HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

外構に欠かせない表札や門柱

2022年4月28日|カテゴリー「sotoDesignの日常
sotoDesignオリジナル商品の工場打合せ
sotoDesignでは外構プラン一つ一つに合わせた表札や門柱のデザインを考えてお客様へご提案しております。

一般的にお家を建てることは一生のうちに何回も経験する事では思います。そして建築に伴って外構も同じではないでしょうか。
お客さまにとって一生に一度とも言える外構プランを考える中で
できるだけ他には見ないようなsotoDesignのオリジナルデザインのものを追求しております。

sotoDesignではシンプルな外構プランを考えることが多いですが
その中にオリジナルの表札や門柱を外構の一つのパーツとして配置する事でアクセントとなり外構全体をより素敵にしてくれます。
外構の造形的に楽しくしてくれるパーツでありますがそれだけでなく
お客さまのお名前が入る唯一のパーツでもありますので
他とは違ったオリジナリティのあるデザインにしたいという思いがsotoDesignにはあります。

このようなsotoDesignがこれまで追求してきたこと感じたことを活かして現在新商品の作製が進められております。

現時点ではsoto +シリーズでは表札・インターホンカバーといった4種類の商品を展開しておりますが
今後は新たな商品ライナップが加わり一点物よりもっと身近に感じていただけるような価格帯でありながらデザイン性も大切に考えたsotoDesignらしい商品をご覧いただければと思います。
デザイン表札兼インターホンカバーosu

大阪豊中市の外構は土間の生コン施工日でした

2022年4月27日|カテゴリー「工事について
ここ数日 天候が不安定で雨が降ったりしているので外構工事の進捗も天気予報を見ながらやきもきしながらおこなっています。とくに今日のように生コンを使う日は土砂降りなどになっては大変です。段取り良くスムーズに工事が進むよう 施工者や資材屋さんと協力して工事を進めています。
ガレージの土間と玄関へのアプローチ部分の生コン施工は下準備をしっかりして手早く行う必要があるので慌ただしく走り回っていましたが きちんと収まって一安心しています。
このコンクリートの上から 次はタイル貼っていく工事が続いていきます。この豊中の外構は全面タイル貼りの外構です。
タイル屋さんの工事が終わると 端正なタイルの仕上がりにまた印象が変わってくると思いますし
完成後の外構がよりイメージしやすくなると思います。
ますます楽しみですが まずは一つ一つの作業工程を丁寧に工事してお約束どおりのデザイン外構をめざしたいと思います。
お天気が続きますように。
また豊中市の外構の進捗の模様はブログでご紹介いたします。

豊中市の外構土間工事

タイルデッキと芝生の開放感あるお庭

2022年4月25日|カテゴリー「sotoDesignの日常
高低差のある外構
高槻市外構階段とデッキの繋がり
高槻市の外構が完成し先日のブログではこちらの外構の見どころや
デザインについて解説を交えながら紹介しました。

その数日後に別件で現地を訪れ再び撮影を行いました。
前回撮影した写真は仕上げ作業が終了した後のため夕方でしたが
今回はお天気にも恵まれ午前中の明るい時間帯に撮影ができました。
夕暮れのライトアップされた外構はもちろん綺麗でしたが
天気がとても良い日だったので太陽の光を浴びた植栽のグリーンがより外構を引き立たせていて美しかったです。

そして、こちらの外構プランの中で特徴的なのはアプローチ階段からタイルデッキでへ繋がっている造形です。
シンボルツリーのアオダモがと法面になった割栗石のロックガーデン右手に
階段を登って行くと最後の5段目がそのまま奥へ広がりタイルデッキになっています。
階段を登りきるとぶわっとタイルデッキと芝生のお庭が広がっていて開放感を感じられる素敵な空間になりました。
また高低差のある敷地ですが階段を登りきり目線が上がった空間であるからこそよりそう感じられるのかも知れません。

写真をよく見ていただくと分かると思いますが
タイルデッキと芝生には段差がありません。
タイルデッキに段差がない事でタイルデッキの延長で芝生を使用でき
より広くお使いいただけますし開放感もより感じられると思います。

今回の外構の見どころとしては高低差を活かし階段からタイルデッキと芝生へ
繋がりのある造形になっているところがポイントの一つです。
お子さんとBBQやプールに小さいテントなんか張っても楽しめそうな開放感のあるお庭、想像しただけでわくわくしますね。
高槻市外構完工写真

大阪豊中市の外構工事でsotoDesignのデザインについて

2022年4月24日|カテゴリー「工事について
豊中市のモダン外構

豊中市の外構完成イメージパース

4月の工事物件として大阪府豊中市の外構工事が少しずつ進んでおりますので少しデザインについてお話させていただきます。
先日のブログでお書きした内容と少し重なる部分がありますがご了承下さい。
こちらは大都市圏敷地50坪以下の敷地で ご新築玄関の横にガレージスペースが有る 街でよく見かけるゾーニングの外構です。これらの物件を玄関アプローチと駐車スペース等とにゾーン分けしそれぞれ異なる素材でエクステリアプラン構成していくと ほぼ同じような外構デザインプランにしかなりません。門柱の素材やポストの形や色が違うという表面的な違いはあれども 独創的なプランにはならないわけです。
そこでsotoDesignが提案したプランはというと床面(アプローチ、ガレージ、その他)を全て同じ素材で構成するという方法をあえてご提案いたしました。代表的な工法として通称ベタコンという全ての床面を安価であるコンクリートで覆うという方法があり 世間的にデザイン面から言うと敬遠されがちな方法ですが
今回のプランではほぼ全ての床面を同色タイルで覆いながら のり面やアプローチ部とガレージ部をまたぐくり抜き等を採用することで各ゾーン分けは存在するものの 全体のデザインとしては一つの塊として見えるデザインプランとしました。
この方法は実際の敷地広さより広く見せる(感じさせる)別の効果もあり非常に魅力的だと感じております。
文章であれこれ書くよりももう少し現場が進めば きっとブログ読者の皆さんにもおわかりいただけると思いますので
別途こちらの物件についてのレポートをしてまいりますのでお楽しみに。


タイルを使用した新たな外構プラン

2022年4月22日|カテゴリー「sotoDesignの日常
豊中市の外構完成イメージパース
本日豊中市外構工事が着工しました。
今回の外構プランはイメージパースを見てもらうと良く分かると思いますが
タイルの面積でほぼ敷地内が構成させています。

タイルは経年劣化に強く、汚れが付きにくくお手入れもしやすいです。
sotoDesignではお客さまに汚れが気になったら
メラミンスポンジや高圧洗浄機を使用してお掃除することをおすすめしております。
このような機能的な特徴を持ちながらも外構の中に
抑揚や色を付ける等デザインの面においても大切な材料です。

sotoDesignでは玄関アプローチや階段以外にもデッキや門柱・表札等に使用しています。
今回のプランにはアプローチ・ガレージ・門柱とほぼ全体に的使われていますが

外構の中心部分のタイルが楕円形にきり抜かれていて
メインツリーや砕石でつくられた玄関前のお庭になっていたり、
左角の丸くタイルが切り抜かれていてその中に門柱と足元には草花が入っています。


タイルのみで単調にならないようにこのような工夫しプランを考えております。
タイルのグリットの中に円や楕円のような真逆な形が組み合わさることで
sotoDesignらしく遊び心のあるデザインになっていると思います。

今後工事が進んで行く様子や完成した姿をご覧いただけるように
更に気を引き締めて工事を進めて参りたいと思います。

sotoDesignが外構プランでよく使っている樹脂木について

2022年4月21日|カテゴリー「外柵フェンス、ガレージ、車庫、カーポート
海外で1990年代から流通するようになった樹脂木も2000年代に入ると日本でも一般的に使われるようになってきました。
樹脂木は プラスチック樹脂と木材の粉を混ぜて熱処理したもので 従来の天然木の板材に比べて変質しにくいのが特徴です。ウッドデッキにしたものやフェンスにしたものなど 天然木はどうしても日光や雨風で色や風合いがあせてきます。それが味わいだといえばそうですが 腐らないように、真っ白にならないように 塗装やオイルなどでのお手入れメンテナンスが定期的に必要になるので手間や費用がかかってきます。
弊社では天然木もご希望があれば使用しておりますが 樹脂木も人気があります。
プラスチックと言ってもエアコンや車の部品などのリサイクル樹脂を使う樹脂木もありエコに対する意識が高い方にも支持いただいています。
公共の場所やショッピングセンターなどに使われるのは樹脂木であることが多く 皆様にも馴染みがある素材になってきました。
家の外回りは 多くの他人様に見られている場所で常に美しいほうがいいのですが 
かといってしょっちゅう費用や手間がかかってしまうのも施主様としては気になるところでしょう。
先日も書きましたが コロナの影響で在宅が増え自宅のお庭などを見直す方も増えていますので 今後も樹脂木のニーズは高まると思われます。
サンプルなどありますので 見てみたい 違いを詳しく知りたいという方はお問い合わせ下さい。

樹脂木のフェンス施工

f4456170c53c5bdddbcda9139d56ece3

フェンスと植え込み

箕面お庭の外柵フェンス

604dd70712f75bc3ef0962eaba08e5e6

923e50c2054708a7657ac1372058442b

外構コストを下げる工夫

5da01250ff1af1acaa41b7ec030d5729

【お知らせ】ネットワークが復旧しました

2022年4月19日|カテゴリー「お知らせ
本日ネットワークが復旧した事をお知らせ致します。
通常通り電話(フリーダイヤルを含む)・FAXでのお問い合わせが可能となっております。
ご不便をおかけしましたことを深くお詫び致します。


外構プランのプレゼンを行いました

2022年4月19日|カテゴリー「sotoDesignの日常
sotoDesign事務所にて本日は外構プランのファーストプレゼンが行われました。

外構プランの完成まで長らくお待たせしておりましたが
お客さまに喜んでいただけるようsotoDesignらしく
デザインを追求した外構をご提案させていただきました。

ガレージ部分をただべったりと一面土間コンクリートにしたり
割れを防止する為にただスリットをいれるのではなく
土間コンクリートを石を模したような多角形にし
形を工夫する事で見え方は全く変わって来ます。
デザイン的にも楽しく見えてきますし
石のようなランダムな形や大きさの組み合わせであるからこそ
ここは人が玄関にアクセスするためのアプローチ、
ここは駐車場スペースと駐輪場スペース等と
ゾーンを切り分けることなく使用いただけます。
ゾーンが目に見えてはっきりと切り分けられていない事でより間口も広く見える効果もあります。

このようにsotoDesignではデザインと機能性を実現できるように様々な工夫を凝らしております。
プランによってデザインの落とし込み方法は変化しますが
ガレージ土間の考え方はsotoDesign流のデザイン方法・アイデアのひとつです。

今回の外構プランには他にも面白いポイントがいくつかあるのですが一つ一つご説明させて頂きました。
お客さまにsotoDesignの考え方を見て感じてもらえるような内容になっていれば良いなと思います。
今後プランが進みましたらまた内容についてブログ等でご覧いただければと思います。

大阪府高槻市の外構工事が完了しました

2022年4月17日|カテゴリー「sotoDesignの日常
高槻市外構着工時
高槻市外構写真①

大阪府高槻市の現場工事が完了いたしましたのでブログ少しブログ紹介したいと思います。

ご覧のように少し高低差の有る現場になりますが奥のメインガーデンと

玄関前のフロントガーデンをタイルアプローチと階段で仕切り分けました

フロントガーデン仕上げは平面ではなく法面仕上げにすることによりガレージ土間とも

違和感無く繋がる空間創りができているのではないかと思います


シンボルツリーのアオダモとsotoDesignおすすめの飾り台にもなる型枠打ち込みモルタル造景石が

相まってとても良い雰囲気のフロントガーデンはこちらのプランのおすすめポイントとなります。

ご自慢のフロントガーデンを通り過ぎるとご家族で楽しむメインガーデンへと繋がります、

こちらのメインガーデンにはタイルデッキの段差を設けていませんので

お子様たちが走り回っても安心いただける空間になっています

これからの良い季節をご家族や友人などとバーベキュー等を楽しんでお使い頂ければ

一生懸命プランニング及び施工をさせていただいたsotoDesignとしては嬉しい限りです。


改めて1枚目の工事前写真から2枚目と3枚目の写真を見比べると

全ての苦労がすっ飛びデザイナー冥利につきます

次回工事お引渡し日にはもう少し精度の高い写真撮影をおこないますのでお楽しみに。

高槻市外構写真②

お庭にデッキがある外構

2022年4月15日|カテゴリー「施工例
春を通り越して 日差しが眩しい日もおおくなりました。
最近のコロナ渦の影響で外構業界では 宅配ボックスとお庭のリフォームが注目されるようになりましたが
今回は弊社のホームページやブログで紹介した お庭のデッキをいくつか抜粋して掲載しました。
こうしてみると 木製デッキは樹脂木のデッキをおすすめすることが多く
圧倒的にタイルで作るタイルデッキのご提案が大きのが見て取れます。
とくに sotoDesignでは お庭へ降りていく全開口の窓がお庭の地面から高すぎる場合に
外構工事で初期の土木作業時に通常なら廃棄料を頂いて廃棄する「不要な土」をお庭側へ運んでしっかり整地し
庭を嵩上げすることが多くあります。そのほうが廃棄費用も少なくなるし お庭へ降りるのが億劫でなくなる程度の
高低差になって つまづきなどの危険も減少すると考えられるからです。
そうして高低差を少なくした上で 真っ平らのタイルデッキを作ることで歩きやすく使いやすく
しかも雑草の生える余地もなく 雨などで泥はねすることもないお庭になってくれます。
照り返しが心配な場合は 屋根ルーフなど窓上に取り付ける場合もあります。
リフォームでのお問い合わせも多いメニューです。お庭の使いみちに悩んだり 雑草に辟易しているお客様が
たくさんいらっしゃるのだということですね。

sotoDesignは造園部も併設しておりますので 植木の剪定や庭手入れ 植木の移植もふくめ
デッキのご要望にお応えできます。ぜひ ご検討下さい。
庭の外柵フェンス
庭全開口タイルデッキ
1f167354229c01cd6701eaff6a2d992b

A様玄関まわりの様子
A様外構全体

mkウッドデッキ
6784cb85b40ee59f53d5d9615400169d
室内と庭を融合させる
白いタイルデッキ
お庭全体
その他

その他
その他

deck

00413

20d7b3f81c8c0d17d462e3313c751efc1
玄関側とガレージの土間の配分
R0031565

オリジナリティのある外構プラン

2022年4月13日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プランのご提案に向けて現在のプラン内容に
客さまが考えていらっしゃるご要望が反映されているのか確認し
お預かりした資料元にCADで作成した建物の3Dパースと照らし合わせながら
建物色や材質等とプランのデザインが合っているのか検討を重ねております。

外構のデザインを考えていく初め段階で敷地の形状などをヒントにして
プランにおけるデザインモチーフや方向性が決まってきます。
例えば、かっこいい外構をのぞんでいるお客さまにはかっこいいデザインの方向性に進めたいので
直角や直線で構成されたパキパキとした印象のものを目指しsotoDesign流にデザインを模索します。
その中で先ほどお話したデザインモチーフが決まり外構プランのオリジナリティになってくれます。

sotoDesignはそれぞれオリジナリティのあるプランをご提案するように心がけております。
全体的に見えてくるプランもあれば些細な工夫やアクセントとなる部分で表現しています。
私たちの外構プランへの考え方がおもしろいなと
感じる方がいらっしゃいましたらお気軽にsotoDesignにお声かけ下さいませ。

tsutsuカラーバリエーション

これまでのオリジナルプロダクトへの取り組み

2022年4月11日|カテゴリー「sotoDesignの日常
sotoDesignプロダクトミーティングの様子
本日事務所では6月に行われる展示会に向けてのミーティングを行い
近年のオリジナルプロダクトの活動について振り返って見ました。

オリジナルプロダクトシリーズ「soto+」は
昨年から様々な新しい事にチャレンジしてきました。

昨年春にBASEショップをオープンしosu(おす) ・tsutsu (つつ)・ori(おり)・oriori(おりおり)
4種類の表札やインターホンカバーの販売を開始しました。
こちらの新商品と同時期にインテリア雑貨の開発と販売に初めて挑戦し
sotoDesign初のインテリア雑貨 kakeru(かける)・tateru(たてる)・misumi(みすみ)の3種類が誕生し
sotoDesign初のインテリア雑貨「uchi+」シリーズがスタートしました。
プロダクト完全にできあがり販売するまでの道のりはとても長くものづくりの楽しさと難しさを学びました。

そして、昨年の秋には初めて新商品のポップアップ展示を行いました。
来場された方のご意見・ご感想、反応などを直に聞いて見ることができ今後の活動に活かしたいことを沢山経験しました。
その後RIKCADへのオブジェクト登録に向けて作業を勧め
今年3月末にtsutsuとosuのオブジェクトが配信されました。ほぼ毎日のように使っているCADの中にsotoDesignと表示される欄が追加されもちろん嬉しのですが
名の知れた大手企業さんがの名前が並ぶ中に一緒に並んでいてなんだか不思議な気持ちになりました。

そして今現在は次回6月の展示会に向けて
新商品の作製と展示ブースのレイアウト作成を行っています。
昨年春から新しく挑んできた内容について簡単にですが書いてみました。

ブログを読んでsotoDesignの活動について知った上で
展示をご覧いただくとまた見え方や楽しみ方が変わるかもしれないので今日はこのような内容を書きました。
もしお時間がありましたら関西エクステリアフェア2022へお越しくださいませ。

大阪府高槻市の外構現場監理

2022年4月9日|カテゴリー「工事について
高槻の外構階段付近施工
高槻の外構フェンス前
昨日と比べて一段と暑い日となりましたが 本日より大阪府高槻市で現在進行中の外構にてタイル工事が始まりました。
今日はタイル施工の初日となりましたので 職人Mさんと現場で朝から細かいところまで打ち合わせをおこなって参りました。
sotoDesignプランの中でタイル貼りとは肝になる工程になりますので より注意を払いながらの打ち合わせとなります。職人さんからすれば本心でたとえ一枚でも多くのタイルを貼りたいと考えていると思いますが、、、そこはグッと我慢してもらい デザイナーの考えているタイル貼り収めについて喧々諤々の打ち合わせをしっかり話してきましたので一安心です。
少しプラン内容についてですが、本日施工していますメインエントランスへ向かう階段を上り そのままタイルデッキへつながるプランになっております。タイルデッキと芝敷のお庭との段差をなくすプランになっておりますので小さなお子さんでも安心いただけるとともに、プランで段差を解消しておりますのでお庭空間としても広々と感じていただけるのではと思います。
今回タイル貼りの役目としてメインアプローチと玄関及びお庭をつなぐための素材になっていますので 先程述べたように今回のタイル貼工事の重要性を少しお分かりいただけましたでしょうか?
次回は来週末に完成予定していますので写真入りでもう少しうまい説明をさせていただこうと思います。
こちらの現場も素敵なプランになっておりますのでご期待ください。

打合せに向けて外構プランの修正

2022年4月8日|カテゴリー「sotoDesignの日常
プラン修正中
本日の事務所ではいくつかの外構プランの修正が行われておりました。

前回打合せの際に新たに追加したい内容や変更したい内容をお聞きし
次回の打ち合わに向けて3Dパースを変更しデザインの検討や図面・お見積もりの修正等を進めております。

修正中のプランの中で近々外構工事がスタートする予定のものもあり
現在の段階に来るとそろそろプラン内容が確定してくるので
使用するタイル等の外構を構成している材料やパーツの
カラーを決定していただく色決めを行います。

前回の打合せで使用するタイルのカラーについてもご相談をいただきましたので
完成をよりリアルにイメージしていただけるよう3Dパースを作成致しました。
こちらのプランの場合は門柱や玄関アプローチといった
外構のメイン部分にタイルを多く使っているので
タイルのカラーによってはかなり外構のイメージが変化します。
そのためお渡しした3Dパースをご覧になりながらお客さまに
現段階で一度カラーについてイメージを膨らませていただくことで
今後行われる色決めの際にカラーの決定をスムーズに行っていただけると思います。

これからは外構工事に向けてプラン内容を
決定していただく重要な段階になってきますので
更に気を引き締めて資料作成や打合せを行って参ります。

大阪府守口市の外構完了しました

2022年4月7日|カテゴリー「工事について
守口市の外構完成
守口市の外構玄関ポーチ
3月から工事着手しておりました大阪府守口市の外構工事が完成致しましたのでブログにて紹介させて頂きます。
エクステリア完成写真をご覧頂きお分かりいただけると思いますが 敷地が広大なわけでは無く 一階が駐車場の一部として使用されている 都市部の住宅地などでよく見かける敷地条件でのプランニングとなりました。
ゾーニングはほぼ決まっていて駐車場と玄関廻り、サイクルポートになります。ある意味 どこで施工してもゾーニング自体は変わらないだろうと思いますが だからこそsotoDesignが考えた解答は 細かいディテールにこだわるということでした。
建物の色調(白と木彫)の柔らかい雰囲気に合わせて造作物であるタイルアプローチや土間コンクリートなどの角をほぼ全てにおいて角を丸め、平面で見たときに土間やタイルに直角になる事を避けてより柔らかい感じに仕上げました。
そこに新人(入社2年経過)が考案した木樹脂を使用した 立体的で可愛らしい門柱に sotoDesignのオリジナル品のosu (押す)を設置しとても良い雰囲気のプランに仕上がったと思います。プラン上はシンボルツリーにトキワヤマボウシが配置されていたのですがお客様のご意向で植栽することはなかったのが少し残念な点ではありますが この状態でも十分に美しい外構に仕上がったと思います。
sotoDesignは可愛い系の外構・エクステリアは作らないイメージがあるかもしれませんが シンプル可愛い系のプランもご提案してまいりますので シンプルかわいいにご興味のある方は 是非お問い合わせください。