HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

外構ご依頼の皆様本年もありがとうございました

2021年12月31日|カテゴリー「sotoDesignの日常
8BC5CDCA-2D4E-40F5-A316-1CF530C116EA
今年もコロナウイルスによる影響の中 何とか年の瀬を迎えることができ大変嬉しく思っております。
恒例の大掃除を2日間にておこないました。お客様を迎える打合せルームや仕事道具などの置き場と営業車等を普段手を付けることのない部分まで徹底的に掃除をおこないましたので 年始より気持ちよくお仕事に取り掛かることができます。
sotoDesignでは年明けより打合せが持ち越しのお客様が何組かおられるので本当に嬉しい事ですが年明けから打合せのアポイントでいっぱい。後半の1月、2月、3月も工事完成に向けて大忙しになりそうですがスタッフ共度一丸となりお仕事に対峙していきたいと思います。

来年のsotoDesign事務所としましては外構・エクステリアの業界に些細なことでも良いので新しい切り口の提案ができるようにこれまで以上に柔軟な考え方をする事が来年の活動のキーワードとしたいと考えております。
今年も多数のお客様にお問い合わせ頂きおお仕事させて頂くことによりsotoDesign事務所は一年間の活動をおこなうことができました。本当に感謝しております。来年もワクワクするお仕事を心がけお客様にお喜びいただけるよう邁進してまいりますので、来年も宜しくお願い申し上げます。

今年も見守ってくれたsotoDesign事務所

2021年12月28日|カテゴリー「sotoDesignの日常
B46341D0-0C6B-4879-B05E-79A11579AD1A
8ED90990-D227-4E9D-9A74-98CB15BE3E68
本日は事務所の大掃除を行っておりました。
年に一度の大掃除ということで気合をいれて臨みました。

ほぼ毎日外構プランを考えたり図面を書いたり、お客様と打ち合わせをする様子や
特に今年はsoto+の展示も行ったのでオリジナルプロダクトについて意欲的に活動する姿を
sotoDesign事務所も静かに温かく見守ってくれていたと思います。

今年も私たちを見守ってくれていたsotoDesign事務所へ
労いと感謝の気持ちも込めて今日は隅々まで掃除をしたり
床の塗装なども行いました。
ピカピカになった姿を見てきっと事務所も喜んでくれているだろうなと勝手ながら感じています。

来年も外構デザインを素敵にしたいなと考えていらっしゃるお客さまと
気持ちよく事務所で打合わせができる環境になりました。
また新たな外構プランとお客さまと巡り会える事が楽しみです。

今年最後の外構打合せ

2021年12月27日|カテゴリー「sotoDesignの日常
2021年末の外構打ち合わせの様子
今年も残すところ数日となって参りました。この様な中で今年の最終になる外構プランのお打ち合わせを お客様とおこなわせていたいただきました。思えば今年も沢山のお客様にsotoDesign事務所にお越し頂き外構・エクステリアプランの打合せをさせていただきました。一月に数件のペースで新規お客様が来られるので12が月に換算するとかなりの打合せをこなしている事になります。このように外構・エクステリアの設計事務所としては日常的な光景に思えますが数十年前にsotoDesignが脱サラしたての頃は現在のようなお客様数ではありませんでした。集客も不安定な状態で、その頃はお客様からのご依頼件数で一月の予定がいっぱいになると言うことが一つの目標でありました。とてもありがたいことですが今年もその目標は達成できた模様でとても感謝しております。
今回のお客様も小さいお子様がおられ年齢的にはsotoDesignよりも随分若いお客様です。自分も数十年前に自邸を建てたので少し懐かしく思います。多くの外構・エクステリアプラン会社の中から当社にお問い合わせ頂きとてもうれしく思います。みなさまにはsotoDesignの持っているノウハウを注いだプランをご提案し喜んでいただけるように2021年も努めてきましたが 本日のお客様にも当社をお選びいただけるように 全力でプランニングしていこうと考えています。

様々な外構とデザイン性

2021年12月26日|カテゴリー「sotoDesignの日常
初回ヒアリングの様子
先日は新たにご依頼をいただいたお客さまと事務所にて初回の外構打合せを行いました。

今回のお客さまの場合は駐車や駐輪スペースを確保することによって
自由にデザインを施せるスペースが限られてくるのですがその限られた中でデザイン性のある外構にしたいとのご要望がありました。

このようなご依頼のように外構プランによって敷地の大きさは異なります。しかし敷地のサイズが様々であってもそれぞれのプランに合わせたデザインを落とし込みオリジナリティを出すことは可能です。

こちらのお客さまと同じような思いを持った方がいらっしゃいましたら
sotoDesignが様々な条件の中でできる限りの力を尽くし
オリジナリティある外構プランをご提案させていただきます。

新規のお打合わせとしては今年最後のお客様となりました。
来年もまた外構デザインを大切にプランを考えたいと思っていらっしゃる
新たなお客さまとの出会いを楽しみにしております。

外構sotoDesign お仕事納めに向けて

2021年12月25日|カテゴリー「sotoDesignの日常
メリークリスマス!
とても寒い朝を迎えて本日から大阪市で新たな外構・エクステリア工事の着手と、来年のお仕事に向けて前回お越し頂いたお客様に向けて初回プレゼンを行いました。
明日も初回プレゼンのためにお客様が来られますが、一応明日の26日でsotoDesignの2021年度のお客様に対してのお仕事は一段落ということになり 仕事納めまでの数日は事務所や倉庫などの掃除を行う予定です。
今年は初めてのエクステリア展示会に出展させていただきました。その際に使用した際の備品などが倉庫にありますので年末の大掃除の際に整理し来年の来たるべきショーに向けて頑張りたいと考えております。
あと本年度から年をまたいでご検討頂いているお客様のフォローも忘れずにおこないます。来年の1月~3月に建築完成予定の方が大半となりますので大切に打合せをしていきたいと考えております。繰り返しになりますが今年も残すところ数日ですが来年に向けて後一踏ん張り。
明日は大阪の平野部でも積雪があるかもしれない程冷え込むようですが体に気をつけながらみなさまもお体に気をつけて残り数日ですが頑張ってください。


エクステリアプロダクトの試作

外構デザインを大切に

2021年12月23日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プランニングの様子
生活する中でものを購入するシーンは良くあることだと思います。欲しいものが何種類かあってその中から1つだけ選ぶにはそれにしたい理由があって購入という行動に移るのでは無いのかなと思います。

例えば服や靴といったもので考えると購入する時に服や靴のデザインを重視する人・機能性を重視する人・価格を重視する人とそれぞれに重視するものが違って来ると思います。
私たちsotoDesignが様々なお客さまと外構プランについてお話する中でもこのような重視するポイントというのは人それぞれだと感じます。
外構やそれ以外のものであっても、何を大切に考えるのか正解はないので重視するものは多様であっていいと考えます。

ではsotoDesignは何を大切にし外構プランを考えるのかというと外構の造形やデザインです。
もちろん実現ができる設計である事が前提での話になります。
それはsotoDesignがお客さまに喜んだり驚いていただけるようなデザインを考えること好きであるからこそ続けられている事であり、
このような考え方が世の中で正しいとされるのかどうかはわかりませんが
このようなsotoDesignの考え方に共感したりデザイン外構に興味のある方はぜひご相談くださいませ。お客さまの思い描く素敵な外構作りに全力でお力添えさせていただきます。

12月最終の外構プレゼンプラン

2021年12月22日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プラン設計経過

階段のある外構敷地
いよいよ年の瀬も迫ってまいりましがsotoDesignでは今年最後の外構プレゼンをお待ち頂いているお客様に向けてプレゼン用の外構図面資料作成に取りかかっております。お越し頂いた順番にプレゼンさせていただいているので現在お待ちのお客様には本当にご迷惑をおかけしており 年明けなるべく早い時期に打合せさせて頂きますので 今しばらくお待ち頂ければ幸いです。
今回ブログで紹介させていただいている物件は今週末にプレゼンできるお客様の外構・エクステリアプランの下書き図となります。普段はCADに建物と敷地を入力してからプランの作成に入るのですが 今回はスタッフの手により建物と敷地の入力をおこなっている間にプラン検討を同時進行で進めることができました。勿論2邸は全くの別邸なので敷地条件やお客様のご希望条件も違いますが 初回ヒアリング時にきっちりとご希望をお聞きしている内容にて面白いエクステリアプランがデザインできたのでは無いかと思っております。勿論各プランにはsotoDesign流のテイストが多数取り込まれておりますので今週末にお客様達にご覧いただくことが今から楽しみです。お待ち頂いたお客様には年末年始のお休み期間を使って頂きじっくりとご検討頂ければと思います。ご提案した外構プランが気に入っておもらえるように 今から
プレゼントークもじっくり考えておきます。本当に年の瀬でお忙しいと思いますが 今週末に越し頂く2組のお客様に感謝するとともに ご期待にお応えできる外構提案ができると思っています。

ある外構プランの作業が進められています

2021年12月20日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プラン建物入力中
本日はプレゼンに向けて外構プランの作業が進められておりました。

ヒアリング後に敷地形状や現地周辺の環境などの確認のために現地調査を行い
お客さまよりお預かりした図面を元に敷地建物の入力をします。そして手書きの下絵プランにてヒアリング時にお聞きしたご要望内容やご予算などを手がかりに外構デザイン案を考え本格的にプランニングがスタートします。

現在作業を進めているプランはまだ少しブラッシュアップが必要ですが
お客さまのご要望に添えるように努力しつつ
その中にsotoDesignならではの個性あるデザインを練りこんだ唯一無二の外構デザインになるように
プレゼンギリギリまで検討を繰り返しプランを煮つめて参ります。

年末のお忙しい中でお客さまに事務所へお越しいただきますので
sotoDesignの考えたプランを見に来て良かったなと思っていただけるように年末のラストプレゼンに向けて気合いを入れ直してプランニングを行いたいと思います。

年内着工外構工事の色決め

2021年12月19日|カテゴリー「お打合せや進行
5e03b3c2d3f565dffce8b7c83d5998c7
2021年最後の工事着に向けて本日色決めに行って参りました。
こちらの物件は大阪市の南部に位置しております。北摂に多数有る外構・エクステリアの設計事務所の中から 大変ありがたい事に当社をお選び頂き打合せを進めて参りました。お客様のご要望はできるだけシンプルでデザイン性の高いプランをご希望で 当社得意分野のシンプルモダンプランをプランさせていただきました。sotoDesignではほぼすべてのお客様に対して 個性的なシンプルモダンのデザイン外構をご提案しており 門柱や表札に至るまでオリジナルのトータルな提案をさせていただいておりますので 他所で見られないデザイン外構になることをお約束します。
表題にもありますようにこちらの物件は年内着工をいたします。本日は12月18日で今年残り日数から劇的な程の工事進捗は無いと思いますが 来年1月末の契約納期のことを考え今年中に少しでも工事を進める事にいたしました。sotoDesignに期待を寄せてお問い合わせ頂いたお客様のために 工事職人共々に工事完成に向けて頑張りたいと思います。それとsotoDesign自体がこれまで取り組んだ事のない表し方も試みますので また工事完成後にはブログでも紹介していきたいと思っており我々自身も完成の楽しみな外構物件となっております。

soto+商品がまた新たなお客さまのもとへ

2021年12月17日|カテゴリー「sotoDesignの日常
soto+発送
tsutsu sotoオレンジ
本日は弊社オリジナルブランドsoto+シリーズの「tsutsu」を発送いたしました。

今年の春にスタートし現在もBASEショップにて販売を行っておりますが、これまでの販売期間の中で「osu」と「tsutsu」をご注文いただくことが多いです。

そんなsoto+シリーズでも人気の高い「tsutsu」を今回ご購入いただき
本日sotoDesign事務所からお客様の元へと飛び立ってゆきました。

sotoDesignのデザイナーによって長年温められてきたオリジナルプロダクトたちが
新たな展開方法であるオリジナルブランドsoto+として誕生した歴史を振り返ると
このように全国にいらっしゃる外構デザインにこだわりたい方やおしゃれで個性的な表札をお探しの方と
soto+を通して繋がることができることが嬉しいですし、なんだか少し不思議な気持ちにもなります。

建売住宅なので外構に少し工夫やデザイン性をプラスしたい、
外構に沢山予算をかけることができないのでsoto+の表札でデザインをプラスしたい、
建物のカラーやデザインにもこだわっているのでその建物にピッタリな表札がほしい等このような様々な思い・意見がありsoto+をお選びいただいております。
同じようなお考えの方がいらっしゃいましたら是非サイトやショップを覗いて見てください!

お客さまの声を力にこれからも日々オリジナル商品「soto+」「uchi+」の活動も全力で取り組んで参ります。

今年ラスト3件の外構プレゼンテーション

2021年12月16日|カテゴリー「sotoDesignの日常
年末の外構プラン資料
今年も残すところ半月になりました。sotoDesignでは年末の仕事終わりまでに3邸のファーストプレゼンをおこなう予定になっておりますが そのひとつの資料関係が出来上がりました。
こちらの物件はご夫婦と小さなお子さんのための住宅で外構・エクステリアで望まれているのができるだけシンプルでデザイン性の高いプランでした。デザインの内容についてここでお話は控えさせていただきますが 最近のsotoDesign流儀と少し違うアプローチができたかな?と思います。お客様の意見をよく聞き込み 自分の中で色々なシーンに置き換えて想像しながらプランニングするのですが 今回のプランは創るというよりはできるだけ造作を省き極シンプルに空間の分断を避け細切れにならないように一体感をもたせるプランにしました。熟考の末に中々良い感じのプランが出来上がり嬉しく思います。詳しくはお客様経へのプレゼンが終了した後に皆様にもブログで紹介します。
このあと年末までには残すところ二件のプレゼンが残りますが精一杯頑張って 喜んでいただける外構プラン作成に精を出します。その様子も少しだけ報告させていただきますネ。

現在取り組んでいるガーデンプラン

2021年12月15日|カテゴリー「sotoDesignの日常
ガーデンプラン

最近のsotoDesign事務所では新たなガーデンプランのご提案に向けてデザインの検討が進められておりました。

今回は新しく建てられる離れのガーデン・外構についてご依頼をいただきました、
ヒアリングの際にお客さまは離れの大きな窓からの景色、デッキを追加してそこで過ごすときの景色を大切にしたい、
離れの窓とデッキからグリーンが見えてゆっくり過ごせる空間をプランしてほしいと仰っていました。
お客さまの思いを反映しつつ、sotoDesignらしい個性のある造形を追求すべく日々3DCAD上で修正や変更を行いながらプランのデザイン検討とブラッシュを進めました。

そして本日は完成したてのプランのオンラインプレゼンが行われました。
プレゼンが進むにつれて何故このようにデザインがつくられて行ったのかがお客さまへ伝わり
デザインについてご理解をいただき、窓やデッキからのグリーンが見えるという景色についてもご希望に沿うことができ嬉しい限りです。

これからまだしばらくはプランのブラッシュアップが繰り返し行われると思いますが
更に素敵なお庭になるようにわたしたちも力の限り尽くして行きたいと思います。

植栽工事に行ってまいりました

2021年12月14日|カテゴリー「工事について
フェンスと植え込み

吹田市の外構緑化工事

早いもので12月も中盤になりますます忙しくなってきました。
そのような中で外構・エクステリア工事でご用命をいただいているお客様のお家へ植栽工事に行って参りました。
こちらの物件は風致地区内に位置しますので敷地の広さに対する緑化率というものが問われます。
工事着手前にはお役所に出向きこの緑化率に対する申請をおこなわなければなりません。自分で言うのもおかしいですが
この申請が中々大変で一筋縄ではいきません。若い時に初めてこの申請を経験させてもらった際に何度も出戻りでお役所に繰り返し出向いたことを思い出します。
もちろん本日の植え込み樹種についても抜かり無く申請している樹種や企画を守り植え込みに挑みました。朝から数人の職人さんと時間を共にし夕方の日没までにはきれいに植栽が完了いたしました。
申請の規格にあった植物なのでどの植物もしっかりした植物で植え付け後のトラブルに対しても安心できお客様にも植物のグリーンを楽しんでいただけるのではと思います。
今回植え込み時季は12月で落葉樹は落葉しており少しさみしい部分もありますが 来年の春は本当に見事な表情を見せてくれるに違い有りません。今から本当に楽しみです。
来春にはそのあたりをレポートしてブログ紹介させていただきますのでお楽しみに。

外構プランニングで大切にしている事

2021年12月11日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プランCAD入力
本日も事務所では外構プランニングが進められておりました。

現在進めらている外構プランも含め全てのプランニングにおいて
まず手書きの下絵プランからスタートします。

プランニング開始まえに行ったヒアリングや現地調査などの情報をもとにデザイン案の作成を進め
外構プランの基礎的な部分やデザインのテーマ的なことが決定してくるとても大切なプラン工程です。

次の段階は手書きプランを元にして3DCADへの入力を行います。
CAD入力では手書きプランでは見えてこなかった立面での様子が見えてくるため
階段やフェンスなどの高さが関係してくる部分について現実性はもちろん
手書きプランで見えてきたデザインテーマをできるだけ実現可能な形へCAD入力しプラン作成するように心がけて行います。
このようなテーマがあることでプランをご提案する際、お客さまへsotoDesignがどういう風にデザインにこだわって作成したのかより伝わりやすくなると考えております。

このようにsotoDesignでは外構プランご提案に向けて日々プランニングが行われております。
今日ブログに書きました基本的な部分を大切にしつつデザイン性やオリジナリティを追求した外構プランをご提案致します。

外構、造園のラフプラン構想

2021年12月10日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構設計アイデア
かれこれ一年以上前になります、今回ラフプランをご依頼頂いた海外在住のお客様からはじめてsotoDesign事務所にコンタクトがあって onlineでお打ち合わせをさせていただくこと数回に及んでおりました。
当初より お庭の計画でご依頼頂いておりましたが 突然に建物からやり直すというお話になり ほぼ一年程こちらの物件は保留状態が続いておりました。久しぶりにそのお客様より連絡が入り 現在プランを練っているところですが、このところ 慌ただしかったので改めて襟を正し 頭の中でバラバラになっていた外構・造園プランをまとめて見ました。
今回のご依頼内容条件は 一般的なご要望から少し異なっていますので色々と頭を悩ませましたが 何とかまとまってきたかな?というところでしょうか。このように一度で内容の決定に至らないこともしばしばありますが その際は焦らずに現在まとまっている内容をすべて図面に落とし込み 後日そのプランを再度検討するということが一番良い結果が出ると経験がありますので 今回のラフプランも少し時間をおいて再検討してみます。その際に「良し!」思えれば実際にCAD入力をスタッフ依頼することになると思います。
なぜそのような回りくどい事をするのかは 単純に今日できた良いと思うラフプランが本当に良いプランであれば 時間をおいて見ても良いプランのはずです。単純に言えば良いプランはいつ見ても美しい、ものすごく単純なことで当たり前なことになりますが考え込んでいて少し疲れた人間の脳みそはプランの客観視と判断が難し状態なので あえて時間をおいて再確認するわけです。
新規お問い合わせ頂き現在プレゼンができていないお客様が数組おられますができるだけ早くプレゼンできるように日夜頑張っておりますので今しばらくお待ち頂ければ幸いです。
こちらのお客様には来週の中頃には資料完成を目指しますので楽しみにお待ち下さい。