HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

soto+新商品企画が進んでおります

2020年8月31日|カテゴリー「sotoDesignの日常
soto+図面作成中
新入社員の大西です。今日で8月も終わりですがまだまだ暑い日が続いていますね。
最近は日が落ちるのも早くなってきたようですし、業務を終えて私たちが事務所から出ると外では虫が鳴いている声が聞こえてくるので秋が近づいてきているのかなと感じます。早くこの暑さが終わって涼しい秋が来るのが待ち遠しいです。本日もsoto+関連の業務を中心に行っておりました。この数日間は工場で実寸サイズのものを作ってもらうための図面を書いており、新商品として予定している商品のいくつかの図面がまず一通り完成したので早ければ今週中には工場に持っていきたいなと竹本社長と話していました。今までの会議などで話し合う中で理解していたと思っていたのですが、このように図面を書く作業に携わる事で構造的な部分を知りより深くひとつひとつの新たなプロダクトについて理解できたなと感じています。より一層実寸模型が完成するのが楽しみです。早くsotoDesignの事務所から外へ発信していきたい気持ちでいっぱいです。またインスタグラムやブログで近況を報告致しますので是非ご覧下さいませ。

吹田市の外構監理に行って参りました(危険なほど暑いです)

2020年8月29日|カテゴリー「工事について
夏の外構現場
IMG-9074
今日も うだるような暑さが続くなか大阪府吹田市の外構監理に行って参りました。
これだけ気温が高いと本当に職人さんの体調監理が気にかかります。この業界の職人さんたちも他業界にもれず高齢化が進んでいるので余計に気にかかるところであります。自分達の父親ほどの年齢の方も業界では珍しくはないので高齢な職人さんには特に注意が必要だと考えております。実際のお話ですが同業他社さんに現場の進捗状況を聞いてみると通常時の7割ほどの作業スピードしか出ていないようです。自分たちも外部で打合せや立ち会い等をしていて少しはこの現実を体験しているので中々施工のスピードアップ等を要求することに気後れ致します。でもお客様にも工期遅れでご迷惑をお掛けすることは絶対に許されることではありませんので 現場監理の際は特に工期の遅れなどについての話し合いなども頻繁におこなっております。
こちらの現場もこの暑さの中ですが 少しずつ進んできており、敷地奥側の外柵やアプローチの階段下地などが出来上がって参りました。来週は残りの工程からすると進み具合がもっと見えてきそうです。天気予報を見ていると9月に入ってもこの猛暑はしばらく続くようなので職人さん共々体調に気をつけて残り工事に取り組んでいきたいと思います。
工事工程も半ば折返しを過ぎておりますので「工事もあともう少しなので頑張って下さい」という思いと感謝の気持ちで残暑をなんとか乗り越えていく思い出あります。

soto+新商品企画が進行中です

2020年8月28日|カテゴリー「sotoDesignの日常
新商品図面作成中
新入社員の大西です。先日からsoto+に加わる新商品を企画している事や模型作製している事などsotoDesignのプロダクト部門に関係する事をブログやインスタにアップしていおり、現在も引き続き作業を行なっているので本日もその一部について書こうと思います。soto+に加わる新商品は5つの予定であり本格的な模型を作成する為のデータや図面資料を作成する作業を行っています。今回5つの新商品を話し合う中であるコンセプトを重要視しながら話し合いを進めていきました。そのコンセプトはIKEAの創業者の言葉の中にあると竹本社長が言っていました。優れたデザイン性や多くの人々に購入して貰えるような手ごろな価格で提供するというようなコンセプトがIKEAにはあり、その考え方から私たちもインスピレーションを受けデザインを重要視しつつ価格を抑えるということを大切にしてsotoDesignは商品を考えています。例えば日本版のIKEAみたいな存在になれるものづくりをして行きたいなと会議でsotoDesignの夢も語っていました。まだまだ模型の段階なので商品として形になるように引き続き進めてゆきますのでまた新商品関連の話題をブログやインスタグラムに書こうと思いますので是非チェックして下さい。

伊丹市の外構進捗

2020年8月27日|カテゴリー「工事について
伊丹市の外構工事
オーバードア柱工事
まだまだ暑い日が続きます が皆さん体調などはいかがでしょうか?

本日sotoDesignは現場監理のために現在進行中の伊丹市の外構へ行って参りました。こちらの外構はガレージに電動のオーバードアが採用されており、その取り付け位置がとてもシビアなのでオーバードアの柱取り付け工事を先行で行いました。
その取付位置の再確認を中心に細かな打ち合わせを行いましたが 現在のところは問題なく柱取り付けは完了しております。今後このオーバードアの位置を中心に袖壁や門柱及びポストやルーバー等の外構工事が順次おこなわれていきます。
明日からはこれらの作業が進んで行くことになり 現場の様子も徐々に変わって行くと思われます。
正直この猛暑のせいで少し工期は遅れ気味ではありますが そこは監理者として理解しているつもりです。勿論取り返しのつかない工期の遅れではありませんのでご心配なく、現場工事を進めることもとても大切ですが 大切な職方さん立ちが無理をして体調を崩すようなことがあっても大変ですし そのようなことがあれば少しの工期遅れぐらいでは済まなくなります。ともすれば工期が全く読めないなんてことにもなりかねません。お客様にも多大なご迷惑をおかけしますし
何より現場作業で体調を崩された職人さんも気の毒でなりません。
なのでほんの少しですがこの猛暑の時期だけででも工期的に多少の余裕を持ってもらえるように現場監理をおこなっております。この様な状況でも少しずつではありますが工事は進んおります。
今後の進捗状況も皆様にブログで紹介していこうと思いますので宜しくお願い致します。


最近のsotoDesign事務所内での動き

2020年8月25日|カテゴリー「sotoDesignの日常
プロダクト企画会議中
新入社員の大西です。最近のsotoDesign事務所では新たなオリジナルプロダクト生み出す為の模型作製や会議の時間を増やしつつ業務を行なっております。先日はsoto+に新たに追加しようと考えているあるプロダクトについて会議をしました。話し合いを重ねるごとにこのプロダクトにあるべきデザイン性や機能する為に満たすべき条件などを突き詰めて行く事でだんだんと進化を遂げていっているように感じています。そして、話し合った内容を形にしてみようと言うことになり実際プロダクトに使用する素材があったのでそれを使ってリアルに近い形で模型を作製をし、本当にプロダクトとして機能をしているのかを実験しました。新たなプロダクトを生み出す事は簡単では無いという事は分かっているつもりでしたが現在このように試行錯誤を繰り返していると改めてその難しさを体感しました。しかし、このように新しいものを生み出そうと頭をフル回転させ沢山考えたりする事は楽しくて仕方ないなと思います。なるべく早くsotoDesignから外へと発信していける形にできるよう引き続きプロジェクトを進めて行こうと思っています。インスタグラムにも会議の様子等をアップしていますので是非合わせてご覧下さい。

吹田市の新築外構の本格着手が始まりました

2020年8月24日|カテゴリー「工事について
猛暑外構着工
お盆休み明けに当社造園部で石組解体をおこなった吹田市の外構ですが 本格的に外構工事へも着工をしております。
とんでもないほどの猛暑の中の着手となりますので、職方さんたちとも注意喚起をしながらの着手となります。
特に業界の職人さん達の年齢も高齢化してきており、今回の現場を進めてもらっている職長さんもほぼ50歳とか。暑さが体にこたえると言うことですが そんな職長さんでもこの業界でいくといわゆる「若手」に入ると思われます。
と言いながらもsotoDesign自体も今年で50歳なかばなので 暑さが体にこたえる年齢のもの同士で頑張っております。
私事で申し訳ありませんが 当方が去年の夏に購入して使用していた空調服が今年使用したら全く動作しないので非常に困りました。メーカーさんに送り返すと新品で帰って参りましたので丁度週明けにこちらの現場立会などがありますので使用していきたいと思います。
この猛暑は今後もしばらくのあいだ続くそうなので体調には気をつけて工事及び監理をしなければ。
着手したばかりの現場で新しい収めなども実践してまいりますので内容はブログで紹介していきます。

最後になりますがブログをお読み頂いております皆様もこの桁外れの猛暑にはくれぐれもお気をつけ下さい。



O邸外構完成に立ち会って

2020年8月21日|カテゴリー「sotoDesignの日常
O邸お引渡し
新入社員の大西です。先日O邸外構お引き渡しに同行して来ました。同日に植栽工事を行なっていた為、お引き渡しの前に一度現地へ立ち寄ったのですが、その時はまだ植栽の無い状態でした。そして植栽工事が完了した後お引き渡しの為現地に戻って来るとグリーンが加わった事で更に外構の美しさが増していました。入社してからこのように外構の完成に立ち会えた経験はまだわずかなのですが植栽工事のビフォーアフターに毎回感動しており今回もやはり植栽が入り完全体になった外構を見た時は感動しました。今回O邸様の外構に初回ヒアリングから外構完工までを入社して初めて携わることができ、私の個人的な気持ちなのですがこのような経験ができる機会を頂きお客様へ感謝の気持ちでいっぱいです。お引渡し後外構を少し撮影していたのですが夕方だった事もあり影の影響で撮影が難しかったのでまた後日撮影に伺いたいと思っております。まだ少し先にはなりますがブログやサイトにもアップしていく予定ですのでどうぞ皆さま楽しみにお待ちくださいませ。

お盆休みが明けて新しい外構に着工

2020年8月20日|カテゴリー「工事について
IMG-8877

IMG-8904

あまりにも暑いので体に堪える毎日ですが皆様はいかがお過ごしでしょうか?
そのような中でお盆休み明けから大阪吹田市で新築の外構工事着工をしてまいりました。
まず初日は当社造園部による既存石組の撤去作業からになりました。ここ最近は解体した石を撤去することが非常に難しいことで 簡単に石材処分を受け入れてくれる処分場が少なくなって来ております。あったとしても非常に高額な処分代を請求されたりしますので 石材処分のある工事はこれまで以上に慎重に検討する必要に迫られるようになると考えられます。
今回こちらの現場で発生した石材については当社が借りている仮置場に置いておき 時が来れば他の石材と一緒に処分したいと思います。この方法を取ることによりお客様の金銭的負担は多少なりとも軽減しお見積り段階にお客様からお喜びのお声をいただきました。
石積み解体工事も問題無く終了することができ 明日から本格的に外構・エクステリア工事に着手していくことになります。
まだまだ猛暑日が続くと思われますが職方さん共々体調に気をつけて こちらの現場工事をすすめてまいりたいと思います。
現場進捗の詳しい内容についてもブログで紹介して参ります。

新プロダクトの模型を作成しました

2020年8月18日|カテゴリー「sotoDesignの日常
新プロダクト模型作成
新入社員の大西です。先週soto+の新たなプロダクトについて会議を行いました。そして本日は会議の内容をもとに新プロダクト作成に向けて模型作りをしました。前回このようにプロダクトのみに時間を充てて模型制作を行ったのは数ヶ月前入社したての頃だった事をふと思い出します。そんな事を思い出しつつ今日は久しぶりに模型作成に取り組んでおりました。今回考えている新プロダクトが実際スケールになるとCADや想像の範囲で見えている姿と見え方は変わってしまう可能性もあるのかなと思い実寸サイズの模型を作りました。実寸サイズになってもCADで見た時や想像通りにデザインは良いなと私は個人的にですが思いました。完成した模型を竹本社長に見てもらい良いよねと一言頂きsotoDesignでは満場一致でこの新プロダクトを皆さんにお見せできるようプロジェクトを推し進めて行こうと思っております。今回の模型はリアルに似せてはいますが、まだ紙でできた模型なので実際の素材でできた新プロダクトの姿を早く見たいです。そのためにもこのプロジェクトの作業にも力を注いで頑張りたいと思っております。

庭のデッキにも工夫

2020年8月15日|カテゴリー「デザインへの考え方
デッキの高さ

デッキの工夫

外構のデザインは玄関までのアプローチがメインで いわば顔のようなものですが
生活する中で 通路に当たる部分だったりお庭だったり 機能的に有効であることがとても重要になる場所が外構計画にはいくつかあります。そこは デザイン性ももちろんですが使いやすいことや便利であること 敷地をうまく無駄なく使うことなど
それまでのキャリアやアイデアで 工夫しなければならない場所でもあります。

たとえばデッキ
一階の開口部からお庭へつづく中間地点のような場所ですが ふつうだときれいに建物のでこぼこをならすように作る外構屋さんがほとんどだと思います。
このカタチに意味や理由があるのか?と思いながら他社がつくったデッキのデザインを見ることもありますが
四角くなければいけないわけではありませんよね。
歩きやすいことや上り下りしやすい高さであることに気を配り グランドラインとの高低差さらには道路との高低差ともバランスをとる高さにしたり いろんなアイデアや使いやすくなるテクニックがあります。
飾りにしかならない使いにくいデッキにしないで使えるデッキにするために sotoDesignでは細やかなアイデアを出して
敷地を目一杯有効面積にできるようにじっくり検討し プランにおりまぜてご提案しています。
そういう意味で 広い敷地より狭い敷地のほうが より難しく技術が必要になりますが
だからこそやる意味があると考えています。だから敷地が大きい小さいで外構の良し悪しは変わらないと感じます。
やりたい! 面白い外構にしたい! とこだわりがあるお客様にはきっと弊社の提案はご満足いただけるはず。
画像の提案をゆっくりご覧いただいて デッキひとつでも入念に考え工夫していることを読み取って頂けたらありがたいです。

デザインが不要な物をつけるだけ 土間を埋めるだけの外構でなく デザインが必要だというご希望があれば
「どこに頼んでも一緒」 では決してありません。
デザイン外構にしたい方 是非一度ご相談下さい。お待ちしています。

新しいエクステリアプロダクトの企画会議

2020年8月13日|カテゴリー「sotoDesignの日常
新しいエクステリアプロダクトの企画
日頃 外構設計の業務でいっぱいになってしまうので お盆休みの中で一日だけ スタッフと相談して 
表札や門柱など新しいエクステリアプロダクトの企画会議をすることにしました。
暑い中ですが出勤してもらって 外構設計やCAD製図をせずに 会議だけ行う一日です。

午前中はお客様との折衝について少し話し合いました。
インターネットで 広い範囲からの集客があるようになって いろいろなお客様が集まるようになって
我々の対応も もっとわかりやすく伝わりやすく変えられるところは変えていかなければならないと
反省や変化すべき点を話して きちんと提示できるようプログラムを考えています。
今後 お越しになる初めてのお客様に適応していければと思います。

その後 これまでsoto+として弊社が製作販売しているエクステリアプロダクトの後継商品の企画を
みんなで練りました。
どうやってお届けするか どうやってお伝えするかも含め プロダクトにのみ集中して考えることができて
いろんな意見交換もしてスッキリしました。

また休み明けからの活動に加えて行きたいと思います。
新しい商品ができるまで まだ少し時間がかかりますが 試作の段階でご紹介できればいいなと思います。

夏の植木手入れ

2020年8月11日|カテゴリー「造園や植木
荒木産業さま
すごい暑さですね。
年で一番暑い時期ではありますが 急激に暑くなったせいか 堪えますね!

外構部は先週末までにあったプランや製図を終え提出して 今週はおやすみです。
もちろん在宅でできる プロダクトデザインなどがあるのでそちらに注力しているところです。
造園部は この酷暑の中も作業中です。
といっても一番暑い時期は造園のお仕事はひかえているので もっぱら剪定や庭の草引きなどの植木手入れの作業が主です。
長雨のあと ぐんと伸びた雑草が目に付くので お客様からのご依頼も多くなっています。

外構でも夏場に工事を終えたお客様にかさねがさねお願いしているのが 植木の水やりです。
暑くなり始めたあたりからしっかり水をやっていただけるようにお話しています。
それも まいた水が熱湯になるような時間帯をさけて 朝もしくは夕方に 
なんなら一日2回でもいいくらいです。
地面に吸い込むほど時間かけてたっぷりと水をやっていただけると 秋の紅葉など葉っぱの先が縮れることなく
美しくなってくれます。
今年は暑いので ほんとうにしっかりと水やりしてください。
植えて間もない木には特に注意してくださるといいかなと思います。

工事着工に向け現地打合せに同行してきました。

2020年8月8日|カテゴリー「sotoDesignの日常
H邸色決め打合せ
新入社員の大西です。本日はお盆明けより開始を予定している外構工事に向けお客様と共にご近隣の方々へ挨拶まわりを行うため現地へ同行してきました。挨拶回りを行った後に保留になっていたタイルの色決めをしたり一通りの色決めを終えての確認をしたりお客様と工事に向けて最終的な打合せを行う時間になりました。前回色決めを行った日は梅雨明け前でしたので雨が降っていて雨宿りをしつつご夫婦とお話しをして色決めを進めていたのですが、今回は雨も降る事なくこのブログの写真の様子からもわかると思うのですがお子さんも打合せの輪に入ってこのタイルがいいなあと一緒に選んでいたのがとても印象的です。本日お会いするまでにもやり取りがあって細かい部分の決定も進んでいた事もあり、現地に来て外構の完成像をよりリアルに想像する事ができたのですが、お客様の楽しみにしていらっしゃっる様子やお言葉から同じように想像を膨らませ打合せを行なっていらしたのではないかと思いました。あと少しで工事が始まるということで私たちも完成が楽しみな気持ちでいっぱいです。楽しみにしていらっしゃるお客様に喜んで頂ける外構になるように工事が進んでいくことを切に願っております。

外構プランの最終段階に携わって

2020年8月7日|カテゴリー「sotoDesignの日常
M邸プレゼン資料作成
新入社員の大西です。もうすぐ初プレゼンを行う予定であるお客様のファーストプランが完成しました。普段の業務ではまずプランの下絵ができた後に私がエクステリアの入力実践しています。その中で分からない部分を質問したり入力が完了した後チェックをしてもらい現実的に整合性が取れない部分を修正し植栽配置や表札のデザインについて、そしてタイルやポストなどのカラーの検討など細かな部分の決定を行う最終段階へ入ってゆきます。しかし今回は偶然なのですがいつものパターンとは異なり最終的な調節の部分に携わりました。私に今回のプランが手渡された時点では私たち的には少し物足りなさを感じていた土間や門柱のデザインも何度か話し合いを行う中で更にこのプランにとってふさわしいデザインへとなってゆき、一歩下がって全体的に見た時にも、そのひとつひとつの良さが相まってひとつのプランとして綺麗な外構に仕上がったと感じました。全体的な雰囲気を言葉で表すとシンプルで色味は暖かなナチュラルモダンな外構になりました。このように振り返ると今回のプランでは最終段階に注目して作業を行ったことで、内容的には大きく変わることは無いにもかかわらず最初のほぼ完成形とファーストプレゼンを行える状態の完成形とではいつも感じていたよりも完成度の差があるのだと感じました。最終段階の詰めというのは大切でありお客様に響くような素敵なデザインを生み出すためには必要不可欠だと思いました。

先日コロナ対応リモート打合せを行いました

2020年8月6日|カテゴリー「sotoDesignの日常
Y邸リモート打ち合わせ中
新入社員の大西です。先日Y邸初回打ち合わせをリモートで行いました。最近はマスクの着用や換気やアルコール消毒などコロナウイルス感染予防対策をし事務所へお客様に起こしいただいて打ち合わせを行っておりましたが、今回はリモートでというお話になり久しぶりにリモート打ち合わせを行いました。初回打ち合わせということでsotoDesignからお客様へ1回目の外構プランのプレゼンテーションを行いました。直接お客様とお会いしてお話する時とは全く異なり伝わりやすいように工夫をして説明やお互いの意思疎通を確認しながら一つ一つ進めて行きます。このようにプレゼン進めている途中に今回は初めて電波が悪くなりSkypeが終了してしまうというアクシデントもありましたが、説明の最中になるほどとこちらに伝わりやすいようリアクションをして頂いたりと、このようにリモート打合せを振り替えってみるとリモートでのプレゼンクオリティの範囲ではありますがしっかりとお伝えできたのではないかなと思っております。リモートでは多少のアクシデントは発生するかもですがこちらも臨機応変対応していきますのでご安心してリモート打合せの方もご利用くださいませ。