HOMEsoto Designブログお打合せや進行

お打合せや進行

エクステリア工事のお客様支給品について

2021年10月9日|カテゴリー「sotoDesignの日常
エクステリアデザイン設計
今日は我々のお打ち合わせにも出てくる 「お客様支給品」について少しお話してみたいと思います。

お客様支給品とは字のごとく外構・エクステリア工事において お客様より預かった製品等を取付けの費用を頂いて工事のみをおこなうという内容になります。例えば他に無い一点物をお客様がお持ちでそれをつけたい場合や ネットで購入頂いた品を当社にて取り付けのみをさせて頂くといったことです。
そこで支給品で工事させていただく際に お客様に最低限お守りいただきたいルールというものが有ります。
それが大変だと思われる方は 相談中のプロに商品の準備もおまかせ頂く方が賢明です。
工事の工程に合わせ 商品を準備し傷まないように管理するのは思っている以上に大変なことです。施主支給品のルールは 支給頂く品を取付けた際には施工者側の故事保証が無いこと、該当工事工程に支障をきたさないためにも必ず工事日までに品物を現場納入出来る事が大前提のルールになります。もしこの最低限のルールを守る事ができない方は施主支給品の活用を考えない方がよいでしょう。
外構工事というものは えてして建築の最終段階に行われる事が多い工種になります。この時期はどちらの建築主様も多忙を極めていると考えられます。
例えばハウスメーカーからの建築お引渡しや 新居のための家具等の選定やお引越し等々があり、これらの事が一時期に集中しているため想像以上に大忙しになる方がほとんどです。そこに外構・エクステリアなどに使用する品の選定から発注までをおこない現場入れするなどはと言うことは施主様にとって大変負担になって来ることが想像されます。
これら全ての時間や作業等が全く苦にならないという方に施主支給品という選択を初めて検討して頂ければと思います。

ネットで誰しもが最低金額で商品を購入出来る世の中、施主支給品と言う言葉が一人歩きしてしまっていますが
今一度 施主支給品のメリットとデメリットについて
考えてみました。



お庭ガーデンプラン進行中です

2021年9月10日|カテゴリー「sotoDesignの日常
今度の外構デザイン
少し暑さもおさまって来たからでしょうか。
最近ガーデンプランのお問わせが増えてきたように思います。
8月のように猛暑が続いていれば気持ちとしてもお庭どころではないという気持ち、わかるような気がします、、、

スタッフとインターン学生を引き連れ 現地調査を終えスタッフ共々に先日からプラン作成に入っております。現地の様子としては築浅できれいな建築で ご夫婦とお子様のためのガーデンプランとなります。
ご要望としてはリビングからの続きで デッキ(タイルor木製)をご希望で、バーベキューやちょっとしたティータイムなどを楽しみながら 境界部には目線などを遮るルーバーなどもご希望で、昨今コロナ渦で自宅待機の世相の中で最も多いご希望の一つでは無いでしょうか。
sotoDesignのこれまで培って来たノウハウを沢山折り込みながらのプランニングになりそうですが 限られた敷地において最大限広く感じれてデザイン性も考慮し さらにもう一工夫を加えたいと考えております。
その一工夫の部分検討を付け加えれた時点で本格的にCAD入力をおこなって参ります。その後何度もブラッシュアップを繰り返し近々お客様にプレゼン出来るように取り組んでまいりたいと思います。その結果などもブログ紹介していければと思いますのでお楽しみに。

新規外構プレゼン致しました

2021年8月11日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構門まわり夜
ほとんどの方がお盆に休みを取られている思いますがお休み中いかがお過ごしでしょうか?
sotoDesignではこのところ大型物件の初回プレゼンに大忙しで今回の物件もお見積りを作製する前に図面内容をご確認頂くという流れでお打ち合わせさせていただきました。
今回のご依頼は2世帯住宅で二台用電動シャッターやカーポート ルーフ屋根等の大型商品を取り込みながらの完全クローズ形式をご希望で、ハウスメーカーさんがタイルデッキを作りその部分以外の外構・エクステリアプランをさせていただきました。
今回のプラン上のトピックはといいますとタイルデッキと玄関に向かうアプローチを同じ面上に配置し広々としたタイルデッキとしてもご使用いただけ、お玄関へ向かうアプローチも同素材なのででより広がりを感じられるプランになったと思います。
同じタイル素材で作製されているデッキとアプローチを区切るのは
タイルをデザインカットし植栽を植えることにより緩やかに間仕切ることができてデザイン的にもとても美しく仕上がったと感じております。
今後はお盆休み明けにお見積り金額も添えてのプレゼンになりますので気合を入れて取り組んでいきたいと思いますので応援よろしくお願い致します。

ドキドキする外構プラン提案の瞬間

2021年7月30日|カテゴリー「お打合せや進行
新しい外構提案昼間
新しい外構提案夜
長らくお待ち頂いておりました外構物件のファーストプレゼンをさせていただきました。
私達のお仕事の中でも最も緊張する瞬間です。初回のお打ち合わせが終わり現地調査も済ませ CADで建物の入力も済ませました。この時点から外構・エクステリアプランの検討に入るわけですが お客さまとのヒアリング時にお聞きした事柄を基調にどのようなプランがお客様に適しているかを何度も何度も練り直します。場合によりますがCAD入力完成後にすべてやり直しということもしばしばです。又 細かい部分の収めが気に入らない為に何度も繰り返しのCAD入力をする そういうこともしばしばあります。
それほどプラン作成には力を入れているのですが sotoDesignの考えたプラン内容が全てのお客様において受け入れられるわけではありませんので 本日のようにファーストプレゼンの日はsotoDesignにとりましても最もドキドキする瞬間になります。
今日のプレゼンはお客様にはお喜び頂いて 少し安堵しておりますが ご契約までにはまだまだ乗り越えて行かなければならない事がありますので このまま気を引き締めて丁寧に親身に計画をすすめていきたいと考えております。
もしこのまま受注させていただければ たいへん美しい物件になりますので その時はお楽しみに。

外構初回プランの準備

2021年5月27日|カテゴリー「お打合せや進行
外構設計土間いろいろ
春先にお問い合わせ頂いたお客様のプランを順番に検討させていただいておりますなかで  次回プレゼンさせて頂く内容がまとまりましたので少しだけご覧頂く事にいたします。勿論ヒアリング時にメディア掲載についてお許し頂いた方のみのブログ公開となっておりますので宜しくお願い致します。
こちらのお客様のご希望は 最近一番ご要望の多いオープンエクステリアでシンプルモダンのが外構・エクステリアという内容にてお聞きしております。なおかつヒアリング時に確認させていただいたカラーチェックでは ご夫婦共ブルードミナントであるという事も基にしてプランニングをさせていただきました。このカラーチェックはとても大切で ご依頼者がどのようなカテゴリーのものに対してご興味があるかを出来るだけ把握しながらプランニングしていくので ファーストプランを練る際にはとても重要視しております。
今回 sotoDesignがご提案する外構計画プランは 写真にあるようにとてもシンプルに計画しました。
平面図では少し物足りないなと思うくらいが 3Dにするとちょうど良い感じになるというsotoDesignの持論通りに
とても良いプランになったのではと自信をもっておすすめできるプランです。
次回お客様にご覧頂く事がとても楽しみな物件です。お客様にsotoDesignの思いや考えが通じますように願っております。