HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

外構プランのブラッシュアップ

2022年3月31日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プラン変更中
ある外構プランのブラッシュアップを現在進めており
近々お客さまへのプレゼンを控えているので細かな所まで微調整を行っております。

平面計画の際にもちろんですが完成をイメージしながらプランを考え図面に線を引いていきますが
CAD入力を行うことで3Dとなり色んな角度からチェックすることができるので
今までに見えてこなかった部分が見えてきたりします。
そうすることで修正が必要になる点が見つかり考えていた
デザインから変更を加え実現可能な形に整えたり
全貌が見えるようになるのでデザイン的に楽しい要素をプラスできるなと可能性も広がっていきます。

このようにsotoDesignがプランにとってベストな形だと思えるまでCAD内でシミュレーションを繰り返し
また他とは違ったsotoDesignらしい外構プランの完成を目指しております。
お客さまにとっても似通った外構プランを沢山みるより
それぞれ違った個性を持ったプランを見ていただく方が選択肢も広がると考えております。

これからプレゼンを行うこちらの外構プランはお客さまの目にどう映るのかは分かりませんが
sotoDesignとしては最善を尽くして日々プランニングを行っています。

大阪府高槻市の外構現場監理

2022年3月29日|カテゴリー「工事について
IMG-53401
敷地の整地や土工事
先日の雨のぱらつく中 大阪府高槻市の外構現場監理に行って参りました。
写真でお分かりいただけるないかもしれませんが敷地は非常に粘土質の強い土質で 歩くと足にまとわりつく状態。
土工事する際には少し手強い土壌ですが ご覧のようにガレージ部の鋤取りがきれいに行われております。
粘土質だからと言って出来上がる外構・エクステリアの完成物に影響が有るわけではないのでご心配無く思います。
来週はじめからガレージ土間打ち工程で木枠入れに入って参ります。この工程も出来上がりを左右する工程になるので慎重におこなって参ります。
その後ガレージの屋根カーポート設置と並行して 門柱などの組積工事をおこないながら 外構アプローチの階段工事にも取りかかることになっています。そのあたりまでくれば 完成物の大まかな全体像が形として出来上がってきますので残る土間左官工事やタイル工事に引き継いで行き 最後にsotoDesignの造園部が出番となり植栽工事です。
残るところ全行程が終了するにはこの雨も念頭に 4月の半ば頃を目指して何時歩一歩各工程を進めます。
心待ちにされているお客様には大変申しわけないですが今しばらくお待ち頂ければ幸いです。
お客様と施工関係者が感動出来る物件にするべく全力で取り組んで参ります。

新プロダクトについてミーティングを行いました

2022年3月28日|カテゴリー「sotoDesignの日常
soto+ミーティング
本日は事務所にて新プロダクト開発に向けてミーティングが行われました。

sotoDesign独自の考えやから生まれた
表札やインターホンカバーといったエクステリアプロダクトを「soto+」シリーズとして展開しております。
その独自の考えに外構のご依頼を頂いたお客さまのプラン一つ一つにあった
デザインの表札や門柱を考えご提案してきた経験から感じたことが反映されています。

今までオーダーメイドで作製してきたプロダクトが持っているsotoDesignらしいデザインや仕掛け等大切にしつつ
もっと気軽にデザインを外構へ取り入れていただけるように価格をなるべく抑えたものを目指し、昨年の「soto+」シリーズの4つのプロダクトが完成しました。

そして、本日は新たなプロダクトの作製に向け話し合いを進めておりました。
今までのsotoDesign独自の思いはそのままに
今回は表札やインターホンカバーではない
更にブラッシュアップされた形のプロダクトを展開する予定です。
去年の「soto+」新商品開発で得た経験を今回に活かして今後も日々検討を重ね商品として様々な方に見ていただける形にする事が現在の目標です。

守口の外構・土間仕上げ作業に入る前の外構下地の様子

2022年3月25日|カテゴリー「工事について
大阪府守口市の外構施工中

アールを付けた土間の施工過程

大阪府守口市の外構は雨がふった日を挟んで タイルや土間の仕上げ作業に入っています。
仕上げてしまうと見えない下地の部分は お客様にとって知らないうちに進んだ内容になりますが
新築の住宅では昔々はガラや残材やごみが埋まっている現場などありました。ひどい話です。
こういう見えない部分が信用できるかどうか は 単に「安いから」選んだ外構施工店だと
ちょっと神経質になってしまうものかもしれません。
もちろん弊社では 担当の者に直接会ってお話していただいた方はわかってくださると思いますが
真面目を絵に描いたような職人気質でしかないので 残材埋めるほうがストレスです(笑)。
関係ない話かもしれませんが 弊社は先代から40期以上続く造園業で なん十年も同じ顧客の造園管理をしています。
そのなかで 先代がつくったお庭や石積みをリフォームするお話をいただくこともありますが
その解体が本当に大変!
がっちり しっかり みっちり作ってあるのでなかなか壊れないのですww
あぁ 先代が作ったんだものなぁと納得したりしますが こういう見えない部分で手を抜かない体質は
口で習うこともなく 知らないうちにずっと受け継いできたものなんじゃないかと感じています。
公共工事を一切せず ほとんど個人宅を工事させていただいてきた弊社の”あたりまえ”
丁寧に作ることが 外構の施工にも息づいていると 自信を持って言えます。

CAD入力中の外構プラン

2022年3月24日|カテゴリー「sotoDesignの日常
CAD入力中
sotoDesign事務所では外構プランのプレゼンに向けての作業が進められております。

プレゼンでは作成した平面図・立面図・3Dパースを使用してプラン内容をご説明致します。
対面またはオンラインのどちらであっても同じように作成したものをご覧いただけます。

そして現在 プレゼンに向けてCAD図面を書いている段階です。
sotoDesignではまず初めに手書きで外構の平面図を作成します
外構プランがで必要な機能面とデザインの方向性が決定してきます
例えば今プランしている敷地の条件ですと玄関ポーチまで階段が何段必要であるとか
お客さまからカーポートのご要望を頂いているなどの
生活をする中で外構に求めているものをプランの中へ配置したり落とし込みます。
このような必要なパーツと合わせて全体的な造形のデザインを考えます
モダンでかっこいいイメージを受けものなのか
ナチュラルで柔らかなイメージを受けるデザインなのか
ヒアリングでお聞きした内容や現調調査や図面資料から読み取れる情報をヒントに
お家と相性がよくsotoDesignらしさも加えたデザインになるように考えデザインを決定して行きます。

手書き図面の段階で大体の方向性が見えてくると次にCADへ落とし込んで行きます。
本日はCADへ落とし込む 初めの段階でしたので
まだまだデザインの検討という所まではたどり着いておりませんが
設計的には様々な部分の検証を進める事ができました。

今はまだ色の着いていない下地の様な段階ですので
これからお客さまにご覧いただける形へブラッシュアップを進めてまいります。

外構プランのはじまり

2022年3月23日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プラン3DCAD図
お客さまからお問合せをいただくとまず初めの打ち合わせでヒアリングを行います。
事務所に起こしいただいき対面でのお打合せ
またはご希望いただきますとオンライン打合せの方も対応しております。 
対面または非対面でお客さまの思い描くイメージやカーポート・フェンス・デッキ等
これから生活をする上で必要と考えていらっしゃる事など
お打合せの段階で考えているご要望をお聞き取りします。
ヒアリングと共に持参いただいた建築関係の資料を確認させて頂きます。
配置図といって敷地の様子が分かるものから
敷地の境界の位置、
建物がどのような高さに立っているのか高低差やその周辺環境はどうなっているか
図面から読み取れる範囲で確認を行います。
そして、そこから読み取った内容とご要望内容に類似している
sotoDesignの施工例も合わせてご提案させて頂きます。
イメージ的には似た者になりますが写真やCAD図をご覧いただけます。
ヒアリングでは私共から沢山の質問させて頂くので
一方的になってしまう場面が多くありますが
お客さまのご要望がより現実的にイメージできればと様々な手段でお伝えしております。

お客さまのご要望をお聞きし,sotoDesignらしくデザイン的にこだわった部分を加えて
想像してたよりも素敵かもと思っていただけるような外構プランをご提案できるように心がけております。

sotoDesignオリジナルの門柱

2022年3月22日|カテゴリー「sotoDesignの日常
5db91793fee8d18c776148ffd2c5500f
本日の事務所では守口市外構の門柱について
ミーティングを行っておりました。

前回のブログでは進捗状況をお話ししたのですが
今日のミーティングでは近々行われる門柱の施行について現場の様子と合わせて細かい部分までの確認を行いました。

今回プランに採用いただいた門柱は
sotoDesignがプランに合わせて考えたオリジナルのデザインです。
こちらの外構プランに合わせて横ルーバーで柔らかな曲線を描いた形になっております。
画像は部分的に映した様子で少し分かりにくいかもしれませんが半円状になっています。
門柱単体で見てもアイコニックなので面白い印象を受けると思うのですが
外構全体が見えるように引いて見てみると
外構の有機的なモチーフがあらゆる所に存在し
全体的に統一感のあるイメージになる予定です。
CAD上では何度も完成イメージを見てきましたが
実際に完成した姿がどのように見えてくるのか私たちも楽しみです。

こちらの外構も日々工事が進み土台となる構造が完成し門柱施行やタイルを貼る作業など
できあがった構造物へ色を付けていく段階にまで進んでまりました。
今後も最後まで気を緩めず作業を続け完成した姿をブログ等で共有できれば良いなと思っております。

大阪守口市の外構途中経過

2022年3月21日|カテゴリー「工事について
施工完成へむけて作業中

守口市の外構施工途中
大阪の都心部に近い守口市で外構の施工を行ってもう中盤くらいでしょうか。
整地から 土間やポーチ部分など人体で言えば骨格のような部分をほぼ形にできてきました。
玄関まわりのポーチは 面積自体は小さめですがアールを組み合わせた遊び心のあるデザインになっています。
そのぶん細かく丁寧に計算しながらブロックなど組み上げて 次第に提案した外構デザインに仕上がって来ているのが
工事作業をしている者にとってもやり甲斐を感じる瞬間になっています。
こうして骨格ができてくると 後半はスイスイと早くスピーディになっていきます。
このあとはタイル屋さんにタイルの施工をお願いしたり 門柱を設置したり 土間のモルタル施工をして 仕上げて行く予定です。
幸い暖かくなってきて 外構施工という屋外の作業もぐっと動きやすくなってきました。
ただ春先は雨も多くなるので土間施工などお天気を気にしながら お客様が喜んでいただけるように
丁寧にしっかりとエクステリア施工をつづけたいと思っています。

2件の初回ヒアリングが行われました

2022年3月20日|カテゴリー「sotoDesignの日常
オンライン打合せ
週末は2組のお客さまのヒアリングを行い
今回はどちらの打合せもオンラインにて対応させていただきました。

最近のご依頼では夏から秋に建物が竣工予定のお客さまが多い傾向にあり
ヒアリングを行った2組のお客さまも同じくらいの時期に竣工予定とお聞きしました。
外構についてお考え頂くタイムスケジュールとして逆算すると
夏や秋なんてあっという間にやってくるなと
もうそういう時期なのかと少しハッとしました。

週末にヒアリングさせていただたお客さまも含めて
現在sotoDesignへ依頼いただいている新たな外構プランの作成に向けて
様々な工程が少しずつ事務所では進められております。
これから新しくsotoDesignとお客さまとで
作っていく外構プランはシンプルでカッコイイものになるのか
ナチュラルなかわいらしいものになっていくのかはまだ今の段階では分からないですが
私たちとしてはお客さまからヒアリングの際に頂いたご要望などをヒントに
他の外構プランとは違ったsotoDesignらしい外構プランをご提案したいと思っております。

私達もまだ見ぬデザインと出会える事を楽しみに精一杯プランニングを行って参ります。

大阪吹田市解体から石積み、地盤調整まで

2022年3月19日|カテゴリー「工事について
7dba536e029a9edfd3b434e64f24c5a8
石垣の解体工事
石積みの解体完了
今回のお客様は大阪府吹田市で 母屋の隣に新居を構えると言うことで 最初は大きな敷地内にある植木の移植からご依頼頂きましたが トントン拍子で既存BOXガレージの解体工事と建築部分の地盤調整及び石積工事という幅広い内容でご依頼頂くことになりました。
解体は工事仲間の解体屋さんにお願いし 当社は地盤調整と石組工事を担当させていただき 本日1期工事の造成までのお引渡しとなりました。
全体の工事金額も他業者の半分程でできたようで お客様は少し驚かれたようですが完成にご満足いただいております。
今回お建物は建築家が設計しており その外構工事は秋頃の工事としてご予約頂きました。スタッフ共々プラン創りに力を込めて行きたいと考えており 秋の竣工がとても楽しみです。当社職人及び協力頂いた関係業者さん達には本当に感謝感激です。
sotoDesignには珍しく創るお仕事ではなく 解体から1期工事完了まで担当し普段感じることのできなかった思いや経験ができて非常に嬉しく思っています。
今回の現場のように土工事や造成工事でお悩みの方がおられましたら是非sotoDesignに一度お問い合わせください。もしかしたら工事代金の大きな節約なるかもしれません!

オリジナルプロダクトの現在と今後

2022年3月17日|カテゴリー「sotoDesignの日常
表札 tsutsu
tsutsu cadオブジェクト試作
外構のプランニングやお客様との打合せ等と同時並行に
少しずつオリジナルプロダクトについての取り組みも進められております。

以前からsoto+「osu」と「tsutsu」のRIKCADオブジェクト登録に向けて作業が行われており
最近はsoto+商品のCADオブジェクトをできるだけ
実物に近いカラーに表現できるように検討を重ねておりましたが
カラーも決定しまたその内容でRIKさんの方でオブジェクトに落とし込んでいただきます。

いよいよ完成かなと言う段階までやってきたのでsotoDesignのプロダクト部門の取り組みとしては
まず一つ作成するという段階でゴールが見えて来たのかなと思っております。
またそのオブジェクトを使用してどのように展開していくかは今後打合せが進められます。

そして、新たなエクステリアプロダクトの開発に向けての打合せも短時間ですが先日行われました。
今までsotoDesignが「soto+」や「uchi+」について取り組む中で思いや考えが更に深まってきました。
その中で新たな一員になれる「soto+」らしいデザイン性と
廉価であることをコンセプトにして話し合いが進められております
今までのコンセプトやsotoDesign思いの思いを大切にし
今後皆様にご覧いただけるものに実現できるように日々取り組みを続けて参ります。

高槻市外構工事が着工致しました

2022年3月14日|カテゴリー「sotoDesignの日常
現場打合せ
本日高槻市の外構工事が着工し現地にて打合せを行いました。
前回お施主さまと打合せを行った際に外構プラン内のディテールについて
変更があったりしましたのでその内容について直接お客さまと再確認させていただきました。

その後が職方と外構工事打合せを行いました。
両者揃って現場で打合せを行うことは初めてでしたので
実際の現場を確認してもらいながらsotoDesignがこちらの外構プランで
重きを置いているポイントやディテールで要注意なポイントについて打合せしておりました。

これまでsotoDesignとお施主さまとで打合せを重ねて作り上げてきた外構プランですので
私たちが外構プランの中で意図的にデザイン・設計を行っているポイントを
イメージのように実現へ向けて進めていただけるように短い時間でしたがお話できたかと思います。

遡ると昨年の秋の初め頃にお打合せがスタートしました。
細かなブラッシュアップについての打合せを含めると
着工間近まで何度も打合せを重ねて参りました。
初めの頃のプランから今のプランを振り返ると
sotoDesignのオリジナルの考えがベースにお施主さまのご要望が混ざり合い
ひとつの外構プランへと完成しました。
今までの打合せ重ねてきた外構プランを実現に向けてsotoDesignも全力を尽くして参ります。

今日もオンラインで外構プラン打ち合わせ

2022年3月12日|カテゴリー「お打合せや進行

本日は事務所にてオンライン打合せが行われておりました。

外構工事を数日後に控えているので
今日の打合せでは前回色決めの際にお話した事や決定事項を反映した様子や
更にご検討いただくため保留になっていた内容について確認を行っておりました。

外構プランにおける細かい部分の内容の確認を行うため
オンライン打合せでは伝えるのがお互いに難しい場面が何度かありました。
こちらが手書きで書いたものをカメラ越しに映して
お客さまと私たちのイメージしている形が同じであるのか確認を何度か繰り返しました。
対面であったら例えば、こんな感じですよと
サイズのイメージを身振り手振りで説明したりすることお伝えできるのですが
何度もオンライン打合せの経験重ねても
カメラ越しであると焦れったいなと今でも感じることが多々あります。
より行き届いた説明や対応を行う事ができるのは対面であるなと感じ
対面打合せの大切さを再確認しました。

オンライン打合せはお客さまのご自宅とsotoDesign事務所
離れた場所を繋いで行える安全で便利な方法です。
しっかりと感染対策を行える優秀な手段だと思いますので
私たちもより打合せがスムーズに行える環境にできるように努めたいと思います。
リモート打合せ中

先日開始した吹田市の石垣工事

2022年3月11日|カテゴリー「sotoDesignの日常
石垣工事の様子
先日から吹田市の石垣工事が進められています。

お客さまから近々新築の建築予定であり
まずは植木の移植や石垣の工事を建築工事までに行ってほしいというご依頼を頂きました。

一番初めに今後新築を建てる際に移動しなければならない植木達の移動が完了しました。
そして石垣を新設しているスペースはもともと
勝手口へ繋がる階段があったり、駐車スペースだったので
解体工事が行われた後に現在行われている石垣工事がスタートしました。

年末は新年に向けてお庭を綺麗にしてほしいとお声かけ頂いている
お客さまの所へお伺いし忙しくしていた造園部も
現在はその時期を終えたこともあり外構部と共に協力し毎日丁寧にコツコツと石が積まれております。

石垣工事を終えると新築工事がスタートしますので
まずは新築工事を無事に迎えられるように私たちのやるべき事を進めて参りたいと思います。
今後外構工事についてもプランニングが始まる予定ですので
その内容や様子などまた続けてブログ等でお話しできればなと思っております。

高槻市でもうすぐ着工予定の外構プラン

2022年3月10日|カテゴリー「sotoDesignの日常
N邸外構プランイメージ

本日は来週着工を予定している外構プランの内容を最終確認をし
追加の修正等を行っておりました。

前回は外構で使用するタイルやブロック等の色決め打合せを行いました。
その打合せ時間の間に決定するのが難しいなというものがいくつかあり
打合せ後の数日の間検討して頂いておりました。
その内容が決定してきましたので新たな情報を図面へと落とし込んでおりました。

3DCADの中で見たものはイメージにはすぎませんが
実際の完成姿にほぼ近い形になっています。
もちろん完成した外構を直接見るのが一番美しさやその魅力を実感できるのですが
長い間3DCADの中のものを見ながらお客さまと打ち合わせを重ねてきましたので
CADの中で仕様が決定しそれが反映され
最終形にまで辿り着いたのだなとしみじみ感じました。

特に色の変化によって印象は変化するので
打合せの中でCAD内で色を変えてみてシュミレーションしたり
色決めの際に建物外壁のカラーや既存玄関ポーチのタイルとこれから外構に使う材料のサンプルを色合わせして行くと
それぞれのパーツの色味が定まって行くことで
より完成姿が
このような雰囲気に見えてくるのかなと頭の中で完成イメージがブラッシュアップされました。

このように様々な事が決定し着工日を迎えることができます。
沢山の事をお客さまとsotoDesignでお話し決定し進めて来ましたので
私たちの思いが形となりお客さまにお喜びいただける外構の完成姿を見られることが楽しみです。