HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常

sotoDesignの日常

緊急事態宣言下の外構打合せ

2021年1月16日|カテゴリー「sotoDesignの日常
初回ヒアリング
本日は事務所にて初回ヒアリングを行いました。

1か月前の12月に入ってからは初回ヒアリングをリモート打合せで行うことが増えたことでパソコンのモニター越しにお客さまと初対面しお話をしておりましたが、本日は久しぶりに事務所で直接お客さまとお会いし初回ヒアリングを行いました。このように同じ内容の打合せであっても、直接お会いしてお客さまとお話するのとモニター越しにお話するのではお互いにコミュニケーションが取りやすい方法はやはり直接にお話できることだなと痛感しました。

現在、緊急事態宣言が発出中ですのでマスクの着用はもちろんですが、打合せを行う事務所内のアルコール消毒にもより気をつけております。sotoDesignではコロナウイルスへの感染に注意を払いつつ事務所での打合せも可能ですし、このような状況下で外出するのが難しい場合はリモートでも対応しておりますのでお気軽にお声かけくださいませ。

初回ヒアリングではお客様の思い描いておられる外構についてお聞きする初めの重要な時間です。このような重要な打合せを現在の状況下でもしっかりと行えるよう対面での打合せとリモート打合せと両方の方法で対応して参ります

外構建築地現地へ行って初めて分かること

2021年1月15日|カテゴリー「sotoDesignの日常
設計前建築地確認
2021年が始まって早15日が経過しましたが、先日お打ち合わせをさせていただいた物件の現地調査にスタッフ同行で行って参りました。
初回打ち合わせの段階では現地の様子はわからない状態でお打ち合わせすることが大半で お客様のおっしゃる事に耳を注意深く傾けているのですが その日は聞く者として精一杯想像力を働かせるしか無く、どうしても限界があって プロとしては本当に知りたい情報は 当然収集できない状況です。お客様達は外構・エクステリアのプロでは有りませんので たとえ現地のお写真を見せていただいても 見たい部分すべてが写っていることは無いのも いたしかたありません。
そこで打ち合わせから数日後に 自分達で外構を依頼された現地へ詳細確認に伺う事になります。それが世間で言われている現調(現地調査)と言われるものです。ともすれば現地写真を撮って終わり等と思われる事がありそうなのですが 実はこの現地調査には実際に現地で確認せねばわからないとても重要な情報がとても沢山有ります。
例えば敷地境界部に立っている外柵(塀など)がどのような状態で立っているか、根入れ(基礎部)がどのようになっているかやご希望に沿って目的物が製作できるか等を短い時間で見抜く経験値などが必要になって来ます。これらは長年培った経験が物を言うことになりますので この現地調査にだけはよほど忙しい時以外は若手社員を同行させるようにしております。
時には現地で空想で完成時の様子も想像することも多々あります。そのような事はまだ若手社員には不可能だと思うし 現地に立っても何処をどのように観て回れば良いかもわかっていない状態だと思います。それでも色々なお客様の現地に行き現況を伺う事を繰り返していると少しずつ色々な事が見えてくるようになります。
そのような事からsotoDessignの現地調査はより一層真剣勝負で取りくんでおります。

事務所にて今年初のガーデンプラン打合せを行いました

2021年1月14日|カテゴリー「sotoDesignの日常
T邸打合せの様子
事務所にてガーデンプランの打合せを行いました。

今年になって初のお客さまとの事務所打合せということもあり、
打合せモードに頭を切り替える為に年末に打合せを行ったり修正を行ったりしたこと振り返り打合せに臨みました。

外構のプランでもお庭のプランであってもそうなのですが、
打合せが2回目3回目となってくると大きくデザインを変更したりする事はあまりありません。
基本的な流れでは細かな部分の確認と修正を行う時間になってきます。
今回の打合せでもそうだったのですが細かな点の修正を確認していただいたのでプランの方はもうほぼ確定となって来ました。
ここまでプラン打合せが進んでくると次回は色決めといって現地での打合せを行います。
プランで使用している乱形石や砂利のサンプルなどを数種類を事務所から現地へ持って行き建物の外壁の色などと
照らし合わせて使う材料を決めて行く時間となります。

こちらのガーデンプランもいよいよ色決めを行うのでこれからがとても楽しみなところです。
今後の進捗の様子もお伝えできればと思います。

ちょっとしたアイデア次第でイメージが一変。表札編

2021年1月12日|カテゴリー「sotoDesignの日常
今日は大阪でも朝からみぞれの降る寒い一日で皆様は体調等を崩しておられないでしょうか?
今回のブログ内容は外構・エクステリアのプラン作成において ちょっとしたアイデア次第でそのプランが良くも悪くも変わりますし何よりお客様の満足度がとても高くなるというお話です。
sotoDeignがお客様にご提案するプランの中には 必ずちょっとしたアイデアを盛り込むようにしております。
ある時は門柱であったりまたある時は表札である時もあります。時にはアプローチである時もあります。お客様とのヒアリングでこのちょっとしたアイデアが湧く時もありますが それが現地調査の際に現地をみさせていただいた際に思いつく場合があります。
今回ご紹介する例はその中でも少し変わり種だったのでご紹介させていただきます。既存カーポートの柱に取り付けたsotoDesignオリジナル表札ですが、取り付ける場所がカーポートの柱というところがちょっとしたアイデアになるわけで、普通はカーポート柱に直接表札等を取り付けることはほとんどありません。新たに柱を建てず 意表をついてオリジナル照明付き表札を既存のカーポート柱に取り付けた訳ですが、皆さんはこの写真をご覧いただき 違和感等を感じられますか?
こちらの現場完了時に施主様と立ち会いをさせていただいた際に「本当に取り付けてもらって良かった」とか「感動した」という沢山のお褒めの言葉を頂きsotoDesignのちょっとしたアイデアに賛同いただけた瞬間でした。
sotoDesignとスタッフ共々現場で 非常に嬉しかったことが記憶に新しいです。
このようにプランの中に少しアイデアを入れていくことがsotoDeignの根本にあるわけですが 
これからもそんな お客様にお喜び頂けるためのちょっとしたアイデアに取り組んでいきますのでご興味のある方は是非お問い合わせください。


表札tsutsu

tsutsu表札夜景

新年がスタートしsotoDesign事務所では

2021年1月10日|カテゴリー「sotoDesignの日常
プレゼン資料表紙
新年がスタートしsotoDesign事務所では
年末にプレゼンや初回のヒアリングを行ったお客様の外構プラン修正や作成に取り掛かっております。

営業再開2日目から修正内容やヒアリング内容を整理し休みの間にオフになっていたスイッチを
入れ直してそれぞれの外構プランと再び向き合い作業に取り組んでおります。

有難いことに今年に入って新たにお会いするお客様との打合せも予定しており、
修正の作業に取り組みながらも今年はどんなお客様と出会いどんなプランが生まれどんな形となって
完成してゆくのかなと考えると楽しみな気持ちでいっぱいになります。

私たちsotoDesignらしい外構デザインをお客様に見ていただけるようにそれぞれのプランに力をいれて
作業を進めて参りたいと思っております。