HOMEsoto Designブログ外構の材料や素材について

外構の材料や素材について

外構建築現地 色決めの推奨

2021年9月25日|カテゴリー「外構の材料や素材について
建築地で外構打合せ
タイルの色ぎめ
今日の暑さには正直参りました、皆様の地域ではいかがでしたでしょうか?
sotoDesignでは物件の大小に関わらず 基本的には現場にて色決めを行うこととしていて本日も現地へ部材を色々持ち込んで外構・エクステリアの色決めをおこなって参りました。開始時間が午後2時からで一日中で一番暑い時間帯だったこともありましたが 確認すると外気温が31℃まで上昇しておりお客様とsotoDesignスタッフ共々暑さにもうウンザリという状況で色決めをおこなって参りました。
なぜこんな暑い日にも建築現場で色決めをおこなうのか? 
全ては間違いや 色の先入観等を取り払い現場で部材の色誤差をできるだけ少なくし より良い外構・エクステリアの完成を望むからにほかなりません。
例えば事務所の空調の効いた部屋で色決めをおこなうことも可能ですが 部屋内の蛍光灯下で確認をとった部材の色味は太陽光下で見ると大きく印象が違ったりすることもしばしばです。その他では建築足場の撤去が終了し建築のすべてが見渡せる状態で確認いただけた方がお客様にとっても色味の理解がしやすく、最終的には色の決定がしやすかったりするわけです。その他にも現場で悩んで色をお決めいただいたのでお客様の満足感も大きいと思います。
などなどの理由でsotoDesignのお客様ほぼ全員に現地での色決めを推奨しております。
本日お打合せのこちらの現場も色決めを終えて 近々に外構工事開始となって参ります。
最終的に工事が完成しお客様より「綺麗になった、有難う。」というお声が聞けるようにスタッフ共々全力で取り組んでいきますので工事完成をお楽しみに。


アルミフェンスと木樹脂フェンスどちらが良い?

2021年9月22日|カテゴリー「外構の材料や素材について
庭の外柵フェンス
このエクステリア業界で長らくお仕事をしていて 最近特に多く「アルミフェンスと木樹脂フェンスどちらが良いですか?」というご質問を耳にします。
そこでsotoDesign自体で一度よく考えてみました。
耐久性はアルミフェンスも樹脂木フェンスもそう変わらないのではと思います。
では価格面ではと言いますと 材料のみの金額で検討するなならば圧倒的に木樹脂フェンスの方が有利だと思います。ただどちらの製品をお使いいただいても施工費は必ず掛かってきますので金額面についても両者ほぼ互角というところでしょうか。
このような状態なので皆様がどちらを選択してよいのかを迷われる訳なのだと思います。そこでsotoDesignの意見を少しお聞き下さい。
アルミフェンスと木樹脂フェンスの一番大きな違いは ズバリ 「変えれる事」になります。アルミフェンスは概ねカタログに掲載されている姿や大きさやフェンスルーバーの隙間(ピッチ)などは変えることができないのが常識です。木樹脂フェンスは現場作業でくみたててしますのでフェンス高さや長さそれにピッチなども設計上で決めた通り施工できます。
既製品アルミフェンスより少しだけ高さがほしい または通行人からの目線をきりたいのでピッチ調整をすることが可能なのでよりこだわりの強いお客様に向いていると言えます。
今後アルミフェンスと木樹脂フェンスで悩まれた際は 「何が動できるのかな?」で考えて頂ければよいのかなと思います。少し長くなりましたが両者で悩まれた際はどちらのフェンス施工の実績も豊富なsotoDesignに是非お問い合わせ下さい。

エクステリア天然木or人工木か?

2021年9月16日|カテゴリー「外構の材料や素材について
木製フェンス

外柵フェンス
エクステリア 外構で使用するのは天然木がいいか or 人工木がいいかという問題です。
sotoDesignが業界でお仕事をはじめた頃は まだルーバーやデッキの材料としては圧倒的に天然木が多かったと記憶しております。もう30年も前のことですから記憶もおぼろげですが、、、
皆さんご存知であるように 最近は圧倒的に人工木の割合が多く当事務所でも人工木の使用率は高いのですが これらの変化は時間を掛けながら少しずつ天然木から人工木に入れ替わっていったように思います。その理由はといいますと外柵やルーバーのメンテナンスなどはできるだけ避けたい、何もしないで長期間新品と同じような状態を保ちたいということが一番の理由になっていると思われます。当たり前ですが見た目や質感及び香りなどは 天然木が人工木よりずば抜けて優れていることは多くの人にとっても明白なわけですが 何故か世間では人工木の使用比率が高いという妙な現象がおきているわけです。メンテナンスフリーと言う言葉に世間の人々は弱いのかなと思われます。
自邸ではどちらの材を使用するかな?
う~ん非常に難しい選択ですが あえて言わせていただけるなら僅差で天然木かな? 等と考えております。
もう少し若ければ人工木を選択したかもしれません。
などと言うことをお客様と一緒に考えながらプランさせていただけるのがsotoDesignの強みであると思います。
このように素材選びからプラン作成までこだわりをお持ちのお客様は是非sotoDesignにお問い合わせ下さい。


可愛らしいポスト

2021年8月20日|カテゴリー「sotoDesignの日常
カラフルなポスト

輸入ポスト

皆さんこの可愛らしいポストをご覧下さい。
このポストはオーストラリアの「Design By Them」が製作しているポストで数年前からとても気になっていたもので、この度sotoDesignにて取り寄せ 皆様にご紹介しようと思います。
カラーは全4色ありますが 何色が人気か  どの色もとても素敵です。
そのままの形で販売するのももちろんですが 日本の仕様に合うように少しマイナーチェンジしたり スタンド(柱)も含めて輸入すると高価になってしまうので スタンドだけは日本の物を使用しようかな等と色々とスタッフ共々日々検討を繰り返しているところであります。これらの内容は製造先へメールで連絡をしているところなので 詳細確定したらまたお知らせしたいと思います。
使用目的のポスト機能としては 細かすぎるほど親切な日本製の製品とは異なる部分がいくつかありますが、その部分を差し引きしても デザインやカラーがとても素敵なポストだと思います。外構・エクステリアプランに取り入れていただければ シンボリックに外構が華やぐ事間違い無しと言える程 印象的なポストになります。
早く皆様に手に取っていただけるように 整備に努めますので皆様お楽しみに。

海外より到着しました

2021年8月18日|カテゴリー「sotoDesignの日常
輸入商品

新しいデザイン参考

本日海外よりこちらの荷物が届きました。
sotoDesignとしても海外の販売サイトに直接問い合わせし仕入れた事は初めてだったので 商品が届き少しホッとしたとともに 感じたのは発注後に到着するまでの納期の短さに少しビックリしました。一週間強で到着しておりますのでとても優秀だと思います。ちなみに日本で同じような商品を外構・エクステリア商社に注文売れば同じ位の納期がかかると思いますので 日本の商社さんにはもう少し納期の件で努力してもらいたいところであります。もちろん 先方のスタッフさんが尽力してくださったおかげでもあります。ありがたく すごく親近感も感じました。
このブログで今回の商品がどのような物かということを書き込む事は難しいのですが 勿論の事ですがデザイン外構・エクステリアを望んでおられる方にはお喜びいただけるものではないかと思います。
ここ数年でsoto+やuchi+でsotoDesignとしてもオリジナル品として発表出来ていないものでありますので 皆様にもご期待いただきたいです。
今後は当社のプランへの使用と自社販売を検討していくつもりです。そこに至るまでは少しお時間を頂くことになりますがなるべく早くお客様に使用していただけるように努力しますので宜しくお願い致します。
次回のブログには商品の姿ぐらいは公開できるかもしれまさんので皆様お楽しみに。