HOMEsoto Designブログオリジナルエクステリアプロダクト

オリジナルエクステリアプロダクト

宅配ボックスのデザイン

2019年3月25日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
海外製の宅配ボックス

大きな宅配ボックス
オリジナルプロダクトの話から派生して

昨年のエクステリアフェアで一番多く並んでいた商品は ほかでもない「宅配ボックス」でした。
新しいトピックスの少ない外構業界としては 宅配便サービスに対するあれこれのニュースをうけて
お!と飛びついたのが 宅配ボックスだったのだと思われます。
大手メーカー各社が 様々な種類の宅配ボックスを提案していました。
ポストのように玄関前のアクセントにもなるので 商品としては力の入れ甲斐もあるのかもしれません。
ただ どこのメーカーさんの商品もやはり似たような商品ばかりです。
そしていつも課題に挙げられるのが 「宅配ボックスは外出時に一回しか荷物を受けられない」という点。
ご存知かと思いますが 宅配ボックスに荷物を入れて閉じてしまうと外から開かなくなる機構ですから
複数回 宅配が来ると 二回目はもう開かないということです。前に入れたものが万が一紛失したり破損したら困りますからね。
家族が多いとか ちょうどお届け日が重なるとか けっこう荷物が2つ以上届くことはありがちだと思いますが
それに対する対応策でいいなと思えるものが あまり見当たりません。
今年のエクステリアフェアでは なにか新作が出るでしょうか・・
弊社はあまりカタログ商品を使わないので詳しくないのですが。

さて 以前も紹介したこちらの宅配ボックス
お客様がネットで見つけたものですが イギリス製の商品です。
海外はネットショッピングは日本よりも一般的ですし歴史もある。そのためか宅配ボックスも練られたものが多いです。
これは二回分の宅配にも対応してくれるようです。とても単純な構造なので
なぜこれが日本でできないのかなと考えると 商品を創る側の過剰なクレーム対策というか
おそらくなにかしらの 「海外ではOKだけど日本ではクレーム」の動作があるのでしょうね。
それはどんなことなんだろう?とちょっと考えていました。
今回プロダクトを販売するにあたって そういう日本人が過剰に反応する「危険」「雑な扱い」というものが
プロダクト創りにあたり結構壁になるものだなと実感しました。
シンプルなものはおそらく丁重ではないので 粗雑なんていう評価になりかねないですが
不必要に機能を増やしてパーツを増やして複雑な構造にすることで高価になれば それはそれでお客様にとっては嬉しくないことだろうとも思います。
安全に越したことはありませんが 正しく気をつけて使いましょう とお願いしたい気持ちが正直少しあります。
なかなかバランスが難しい部分ではあるのですが
そのあたりも工夫したり探りながら 一番はお客様が使いやすいことを考えて外構プランも外構プロダクトも
計画し実施するべきですね。

デザインの検討の中 そんなことをふと思いました。
イギリス製宅配ボックス

soto+のflaco(フラコ)門柱をデザイナーが解説

2019年3月24日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
白ベースにカラーアクセント
細い機能門柱夜間
Y様シンプルな門柱システム詳細
大東市の門柱と表札
先日発表になりましたsoto+ラインナップの門柱flaco(フラコ)の紹介を致します。

今回soto+では数点の商品を発表致しました、その中でコンクリート門柱とアルミ門柱の二点となります。
ブランドの基本コンセプトである他に無くシンプルで誰にでも理解いただき、
また気軽に外構・エクステリアのプランに取り込んでいただけるという商品になっております。

それでは商品の概要をご説明していきたいと思います。構成は一本の6メートルアルミ材からできております。
アルミ材を三分の一にカットし門柱とし、その一部を表札としカラーや仕様を自由に変えれる表札をチョイスできまる
というバリエーション構成になっており、表札の方向なども変更できることからかなり使用方法の守備範囲の広い商品となっておりますので、他で目にしない門柱をお探しで有れば是非ご検討頂ければと思います。
もちろん標準のアルミ表札仕様もアクリル仕様も汎用LEDにて表札部分が光りますので外構・エクステリアのワンポイントにもなり 個性豊かな表情をお楽しみいただけるように考えられております。
デザイン門柱でなおかつ
にカスタマイズにいより個性なものをお望みの方は是非お試し頂ければと思いますので宜しくお願い致します。

soto+の表札照明edge lightをデザイナーが説明

2019年3月21日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
soto+(ソトプラス)のWEB発表から数日、これからの反響が楽しみです。
東北地方、北海道地方に続き大阪での販売について4月初旬に打ち合わせさせていただく事にもなり、
もっともっと沢山の人達の目にとまるように魅力ある商品を創っていきたいと考えております。

そこで本日はsoto+のedge lightの紹介をしたいと思います。
この商品は表札とライトの両機能を備えております。
色々なところでこの手の商品を見ていると表札の要素が強くでているものをよく目にしますが
実はこのedge lightの一番初期段階は単純に照明を構想しておりました。
色々とデザインを試行錯誤しているうちに このような形態に決定しました。
ご覧いただくとおわかりいただけると思いますが
シンプルなL型のアルミとアクリル板を組み合わせただけのごくシンプルなデザインになりました。
そこに表札の機能が付加された ものすごくsotoDesignテイストの強い商品になったと思います。
なにか自分のデザインの手癖のような感じになりましたが、そこがsotoDesignらしくて気に入っております。
皆さんの目にはどのように写りましたか?
クラシックな感じやかわいい感じの物を好まれる方たちには却下されそうですが、シンプルモダンな物が好きな方々には
好感を持っていただけると信じてこの路線で突き進んでいきたいと考えております。
このように個性の強いsoto+のedge lightですが ぜひ使ってみて下さい。

表札エッジサイン暗くなる前
赤い表札
青い表札

soto+のmasu(マス)表札兼インターホンカバー

2019年3月20日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
個性的なインタホンカバー
表札でインターホンカバーシルバー
表札でインターホンカバー赤
表札でインターホンカバー青
3月16日(土)にWEBデビューを致しましたsoto+(ソトプラス)のmasu(マス)の魅力を紹介をしたいと思います。
まずこの度の商品デビューは4点ありその中の一つがこのmassになります。

巷に存在するインターホンカバーはステンレスやアルミでできている事がほとんどです。
masuの
素材は硬質ウレタンと樹脂板でできております。全体のデザインは四隅に大きなアールを取り取ることにより、素材感と相まりこのmassをよりポップに表現することに成功しています。

でもこのmassの注目するところはそれだけではありません。
masuはインターホンを内包するインターホンカバー兼用表札ですので、まずはどのインターホン機種にも対応しなければなりません。
一般的にこのような性格の商品の場合 機種別の商品を作らないといけないので同じ商品でも何種類もの機種を作成しなければ皆さんのお家で使用していただけません。
それに対して このmasuは カメラ穴のサイズを汎用化しそのパネル自体でスイッチを押すという全く新しい考え方で解決することに成功しております。
そのパネルに刻んである丸印をスイッチとみたてていますので 自然にボタンを押して頂けるようにデザインしました(ピクトグラムをイメージ。)
この丸印スイッチと四隅を取ったデザイン、カラフルなカラー及びパネル自体がスイッチになっている等の魅力を備えた
soto+の自信作になっております。

以上がmasuの魅力になります。大雑把な説明になってしまいましたので ご興味がありましたら
ホームページ内の商品紹介ページで ご覧頂ければと思います。

sotoDesign外構プロダクツの基本カラー

2019年3月15日|カテゴリー「お知らせ
flacoアルミカラーサンプル
いよいよsotoDesignのオリジナルブランドの発表日が近づいてきました。
大まかなスケジュールをお書きしますと、明日3月16日(土)にホームページ公開、3月18日(月)には
北海道地方と東北地方で展示会発表となります。
肝心のsotoDesignのホームである大阪は4月1日に発売(予約開始)になります。
現在このブログもプロダクツ発表の作業におわれているさなかに 少し時間を取り書き込んでいる状態です。

明日のWEB公開に先駆け今回のsotoDesignオリジナルブランドの基本カラーのお話を少ししたいと思います。
写真に写っている5色が基本カラーになります。左からS.オレンジ(そとオレンジと呼びます。)S.グレー、S.ブルー
S.グリーン、S.ホワイトの5色になります。子供の頃戦隊もので・・・ジャーのようですね。
カラー自体もお客さまによりわかりやすくと考えこれらのカラー名に決定致しました。
こだわりはなんと言ってもグレイッシュカラーでカラーのトーンを少し落とした色味にしました。
少しカラーのトーンを落とすことによりシンプルモダンからナチュラルはたまた少しかわいい系の外構・エクステリアに
対応できるカラー選択にしてあります。
今回自分たちのブランドを持つにあたり カラーの選定には色々と悩みましたが上記の5色にして間違いでは無いと考えております。
いよいよ明日3月16日(土)にWEB公開致しますので皆さんも御覧ください。
そしてご意見やご要望等を頂ければ幸いです。