HOMEsoto Designブログ外構で迷った時に

外構で迷った時に

庭のデッキにも工夫

2020年8月15日|カテゴリー「デザインへの考え方
デッキの高さ

デッキの工夫

外構のデザインは玄関までのアプローチがメインで いわば顔のようなものですが
生活する中で 通路に当たる部分だったりお庭だったり 機能的に有効であることがとても重要になる場所が外構計画にはいくつかあります。そこは デザイン性ももちろんですが使いやすいことや便利であること 敷地をうまく無駄なく使うことなど
それまでのキャリアやアイデアで 工夫しなければならない場所でもあります。

たとえばデッキ
一階の開口部からお庭へつづく中間地点のような場所ですが ふつうだときれいに建物のでこぼこをならすように作る外構屋さんがほとんどだと思います。
このカタチに意味や理由があるのか?と思いながら他社がつくったデッキのデザインを見ることもありますが
四角くなければいけないわけではありませんよね。
歩きやすいことや上り下りしやすい高さであることに気を配り グランドラインとの高低差さらには道路との高低差ともバランスをとる高さにしたり いろんなアイデアや使いやすくなるテクニックがあります。
飾りにしかならない使いにくいデッキにしないで使えるデッキにするために sotoDesignでは細やかなアイデアを出して
敷地を目一杯有効面積にできるようにじっくり検討し プランにおりまぜてご提案しています。
そういう意味で 広い敷地より狭い敷地のほうが より難しく技術が必要になりますが
だからこそやる意味があると考えています。だから敷地が大きい小さいで外構の良し悪しは変わらないと感じます。
やりたい! 面白い外構にしたい! とこだわりがあるお客様にはきっと弊社の提案はご満足いただけるはず。
画像の提案をゆっくりご覧いただいて デッキひとつでも入念に考え工夫していることを読み取って頂けたらありがたいです。

デザインが不要な物をつけるだけ 土間を埋めるだけの外構でなく デザインが必要だというご希望があれば
「どこに頼んでも一緒」 では決してありません。
デザイン外構にしたい方 是非一度ご相談下さい。お待ちしています。

外構にまつわる様々なご相談

2019年5月16日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構以外にもご相談

吹田市の住宅街にある小さな事務所 sotoDesignですが 不思議なくらいいろんなお客様がお見えになります。
結局 仕事といえど人がやっているものですから 多くの方にお目にかかれるのはとてもありがたいこと
いつもこんなところまでようこそ という気持ちでお迎えします。
余談ですが 昔は弊社も外構の折衝をお客様のご自宅に伺って行っていたのですが 現在の事務所になってからは
伺うよりもお越しいただくようになりました。
外構工事をおこなう建築地で打合せをさせていただくこともあるのですが
腰を落ち着けてパソコンの中の画像やCAD図面をじっくりご説明するほうが内容も濃くなる気がして
事務所に来ていただくことが増えてきたのでした。

さてお話をもとに戻して
先日来てくださったお客様は このまえ掲載された週刊エクステリアの記事をご覧になった 某水栓金具メーカーの営業さんでした。
エクステリアについてはもちろん プロダクトのデザインやお客様のご意見等 sotoDesignが日々営業や制作をしている中で 知り得ることはすべてお話してしまいます。
響く方には響くのか 話が盛り上がって半日過ぎることもあります。
熱意のある方と お話するのは楽しく こちらもメーカーさんの本心などお聞きできて勉強にもなります。
メーカーさんの中には ブランドづくりやエクステリア商品についての相談をしてくださるところもあります。
そういうときも 自分でわかる限りお話をします。
立場や会社の大きさによって 見えるものも違うし必要なものもちがうのだと 改めて感じます。

少しづつ経験しない立場の意見をお聞きして 今後の外構デザインに反映していこうと思います。

安心な外構の施工

2018年6月19日|カテゴリー「外構で迷った時に
玄関ポーチと庭が一面

2018618日午前758
大阪府北部で直下型の地震が発生しました。
有馬温泉から京都方面へ伸びた「有馬高槻断層帯」は
平穏な住宅地がつづく北摂地域を一瞬にして被災地へと変えてしまいました。
この地震で 亡くなられた方も何人もいらして 胸が痛みます。
被災されたすべてのみなさまに お見舞い申し上げます。

なかでも 外構施工業者としてブロック塀の倒壊のニュースは
大変ショックなものでした。
私達 外構業者にとって身近な ブロック塀は簡単に丈夫な壁を作るものとして
あらゆる場所で使われています。
ただ 正しい建設方法でなければ そのしっかりした重量は危険なものです。
建築基準法があるからとか ないからとかいうのではなく
安全な工作物を作らなければならない そのための知恵や技術をつくすべきなのは
施工者として当然のことであり 重要な約束事だと思います。

以前から たびたびブログでも書いてきましたが
工事というものは難しいのです。
たとえば 金額
見積もりが詳細まで出ていて 根拠のある値引きならば問題はありませんが
どこをどうするから安くなるということがはっきり言えないような値引きは
工事の内容を薄くする可能性があります。
職人がかかる日数が減る もしくは 材料が少なくなる というのが
単純に想像がつくと思われますが 
工場で作った既成品を購入するのではないので
工事施工者の采配で 表は同じでも中身を変えることはできてしまう。。

今回のブロック塀がどういう経緯だったのかわかりませんし 想像でしかありませんが
鉄筋がしっかりと入っていなかったことや 支えるための控壁がなかったことなどは
簡単に考えても 材料をケチったとか日数を削ったのではないのかと思わずにいられませんでした。
そんなくだらないことで 聞くに耐えないような悲惨な事故に結びついてしまったのではないかと
感じると本当につらくなります。


それと同時に
個人宅であれど道路に必ず面する外構工事を施工するにあたって
従来どおり 安心安全を誠心誠意守る姿勢を持ち続けながら
業務を行っていかなければならないと あらためて肝に銘じました。
想定外の規模の事が起きることも多くありますが
見えない部分も 正直に親切に正しく施工するしかありません。
地震国日本の施工者のみなさんが 同じ思いで工事にあたってもらえたらと切に願います。

オープンとセミクローズドの外構プラン

2018年5月17日|カテゴリー「デザインへの考え方
オープン外構プラン
セミクローズド外構プラン
こちらは大阪市内のお客様で外構全やり替えでご依頼頂いた物件になります。

建築自体は築後数年で まだとても綺麗な物件ですが、よくあるるガレージ土間コンクリートと門柱の機能ポールが立っている物件でした。お客様にどの様な動機で 外回りのやり替えをお考えになったのですか?とお尋ねしたところ
ご高齢のお母様が 最近二度にわたり転倒されて非常に危ない目に合われたらしく、高齢者も安全に歩行できて
見栄えのする外構・エクステリアがご希望という事で まずはファーストプランでオープン外構をご提案させて頂きました。
それが写真一枚めのパースで、将来介護が必要になったときにも介護する方が困らないように、車椅子と介護者が一緒に登れる階段(ステップ)としながら安全と利便性を考慮し、デザイン性でも優れているプランに仕上がったと思います。

このファーストプランをご覧頂き大変喜んでもらえたのですが、こんな事が出来るのであれば門扉のあるプランも見てみたいというご要望を頂き、二個目のパースのプランを作製致しました。
実はこの2プラン目はまだお客様にもプレゼンしておりませんが、このブログをご覧頂いている方やオープンかクローズド外構で迷われている方の目に届いて、少しでも参考になればと思いブログアップを試みました。

予算はというと、材料の多さ(門扉やフェンス等)からどうしてもクローズド外構の方が高価になります。
この物件も例外では無くクローズドプランの方が高価になりましたが、後はお客様にご覧頂き、検討して頂くしかありません。
私達はそのお手伝いをする事に徹します。

さて、お客様はどちらのプランをお選びになるのかとても楽しみです。sotoDesign自体は両プラン共全力を注いで作製したので、どちらのプランが選ばれても全く悔いなどはありません。今から次回のお打ち合せが楽しみです。

結果が出次第にこのブログでもお反らせします。

狭小住宅の外構・エクステリアプラン

2018年2月27日|カテゴリー「外構で迷った時に
今日は狭小住宅の外構・エクステリアについて少しsotoDesignの考えを書いてみたいと思います。

とても有り難いお話でsotoDeisgnには大阪府下より沢山のお問わせお頂いております。
当たり前ですが各々の物件により敷地の大小があり、その中でも最近よく耳にする狭小住宅の外構・エクステリアプラン依頼もあります。
その狭小住宅を建築なされるお客様からよくお聞きする言葉が
「敷地が小さいのですが、外構・エクステリアデザインをする事は可能でしょうか?」という質問が圧倒的に多いように思います。

ここからがsotoDesignの持論になりますが、プランを検討する際に何の制約などが無い条件よりも狭小敷地や小予算等
の条件が課せられた方が色々と考えたりします。
その思考が重要で通常の考えでは与条件をクリアーすることが出来ないので、色々と知恵を絞ながら問題解決していくことになります。
どうやらこの検討の部分が他社さんのプランと違いに現れているようです。
例えば予算調整で困った時に他社外構業者さんと同じ様なカタログ商品の門柱等を使用していても何も解決にはなりません。
そこでsotoDesignでは自分達で創造する事にして予算調整等を行ってまいります。
ただ、門柱一つで総予算の調整が出来るわけもありません。
ただ 一部分が決まってくるとそれに合わせて廻りのプランも出て来るものです。
以上のことから厳しい条件での外構・エクステリアプランの検討なお客様は是非一度お問い合わせ頂ければと思います。
きっと何か解決策があると考えております。(全てのご希望に添え無い可能性もあります。)
少なくともありきたりな思考ではこの壁を越えられない事は明白です。

表札ひとつとってもカタログ商品からお選び頂き、メーカーに発注するほうが手間等もかからないのが常識です。
sotoDesignではほぼ全邸と言ってよいほど オリジナル作製の表札をご提案します。
これは思考する手間と製作する時の手間を考えると既製品表札の比では無いほど手間ひまが掛かることになりますが、
sotoDesign自身はどうやら色々な事を検討して、またデザインでこの壁を越えていく事が苦にならない性格の様です。
生業としてこの仕事が好きでたまりませんので苦にならないのでしょう。

又、余条件に合ったプランをきちんと考えられた場合はその物件は物凄く良い物件になり良い評価につながります。
この部分が狭小住宅等プランの醍醐味なのでしょう。
もし余条件が厳しく考えに行き詰まっておられるお客様がおられたら是非一度sotoDesignにお問い合わせ頂ければと思います是非お気軽に。

狭小住宅のデザインアイデア
狭小住宅の夜景