HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

O邸の初回プレゼンテーションを行いました

2020年6月29日|カテゴリー「sotoDesignの日常
O邸初回プレゼン

新入社員の大西です

先日事務所にてO邸の初回プレゼンテーションを行いました。
sotoDesignが多忙な時期であり、初回ヒアリングの際お会いしてから少し期間が空きましてたくさんお待ち頂いたのですが、外構プランについて竹本社長が少し説明をすると初めの印象からsotoDesignの外構プランを気に入って下さったようで長い期間お待ち頂きましたがお客の希望やイメージに沿ったsotoDesignらしいプランをご提案できたのではないかなと思っております。
暑い中自転車でご主人様と奥様とお子さんとご家族3人で事務所にお越しいただきこのプレゼンテーションの日を楽しみにしていらっしゃったそうで有難いことだなと改めて感じるプレゼンの日となりました。sotoDesignでは6月に入って何邸かのお客様へ外構のプレゼンをしておりこのようにプレゼンを行った際に心温まるお言葉を頂き自分たちの活力になっております。
これからもsotoDesignの外構プランを楽しみにしていらっしゃるお客様にお答え出来ますよう精進して参りますのでよろしくお願い申し上げます。

外構プラン作成に携わって感じたこと

2020年6月27日|カテゴリー「sotoDesignの日常
エクステリアプラン作成中
新入社員の大西です

先日からエクステリアのCAD入力練習を行なっていたのですが、今日その入力が全て完了しました。
今までに初めから最後までCADで入力する事はなかったですし、アドバイスや改善点を聞いてもっと良くなるのにはどうすれば良いのかと今までに使っていなかった感覚を使ってデザインを詰めていく作業を繰り返しブラッシュアップしていく事も初めての作業でした。今回このように作業を行って初めてな事で溢れていましたが、CAD操作のスキルや外構プランを作り上げていく上で必要になってくる知識やデザインする為に必要な感覚など様々な事を学べて自分の成長に繋げられる経験になりました。このようにプランを考える面では最初から最後までとりあえずは一つの流れを行なって、現実のもとなっていくかもしれないというものに携われることが嬉しかったり作業中もデザインが良くなる為に考える事は楽しかったなと思います。
そして、プレゼン用資料も作成完了しましたので残すはプレゼンのみです。当たり前なのですがデザイナー側はどのプランも素敵だと確信しているからこそ、そのプランをお客様にご提案しているのだと竹本社長から教わった言葉通りに私も今回のプランも素敵だと思いながらCADで書いていました。そう思っていても、人によってそれぞれ美的感覚などは違ってくるのでお客様の目にどう映るのかは分かりませんがsotoDesignが考えた外構プランを是非ゆっくりと見て頂きたいです。

大阪市外構施行中の現場に同行

2020年6月26日|カテゴリー「sotoDesignの日常
大阪市_外構施工現場
新入社員の大西です。

外構施行中の大阪市の外構工事現場に同行しました。
竹本社長が施行中の現場へ出向いている間に 私は事務所で外構図面など作業を行っている事が多く、私としては久しぶりに外構施行の途中経過を見ることができました
まだまだ新人な私には、竹本社長と現場の職人さんとの会話内容が理解しきれないですが 分からないなりにも会話を聞いたりどういうチェックやどのように設計側と施行側がお互いの意思疎通を行っているのかなどを見ている事で
いずれか自分が設計人となった時にはどうしていくのかなと少し想像をしつつ現場での様子を見学しており
竹本社長の背中から学ぶことが絶え間なく日々あるなと感じました。
そして、こちらの外構現場に同行した事は一度あるのですが その頃はまだ外構工事は始まっていなかったので、図面で見ていた物が少しずつ現実のものとなって出来上がっていく途中を見る事ができたこともあり、また後日にオリジナルプロダクトsoto+のmasu(表札兼インターホンカバー)の設置に同行する予定もあるので表札まで取り付け完了し外構が完成するのが楽しみです。

現地調査に新入社員が同行して

2020年6月25日|カテゴリー「sotoDesignの日常
現地調査同行中写真
新入社員の大西です

先日梅雨の晴れ間に数件の現地調査に同行して来ました。これまでに現地調査へ同行した際は、見よう見まねで後をついて行く事で精一杯だった為こういうポイントをチェックしていたり計測をしているのだということを記憶していても、自分ではまだそれを上手く消化できていないところが多かったのですが、今回の現地調査ではこの位置の計測はこれから設計する時にどのように関わってくるから必要になるんだろうかというように少し踏み込んで考えたり、事前にお客様から頂いてる敷地図面を見て数値で見るより実際で見ると敷地の高さが思っているよりあるなと今までより理解を深める事ができた現地調査になったかと思っています。しかし、今こうやって振り返るとまだまだ、分からない事だらけなのでこれからも教えて頂いたことを記憶したら、まずは自分なりですがちゃんと消化をしてゆき、いずれかはしっかりと身につけてその知識や考えを活かしていけるようになりたいと思いました。今日も明日も日々勉強です、楽しくも自分に厳しく頑張っていきたいと改めて思いました。

新人と外構現地調査に同行して思った事

2020年6月23日|カテゴリー「sotoDesignの日常
335ae4d6b75cd548014fc24b31ffe359
お客様から外構プラン依頼をお受けして初めておこなうお仕事に現地調査があります。
sotoDesignでは通常の場合初回ヒアリングは当社打ち合わせルームでおこなう為に 外構を行う現地調査は別日におこなうことになります。
このところ数組のお客様にお越しいただいていたので 数件の現地調査が溜まっている状態でした。
新人スタッフを連れて
現地調査に行って参りました。
今年4月からの新人スタッフなのでまだまだ見るものすべてが初めてのことばかりだと思うのでなるべくわかりやすいように説明してはいるつもりですが 新人にうまく伝わっているか少し心配です。
自分がこの世界に入り先輩達に同行させてもらったときの事を思い出しながら教えているつもりですが、、、
そう考えると自分も外構業界のことが全く分からない状態で聞くこと全てが新しい事で頭の中が混乱していた事を思い出します。今私が教えている事の全てが新人の行く末に少なからず影響してくると思うと少し背筋が伸びる思いになります。

今回同行して数十年前の事を少し思い出しながら当時のことを少し振り返る事になり新鮮な思いをしました。
現在色々教えている新人にもいずれ教える立場になってもらえるようにできるだけ自分の知っていることは教えていこうと思いました。外構業界の次の担い手の為に。

エクステリアについてレクチャーを受けて

2020年6月22日|カテゴリー「sotoDesignの日常
エクステリア入力修正_手書きプラン
新入社員の大西です。

先日ブログでお話したのですが最近はエクステリアのCAD入力練習を行っています。
まず数日前に一通りの入力が完了した時には何か物足りないというようなしっくりしない感じがしていたのですが、その翌日に竹本社長からレクチャーを受けました。

私が何だか物足りないと感じた原因は単刀直入に言うとバランスが悪かったからです。その違和感はそのデザインのバランスが良くない部分が一つあると全体的にももちろんバランスが良くなくなる為そう感じたものだと話を聞いているうちになるほどと納得がいきました。
このように話す前までは何が原因なのか突き止める事はできずモヤモヤとしていたのですが、何故なのか分かりスッキリし、もっとよりよくする為にはどうするべきなのかという事を自分の中で考える段階になんとか辿りつく事ができたので現在は今までにない楽しさを感じながら入力を進めています。
今回感じた事や説明を頂いた事を忘れずにまだ自分には見えていない未知な部分が沢山あると思いますので引き続きコツコツと積み重ねて見えるようになりたいと思います。何はともあれ一番は外構プラン完成が楽しみです。

外構とデザインに加える色味について

2020年6月20日|カテゴリー「sotoDesignの日常
IMG-8265
カラーパターン
お客様からプラン作成のご依頼を頂きプランを考える際に  形や大きさ等の事については大変時間をかけて検討します。
色味(カラー)についてsotoDesignが普段から考えている事等にふれて 少し書いてみたいと思います。

当社にプランのご依頼をされる方のほとんどは建築自体もシンプルなものが非常に多いです。その流れをくみ外構・エクステリアのプランもシンプルなものになることが多いのですが 建物と同じテイストで外廻りのプランを考えると見た目で少し押出の弱いプランになってしまうことがあります。その中で心がけていることは小さな部分で差し色を使うことが多いです。この差し色ですがコンクリート素材を多様とするsotoDesignのプランにはもってこいなデザイン作法で 本当に多く使用しているわけですが、差し色の検討をする際に上記のようなカラー分布表などを参考にさせてもらっています。
このようにカラーの事を全く勉強せず色決めしていた訳ですが現在は少しずつでもカラーの事を勉強して今では全物件
色について熟考する癖がついた程です。それ程カラーはプラン作成について大切なもので完成物件の良し悪しまでも決めてしまう程の影響力があると感じながらいつもカラーの検討をおこなっておりますので現在外構・エクステリア工事を
ご検討の方は是非sotoDesignにお問い合わせいただければプランはさることながらカラーについてもご一緒に検討させて頂きお客様のためのご提案をさせていただきます。

エクステリア入力練習をする中で

2020年6月19日|カテゴリー「sotoDesignの日常
エクステリア入力練習中
新入社員の大西です。

普段CADを使用するのは建物や敷地の入力を行ったりプレゼンテーション用の資料を作成を行う時なのですが、今日はCADでエクステリアの入力を行いました。前回エクステリアを入力した時はある部分でかなり苦戦をして上手くいかなかったのですが、今回はまだ難易度もやさしい方ですので、覚えている知識でできる限り入力を行いました。
手書きのデザインプランを見て行ったのですが、その手書きのプランを頭の中で3D化したイメージとCADに入力して3D化された姿のイメージが何となく違っているような気がしました。シンプルさと緑も映える素敵なデザインになるだろうなと入力して3Dで見るのを楽しみにしていたのですがまだまだ初心者の私にはその物足りなさやその引っかかる部分を自力で解決する事は難しいようです。
今日このようにエクステリアの入力を行って基礎的な部分をもっと知りたいという意欲も湧いたり、今まで見てきていたプランを見た時のあの綺麗だなと感じる感覚になれるエクステリアは計算されていたり工夫かをあるからこそそう思えるのだとデザインの奥深さを感じました。
言葉で表せない何か違和感に感じた部分を明日以降にデザイナーである竹本社長からレクチャーを受けて解決できればなと思います。

完成間近の外構プランについて話し合いをして

2020年6月18日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プランCAD
新入社員の大西です。

完成間近の外構プランについて少しミーティングを行ったのですがその内容は3DCADに起こした外構プランを見てどのように目に映ったかを話したり今回の外構プランでは表札や植栽はどの配置がベストなのかを話し合ったりしました。デザイナーである竹本社長がデザインプランを手書きで起こしてゆくのですが、手書き段階のプランが出来た時に私はそのプラン見せてもらい説明を聞きながら3次元になった姿を想像してシンプルで無駄のない素敵なプランだと感じました。そして、そう感じた数日後に3Dになったプランを見てこの話し合いを行った為、このプランのデザインの良さやどう意図されてプランされているのかを新人なりにですがより理解する事ができ、お客様が初めてこの出来上がったプランをご覧になった時にはこう目に映るんではないのかとあくまでも想像ですがお客様の目線に立って考えてみたりと、以前よりもより深くプランについて考えられるようになったと感じました。本日初回のプレゼンテーションを行ったのですが、今回のプランならではのデザインの魅力がお客様にもしっかりと届いていれば良いなと思っております。

外構施工中I邸の表札が出来上がってきました

2020年6月15日|カテゴリー「sotoDesignの日常
I邸表札出来上がり写真
新入社員の大西です。

現在外構工事を行っているお客様の表札が出来上がってきました。プロダクト部門であるsoto+の商品flacoから派生したデザインとも言え更に必要最低限の要素のみのシンプルなデザインとなっており、こちらの表札も一邸にひとつのsotoDesignオリジナルデザインの表札に仕上がっております。
以前ブログでも書かせて頂いたのですが、表札の文字フォントをお客様に決めて頂き加工用にデータを作成する等の作業段階から新人の私も携わらせていただいており、CAD内で見ていたものがこのように実物になって出来上がってくることを楽しみにしておりましたので、実際に出来上がった姿を見ることができ喜びを感じました。お客様も表札が取り付けられ完成するのを待っておられると思いますので、早く表札を取り付けて完成系の姿を見て頂きたいなと思います。そしてお客様に喜んで頂く事ができれば新入社員としても嬉しい限りです。また後日取り付け作業を行い取り付けが完了しましたら、またブログなどで発信していきますのでお楽しみになさって下さい

外構勉強会に参加して感じたこと

2020年6月13日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構勉強会-北ガーデン事務所 外
新入社員の大西です。
昨日のブログで外構勉強会について書いてあるのですが、竹本社長と共に新人の私も参加させていただきましたので本日は新人目線で外構勉強会について書こうと思います。
外構勉強会は1ヶ月か2ヶ月に1回ほど開かれるのですがが新型コロナウイルスの流行で緊急事態宣言の発令されていた為しばらく行っておらず久しぶりの勉強会となったそうです。
4名のデザイナーの方それぞれのエクステリアプランのプレゼンテーションを拝見させていただいたのですが、今までにsotoDesignのデザイナーである竹本社長のエクステリアプランしか見たことがなかった私にとっては初めてsotoDesign以外のエクステリアプランを見ることのできる時間となりました。またプレゼンテーションを拝見し四者四様のエクステリアデザインの世界感があり、デザインをしていく上でお客様のお家のデザインから発想を得たり使用する植栽や材料にこだわったり重視している点や目の付け所が違っており、言葉で表すのが難しく自分なりにですが表してみると、エクステリアはお庭と強く意識をしデザインする考え方だったり、または一つのモノと捉えプロダクトをデザインするような考え方だったりとそれぞれがデザインする上での感覚的な部分というものの違いとそれぞれの良さを感じました。デザイナーそれぞれのエクステリアを見てそれらのデザインの意図などの説明を聞くことができ、まだまだ新人の私の中でもこういった考え方やデザインが好きだと感じれたりいずれか私もデザイナーとして自分なりのエクステリアを提案出来るようになりたいなと強く思う日になりました。

久しぶりの外構勉強会に参加してきました

2020年6月12日|カテゴリー「sotoDesignの日常
北ガーデンさん

新型コロナウイルスの生活への影響の中、皆さんはどのようにお過ごしですか?
外構・エクステリア業界は飲食業界や旅行業界寄りは少し影響が小さかったのかなと言われていますが世の中で新型コロナウイルスの影響が無い業界など見当たりません。勿論ですが外構・エクステリア業界もどの業界と同じように自粛していたので複数人が集まる勉強会もここ数ヶ月おこなわれておりませんでした。
そのような状況でしたが先般緊急事態宣言が解除されたので北ガーデン会長の北氏に連絡させてもらい集まれる人だけで良いので一度集まってみませんかという連絡をさせてもらい今回の勉強会のはこびとなりました。前回の勉強会は今年の二月初旬でしたので実に4ヶ月以上の期間この集まりは無かった事となりますので今回メンバー(全員ではありません)が集ってマスク越しですが顔を見れて少し安心しました。近況などの話を手短に済ませて今回のお題であるコロナウイルス後に完成した物件の紹介の紹介を順番におこないました。
その時少し感じたのはこころなしかメンバー全員の顔が嬉しそうな顔をしているということです。
これまでの勉強会でも同じような取り組みをしていたのですが今回ばかりは皆同じような思いだったのではないかと思います。時間的にも午後から夕方までの短い時間ではありましたが久しぶりに有意義な時間を過ごせた実感で一杯になりました。このコロナウイルス騒動ですが未知のことばかりで悪い影響がほとんどですが、普段何気なくおこなっていた活動等を振り返って考えさせてもらう機会にもなったのかなと良いように考えるようにしております。

広報についてミーティングを行って感じたこと

2020年6月11日|カテゴリー「sotoDesignの日常
ソトデザインインスタ
新入社員の大西です

sotoDesignの公式サイトやインスタグラムに掲載する完工物件の写真についてや先日撮影を行った物件の写真についてやsotoDesignのオリジナルプロダクトについてなど少し雑談なども交えつつ短時間ですが全員揃って主に広報関係について話す時間がありました。
今新入社員の私も広報的な部分に参加しており、自分なりに感じた言葉ではありますが、週に数回は完工した物件の写真とひとことを添えてインスタに投稿し更新する事を担当しております。新入社員の私にとって完工した外構を見て素敵だなと感じた事やどんな事を意図してこの外構はデザインされているのだろうと考えたり、時にはデザイナーである竹本社長に質問をしたりと更新を行う一回一回の時間が外構デザインと向き合う時間ともなっています。まだまだ新人ですので何事も自分にとっては勉強となりプラスとなる生活を送れているのではないかなと、ふとミーティングを行ったり、このように外構デザインと向き合う時間がある事を考えるとそう思います。
そして広報の話に戻るのですが、昨日から公式サイトとインスタグラムにて施行事例が新たに更新されておりますのでチェックしてみて下さい。

事務所にてK邸外構プランの打合せを行いました

2020年6月9日|カテゴリー「sotoDesignの日常
K邸事務所打合せ
新入社員の大西です

先日K邸外構プランの打合せを行いました。前回はオンライン打合せでプレゼンテーションを行ったのですが、今回は緊急事態宣言が解除されたので事務所にお越しいただきました。
事務所で打合せする際はCADが映っているモニターを見ながらプレゼンテーションを行っておりお客様がモニターを指をさして質問されるのですぐお答えできるのですが、オンライン打合せではパソコンの画面でそれぞれ見ることとなるので思った事をぱっと質問する事が難しかったり、同じく説明することも難しかったりとお互いに上手く伝えられるずにもどかしい所が多くありました。
しかし今回は事務所にお越しいただいた事によってリアルにお客様とお会いしお互いにコミュニケーションがスムーズにとれお互いに空気感も伝わる事から様々なお話が出来たので、確実に濃いプレゼンテーションとなりお客様にとっても内容を濃く理解して頂けたのではないかなと感じています。
私達の目に見えないのですがまだコロナウイルスが存在し安全ではない環境のため油断大敵ですが、事務所で打合せを行う際は窓を開けて喚起をし全員がマスクをするなどして対策を行いながら打合せをしております。またいつ規制がかかり身動きが取れない環境になるかはわかりませんが、私達もお客様も気を付けつつ打合せを行っております。

大阪羽曳野市の外構監理

2020年6月8日|カテゴリー「工事について
外構工事経過の確認

先週末に大阪府羽曳野市で工事している現場の監理に行ってまいりました。
こちらの邸は若いご夫婦のための外構・エクステリア工事になります。ご夫婦の要望としましてはお二人別々の自動車を
保有しているので2台分のガレージとシャープな印象のカーポート屋根及びシンプルで格好の良いアプローチ等が主なご要望でsotoDesignとしては得意な要望内容でした。
カーポート屋根は奥にいくに連れてい屋根勾配が上がっていくタイプの物を使用しアプローチは300角タイルにて多角形のアプローチとしました。写真では分かりづらいのですがガレージ土間の形状も少し変形させアプローチとのつながりをもたせることにより敷地をより広く見せる配慮をしました。それらの結果ですがかなりシャープな印象のプランになりました。
実際に現場で仕上がって来るとその印象はCAD図面で見ているよりクールな印象です。現時点では表札や照明などの部品や植栽工事が完了していないので今後これらの工事が進んでくるとものすごく素敵な外構・エクステリアが完成します。
この後は魅了一杯のsotoDesignオリジナル表札なども取り付けられていき 細かい部分の仕上げなどが完了し皆様にご覧いただけるように全貌を紹介してまいりますんので今しばらくお待ち下さい。