HOMEsoto Designブログ外構費用

外構費用

タイルメーカーの来社に共通の思いを感じました

2020年10月22日|カテゴリー「デザインへの考え方
タイルメーカー来社
本日sotoDesign事務所にタイルメーカー担当者さんがこられて色々とお話する機会に恵まれました。
こちらのタイルメーカーさんは大手タイルメーカーの商品等のタイルも焼いている老舗のタイルメーカーになり70年程の実績があるそうです。
どのような事をアピールされるのかと思いきや、これまでも大手メーカーとのお付き合いは有りながらも 自社の力が業界に対しどこまで通用するのか? または自社の製品能力を知ってもらいたいという思いで独自のタイルブランドを立ち上げて業界に向けて猛アピールしているとの事でした。
sotoDesignはその話をお聞きし「どこかで聞いた事のある話だな」と共感しました。そこには外構・エクステリアのオリジナルブランドであるsoto+とuchi+のメインコンセプトである 「美しさと廉価の共存」とほぼ同じ考えだと思いました。こちらのタイルメーカが言うには「他社タイルメーカーにはない防汚性と安価」が売りだそうで、この2つの事柄が実現されていれば実際に市場への受け入れという事になれば文句のつけようが無い商品コンセプトになります。
当社のsoto+の商品開発にあたり現在最も注力している点であり メーカー担当者さんのお話を聞いていても大変納得させられる事が多かったです。
なので実際に次回物件の色決め時に持参しお客様にもご提案してみようと考えております。
もしこのようなコンセプトの商品が業界に沢山入って来れば お客様にご提供できる価格がとても安く設定できたりしますので市場への影響はとても大きくなると思われます。むしろそのような商品でないと今後のお客様ニーズに答える事ができないのではと考えております。
現在sotoDesignのオリジナル商品は同コンセプトでリニューアル中であります。それらの商品群ももう少しで皆様にお見せできるかなと考えておりますので今しばらくお待ち下さい。
本日はsotoDesignが共感できる共通の思いをお聞きし嬉しかったというお話でした。

外構・エクステリアのコストダウンについて

2020年10月3日|カテゴリー「外構費用
今日は外構・エクステリアプランのコストダウンの可能性について少しお話してみたいと思います。
一言で言ってコストダウンと言っても沢山の方法があります。
その中で最も効果的な方法の一つに敷地を取り巻く外柵等をどの様に考えていくかと言うことが挙げられます。
敷地の大半は全面道路面とその他面になりますが sotoDesignの経験上によりますと全面道路以外 すなわち
お車の乗り入れやお客様達が歩かれるアプローチ等とあまり関係の無い敷地を確定している隣地境界部分の外柵のコストについて深く考えることはプラン全体のコスト調整においてかなり有利なことだと考えております。
よくよく敷地外周というのは施工する距離が長くなる傾向があるので どのようなプランにしても費用がかかりがちになります。
よく聞くお話が「大したデザインがされている訳でもなく普通のプランの様に見えるけど費用が高い」というお話です。
ではこのような場合sotoDesignではどのような対策をするかと言いますと「オリジナル部材を使用してプランする」と言うことになります。
それは
通常にカタログ等からフェンスやルーバーをチョイスしてプラン作成をすると 材料原価はどの会社がお見積りを作成しても大して変わりは無いですが sotoDesignではそのフェンスやルーバー事態をオリジナルで作成したりエクステリア商品でない物を使用していくことで大きくコストダウンに成功する事例が沢山有ります。
その例を下記の写真でご確認下さい。
メーカーの製品ではなくsotoDesignが独自に考えてご提案している外柵等です。コストダウンに有効でなおかつ
デザイン性も考慮していることがおわかりいただけると思います。これら背の高いルーバーなどはメーカー品を使用すると大変高価になるので独自の樹脂木と汎用のアルミ材を柱に使用しこの規模の隣地境界塀にしては大変なコストダウンに成功した事例になります。
このほか事例以外にも沢山のコストダウン例がございますので外構・エクステリアプランでお困りの方は是非sotoDesignにお問い合わせ下さい。
外構コストを下げる工夫
エクステリア費用を下げる工夫

外構工事概算金額についての見解

2019年8月28日|カテゴリー「外構業界のこと
外構プロダクト

工事概算金額についてsotoDesignの考えを書いてみたいと思います。
本日も新規のお客様が外構・エクステリアのリフォーム工事について相談に来られました。内容をお聞きすると大型物件の内容でした。その際に必ずと言ってお聞きになるのが「この内容を工事するといくらぐらい掛かりますか?」という質問です。この質問を受けていつもsotoDesignは困ります。何十年の間に一体何回ぐらいこの質問を受けたのだろうか
別にお客様に腹を立てているわけでも 困らせてやろう等の手のこんだ事を考えているわけではありません。
経験上見積もりを何百、何千回と作成した経験の有るsotoDesignでも 即答はしにくいことだからです。
例えばカーポート屋根を付け替えるや門扉の新設等の単純工事の場合であればお答えできますが 新築の外構・エクステリア工事の概算見積もり等を 正確にはお答えできません。
何をどのように施工するかもわからない状態で(プランが出来上がっていない)不確定な金額を言葉にすることを控えているわけです。
sotoDesign自身もプライベートで物を購入したりする際に「これいくら?」はしょっちゅう聞いたりしますが それらは定価等が決まっている物に対してしかそのような質問はしません。すなわちカタログなどの定価設定の有る物とsotoDesignが手掛けるプランから作成し見積もりをとっていく外構工事は全く異なるからです。
それに気軽に概算をお伝えして実際お見積りをとったあとで最初の金額と額が異なってしまうと(もちろん異なるはず)お客様としても何か一言言いたくもなる気持ちがわかっているからです。
きっと自分に置き換えれば同じことが言えると思います。
故にプランも出来上がっていない物件の概算をお答えすることを控えているわけです。
反対にプランが出来上がって見積もりをおとりする際は数量の計算時に小数点まで計算に入れた正確なお見積書を作成します。
お客さまにはきちんと上記の内容を説明しご理解いただいて概算金額の回答を控えさせて頂いております。
もしご不快に思われたり 不親切だなと感じられたりされる場合もあるかもしれませんが
そういった 正直で正確なことをお伝えしたいという気持ちからの理由です。
ご理解の程 よろしくお願い致します。

初回折衝で外構のご予算をお聞きします

2018年5月1日|カテゴリー「外構費用
初回お聞き出しシート
はじめてお越しいただいたお客さまには こういった内容のシートにご記入いただきます。
やり取りをする際に大切なご連絡先についてと 外構のご要望とご予算についてが主な内容となっています。


ご予算については 正直 初見でお伺いするのが苦手で 以前は初回ではなかなかお聞きしていなかったのですが

たとえば
お目にかかって お図面を見せていただくと 敷地条件がわかります。広さや 外周すべてに外構が必要なのかとか 道路からの高低差など ですね。

そして 外構についてのご希望をお聞きします。機能的に必要なもの 車の台数や駐輪スペース お庭について 
こんなふうにしたい こんな物をつけたい などの意匠的な部分もあるかもしれません。

ご希望をお聞きした上で せっかく弊社にご依頼いただく以上は 他所から提案されたことのないようなデザインのある外構計画をみっちり検討していきます。数日かけて考え 数日かけて製図し 丁寧にお見積りをとります。
やっとできた資料を 2回目の折衝でお客さまに見ていただきます。
ようやくできたプランは お話いただいた夢や条件をすべてクリアして作った外構プランのはずですが 
それがもし お客さまのご予算から大きく外れてしまったら それは実行不可能となります。絵に書いた餅。
ご期待いただいたお気持ちや 製作中お待ちいただいた時間など 
お家の完成間近な忙しいお客さまにとっては ロスが非常に大きく がっかりされる上に無駄になってしまうのです。

それならば 思い切って最初に聞きにくいことを聞いておこうと思いました。
お客さまにとって外構に使えるご予算はおいくらでしょうか?と。
お聞きしたらそれを念頭に 初回折衝のあと一番最初に ある程度の実現可能性をあたまで検討します。
これは30年以上この業界にいるプロとして この条件・ご希望を この予算で作ることが
ぴったりではないにしてもだいたい可能なのかという検討です。
可能だろう もしくは少しだけ予算を越えるかもしれない というときはプランニングに入ることになります。
内容や素材に優先順位をつけ選択をしていただけば ほぼ予算に準じることができるだろうと判断できるときも同じです。

ただ この条件ではどうしても無理だという場合も時々あります。
そんな時は まずお客さまに正直にご相談します。ご希望や条件を変更してくださるか ご予算を変えてくださるか・・・ 
もし変えてくださるということになれば プランに入れますが
ご希望も条件もご予算も変更できないというお客さまは 残念ながらお断りさせていただかなければならない場合もあります。
長くひっぱって お客さまの貴重なお時間を無駄にしないように なるべく早めにご相談をさせていただきます。
正直言って 弊社はうんと高価なわけでもありませんが うんと安価なわけでもありません。適正価格を基準としています。
デザインよりも価格がシビアになるお客さまには デザインが売りの弊社よりも 価格で勝負されている施工店をお探しになる方が良いのかもしれないと思います。
それは人それぞれで守らなければならない部分が違って当たり前なので その判断はそれでいいと思うのですが
弊社としては デザインを最優先必要とされている方に デザイン外構を提供したいと考えています。

生意気なようですが どうぞご理解よろしくお願いいたします。

どんなに練ったデザインでも越えられない予算の壁

2018年2月20日|カテゴリー「外構費用
ロゴ ②
本日は外構デザインと予算の関係について少し書きたいと思います。

大変有り難い事でsotoDesignホームページをご覧頂き大阪府下のお客様より たくさんお問合わせ頂いてます。
全てのお客様と事前ヒアリングを行い(他府県で遠方の方は除く)外構・エクステリアへの思い等実際にお会いして
お聞きする時間を頂いております。
お客様の「あんな事もしたい、こんな事もやって見たい」等々、色々とお聞かせ頂いた後に 今年から必ずご予算の件もお聞きする事にしたと先日もこのブログにて書きましたが
その際sotoDesignとしてどうしても越えられない壁があります。
それは 大きく誤差のある予算の壁です。
このようにいい切ってしまうとブログを読んで頂いている方に誤解されそうですが、もう少し詳しくお話させて下さい。

デザインが云々とかカラーが云々とか言う話では無く、
実際行わなければならない工事のボリュームと工事予算に大きな予算の開きがある場合のお話です。
勿論全てのお客様に対して出来るだけベストと思われるプランをご提案するようにつとめているのが基本です。
他社では行っていないデザインや考え方にて お客様のご要望にお答えするのが
本当の意味でのsotoDesignに与えられた使命だとも考えており、これまでも色々なお客様に対して斬新なプランや考え方で乗り越えてきた物件は数えられない程経験させていただいて来ました。
ですので
そのあたりのスキルはそれなりにあると自負しています。
ホームページや施工写真になっているということは 結果工事を任せていただけたという事になりますので、、、
ここまでのお話はプランやその他の努力でなんとか越えてきた物件であります。

つまり私達の力(デザイン等)では越えられない予算の壁と言うのは、どこをどの様にデザイン操作を行っても決して解決しないレベルの事で、
例えば高低差のある敷地で土留めも必要、
大量の残土を処分してければならない、
カーポート2台とサイクルポートも必要でお庭も創らなければならない等のご要望で
ご予算200万のご予算である場合 プランニング以前の問題としてまず予算不足は確実です。

それでもお客様の気持ちは分かっているつもりです。自分自身も十数年前に自邸を建てた時に かなり予算ぐりには頭を抱込んだ記憶があるからです。しかし お気持ちも察した上でこの問題は非常に難しい問題です。

話は少しそれますが、今年 あるブロックメーカーさんとコラボレーションしてオリジナル商品の作製を行う予定ですがsotoDesignとしては価格を押さえたうえで、お客様に納得して頂ける商品の開発を目指しています。
さきに書いた予算の壁の経験もあるからこその 低コストを目指す発想になっているのですが
残念ながら 予算の壁問題が一発で解決する答えにまだ行き着いていません。

今はこの様な問題を考えながらにはなりますが 目の前の次のお客様のプランに注力するしかないかなと思います。
全てのお客様の 全ての問題が解決出来るとは思いませんが、
今後もお客様想いでありながらデザイン性の高いものを提案するためにどうしたらいいか 考えたり工夫したり
最善の努力という行為しか思いつかないので、これまで通り努力を怠らず物件に取り組んでまいりたいと思います。

なんか結果の見いだせないブログ書き込みで申し訳ないですが これからも色々な事を書き込んでまいりますのでsotoDesignブログを応援下さい。