HOMEsoto Designブログお打合せや進行

お打合せや進行

外構の保留箇所お打ち合わせ

2021年4月10日|カテゴリー「お打合せや進行
玄関前目隠し壁
施工中外構での打合せ
先日に引き続き大阪府吹田市の外構工事監理と保留箇所になっていた部分についてのお客様とのお打ち合わせに行ってまいりました。
外構・エクステリア工事は かなりの工種と部品点数で成り立っております。外構工事着手前までにお客様とは多岐に渡りお打ち合わせをおこなうことになります。その際にお客様がどうしても決めきれない項目が一つや二つは出てくるものです。そういった時にsotoDesignの図面には「現在、保留中」という引き出し線をいれるようにしております。内容的には今回の様に 表札や門灯等の商品が決めきれない場合や デザインの一部が決めきれない場合がありますが お客様にとっては一生にそう何回もあることではないし、ともすればこれが最後になる事もある外構・エクステリア工事についてになりますので できるだけお客様の気持ちに沿い少しでも検討する時間がとっていただけるように 本日のように工事途中に現場にお集まり頂き再検討頂く時間を設定することもしばしばあります。
プロ目線で見ると工事着時に全ての項目が決定されていないと間違いの元だという人の意見が多いのですが sotoDesigとしてはお客様の満足度を上げるために
これからもこの対応を続けていきたと考えております。

箕面森町の外構現場監理に行ってまいりました

2021年3月4日|カテゴリー「お打合せや進行
外構傾斜面
外構工事着工前確認
先日は雨の中箕面森町の外構現場確認に行ってまいりました。
こちらの現場は昨年に建築工事を終えられ その後お庭をどのように創り込むかを悩んでおられた施主様からのご依頼でした。
箕面森町というと個々の敷地面積が広く敷地面積から建築面積を引いてもかなり余白面積が残る敷地条件になります。
このようにある程度面積に余裕がある場合には初回ヒアリング時にきっちり用途の聞き取りをしておかないといけません。そこを踏み間違えると外構プランとしては成立することはなくとんでもなく間の抜けたぼんやりした提案になってしまうことが多いです。これは外構エクステリアプラン作成の基本なのですが 依頼者の希望する事についてきちんとゾーニングしてから全体のデザインに落とし込むという 文章で書けば一行で終わることながら経験者でも中々難しいことになります。
そのようなことを何度も練り直しを繰り返し今回のプランは出来上がっているので 実際に現場工事が完了した際に何処の位置からお庭を観ていただいてもキッチリ見どころがおわかりいただけるようにプランしてあります。
本日雨天の中でおこなっている確認はこのプランにおいてとても肝心な部位の寸法取りをおこないました。現状が芝生法面になっておりますがその芝を寸法通り切り取りその位置に壁を建てるように緻密に話し合いが行われております。このような打ち合わせが現場の仕上がりに直接影響してくることは誰よりも知っているsotoDesignと職人さんですから雨もなんのそので打ち合わせしております。
それは関係者全員が納得できる現場の仕上がりを目指して他なりません。こちらのお庭も大変完成が楽しみです。
工事途中の様子もブログで綴ってまいりますので宜しくお願い致します。

新規お庭の現地調査に行ってまいりました

2021年2月22日|カテゴリー「お打合せや進行
庭工事の現調
昨日に続き今日も良い天気、兵庫県伊丹市にて新規ガーデンご依頼の現地調査に行ってまいりました。
現場は築浅建物でとてもきれいな状態です。前面に対する外構・エクステリア工事は建物竣工時に完了していますがお庭部分はほとんど手つかずの状態で残っているそうです。今回sotoDesignにご要望された内容はリビングダイニングから見るお庭よりも積極的にお子さんとお庭に出て過ごす庭を目指してご依頼頂きました。
初回ヒアリングは 先日オンラインでご希望などの聞き取りは済んでおりますので 本日の最重要課題の実際にヒアリングさせていただいた内容のプランは可能なのか また実行するにはどのようなプランが最適か?などを慎重に確認するということを中心に現場調査をおこないました。
初めて現場に立った際に感じた事や考えなどはのちのち非常に重要になったりします。これまでの経験で言うとこの時の思いやひらめきで 最終的なプレゼンの柱になる事も珍しくはありません。こちらの現場でもsotoDesignの頭にビビッと走ったプランがあります。その内容でファーストプランを作成しようと現在頭の中を整理しているところです。
このところ外構・エクステリアプラン共々お庭のプランも以前より多いように思います。みなさんが自宅での時間を大切にされるような生活様式が根付きつつあるのかもしれません。ご期待されているのを感じるとともに最近とても楽しみながらプランできてている自分に気づく時があります。この気持ちを高い位置でキープしながら今回のお庭もプレゼンしていきたいと思いますのでお楽しみに。



外構プラン熟成をおこないました

2021年2月16日|カテゴリー「sotoDesignの日常
事務所での外構提案
今年に入ってからお問い合わせ頂いた物件なのですが 決定すれば今年3月中頃から着手予定の物件になります。
こちらの物件は2020年通期で最大級規模の物件で受注が決まれば数ヶ月の工事期間になると予想されます。
sotoDesignとすれば物件の大小よりもお客さまよりどのようなご内容のご依頼を頂けるかの方がより興味深いのですが
今回のご依頼内容の中に「値段よりもどれだけ変ったプランをもらえるか?」という言葉が出てきましたのでsotoDesignとしても自然とプランに力が入ります。
プラン内容の詳細はこの時点ではお話できませんが コンセプト内容をほんの少しだけお話させていただきます。今回の敷地の裏側(メインガーデン側)は現在は流れておりませんが これまで河川が流れており現在もその面影が色濃く残っている状況です。そこで今回のプランコンセプトを川の流れが敷地内に入ってきてお庭の一部が入り江のようになり高低差を生かした自然なお庭を考えて見ました。
勿論コンセプトの中にお客さまのご希望を盛りこむことで ご家族やゲストが喜んでお庭に出ていただくような設えにさせていただきました。玄関前のプランコンセプトはその河川の上流(源流に近いイメージ)をイメージし大きな岩をモチーフに平面計画をいたしました。こちらもとても面白いプランになったと思います。
今回sotoDesignではこの物件をデザインコンペとして対応してきたつもりです。短い時間ではありましたが一つの物件で基本コンセプトからデザインまでを心ゆくまで楽しませてもらいましたし、これまで以上にスタッフとも正面から向き合いながらお仕事に取り組めた気がしております。気持ちの上でも完全燃焼した感が強いので清々しい気持ちです。数十年前の学生時代の課題提出や卒業製作を思い出し少し懐かしい気持ちにもなりました。なにわともあれ全て出しきったので後は結果を待ちたいと思います。良い結果が出ればブログでも紹介させていただきます。
色々な意味で久しぶりに良い経験をさせてもらったと考えております。物創りとはこうでなくてはいけませんネ!!!

庭工事完了後のお願いして良かったの言葉

2021年2月10日|カテゴリー「お打合せや進行
庭工事ご提案イメージ

遊び心のある庭

お客様に工事完了引き渡し

「お願いして良かった」という お客様からの言葉をお聞きするためにsotoDesignは設計から施工まで全力で取り組んでおります。
こちらの物件は大阪府河内長野市にあるご夫婦と小さなお子さんへのガーデンリフォーム工事で本日お引渡しの立ち会いをさせていただきました。結果は工事手直しなどの項目は全く無くsotoDesign及びスタッフとしてもとても嬉しく思いました。
本日初めてお客様からお聞きしたのですが本当にプランパースのように仕上がるのだろうか? 
現場にパースのように広がりがあるように見えるのか? 等々心配されていたようですが 今日の日を迎えそのような心配は無用でしたの次のお言葉で「全てにおいて感動しています」、「お願いして良かった」という
提案者からすれば最高の褒め言葉を頂きながらお引渡しは問題なく終了いたしました。
帰路の車中でスタッフとも色々話しながら今回頂いたお褒めの言葉を振り返りながらしばらくの間ですがとても良い気持ちにさせていただきました。
現在進行中、これから工事着手のお客様たちから同じお褒めの言葉を頂けるよう関係者全員でお仕事に取り組んで行きたいと思いますので今後も皆様応援の程宜しくお願いいたします。