HOMEsoto Designブログ

soto Designブログ

箕面市のお客様だけのオリジナル表札

2022年8月30日|カテゴリー「お打合せや進行
sotoDesignオリジナル表札の打合せの様子
sotoDesignでは外構プランをご提案する際にご要望の内容やプランのデザインに合わせた
表札・門柱・インターホンカバーなどをご提案させていただいております。
日々の外構プランニングや実際に作製してきた経験などを活かして
現在はオリジナル商品ブランド「soto+」をBASEショップを通して全国のお客さまに展開しております。

今回ご依頼をいただいたお客さまは、外構のご依頼やBASEショップ商品とはことなり完全オリジナルの一点物でのご依頼をいただいております。
初めはsoto+の商品である「osu」をきっかけにsotoDesignを知っていただきました。
お話を聞いてみるとお客さまの中ではosuのようなカラフルな表札の色や
樹脂という素材についても気に入っていただいており
soto+ならではのカラーと樹脂素材を採用した完全オリジナルの表札を作製してほしいというご依頼をいただきました。

osuのようにインターホンカバーでありながら名前を表記できる機能的な事も考えたものにするのか
お客さまのイメージしているデザインをできる限りに実現したものにするのか検討いただき
今回の打合せでかなり内容が煮詰まって来ました。
商品化しているプロダクトとは違ってこちらのお客さまだけのオーダーメイド表札とういうことで
この段階で実現に向け更に細心の注意を払ってプランニングを進めて参ります。

オリジナル表札作製中

お庭にオリジナルシェードを創る

2022年8月29日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
サンシェードの生地サンプル
シェードの色青と白
三角のサンシェードがある庭
三角形のサンシェードベージュ
sotoDesignがご提案するお庭にシバシバ登場するオリジナルシェードについて少しお話してみたいと思います。
大手エクステリア商材メーカーさんの展開するサンシェードは数多くあります。そしてそれらの多くは正方形や長方形で大きさを選んで使用します。良くも悪くも見た目などが普通でかわりばえしない普通の製品であることがほとんどですがsotoDesignでは素材の強度や日照の入り方等からシェード(生地)自体品定めし、シェード(布)の形状までも吟味しプレゼンしており お客様にお喜び頂いております。
今回お見せしております写真の2邸も四角形状のシェードではなく不等辺三角型のこだわりシェードになっており 床の自然石やコンクリート土間の有機形状と相まって なかなか面白い空間になっているのではないかと思います。
先程お話したようにシェード材自体のカラーも5種類程ありますので 外構・ガーデンの雰囲気に合わせてお選びいただけるので お客様のニーズに細かくお応えできそうです。シェードを立てる柱もアルミ丸柱と各柱をお選びいただけますし柱カラーもホワイトやブラウンの塗りつぶしカラーから木目調カラーまで選択いただけます。シェードの上げ下げも金具の特性でお客様のご要望にお答えしながら作成していくことも可能となります。不意の強風や大雨などにも対応できますのでご安心ください。
9月の工事予定物件にも上記のようなオリジナルシェードを使用した工事をおこないますのでこのブログでも紹介してまいります。

高低差のある外構プランの色決め打ち合わせを行いました

2022年8月27日|カテゴリー「お打合せや進行
現地にて色決め打合せを行っている様子
現地撮影写真と同じ角度からのパース
本日はお客さまと現地にてお打合せを行いました。
打合せ内容はプラン内容がほぼ確定しておりますので少し色決めを行ったり、
今回の外構プランはかなり高低差のある土地のため
お客さまの立ち会いのもと階段の段数をイメージパースと照らし合わせてご覧いただいたり、
ブロックやフェンスの高さをメージャーを使って表現し
それを見ながら完成をイメージしていただき確認を行いました。

現地打合せの様子の写真とその隣に完成イメージの画像がありますが
こちらをご覧いただくと分かるように建物の玄関へ行くには10段以上の階段が必要になります。
何度か3DCADをご覧いただいてイメージはしていらっしゃると思いますが
そのイメージだけではなく、こうやって現物を目の前にして説明を交えて確認いただくことが大切です。
そうすることでお客さまにも今回更に深くプラン内容をご理解頂けたと思いますので
その流れで残りの色決めもしっかりと行いたいと思います。

こちらのプランイメージ画像をご覧いただくとカーポートscの2台用が目に入って来ると思います。
このカーポートと擁壁の間が玄関に通じるアプローチになっています。
この画像の角度からはご覧いただけないのですが
その擁壁側にはインターホン・表札・ポストといった門まわりの設備を配置するの予定で
現在のところ表札をsotoDesignのオリジナルデザインのものでご提案しております。
またオリジナル表札に決定しましたら是非その内容についても共有できれば良いなと思っています。
その他にもsotoDesignのオリジナルアイデアがこのプランにはあるのですが、
それはアプローチ階段に設置している手すりです。
こちらもオリジナルで考えさせていただいたものでご提案していたりと
実はパーツでsotoDesign流のアイデアが込められている外構プランになっています。
またデザイナーによるプランの解説などもブログ等でお話できればと思っています。

お打合せに向けて外構プランの作成や修正が進められておりました

2022年8月26日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プランの作成・デザイン検討中
sotoDesign事務所では外構プランの作成や修正が進められています。
今週末に行われる打合せが数件あり、そのうちのひとつは
お客さまにsotoDesignが考えた外構プランをご覧いただくファーストプレゼンです。

ファーストプレゼントではsotoDesignがプランニングした内容を3DCADを使用し作図したものをご覧いただきます。
合わせて一通りのご依頼内容の確認やデザインの解説などを行います。
プラン内容は3Dでご覧いただける為、お客さまの気になるポイントを見たい角度からがご確認いただけます。
その他にも例えば使用するタイルやカーポート等をCAD内でカラーを変えたりすることもできるので、お客さまのイメージに合わせてシュミレーションが可能です。

ファーストプランをご覧いただいた後ですが、その段階で内容の決定をいただく必要はありません
その後も何度か打合せを重ねてシュミレーションを繰り返してデザインや使用する材料を決めて行きます。

そして、プランの内容が決定すると次の段階に進みます。
プランの内容に合わせて使用するタイルやカーポートなど全てのパーツの色決めを打合せの中で行います。
事務所で修正が進められていたプランのひとつがこの色決めに向けて行われていたものなので、
また打合せが終了しましたらブログにて色決めについての説明や今回の場合はどんな風に色決めが行われたのかをお伝えできればいいなと思います。
外構プラン資料のデザインイメージ

外構にも、とても大切な道路後退(セットバック)のお話

2022年8月25日|カテゴリー「外構費用
豊中市道路後退

豊中市外構側溝

本日は外構工事における道路後退についてのお話をごく簡単にお話してみたいと思います。

新築工事をおこなう際には必ず行政に建築確認を申請されると思います。その土地に法規内できちんと建物が建てられるかという内容の申請になりますが 申請内容としては建物における部分だけではなく敷地と道路の関係も建築確認申請の中に含まれております。それが本日のブログのお題になっている道路後退法になりますが われわれがになう外構の部分に深く関わっています。概ねの内容としましては建築地に接している接道の幅(幅員)の4メートル確保が目的になります。緊急自動車の通行を速やかにしたり 自動車のすれ違い等に問題が無いようにするための措置となっているのですが この道路後退法のため皆様の大切な敷地の一部が市に移管される事態が発生したりもします。
特に東京や大阪など大都市圏の狭小地であれば 建築可能面積に関わってきますのでとても大きな問題になります。
今回写真でご覧頂いている建築地は大阪府豊中市にあり敷地面積も十分広い敷地なのですが 全面道路(接道)は
4メートルに満たないので 建築確認申請の際に道路後退が建築条件に付けられております。そのため外構工事の際には 道路後退をおこない4メートルの道路幅員を確保して豊中市の型の「現場打ち側溝」を新設させて頂きました。

長らくこの業界でお仕事をさせてもらっているsotoDesign これまでも沢山の道路後退にまつわるお仕事にかかわって参りましたが少し腑に落ちない点があります。建築主所有の敷地の一部を使用し公道の整備をするのであれば全て公費でおこなえないのかといつも考えております。新築の際には予想もしない道路後退費用がかかり 施主の方々が困ってしまうケースをよく目にするので 是非道路後退費用の全額を公費でまかなってほしいと考えております。そうすれば外構・エクステリア工事にかけられる費用にも少し余裕ができるのではと考えてますが 皆様はいかがお考えですか?

大阪豊中芝生の美しいお庭とプランに込められたsotoDesignのアイデア

2022年8月23日|カテゴリー「sotoDesignの日常
シンプルな芝生のお庭
本日は大阪豊中市のお庭リフォームプランの現場を訪れました。
今回はインターン生も一緒に同行してもらったためデザイナーによるプラン内容のプチ解説もあったりと普段には無い現場確認の時間になりました。

スタッフは植栽やその他の仕上げが行われた後の
こちらの現場の様子は知らず久しぶりに訪れました。
前回私がこの豊中の外構を訪れた時は芝生が張りたてほやほやだったのですが
それから数日経過して現場の土に徐々に芝生が定着してゆくことによって
より青々と色づきシャキッとした美しい姿になっていたので感動しました。 

近頃はメンテナンスの少ない人工芝についてお客さまからお話をいただくことも多く
様々な改良がされてよりリアルに感じられるものも増えてきていますが
このような緑の美しいお庭を見るとやはり人工のものではなく天然の芝生の美しさを痛感します。
植えたその時だけではなく植えてからその土地に合わせて成長し美しくなりますし、冬になるとしばらくは茶色くはなりますがそれもまた四季を感じられるので魅力的だと思います。
お水やりや芝刈りなどのお手入れは必要にはなってきますが
お庭の芝生を人工のものにするのか自然のものにするのか悩まれている方がいらっしゃいましたら
是非このブログの写真を見て天然の芝生の美しさや良さも知っていただければ良いなと思います。
ブログの最後に掲載している写真が特に芝生が美しくピックアップして見ることができます。
この写真でお気付きかとは思いますが、多角形石の様な物がありますよね。
これはsotoDesignの完全オリジナルで作製させて頂いているものなのですが
和風庭園でよく見られる景石を模したものでモルタルで作製しています。
写真のように上が平になっているので景石でありながら飾り台としても使用いただけます。
この飾り台が有るのと無いのとではお庭の雰囲気はかなり違って見えるのでプランの中では欠かせないポイントのひとつです。

そういった細かい部分にもsotoDesignならではのアイデアが隠されているので
また更に掘り下げてホームページやインスタなどでも紹介していきたいなと思います。

芝生のお庭 モルタルの飾り台

今年も学生インターンシップが始まりました

2022年8月22日|カテゴリー「sotoDesignの日常
今日からインターンシップの為学生さんが研修にきています
本日からインターンシップが始まり学生さんと1日活動を共にしました。
毎年恒例になりつつある学生インターンシップですが
学生さんが夏休み期間を活用して2週間程事務所来て活動することが大学から課題内容だそうです。
今回来てくれている学生さんはまだ2回生だと聞き、
夏休みなのでもちろん遊んだりしたいだろうに意識の高い学生さんだなと感じました。

今回のインターンシップでは初日からCADに触れてもらいました。
3DCADを操作するのは初めてだと言うことだったのですが教科書と睨めっこしながら集中して頑張っていました。
少しのレクチャーでここまでのCAD図が書けていてスタッフとしてはかなり驚きました。

sotoDesignではお客さまへ外構プランをご提案する際に3DCADで作成した
CGをご覧いただきながらプランのご提案やお打合せをさせていただいております。
外構を実際に造るためにはしっかりと設計を行わなければ実現は不可能なのでご覧いただく為だけではなく
設計のため、そしてsotoDesignとしては重要なデザインの検討ためにも使用する大切なツールです。
そんな私たちの中で欠かせないCAD図の作成に触れてもらい
リアルにどんな仕事をしているのか学生さんには少しでも体感してもらえれば良いなと思っています。

短い期間ですが、何か得ることのできる時間になればsotoDesignとしては嬉しい限りです。

3DCADの入力練習の様子

大阪吹田市のリフォーム工事で外構をグレードアップ

2022年8月20日|カテゴリー「sotoDesignの日常
門まわりのリフォーム
外構リフォーム完成イメージ
大阪吹田市で外構のリフォームをご依頼いただき現在工事が進められています。

こちらのリフォームプランはお客さまからは外構の顔と言える門まわりのリフォームをご依頼いただきました。
工事前はお玄関を出るとタイルの玄関ポーチがありその隣に機能門柱があるいわゆるオープン外構のスタイルだったのですが
今回は新しく縦のルーバーフェンスとタイル貼りの門袖を設けることによって
敷地外からの侵入や視線を遮ることが可能になります。
ブログ内の工事中の写真のように右側の縦ルーバーが施工されて目隠しの効果があるのがわかると思います。
建物正面側は広くスペースがありお玄関が外から丸見えになっているのですが
今後完成イメージのようにタイル貼りの門袖ができることで機能的にアップして
外構やお家全体のイメージでは重厚感がアップした印象になる予定です。

外構全体的に大掛かりなリフォーム工事を行うのではなく今回のお客さまのように門まわりのリフォームを少しグレードアップするような工事でも
かなりビフォーとアフターではお家の雰囲気が変わります。
もう少し小規模にと考えていくと機能門柱や表札といったパーツの部分を新しいものに
DIY感覚でプチリフォームするだけでもお家の外観の雰囲気を変えたりする事は可能です。
現在工事中のプラン内容ぐらいになるともちろん職人さんの手が必要な工事にはなってきますが
インテリアを模様替えするような感覚で少し表札を変えたいなとお考えの方がいらっしゃいましたら
是非sotoDesignオリジナル商品「soto+」をチェックしてみて下さいませ。

【オリジナル商品 soto+ ソトプラス 】 https://www.soto-design.jp/sotoware

【sotoDesign BASEショップ】 https://sotodesign.thebase.in


本日もsotoDesign事務所では外構プランの作成や検討が進められております

2022年8月19日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プラン作成
外構3Dパース作成
本日も事務所では外構プランの作成や検討が進められております。

新築外構のご依頼だけではなく外構やお庭のリフォームのご依頼もいただきます。
現在も新築やリフォーム等さまざまなご要望を持っていらっしゃるお客様のプラン作成を進めておりました。
sotoDesignではプランをご提案する際は必ずCAD図面を作成させていただきます。
こちらは3Dのものをご覧いただけますので実際どうなるのかをイメージしやすく
よりお打合せがスムーズに行えるようにと考えております。

左側の写真は建物を真上から見ている平面図です。
この平面図はご依頼をいただいたお客さまより図面資料をお預かりして
敷地や建物、その周辺環境が分かるように入力をしている最中のものです。
その後プランニングは進められて右側の写真のように立体的に様子が分かるものにブラッシュアップして、この段階まで進みますとカラーやデザインなど細かな部分への検討が行われます。
こちらの写真のプランは現在デザインの検討を行っている最中で
考えているデザインや造形を踏まえてsoto+門柱シリーズの商品がプランに採用される予定です。
門柱シリーズの3種類の内どの商品が採用されて外構デザイン全体的にはどのように仕上がって来るのかとても楽しみですね。
プラン完成後どこかでご覧いただけるように内容のブラッシュアップを更に進めて参ります。

完全オリジナル表札のお問合わせが急増しております

2022年8月18日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
白い樹脂の表札
インターホンカバーのデザイン
表題にもなっておりますがここ最近 完全オリジナルの表札のお問い合わせが非常に増えてきております。
お問い合わせの流れとしましては「御社が販売されているオリジナル表札のページを拝見いたしましたが、商品以外のオリジナル表札の製作をお願いすることは可能ですか?」という流れのお問い合わせになります。
sotoDesign事務所としては非常に嬉しいお問い合わせなので「はい、製作可能です。」とお答えした後にお客様とのヒアリングをメールやオンラインでできるだけ詳しくお聞きすることから始めてまいります。
今回のお客様のご希望は表札文字をあまり目立たせたくないそうで 文字エッチング(彫り)部分には着色せずなるべく目立たたないように加工しました。表札本体はホワイトをご希望されていたのでホワイトの樹脂を使用しました。
インターホンカバーも内包してほしいということでしたので カメラ部分をくり抜きインターホンのボタン部分もカバーできるように樹脂に切り目を入れました。それ自身がスイングしてインターホンスイッチを押せるようにデザインされています。押し釦部分には少し昔のiphoneのホームボタンのような丸の押しボタンをエッチングさせて頂きました。

今回お問い合わせ頂いたお客様の建築地が関東地方で関西の弊社からはかなりの遠方となりますので 表札取り付けは地場の外構業者さんにお願いする流れとなりました。その際の取り付けに関する打ち合わせも何度かお打ち合わせさせていただいたので問題なく現場での取り付けができることだと思います。
このところ上記のような表札のお問い合わせが多いため今後新しいサービスとしてお客様ひとりひとりに対応した表札作成サービスも検討していこうと考えておりますので 詳細が決まって来れば当ブログでも紹介してまいりますので今しばらくお待ち下さい。
表札文字エッチング加工

BASEにてオリジナル門柱表札口コミキャンペーンをはじめました

2022年8月16日|カテゴリー「お知らせ
カラフルなインターホンカバーkaziru口コミキャンペーン

細い柱一本門柱アング口コミキャンペーン

カラフル2枚表札門柱口コミキャンペーン
弊社がオリジナルで製作している表札と門柱は 当サイトの「オリジナル商品」のページ
ネットショップのBASEで販売をしています。

6月の関西エクステリアフェアで発表させていただいた門柱シリーズもたくさんのご好評いただいていますが
外構やエクステリアの設計施工をさせていただく親密なお客様に比べて やはりネットショップでご購入くださるお客様とはすこし親しさがちがうせいなのか ご購入後の感想や施工後の様子を教えていただくことがなくて残念だと思っています。
自分たちで設置させていただけたお宅なら お写真を撮らせていただいたり率直な感想をお聞きすることができますが
広く日本中の方に購入していただける代わりに なかなかそういうお声を聞き施工の様子を見る機会がありません。

そこで
BASEにて 口コミのお願いと施工後の写真を送って戴くことを条件に 少しだけお安く販売する特別商品を公開しました。
BASEでご購入戴くと商品のレビューを書くことができるので それを書いていただきます。
それと 商品到着後 設置した商品(表札や門柱)の様子を玄関門まわりの写真としてスマホで結構なので撮影し
弊社までメールで送っていただくということです。
もともと 表札機能があるものは お名前に合わせたレイアウトや完成イメージを絵にしてメールでやりとりして決定しますので そのメールに返信していただけばいいので それほど面倒ではないかなと思います。
それだけでかなりお得になるので 迷っている方はぜひご利用いただきたいです。
もちろん 口コミも写真もしたくないというお客様が普通に購入できる 従来どおりの金額の商品もあるので
検討していただけたらと思います。

対象商品は 上記の門柱シリーズ「カジル」「アング」「アルパ」と表札の「ori」インターホンカバーの「osu」です。
よろしければ 是非お気軽にお問い合わせください。


究極にシンプルなデザイン表札oriを発送しました

2022年8月12日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
究極にシンプルな表札ori(ブルー)
究極にシンプルなデザイン表札oriをご購入いただいたお客さまに先日商品を発送致しました。

今回は数ある表札の中からoriをご注文いただき、サイズ変更のご希望を頂きましたので特注サイズで作製しました。
特注サイズのoriはsotoDesignとしても初の試みでしたので完成がどのようになるのか楽しみにしていました。
そして完成後はお客さまにお喜びいただけるデザインである事を祈り無事発送致しました。
sotoDesignの所在地は大阪府なのですがBASEショップは全国の方からご覧いただけご購入も可能です。
今回も他府県からのご注文だったので実際に取り付けられた姿を直接見ることはできませんがsoto+の商品によって素敵な外構になれば幸いです。
カラフルな表札ori青
究極にシンプルな表札ori裏側(ブルー)
soto+では全体的にカラフルな商品が多いですが形状はシンプルなデザインになるように考えられています。
その中でも特にシンプルな形ををしているoriはレッド・ブルー・グレーの3色からお選びいただけます。
レッドやブルーのようなカラフルでハッキリしたカラーはお家や外構のアクセントにピッタリですし、個性的な印象にもなります。
更にシンプルで落ち着いた印象にしたい方はグレーがオススメです。少し大人っぽくかっこよく引き締めてくれると思います。
oriは最近特にsoto+ショップ内で注目されている商品です。
現在「みんなのsotoまわり 教えてキャンペーン」も開催中ですのでori等の対象商品が少しお安くご購入いただけます。
ご興味のある方は是非下記ショップURLより詳細をご覧下さいませ。


【sotoDesign BASEショップへはこちらから】https://sotodesign.thebase.in/

大阪府豊中市でフェンス目隠し工事をおこなってきました

2022年8月10日|カテゴリー「工事について
大阪府豊中市で行われているお庭の全体リフォーム工事で 外柵のフェンスが完成しました。
広いお庭なのでたくさんの場所を新しく施工しているのですが 植木同様に完成に近づいたなぁと実感していただきやすいのが アルミの金物類。そしてフェンスは安心感も含め 進捗を目に見えて感じる場所です。

最初は生け垣であった前面道路に面した部分も まずは造園部がある程度整理して植木を撤去し
必要なものは移動したりしてから ブロックを数段積んでいきました。
余談ですが真夏の植木移動ということで通常時期より心をくだいて気をつけながら施工しています。生き物ですから常に
体調管理というか様子を確認しては水をせっせとやるようにしています。

5dbcea7edb219f1d197c55e12e8c0188

f49f13c11525bb78301151c9c0dc7349

先に隣地とのあいだのパネルフェンスをつけてあります。三協アルミのレジリアの採光タイプです。
そして 道路に面したほうは 樹脂木のフェンスをつけるためのアルミ柱が立っているのをご覧いただけますね。
ついでに よく見ていただきたいのがもう一箇所
お庭の勾配があるのを気がついていただけるでしょうか?角に向かって登るように地面が整えられています。
これはこちらのお庭リフォームのデザインポイントのひとつで 視覚的に奥行きを感じるようなだらかに角が高くしており
右の写真では芝生を貼ってさらにタイトに整地されて勾配がはっきり確認できると思います。
樹脂木 ルチアウッドで作った横桟フェンスも取付けられ 美しいお庭にまとまりました。

1c25b80064fd35735f8a8dbabfdc1168

お庭リフォームフェンス工事

芝生や植木が夏の日差しに映える日当たりの良い明るいお庭 憧れる方も多いのではないでしょうか?
芝生は手入れが必要ですが やはり人工芝とはちがう質感があって表情豊かですね。冬場に色が多少悪くなってもそれはそれで季節感があって素敵だと思います。
フェンスを道路側からみると このような感じです。下からは覗かれることのない安心感のある それでいて閉塞的にならない高さに調整されています。

さてあらかたの工事が仕上がりつつ 修正や追加の部分に工事はさしかかっています。
暑いですが最後まで丁寧に心を込めて作業をおこないたいと思っています。
また進捗をお伝えいたします。
シンプルなフェンス樹脂木

04480a1398618b6a23dc0af28a696834

インナーバルコニーのプランをご提案させていただきました

2022年8月8日|カテゴリー「sotoDesignの日常
インナーバルコニープランのオンライン打合せの様子
今年外構のリフォーム工事をさせていただいたお客さまから新たにご依頼をいただきました、
今回は外構やお庭ではなくインナーバルコニーのご依頼でした。

現在そのインナーバルコニーに洗濯物を干すとか何か使用目的がある訳では無いそうで
せっかくインナーバルコニーがあるので一つの部屋として使えたら良いなとヒアリング時に奥様が仰っていました。
更にどんな事ができたら良いかイメージを膨らませていただいて、季節の良い時にヨガや読書やお茶等をして過ごせるスペースだと良いなとプランイメージが少しづつできてきました。

そして、お客さまとの打合せ内容を元にプランニングがスタートしました。
普段の外構やお庭のプランニングと違ってインナーバルコニーは屋外ではありません。
屋外と屋内の中間領域であるが為に少し苦戦する部分もありましたが
奥様がやりたいなと思っているヨガや使用したい椅子やラグ等が置けるスペースなど実用的な事を頭に入れ、
せっかくsotoDesignへご依頼をいただきましたのでデザイン的にも検討を重ね、完成した時に面白く楽しく見えてくるプランを考えさせていただきました。

先日完成したプランの方もオンラインにてプレゼンテーションさせていただきました。
奥様には素敵ですねというお言葉をいただきsotoDesignとしては嬉しい限りです。

詳しいプラン内容はまた別のブログでお話させて頂きたいと思います。
お客さまに喜んでいただけるよう、完成した姿を皆さまと共有できるように今後も打合せとプラン内容のブラッシュアップを進めて参ります。


インナーバルコニープランの検討中

お庭のリフォームをご依頼いただきオンライン打合せと現地調査を行いました

2022年8月6日|カテゴリー「sotoDesignの日常
fcb18dff5ac6a255a72f0e4ed4c70040
お庭のリフォームをご依頼をいただき、今回はzoomにてオンライン打合せを行いました。
一度目のオンライン打合せではお客さまのご要望をお伺いしたり、施工例をご覧いただいたりして
どういったご提案をさせていただくのか
プランの内容についてヒアリングとお話をさせていただきます。
その際に、リフォームを行いたい範囲が分かるような図面や現地の写真等があると非常にスムーズにお打合せを行えますので、こちらからお願いされていただく場合がございます。

今回のお客さまのお家にはお庭に出られる掃き出し窓があるのですが
そこからデッキに出て何かできないかなとイメージされているそうです。
現在お庭は土の状態で菜園をされているスペースもあるのですが
菜園部を残してその他の部分はタイルデッキでsotoDesignがご提案をさせていただく予定です。
それに加えてお庭から強い日差しが入るのでシェードがほしいなという御要望をいただきました。
新築際に掃き出し窓の上部に金具が設置されており
その金具を利用し現地状況に合わせたシェードもsotoDesignオリジナルのものでプランニングをさせていただく予定です。

ヒアリング後は現地調査を行いますsotoDesignが現地にお伺いして写真の様に測定などをしたり現地状況を記録します。
現地調査の際にお客さまとご提案させていただくプラン内容の最終確認を行いましたのでこれからリフォームプランの作成を行って参ります。

こちらのお客さまのパータンのようにzoomまたはSkypeにてオンライン打合せの対応を行っております。
どこかでは必ず対面させていただいてお打合せや現地の確認をさせていただくこととなりますが
コロナ感染予防の為や小さなお子さまがいらっしゃる方で外出が難しいなという方がいらっしゃいましたらオンラインをご希望の上お問い合わせいただけると幸いです。

今回はお庭のリフォームについてブログでお話ししておりますが
新築外構のご依頼やその他のご依頼、または現在お打合せ中の方についても必要に応じてオンランをご選択いただけますので
お気軽にご相談くださいませ。

現地調査の様子
現地調査計測中