HOMEsoto Designブログオリジナルエクステリアプロダクト

オリジナルエクステリアプロダクト

大阪府大東市の外構完成

2018年9月20日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
大東市アクリル門柱夜景2
大東市アクリル門柱夜景1

先日より施工していました大阪府大東市の外構が完成しました。
お施主様が デザインや施工にご理解のある方で こちらもよいデザイン外構でご期待にお応えしたいと思い
このところ制作を重ねブラッシュアップが進む新しいデザイン門柱を設置させていただきました。
今回は初の試みとして 厚みのあるガッチリしたアクリルを表札に採用し 技術的には難しいですがプロの技術者さんに腕を振るっていただけたことで これまでにない もちろん他社では見たことのないデザインの表札ができました。
それを最新の自信作である 立柱タイプの門柱にあわせてスタイリッシュに仕上げました。
結果 モノトーンのシックな建物にマッチした シンプルで格好のいいデザイン門柱となりました。
夜の様子はLEDが表札を光らせてより個性的な表情を見せています。いかがでしょうか?

設置や施工について製作技術について 様々な課題を乗り越え多くの向上があり
良いものができていると 実感しています。
これからも 表札や門柱など外構で使われるオリジナルプロダクト製作は 楽しみながら創り続けていたいと思います。


大阪府大東市で新門柱

2018年9月18日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
大東市門柱設置
大東市の門柱と表札
今回の大阪府東大阪の外構でも新しい試みの門柱をデザインしました。
アルミ汎用材を使用している点は 最近のsotoDesignのトレンドですが、
今回は表札部分にアクリルの塊を使用してみました。
そのアクリルに名前を彫り 下から照らすLEDの光を逃さないようにする事にずいぶんと苦労させられました。
まずはアクリルの裏側より反転した文字をエッチング(彫る事)を行い、文字以外の部分と天端面にカラーを付けていくという工程をおこなっているのですが、ツルツルしたアクリルに着色してもすぐに剥がれてしまいますので
下地にある加工を施し着色してあります。勿論文字の部分には着色してはいけないので アクリル加工業者さんと何度も
打ち合わせを行い思考錯誤の上に現在の工法を決定しました。
後、どの位置からLEDライトを当てると一番効率よく表札が光ってくれるかも検証し、アルミ汎用材にどのように取り付けるかも検討に検討を重ね 
やっと完成させる事が出来ました。取り付け完了後に下からLEDライトで文字がうっすら浮かび上がった際は感動しました。
いつも言っておりますが「創る」をおこなっている者にのみ味わうことのできる ちょっとしたご褒美みたいなもんだと思います。

少しオフセットして取り付けられたインターホン台の黒い樹脂板も門柱のアクセントになり、
門柱としての完成度が上がっていると実感しています。

今回のブログでは表札廻り中心の書き込みですが、次回は外構・エクステリア全体の書き込みをいたしますのでお楽しみに。

新しいアクリルの表札

2018年9月17日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
アクリルの厚み
厚みのある表札
新しい試みの表札についてご紹介します。
ご覧のようにアクリル製です。今回この表札で考えたのは、このアクリルの塊感を利用しどのような事が出来るのだろうということを検討課題に取り組み検討を重ねて出来上がった物になります。
アクリル加工業者さんとはかなりのやり取りを行い、別の端材を使用し何回もトライ&エラーを繰り返し
思考錯誤の末に出来上がったものになりました。
少なくとも加工者さんにも モノ創りの意志が無いと中々うまくいかないと思います。相談にのってくださった加工者さんに感謝感謝です。

現場での設置の際は下部よりLEDライトで照らすことになりますので 夜見ると昼間とは全く異なる見え方になります。
今からとても楽しみにしております。

この立方体の取り付け方については色々検討しました。
なるべく外部に色々な物が見えないようにするためにかなり頭を悩ませましたが
現場での加工も少し残っていますので、取付時には最新の注意が必要でした。
良い意味でのこの緊張はオリジナルの品を創っている以上どうしても避ける事は出来ません。
現場で実物の採寸を行い加工してもらうのですが、現場できっちりと収まるだろうか、直角に曲げ加工してもらったが現場の下地にキッチリと合ってくれるだろうか?等々心配はつきません。
でもその難関を乗り越えて出来上がった作品を見ると そのストレスは吹き飛び、また創りたいという衝動に駆られるわけです。一度こ感動を知ってしまうとどうしてもカタログに掲載されている商品を 安易にプランに盛り込む事をしなくなっていきます。現在sotoDesignの心境はまさにそれで常に何か新しいことへのチャレンジ精神が旺盛です。
恐らくそんなsotoDesignの考え方に共感を持たれた方達が当方へご依頼頂いていると思いますので、sotoDesignとしてはこのオリジナル商品への取り組みをとめる事はできません。

これからも
より皆さんにお喜びいただけるオリジナル商品を手掛けていきたいと考えております。


縦型ステンレスの表札

2018年9月13日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
ステンレスエッチング表札縦型
表札取り付け前の門柱
今年の春に外構・エクステリアが完成し、一旦お引渡しさせていただいた大阪府吹田市の物件です。

表札はお客様を表す大切なアイテム、凝られる方はとことん凝られる傾向が強いです。
他の施工業作さんの事はあまりわかりませんが、いつもブログでも紹介させていただいているようにsotoDesignでは
理由がない限り(お客様がお決めの表札がある、流用する表札がある等)全てオリジナルの表札をご提案する事にしており 皆さんにお喜び頂いております。

ところがこの表札達は全ての部分がオーダーになるので、書体の選定やその大きさ、カラーや文字などの配置(レイアウト)等、多岐に渡り決定していかなければなりません。
そのため時々あるのが全ての項目を中々お決めいただけないということがあります。
一生ものになる可能性が高い品なので お客様の気持ちがわからなくもありません。
ですのでそのような時は 今回のお客様のように一旦表札を除いた工事完了済の外構工事をお引渡しさせていただき
その後じっくりと表札の事を検討いただく時間を持っていただくという方法を取るよう場合もよくあります。
表札は大切なものなので おそらく今後もこの方法を取り続けると思います。
今回は縦型ステンレスの表札を すでにできていた門柱に設置しました。これですっきり ようやく全てお引渡しです。

もし外構・エクステリアをご検討で他の人と同じ物が好みでなくオリジナル商品をご希望があれば
是非一度 sotoDesignにお問い合わせください。

どの外構プランもチャレンジ

2018年9月3日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
オリジナル表札用のアクリル
表札用アクリル
9月に入って少し暑さもおさまったように思いますが
sotoDesignは 今回の大阪府大東市の物件でも新しい表札を企画しており このサイズのアクリルを切り出してもらいました。
今回もこのアクリルを使用して新しい試みを致します。
今回の表札もsotoDesignのプロダクトデザインには欠かす事ができない LEDを使用しますので
とてもきれいに光ってくれる表札になる予定です。
色付けやエッチングまたLEDなどのこれまでsotoDesignが使用してきたノウハウを沢山利用して創ることになります。皆さんがよく目にされるアクリルの表札は 薄い板状のモノが多いと思いますが今回の表札はご覧の通り 厚みのある立方体です。そこにカラーやその他の仕掛けを組み込んでいきます。
出来上がりは 昼間の表情も夜の表情も美しくなるようにデザインされております。
現在進行中の物件ですが この表札はお客様の前評判もよくかなりの期待を持たれている状態なのでsotoDesignとしてもハードルが非常に高くなっており 気を緩める事は出来ません(経験値にない事が多数あるため)。
詳しくはブログで紹介してまいりますが、あまり世間では見かけないものになる予定ですので、完成写真などお楽しみにお待ち下さい。