていた気になる事務所の小改修と新入社員仕事スペース等の整備をおこなうことができました。昨日IKEAで購入してきた備品を組み立て設置しながらふだんより少し力を入れて事務所内を掃除させてもらいました結果とても綺麗になり清々した気分になりました。細かいところでですがこれまで傘の置き場所としては適当な場所に置いてもらっていたのですが今回其の部分もsotoDesign流解決方法で問題解決できました、其の様子は別途ブログで紹介いたしますので乞うご期待ください。
新入社員の仕事スペースもかなり綺麗に整備でき本人もかなりお気に入りのようでした。私達デザイナーというお仕事は
プラン作成時かなり考え込むことが多いのですが自分自身の経験で言うとあまりざわついている場所や整理整頓ができていない場所でのプラン作成は向いていないのではと考えており(個人差はあると思います。)新年度から気持ち良くお仕事に取り組める準備が整いましたので外構・エクステリアの事でお悩みの方は是非sotoDesignにお問い合わせ下さい。


sotoDesign4月からのスタートの準備

2020年3月24日|カテゴリー「sotoDesignの日常
ikea

もうすぐ2019年度の事業年度が終了し新たに2020年度の事業が始まります。そんなsotoDesignの新年度事業開始より新人社員がやってきます。その社員のための必要備品やsotoDesign事務所で日頃から必要に思っていたものをまとめて購入するためにIKEAに行ってまいりました。皆さんもご存知のように低価格でデザイン性にとんだ商品展開をしているので個人的にもお世話になっておりますが今日は会社の備品という目線で一日色々と物色してまいりました。
現在のsotoDesign事務所のレイアウトは蔵の内部を全面リフォームしたものになります。
一階はお客様との打ち合わせスペースと仕事スペースになり二階にも仕事スペースを設けてあり今回新人社員は二階の仕事スペースでお仕事してもらうことにしているので その部位の設備拡充のための買い出しになります。IKEAにつくまではコロナウイルスの影響と平日ということで人の往来は少ないのかと考えていましたが予想に反して来場者は考えていたより多い感じでした。
そのような中ですが買い物付に沿い必要な商品を素早く選んでいったつもりなのですが 結局夕方までIKEAにいることになりました。おかげで予定していた必要なものはほぼ購入することができたのでお店を後にしましたが明日はそれらの商品を組立てて取り付けなければなりません。
明日も事務所の整備に取り組みたいと思います。

大阪吹田市の外構貼りもの施工

2020年3月23日|カテゴリー「工事について
石の乱張り作業
階段タイル貼り
大阪吹田市の現場進捗になります。
門廻りの工事がかなり進んで来ました、門袖にも300*600サイズのタイルが貼り終わり笠木の施工も終わり 階段の300角床タイルも貼り終え 本日よりアプローチの自然石乱貼り工事に着手しております。
よく見ていただくと乱貼り角部にはアールが取ってあるのですがこのアールが作業のスピードを遅くしていたみたいです。そもそも石貼りにおいて階段部等の立ち上がり部は手がかかる部位でありますが タイル等の方形材料を貼るのとは違い自然型の石材をジグソーパズルのように張り合わせていくのですから 時間がかかるのもうなずけます。
どうしても形が合わない場合は石材を割ったり切ったりしながらの合わせ作業。時間がかかって当たり前ですがその分仕上がりに期待できます。貼り終えた部位はまだ少ないのですが今後施工が進むのが楽しみな部分です。
ご覧のように300角タイル貼りについてはいつものように問題なくとても綺麗に仕上がっております。階段手すりの柱も仕込んでおりますので 後は手すりビームを取り付ければ階段部分も一通り完成ということになります。
ここまで来れば工事半ばも完了でガレージ土間を施工すれば工事完成が大分と見えてきます。各工種の職人さん達も頑張ってくれておりますので工程に遅れもなく順調に進んでおります。
この先お客様と現場で進捗状態をおこなったりしながら工事後半に突入ですします。

4月から着手予定の外構下見

2020年3月21日|カテゴリー「sotoDesignの日常
マンションの外構打ち合わせ
既存外構のリフォームご相談
ここ数日非常に外気温が高い日が続き桜の開花が宣言されそうな陽気の中ですが工事の順番をお待ちいただいていたお客様の物件着手の下地準備で現場確認に行ってまいりました。
こちらの物件は個人邸ではなく収益用賃貸マンションのエントランス及びアプローチのやり変えリフォーム工事になります。
実はこちらのお客様は去年の秋頃WEBをご覧頂きお問い合わせいただいていたお客様だったのですが、丁度その頃工事予定があまりにもつまり過ぎておりお問い合わせ時に丁寧にお断りさせていただいた記憶が有る物件でした。
その後今年に入って
再度お問い合わせ頂いたという経緯の物件となります。
年明けも工事が詰まっていたので「春頃なら工事可能ですがいかが致しましょう?」というお話に「春頃なら待てると思います」という非常に有り難いお返事をいただけたので精一杯sotoDesignワールドのプランをご提案させていただきましたところ非常に喜んで頂き工事予定をお取りしていたという経緯が有ります。
sotoDesignでも久しぶりに個人邸以外のパブリックな部分のお仕事でワクワクしております。

4月の工事着工の先日まで水道の設備工事が入っていまして、その進捗の確認も知りたく現場下見に行きました。
ご覧のように現場は設備工事で穴を掘り返している状態で少し不安を感じましたが職人さんと打ち合わせをするとなんとか今月末頃には終了が見えてくるらしく安心しました。あまり工期にずれが生じると当社の後に控えておられるお客様の工期にも悪影響が出る恐れが出てきますのでここは慎重に対応ですね。
このマンションリフォームの様子は工事着手が終わればブログ紹介していきますのでお楽しみに。

大阪吹田市の外構進捗の様子

2020年3月19日|カテゴリー「工事について
吹田市の外構工事カーポート設置
吹田市の外構工事下地施工
大阪吹田市の外構進捗の確認に行ってまいりました。本日進捗確認できたのは門袖の左官下地とアプローチ部乱形石貼りの下地階段及びカーポート屋根が出来上がっていました。
工事進捗率でいうと全体の40%程の進捗率だと思いますが 階段や
門袖おまけにカーポート屋根が現場で見れるようになるので随分工事が進んだ感があります。実際はまだまだ工程が残っております。
階段もアプローチもガレージ土間工事 更にウッドデッキ工事などの工事が残っていますので 完成までには当分時間を
要すると思います。
話は変わりますがこちらの物件は住宅地の角地に位置しておりsotoDesignには珍しくお客様の
リクエストで植物を沢山植えてほしいというご依頼になっており植木の実物確認も含めてお客様と畑に確認にいく予定になっておりますのでお客様共々工事の出来上がりを今から楽しみにしております。ちょうど自動車の通りからも見える場所に位置していますので道行く人や車での通行の人たちに目についてくれれば良いなと考えております。
外構・エクステリアのデザインにおいては いつものsotoDesignテイストの中に少しトラディショナルなデザインにしていますので出来上がりを講義期待下さい。もちろんブログでもきっちり紹介させていただきたいと思います。

sotoDesign販促など

2020年3月17日|カテゴリー「sotoDesignの日常
案内図案
sotoDesign販促
普段のお仕事があまりにも忙し過ぎてついついできていない事をいくつかおこなってみました。
当社sotoDesignは国道沿いや大きなビルの中にあるわけでもなく吹田市の住宅地にあります。おまけに敷地内に母屋とsotoDesign自宅と職人達の作業場とミーティングルームという4つの建物に別れており、初めての打ち合わせで当社にお越し頂いたお客様がどのインターホンを押せば良いのかわからない状態でしたので 今回はその分部分の解決のためにサインボードとインターホン及び表札を一つにした物のデザインを進めているところです。
普段のお仕事でお客様の表札は数え切れない程デザインしてきましたが 今回の表札デザインはとても手こずらされました。一枚の表札にたくさんの情報を取り込む事の難しさを再認識することとなりましたが何度もプランの練り直しを経てやっとここまでプランを絞り込むところまできました。後は素材選びや加工業者さんとの打ち合わせが残りますが良いものができそうです。

二枚目の写真はsotoDesignのクリアーファイルです。このクリアーファイルですが有るととても便利なアイテムですね
これまでも無職透明のファイルを買い使用していたのですがお客様にちょっとした書類等をお渡ししたり、会議資料の整理等にとても重宝するのではと今回上記のデザインで作成してもらうことにしましたのでもう少しで皆様にもお渡しすることができると思います。

というように多忙な時には手を付けるのが難しい事にトライしたレポートでした、2つのアイテムが完成すれば紹介させていただきますね。


外構工事が始まる前と後

2020年3月17日|カテゴリー「デザインへの考え方
建築地更地

外構工事着工直後
弊社に外構工事や設計のご依頼のためご連絡いただけるタイミングはいろいろあります。
お家が建ってから探して探して最後の最後に弊社にたどり着いて外構依頼を頂く場合も多くありますが まれに
建物着工以前からご連絡を頂いて  打ち合わせを始める場合もあります。
敷地に対してどんな位置にどんな建物が建つのかは決まっているので sotoDesignとしては設計を始めることもできますが
お客様にとっては更地の段階で外構プランのご提案しても いまひとつピンときづらく わかりにくいかもしれないので
建築が始まってお家が建ち始めてからのご提案のほうが親切なのかなぁとは思います。ただ、時間的に余裕が有る方が外構デザインの検討もじっくり行えるし 今や職人不足のため工事にあたる職人を着工時期にキープするのも早いほうが安心です。
建物が決まってもいないうちにお話いただくと さすがにもう少し経ってからご連絡くださいと申し上げるしかありませんが。

現在外構工事が始まっているこちらの現場は建築が始まる前からご依頼いただいていた物件です。
最初に現場を確認したときは 左のように更地の状態でした。この段階で 右の写真の構造物のボリュームがイメージするのは難しいですよね。
工事は着々と進行しています。こうしてみると物がだんだん積み上がって形になっていくのは面白いなと思います。
プロの外構デザイナーはだいたいのイメージはわいていて そのとおりになっていくのを確認しているような感じですが
お客様にとったら契約時にみたCADイメージと 果たしてどのくらい重なっているのでしょうか?
プレゼンやCADのテクニックを丁寧にわかりやすくしなければならないと改めて思います。

このような所までコロナの影響が!

2020年3月16日|カテゴリー「sotoDesignの日常
IMG-4195

今日は外構やエクステリアのプランや工事のお話ではなくこのところ世界中で問題になっている新型コロナウイルスにおける影響についてsotoDesign自身が感じていることなどを少し書いてみたいと思います。

去年の年末ごろから新型コロナウイルスのことがテレビやインターネットで噂されるようになり正月をはさみ発生源の中国ではかなり大き問題となり クルーズ船等の事もあり、あれよあれよという間に日本でも大きな問題となった事は記憶に新しい事です。当たり前ですがsotoDesign自身は偉い先生でも政治家でもないのでウイルスの本質などもわかるはずもないことなので難しいことには言及できませんが ウイルスによる社会混乱に伴う株価暴落や先行きの見えない世の中の不安に付随し新卒学生の内定取り消しなどの問題を耳にするとなんともやるせない気持ちになります。
ウイルスに対する問題としてはさまざま賛否両論有ると思いますが sotoDesignとしては起こってしまった事としてなんとか難局を乗り越えていければと考えております。先程お話しました内定取り消しを受けた学生からすると完全に人為的なことなので本当に腹立たしいばかりだと思います。大げさではなく取り消された学生からすればその人の人生に関わる事であり簡単に内定取り消しを出した企業は人の人生などをどのように考えているのでしょうか?
今年2020年の4月より当社も新入社員を一人雇う事になっておりますが今後の世相が読めないから内定取り消しとなどいうつもりは全く無く、むしろこういう世相なので小さいことから何ができてどうすれば良いのかと言うことを社員共々考えながらこの難局を乗り越えていければと考えております。
いずれにせよ一日でも早くウイルス問題が解決しもとの社会が戻って来ることを強く望みます。勿論sotoDesignはこれまで以上に企業努力をしていきたいと考えておりますので宜しくお願い申し上げます。

ゲート・三協ライアーレや照明の設置完了しました

2020年3月14日|カテゴリー「工事について
三協アルミ ライアーレ
土間に照明施工
本日はあいにくの雨天で現場作業はおこなわれておりませんが昨日現場でゲートやガレージ土間に照明などが設置され完成にまた一歩近づきました。
そのゲートは三協アルミのライアーレと言う商品で時々sotoDesisgnでも使用させていただいている商品となります。
この商品の良いところはゲートの開き方にあります。各メーカーで見た目が同じような商品は多数存在しますがライアーレのように両側に引き分けられるゲートは他には無いのではと思います(勉強不足で存在する場合はすみません。)。
特に今回の物件のように横に2台並べで駐車する場合は特に都合の良い商品になります。駐車する際に反対側へゲートをスライドさせれば簡単に駐車スペースに駐車可能となります。これのどこがすごいことなのかと言いますと、これまでのスライドゲートではゲートをたたんだ際の「たたみ代」ができます。そのたたみ代が干渉しないようにゲートの幅を駐車スペースよりも大きなゲートを用意しなければならなくなります。今回使用のライアーレは両方からの引き分け可能なゲートなので駐車する際の反対側へゲートをスライドさせれば何の問題もなく駐車できてしまいます。実際にこちらの邸ではこのライアーレ以外のゲートたたみ代を考慮しなければならないサイズのゲートは間口の問題で使用できない現場でありました。ライアーレなので綺麗に収まったプランになります。開閉操作もリモコンで簡単に左右の引き分けが可能で快適に使用いただけると思います。
ガレージ土間にはデザインと機能の両立で駐車スペースを分けるようにフロアーライトを配置することにより夜の駐車を助けるアイテムになります、なるべく照明器具に負担をかけないように土間レベルより少し低いところに照明を設置してあります。今回の写真では少し分かりづらいのですがその御蔭で照明点灯じに少し影が落ちてとても綺麗に照明が点灯しています。
ここまで来れば現場完成もすぐそこまできておりますので頑張って完成にむけて作業を進めて参りますので皆様お楽しみに。

会社のメンテナンス

2020年3月13日|カテゴリー「sotoDesignの日常
案内図
3月は期末ということもあり年度頭にやりたいなと思ってまだやり終えてないことを できる限り実現させています。
いろんなことにチャレンジした一年でしたが ミーティングスペースを移動してからインターホンやポストなど わかりやすく区分けできていなかったので 年度末までに来客のみなさんがわかりやすくなるよう 工夫したいと考えました。
sotoDesignはもともと造園業をおこなっており 前会長の自宅脇に造園部の事務所をそなえています。
そこへsotoDesignの自宅が建ち 蔵を改装して新しいミーティングスペースとしたので 敷地内にさまざまな施設が建っている状態になりました。
郵便については慣れてくれているので混乱することはほぼありませんが 初見のお客様にはどこのインターホンを押せばsotoDesignにつながるかわかりにくいので改善しようと 弊社が得意とする表札を製作するのと同じように
デザインして作ることにしました。
どんなものにしようかと スタッフ含め検討しています。素材や技術も使ったことのないものにすれば 次回以降のテストにもなりますので きちんと考えて作り込もうと思います。

現場対応のちょっとした外構オリジナルアイテム

2020年3月12日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
アルミ縦桟フェンス

コンクリートのベンチ

これら写真のものはsotoDesignがエクステリアプラン上で非常によく使うオリジナルアイテムです。
今日はそれらのアイテムについて少しお話していきたいと思います。
一枚目の写真ですが50角の柱が沢山立っていますが これはメーカー製の既製品ではなく汎用部材である柱を現場でカットして各々がバラバラにならないように柱下部で連結し 各現場サイズに合わせて設置しているアルミ縦ルーバーになります。ブルーのシール状のものは養生シールで 完成の際に剥がすものですのでご心配なく。
この縦ルーバーの良いところはどこにも横桟がありません。究極にシンプルな見え方でおまけに現場対応で柱と柱の間隔を変更できますので お客様のご希望の間隔にお応えできる仕様になっております。(図面上での指示は必要になります。)色々なお客様にもお喜び頂いているsotoDesignオリジナルの現場対応ルーバーになります。

二枚目の写真は少し分かりづらいですが リビングの吐き出し窓から降りるときや飛石に使用するステップ&飛び石になります。これも簡単な作りになっており汎用の紙製ボイド(パイプ)を任意の長さに切りその中にモルタルを流し込み固まった後で紙を剥がします。出来上がった筒状の天端面にペンキ着色という風にこのアイテムも非常にシンプルな作りになっております。プランの中にこれらオリジナルアイテムを取り込むことで他では目にしないsotoDesignならではのオリジナルプランに仕上げることが可能となります。仕上げに完全に一点ものになる門柱や表札など散りばめることで本当の意味で完全オリジナルなsotoDesignプランになるわけです。他所と異なる個性的な外構を希望されるがゆえに弊社に設計依頼くださったお客様に対してはそのご期待にお応えするひとつの手立てとして オリジナルアイテムを中心としたプランをご提案するように心がけております。このブログの読者さんで他とは違ったこだわりのプランを方ご希望の方は是非sotoDesignにお問い合わせください。全力でプランニングさせていただきます。