HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常

sotoDesignの日常

大阪市クローズド外構プランのお打合せを行いました

2022年12月5日|カテゴリー「sotoDesignの日常
3A937C97-8186-4529-845E-82AF50519399
6C65257C-2D14-43C6-851C-E1605A2809CA
本日は事務所にて大阪市外構プランのお打合せが行われておりました。

お客さまに事務所へお越しいただき、前回のファーストプレゼンの際に頂いたご要望等を元にしてブラッシュアップをさせていただいたプランを今回はご覧いただきました。

こちらのプランはクローズド外構で外から完全に中が見えない造りにしたいというのが最初のご依頼でした。外構を正面から見ると完全に構造物で視界が遮られて中が見えない様になっております。
そのため、外から見た時は構造物しか見えないことになりますので、その形が外観のデザインの要となってきます。
このファサード部については前回から深くお話しをして来たので今回でデザインが定まってきました。

ファサードのデザイン以外の部分では前回から大きな変更等は無くほぼディテールについてお話しさせていただきました。
お客さまも検討を進めるなかでsotoDesignの考えた外構プランのデザインについてより理解を深めていただいているなと感じる嬉しいお言葉もいただきました。
私たちもお客さまがデザインや用途で大切にしたい事がより知ることができる内容の濃い打合せができましたので、次回に打合せに向けてしっかりと準備を進めて参ります。

こちらのクローズド外構プランはRC造のシンプルなデザインのファサードをくぐり抜け中に入ると緑が溢れるお庭の様な空間にアプローチが玄関へと繋がっています、植栽に溢れていることで照明も映えます。
造形も使用している材料もシンプルでコンクリート素材が多く目に入ってくる事でいい意味で冷たく、かっこいいな印象を受けますが
そこへ相反する植栽のグリーンが入り、絶妙なコントラストが美しいデザインになっています。
また今後デザインについてもブログで詳しく書いたりパースや写真などもアップしていきたいと思います。

大阪sotoDesign より個性のある外構プランを目指して

2022年12月2日|カテゴリー「sotoDesignの日常
クローズド外構プラン仕上げ作業中
大阪sotoDesign事務所にて本日も外構プランのブラッシュアップ作業が進められております。
sotoDesignでは外構のデザインにこだわり設計をさせていただきます。
ご依頼をいただく外構の敷地の広さや形、外構のデザインや機能で必要としているものは
お客さまによって異なりますし、デザインや色味などの好みも多種多様です。

多種多様な考えや好みのご要望をいただきますが、それらご要望を踏まえてsotoDesign流にたくさんのアイデアを膨らませ
お客さまだけのオリジナルのデザインになるようにと心がけてプランを考えます。

例えば、現在ブラッシュアップを行なっている外構プランの場合ですと
完全にお家の周りをブロックやフェンス等で囲んでしまうクローズド外構のご希望をいただきました。
クローズド外構は敷地の周囲をぐるっと壁やフェンスで囲み敷地を出入りする時は必ず門扉を通り
車はシャッターやオーバーゲートの中に駐車する造りになるのでセキュリティ的に安心感があり、
デザイン的には重厚感のある雰囲気にできると思います。

しかし、どんなに工夫しようとしても閉め切るためにはブロックやフェンスで敷地を囲み、門扉やシャッター・オーバーゲートと言ったらパーツが必ず出現します。
パーツの組み合わせが多くなるのでデザイン的に個性のあるものにしたいと考えているお客さまにとってはデザインの自由度が限られてきます。
そのため、現在ブラッシュアップを行なっており、より個性を持ったデザインを目指してsotoDesign流のアレンジが加えられ、
外観の重厚感というかっこよさと住人にとっての安心感
そして壁で外と遮られた中へ門扉を通り入った時には開放感を感じられる緑豊かなアプローチがあるといった形に現在はなっています。
このように感じられる様に外観のデザインの再検討やディテールの表現を変化させてきました。
お客さまにご覧いただき、どのような感想をいただくのかはまだわかりませんが
ご依頼いただいた外構プランひとつひとつ、丁寧にデザイン検討しご提案致します。
外構ブラッシュアッププランの資料

大阪吹田sotoDesign12月の事務所

2022年12月1日|カテゴリー「sotoDesignの日常
sotoDesign事務所

12月に入りました。
大阪府吹田市で外構と造園をおこなっているsotoDesignですが 11月に大きな2件の外構が完了し無事にお引渡しができて
気持ちもあらたに月初めをむかえました。
12月は 次のお仕事のプランをじっくり考えわかりやすいプレゼンを製作することに注力できそうですが もう一つ
しっかり時間を取りたいのが外構でつかっていただくエクステリアプロダクトのこと。
今年は6月にこのエクステリアプロダクトsoto+を出展させていただきました。広くみなさまに見ていただいてリアクションを得ることによって 検討したい部分や次の企画についてもアイデアやヒントを掴むことができました。
なかなか 毎日のエクステリア外構の工事でプロダクトに時間をさけていないので続いていた外構工事が引き渡せたら
すこし強制的に時間を作って 頭を整理して考えたり 新しい情報を調べたりしたいと思っています。
なぜ こんなに忙しいのにプロダクトを作っているのだろうとふと考えますが
ひとつは 外構工事の依頼を受けたお客様に門柱や表札を提案しお渡しできた時に 大変喜んで「こういったシンプルでちょっとおしゃれなものって メーカー品にはあまりないですね。」と言ってくださったこと。
その声に後押しされてどんどん作るうちに 商品化を考えるようになったのですが
メーカー品と一番違うのは そういったお客様の「こんなの ないかな?」という生の声や要望を聞いて作る という部分
安全で作りやすくて利益が見込める商品を目指すメーカー品とは 違って当たり前なのですが
sotoDesignは目の前に期待したお客様の顔があるので やはり喜んでもらえるものを考えて提案したいと強く思います。
もちろん こうしたいというデザインを 実物にしてくれる工場の方の技術や心意気あってこそ実現できるのも
ありがたいところです。
当たり前の商品をカタログで選んで配置するのは簡単でいいのですが もし時間があるのならせっかくのご新築に
お客様の家ならではの表札や門柱を使いたいものです。
新築のときしかできない やらないこともあると思うので その手伝いをできるよう
日々 新しい素材をさがしたり 新しい技術を調べたりしておきたいです。
当然外構工事の設計にもいきてくるはずです。
年末でばたばたしそうですが 少し頑張って時間を作ってみたいと思っています。

大阪sotoDesign 外構プランの打合せについて

2022年11月29日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構プランのプレゼン資料を作成中
大阪吹田市にあるsotoDesign事務所では日々外構のデザイン・設計が行われております。

お電話やHPよりお問い合わせいただき、まず初めにヒアリングのお時間をいただきます。
そこからお客さまとsotoDesignとのお打合せがスタートします。
お客さまに事務所へお越しいただいて対面でのお打合せが基本となっておりますが、
オンラインでの対応も行っております。zoomまたはskypeにてお繋ぎ致します。

初回打合せのヒアリングについて、基本的にはこちらからプランの要点となる所を
質問させていただく形式で外構に対するお客さまのご要望内容をお聞きしていきます。
施工例もご覧いただきながら具体的な説明も行います。
ご要望に近い施工例などがあれば合わせてご紹介もさせていただきます。

ヒアリング後は、別日になりますがこちらで現地調査を行いプランニングへと進み
外構プランの完成後プレゼンテーションをさせていただきます。
プレゼンではCADで作成した3D模型をモニターで見ながらデザインのポイントや
ご要望に合わせて考えさせていただいた内容について一通りご説明致します。
3Dで作成したデータですので様々な気になる角度からご覧になれますし
よりリアルに近いシュミレーションを行うことができます。
sotoDesignのデザインをお客さまにもより上手くお伝えできるのではないかなと思っております。

sotoDesignの外構プランご提案までの流れについて簡単にご説明させていただきました。
現在、外構をお考えの方がいらっしゃいましたらご参考になさってください。
大阪sotoDesign事務所にて外構プランの打合せ中
外構プランオンライン打合せの様子

熟考した2個の外構設計プレゼンの行方

2022年11月28日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構デザインの設計
外構設計のアイデア
前回ブログでも紹介させていただいた外構プランによって建物の間取りと配置を決められるというお客様への外構プレゼンの下書きが2パターン仕上がりましたので 少し紹介させていただこうと思います。
sotoDesignには外構・エクステリアデザインをじっくり考えてほしいというお客様が多数訪れます。勿論規模の大きな物件から小型の物件まで色々有りお客様のご希望も千差万別になりますが 今回のお問い合わせ物件のように外構・エクステリアに合わせて建築間取り等を変えたいというお問い合わせはsotoDesignの活動の中では記憶に無いです。そのような中で今回はお玄関や大開口窓の配置が全く逆転する内容で外まわりのプランをさせていただきました。敷地の関係で駐車場(2台分)は2パターンとも同じ配置になりますので 門廻りやお庭の配置関係が全く異なった配置にて2つのプランを作成いたしました。
条件的には門扉やオーバーゲートなどが有る完全なクローズドプランのご希望でした。普段の流れからですと可能性の有るプランを数点考えてから事務所内で精査しその中でお客様にお見せしたいプランのみ(1プラン)を全貌を360度全ての角度からご覧いただけるようにCAD図作成致します。なので基本的にはお客様にお見せするプランは一つになりますので事務所内検討プランを複数個 最後までほぼ同時にやりきった事も珍しい事になりました。自分の心境の中でももう少し似かよった2つのプランになるのかと思ったのですが 結果的に全く別のプランになり少し新鮮に感じております。
使用している素材等はわかりやすくほぼ同じ素材でプランしましたので 2つのプランの違いを十分感じて頂けるプレゼンになると思います。
この2つのプレゼンですがお客様にどちらが選ばれるかと言うことも非常に気になります。複数他社とのコンペでは無く自社内のみでのコンペ?になるので 何時もと少し違った気持ちです。いずれにせよsotoDesignが熟考した2つのプランの行方が非常に楽しみです。熟考した2つのプランなのでどちらが選ばれても悔いなど全く無いですし
近々にお客様からの結果を頂けると思いますので楽しみにします。結果はブログでも紹介致しますのでお楽しみに。