HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

完成外構の写真撮影にいって参りました②

2020年5月30日|カテゴリー「sotoDesignの日常
IMG-7611
新入社員の大西です

昨日のブログでは完成外構の撮影について書いたのですが本日は新入社員の目線で書かせて頂きます。

完成外構2件の撮影が決定し事務所では天気の良い日を狙い日程を考えたり完成外構がどの時間にベストな日の当たり方をするのかミーティングをするなど準備をし撮影日を迎えました。当日現場に到着したのはまだ薄らと明るい6時過ぎ頃でした、ミーティングしたほぼ予想通りの方向から日が建物と外構に当たっているのを確認しそこからはしごの高さを変えたり撮る方向を変えたり色々な事を試して撮影を行いました。そして2件目の現場に到着した頃には日が高く日差しも強くなり暑さと戦いつつ同様に撮影を行い、数時間後に日が落ちてから夕景の撮影も行いました。撮影の対象となる外構によって周辺の環境が異ならことから魅力が伝えられる撮影位置も違ってくる為写真撮影一つにしても奥が深いと感じました。

撮影が決定した時にはまさか早朝からの撮影となり事務所に泊まるとは思ってはいませんでした。昨日はいつもと違う1日の流れや初めて撮影に参加したことから、外構の魅力を伝えるために考え写真の撮影を行う事は難しかったのですが、撮影方法を試行錯誤して撮影する時間は楽しくそれもきっと、入社し要所要所ですが完成に携わる事が出来たからなのかもしれないなと思っています。
大量に写真を撮りましたので写真を一枚一枚チェックし公式サイトやブログやインスタグラム等にアップしますので、様々な方に見て頂ける日がとても楽しみです。

完成外構の写真撮影にいって参りました

2020年5月29日|カテゴリー「sotoDesignの日常
d0710159d36475969484af3835fce640
外構撮影の様子
今日はスタッフ共々完成現場の写真撮影に行って参りました。
今回撮影の撮影にあたり日の出時間や物件の方角等ミーティングで検討した結果、一件目の物件は早朝6時過ぎから撮影に入らなければすぐに日陰になってしまうことが判明しましたので  新人スタッフは前日から事務所に泊まり 朝眠い目をこすりながら現場へ向かいました。その甲斐が有り現場で日照の事を考えながら散水をしたり脚立の位置や高さを変更しながらベストな撮影ポジションを検討する時間が有り 順調に一軒目の撮影撮影をすすめることができました。撮影枚数にして数百枚撮影したでしょうか?(同じ角度でカメラ設定を変更して撮影しているので。)なんとか一件目を終了して次の2件目に移動しました。勿論2件のお客様には前もって日時のお知らせはしてありますので現場移動はスムースです。
少し朝の早い時間で気を使いましたが挨拶を終え2件目も一件目と同じような要領で撮影をすすめていきました。
なんとか午前中の撮影は終了しましたが夕方から夕景の撮影を控えております、今回の2件は一件が個人住宅で残りは
賃貸マンションになります。個人住宅のお客様に夜までご迷惑をおかけしたくなかったという理由で今回は夕景の撮影を賃貸マンションの方に設定させて頂きましたので この後ですが力を振り絞って夕景の撮影に行って参ります。
現在外構・エクステリアのご検討を頂いている方々にご覧頂きたいたいという気持ちを込めて撮影に挑んでまいりますので今後のsotoDesignホームページ、ブログ、インスタグラム等に乞うご期待下さい。



U邸外構打ち合わせに同行しました

2020年5月28日|カテゴリー「sotoDesignの日常
色決め打ち合わせ様子
新入社員の大西です。
先日、色決めの為現地打合せに同行させて頂きました。

入社してから色決めの打合せに同行するのは2回目となりました。
タイルやブロックの種類や色を決めている和やかな時間から、お客様がsotoDesignのデザイン・設計したエクステリアを気に入って下さり、エクステリアの完成を楽しみにして下さっているのが感じられ私も嬉しくなりました。
現地に向かう時間帯から雨が降るという予報で現地に着いてから弱い雨は少し降ってはいましたが、打合せの雰囲気は明るく和やかで、雨が強くなるまでに色決めが出来きてよかったです。もう少しでお客様の新居も完成しその後エクステリアの方は着工して行きますので現在建物が土の地面に囲まれている0の状態ですがそこから、お客様だけにデザインされたエクステリアがつくられて行く工程や完成した姿を見ることがとても楽しみです。新入社員の私もできる事に取り組みまた新たに出来上がるエクステリアに貢献して行きたいと思います。

羽曳野市で新築の外構・エクステリア工事が始まりました

2020年5月27日|カテゴリー「工事について
外構工事着工羽曳野

外構工事の測量

先週から大阪羽曳野市で外構・エクステリア工事が始まりました。
初めてsotoDesignにお問い合わせ頂いたのは去年の秋頃だったと思います。その頃新規お問い合わせがとても多かったのでこちらのお客様にはファーストプレゼンまで随分とお待ち頂いた覚えがあります。当時ファーストプレゼンさせていただいた際にお待ち頂き有難うございましたと言う言葉に対して やっぱり待っていて良かったと言う言葉を頂き非常に嬉しく思った事を思い出します。このようなお客様にお会いすると設計者としても自分の持っている力を注ぎ込み設計したいという思いになります。その結果ですが プラン内容を気に入って頂きとても嬉しく思いました。その物件の着手を迎えることが出来たので今度は全力で工事に取り組んでいきます。
この工事職人さん達が誰でもよいという訳ではなく図面から色んな事を読み取って目的物の作成に尽力してもらえる職方さんでなければsotoDesignの工事をお願いすることが出来ません。勿論今回工事職人さん達も業界のエキスパートさん達ですので安心して工事をおまかせすることが出来るので職人さんに感謝です。
このような職人さん達と今後この物件を仕上げていくことになりますので進捗状況等をブログで紹介してまいります。皆様お楽しみにお待ち下さい。

エクステリアCAD入力を練習して

2020年5月26日|カテゴリー「sotoDesignの日常
エクステリア入力中
新入社員の大西です。

エクステリアのデザイン・設計やお客様にプレゼンをする際に必要となる図面や3Dパースの作成を学生アルバイトの頃から3DCADを使用し建物のみの入力を行っておりました。最近になりエクステリアの入力の方も本格的にレクチャーを受けて入力の練習も行うようになりました。アルバイトの頃に専用の教科書を見て少しだけですが入力の練習した記憶はあったのですが、その記憶は月日とともにとっくに薄れてしまっていました。そのため、エクステリアの入力に関しては初心者の状態で、先日手書きのデザイン案を元に入力を試みました。今まで建物の入力をおこなっていたお陰なのか平面図の状態ではそれ程問題はなく入力を行っていたのですが、それを3Dにすると建物の建っている地面の勾配やコンクリート土間やタイルのアプローチの高さなどそれらの関係性などを加味して調節を行うことが上手く出来ずに行き詰まってしまいました。そして、助けを求めレクチャーを受けたところ点と点が繋がった様な感覚になりました。今まで入力していた建物は平面上では長方形のものであり高さなども決まっていますが、エクステリアは現在進行形でデザイン・設計されていっているものなので形も高さもフリーの状態から調節しなければならなかったのです。今回少し足を踏み入れてその違いを知ることができました。そして、エクステリアを入力した事によりをデザイン・設計の見えていなかった部分の大切や難しさを感じました。そして何よりも、奥深さを感じ益々勉強するのが楽しくなりました。コツコツと勉強していく事をこれからも続けて行きます。

色々なところでエクステリアプロダクトsoto+が販売されています

2020年5月25日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
他所でのsoto+エクステリアカタログ
エクステリアデザインプロダクトの転用
当社オリジナルブランドのエクステリアプロダクトsoto+ですが関東方面や北海道等多方面で販売が始まっております。
今回ご紹介する写真は関東地方で展開されている商社さんが展開されているカタログです。掲載されて4月1日より販売を開始しているのですが、新型コロナウイルスの影響により新商品の発表会などの展示会などが軒並み中止になりましたので正直申し上げてsotoDesignとしてもこれをご覧になった各社からどのように評価されているかがほぼ分からない状態にあります。この数ヶ月は特に相手方へ向けて直接のプレゼンテーション等はできるはずも無く同行をじっと見守っている状態が続いております。
ただ大阪(関西)でのみ販売を考えていた弊社としては たくさんの会社さん側からオファーを頂き、こうしてカタログに掲載頂き販売していただけるようになることは非常にありがたいことであり各企業さんに感謝しております。
ほんの少しですがコロナウイルスでの営業自粛等等の影響も減少していく傾向にありますので これからが本番と心得てプロダクト販売に取り組んでまいりたいと考えております。ここで全ての事をご紹介できませんがこの新型コロナウイルスの時代に即した新しいプロダクトの検討も進んでおり、なるべくスピード感を持って商品の発表ができるようにしていきたいと考えております。
その際には真っ先にブログで紹介したいと考えておりますのでもう少々お待ち下さい。

最近のsotoDesign公式インスタグラム

2020年5月23日|カテゴリー「sotoDesignの日常
sotoDesignインスタグラム
打ち合わせに事務所へ訪問してくださったお客様にどのようにsotoDesignを知ったのかその経緯をお聞きすると、インターネットで外構について検索をしsotoDesignの公式サイトをご覧になってお越し下さるケースが大半です。
インターネットで検索するのは当たり前の世の中となり、現在はSNSが普及し情報収集の一つの手段として使用されるようにもなっています。その内のインスタグラムも検索ツールとして使用されているお客様も実際いらっしゃいました。
私たちsotoDesignの公式インスタグラムも存在しており現在進行形で動いていますが、sotoDesign内でもこのような世の中の変化にも対応してゆき、これからもインスタグラムの更新を怠らずに取り組んでいこうという話になりました。現在も今までにデザイン・設計を行ってきた外構施工例や現在進行中の外構工事の様子などsotoDesignの考える外構についてや外構デザインについて知って頂けるような投稿をしておりますよく質問を頂くことやお客様がもっと知りたいと思う事はどんな事なのかお客様の目線になって考えて投稿を続けて行こうと思っております。是非機会がありましたらsotoDesignの公式インスタグラムをご覧下さい。ユーザーネームは soto.design になります。

梅雨に入る前に外構物件写真撮影に参ります

2020年5月22日|カテゴリー「sotoDesignの日常
トキワマンサクのシンボルツリー

今年は梅雨入が非常に早そうなので 近々完成した外構の何件かを写真撮影に行く予定をしております。
昨年から今年の春に掛けて工事させていただいた全件の撮影に行きたのですが 中々そうもいきません。
特に今年は新型コロナウイルスの影響でなるべく人の出入りを少なくしたいという思いが最も大きいと思われます。その中で今回の写真撮影については思いとどまろうかと考えたのですが 事務所内でミィーィングをおこなった結果、件数を少なくし撮影時間等もできるだけ短くしながら撮影をおこなう事と致しました。
お客様にお問い合わせいただきプレゼンしコンペに勝ち残った外構・エクステリアプランなので写真に残したいと言う思いは大きいですし、今後sotoDesignのホームページ等をご覧いただく未来のお客様にはやはり良い写真をご覧いただいて
その結果で新規お問い合わせにつながってくれれば当社にとってもこれほど嬉しいことはありません。
完工写真とは私達デザイナーにとってとても大切なものであり はたまた外構・エクステリアをご検討頂いている方にとっても参考になる大切なものだと考えております。そのような完工写真撮影なのでsotoDesignでは真剣に取り組んでおります。
撮影が終了すれば皆様にもご覧いただきますのでお楽しみに。

現地レベル調査に同行しました

2020年5月20日|カテゴリー「sotoDesignの日常
レベル調査
新入社員の大西です

入社して一ヶ月半程経過しあっという間に5月後半となりました。最近雨や曇りの日などすっきりしない天気の日が少し続き梅雨の気配も感じるようになりましたが、昨日はお天気の良いなか、リフォーム外構の依頼を受けております現場へ行って参りました。
お客様から跳ね上げ式のオーバードアを設置したいというご要望を受け、お住まいのある土地が傾斜となっていることから現地のレベル調査に同行してきました。新入社員の私にとってはレベル調査を行うのは初めての事ですが、レベル調査は毎回行われる調査ではなく1年か2年に一回行う事がある調査だと聞きました。そして、レベルの数値や外構に必要な寸法の計測の補助や記録を行いました
新築と違いリフォームの場合は既に存在しているアプローチや花壇などがある事から現地での寸法の確認などによりシビアになるということを知りました。勉強中の私にとって新築とリフォームの設計をする際に必要な情報や注意して見ておく点などに違いがある事を学びました。まだ深くは設計に足を踏み入れてはいないため表面的ではありますが設計者となる為に基本となる部分を理解し勉強する事ができました。日新しい事を勉強し少しずつ外構のデザイン、設計のために私が出来ることが増えるようにこれからも自分の目で見て心で感じて日々精進して行きます。

土間タイル貼りディテールについて

2020年5月19日|カテゴリー「デザインへの考え方
タイル土間作業の様子
タイルのアールの様子

大阪府豊中市の外構での土間タイル工事の様子になります。
sotoDeignでは300角タイルをかなりの割合で使用します。勿論今回の現場でも使用しているのですが高頻度での大きな
理由にあげられるのが劣化しにくいと言うことが最大の理由になります。
そのほかの理由としてはsotoDesignが得意としているシンプルモダン外構・エクステリアに非常によく合うからになります。それらの理由からですが何の変哲も無いタイル貼りに少しでも表情をつける為にこれまでも色々な使い方を模索してきた中で今回写真でご紹介する方法はかなり良いのではと思い紹介させていただきました。ご覧のように床タイル貼りの角を取り少し丸めるだけの極かんたんな収めに見えますが見るとやるとでは大違いでタイルを貼る職人さんと提案したデザイナー両者の取り組む気持ちがそろっていないと完成しない納め方になります。
理由としてまず職人さんに仕上がりより少し大きめにタイル貼りをお願いしそれを確認してからデザイナーが現場で一番なめらかなアールになるように下書きをおこないます。このなめらかなアールがくせもので現場での下書きは中々なめらかなアールにはなってくれませんので時間を掛けながらの作業になります。その後職人さんがアールに沿いカットするというかなり時間の要す作業となります。しかしこのような作業を積み重ねていかなければ良い仕上がりにならない事を心得ているsotoDesignでは これらの作業は「標準仕様」と心得て毎物件取り組んでおります。
目につく広範囲を占める土間タイル。今回の外構も素敵に仕上がりました。
本日はタイルの収めだけの紹介になりますが綺麗に仕上がったタイルのディテールをご覧ください。
後日きちんと写真撮影をおこないブログでも紹介させていただきます。

初のオンライン打ち合わせを行いました

2020年5月18日|カテゴリー「sotoDesignの日常
オンライン打ち合わせ中
新型コロナウイルスの影響を受けた現在の生活で オンライン〇〇 という言葉よく耳にするようになりましたが、実際にお客様からsotoDesignへオンライン打ち合わせについて質問を頂いたり、感染の危険のある中お客様に事務所へお越しいただかなければならない為オンライン打ち合わせは導入しなければと日々考えており、先日遅ればせながらPCなどの設定を行いオンライン打ち合わせができる環境になりました。そして、昨日sotoDesign初のオンライン打ち合わせを行いました私たちもオンライン打ち合わせという形での打ち合わせは初心者であり、至らないところもあったとは思いますが大きなアクシデントもなく終えることはできました。普段の打ち合わせは事務所内でありテーブルを挟んだすぐ向かえ側にはお客様がいらっしゃり、お客様からすると逆に私たちが目の前におり同じ空間で同じ空気を吸っておりますが、PCのモニター越しであるともちろん同じ空間にはいらっしゃらないためお互いの表情が分かりづらかったり、空気感を共有出来ないためオンライン打ち合わせは安全ではありますが難しい部分も沢山あるなと初回のオンライン打ち合わせを終えて感じました。今後もオンライン打ち合わせを行っていきますので、お客様が私たちとコミュニケーションを少しでも取りやすく、こちらのプレゼンテーションが伝わりやすくなるように試行錯誤していきたいと思っておりますので、今後もオンライン打ち合わせをご希望のお客様は是非ご利用下さい

外構プロダクト模型製作し検討中

2020年5月16日|カテゴリー「sotoDesignの日常
プロダクト模型

このところ当社オリジナルブランドのsoto+の新商品について検討をおこなっており、これまで頭の中で構想していた外構プロダクト案をもとにスタディー模型をスタッフに作成してもらいました。
検討は始まったばかりなので現在は製品のボリューム検討が中心になります。それが証拠に四角い形状のものやアールのかかったものまで多種に渡り検討進めているところです。
今回模型作成の前の段階は新型コロナウイルスが流行し其のさなかでsotoDesignとして外構・エクステリアに関わる身として何を提案していけば良いかを何度も検討した結果 現在検討している品物の開発をすすめる事としました。
数十年に渡りデザインの検討には三次元CADを使用してきたわけでスタディ模型など学生時代から作成することもなく過ごしてきたわけですが今回模型で色々なことを検討していると数十年前の学生の頃を思い出しました。
そしてとてもアナログな模型を目の前にし実際に手に取り変形させたり出来ることの素晴らし差を再認識することになりました、この検討の後は図面を起こしもう少し大きなスケールで制度の高い模型を作成し再度作図、それからまた模型作成を繰り返しその後納得の行く状態まで持っていければその時点で初めて向上との打合せが始まります。
そこまで到達するまでにはもう少し時間が掛かりそうですがこの商品は先程も申しましたが新型コロナウイルスの時代に使用していただく製品になっておりますのでなるべくスピード感を持ってこのプロジェクトを進めて参りたいと考えておりますので今後の進捗をお楽しみに。


sotoDesign事務所内でのコロナウイルス対策

2020年5月15日|カテゴリー「sotoDesignの日常
事務所内観
事務所内観②
新入社員の大西です。

新型コロナウイルスにより不要不急の外出を控えるよう求められる中、先日も初回打合わせのため新規のお客様がsotoDesign事務所に足を運んで下さいましたが、このようなご時世ですので事務所を訪問しても大丈夫なのかと不安に感じられると思います通常sotoDesign事務所内では2人のみで作業を行っており作業中はソーシャルディスタンスを守ることができておりますが、お客様がお越しになった場合には私たちとお客様との距離を広く取ることは事務所のスペース的には難しくなります。そのため、出勤してきた時など外から事務所に入る際にはアルコール消毒を行い外部から持ち込まないようにし、日々マスク着用や換気を心掛けてはいますが、特に来客中は窓を開け換気をしっかり行いお互いに表情は分かりづらくはなりますがマスクを着用しての打ち合わせをしております

このような危険のある中sotoDesignに外構デザインをお願いしようと考えてくださり打ち合わせのためお越しいただける事に感謝の気持ちでいっぱいです。お越し頂くお客様に少しでも事務所内はどうなっているのかを知る手がかりになればと思いお話しさせて頂きました。そして、昨日のブログにも書いておりますがオンライン打合わせも開始しより安全に安心して打ち合わせを行えるように努めたいと思っております。

オンライン打合せ始めます

2020年5月14日|カテゴリー「sotoDesignの日常
スカイプの使用

最近暑い日が続きましたが皆様どのようにお過ごしでしょうか?
新型コロナウイルスの影響が大きく出始めてお問い合わせいただくお客様から sotoDesignではオンラインの打合せは可能ですか?という質問を耳にすることが多くなっています。
そのため 来週からオンライン打合せを行えるように事務所内のPC関係の設定及び使用方法を確認致しました。
皆様にもブログで まずご報告させていただきます。

偶然 本日も新規問い合わせのお客様より偶然にもオンライン打合せのご要望があり、使用可能ですとお答えしたところ非常に喜んで頂け安心致しました。さっそく実際に来週より運用してまいりたいと思います。
本日のお客様の家族構成は小さなお子様二人とご夫婦で オンライン打合せでなければ子供の事が心配で中々事務所にお伺いすることが難しいと言うリアルなお話でした。今回オンラインの打ち合わせを可能に出来てご希望にそえてよかったと思います。
世界各国で蔓延している新型コロナウイルス
外構業界は飲食業界や旅客業界のような大ダメージを受けている業界では無いので少しオンライン化が遅れてしまいましたがこれからは少しでもお客様に安心いただけるのではと考えております。
勿論オンラインで色々な事をこなす生活をこれまでおこなってこなかったので オンライン化による問題等も多少発生し
お客様にも少なからずご迷惑をおかけする事があるかもしれませんが 試しながら慣れていくまで 
なにとぞ寛大にお受け止めいただければ幸いです。

今後急速に解決しないと言われている新型コロナウイルスの時代が続きますができるだけ皆様のご要望にお答えしていけるよう取り組んで参ります。

マンションのアプローチ植栽作業②

2020年5月13日|カテゴリー「工事について
植栽工事_Before
植栽工事_after
新入社員の大西です。

昨日は豊中市で外構工事中のマンションの植栽作業に参加致しました。

外構工事の最終工程でありデザイナーとしてはほぼ完成した外構を見る事ができる楽しみな工程であるという事を前回の作業でデザイナーである竹本社長から教わりました。そのため、今回入社して2回目の植栽作業は、より楽しみな気持ちが強く、わくわくと期待感を持って作業に挑みました。

現場では実際に草花を植える作業以外にも、マンションの名前がはいっているsotoDesingオリジナルの門柱の設置、掃除なども行いました。その作業を全て終えた後は、朝到着した時にみた外構の姿とは一変し、綺麗な姿に感動しました。
どれ一つとして同じ形ではない四角形や五角形のコンクリートアプローチが敷地の入り口から奥まで一直線に並び、それらの隙間に入っている土やコンクリートの四角形や五角形の角が丸くなていることでできている隙間にグリーンが入ってくることによりコントラストが綺麗にはっきり見えてくる所が実際に外構を見てとても素敵でした。まだ昨日の段階では完成ではないのですが、マンション敷地の入り口に面した道路を歩いて通っていく人々がちょうど目に入ってくる作業途中の外構を見て通って下さったり、反応をして頂けていたのが印象に残っています。きっと完成後も、道路を歩いているとパッと目にはいってくる素敵な外構になっていること間違いなしだと思っていますので、完工が待ち遠しいです。