HOMEsoto Designブログオリジナルエクステリアプロダクト

オリジナルエクステリアプロダクト

関西と関東のデザイン趣向のちがい

2020年1月18日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
アクリルフラコ
アルミフラコ
このところsoto+について関東のにある企業の担当者さんと電話で打ち合わせなどでしゃべることが多く
そこで感じたことが関西と関東では同じ商品でも市場の反応が違うということです。これはsotoDesignの予想で確実とは言えないことですが、、、
ではなぜそのように思うのかと言うとsoto+を発表して一年弱になるのですが ここまで大阪でsoto+の説明をすると必ずと言ってmasuが一番インパクトが強く面白いという意見がほとんどでsotoDesign自身もそう思っていました。
ところが関東でsoto+の販売して頂く㈱メイクさんによるとmasuではなくflacoの話ばかり出てきます。サンプルを依頼されても全てflacoの物ばかりで それで良いのか? とつい思ってしまうくらいです。
そこでこのことについて色々と考えて見たのですが 関東の人たちはゴチャゴチャしたものより本当にシンプルな物を好むのだろうという事です。当社masuがゴチャゴチャしているということでは無いのですがやはりflacoのシンプルさには勝てないのではないかということです。
そういえば随分と古い話でsotoDesignが大学生の頃(バブル時代)には洋服なども沢山カラーの入ったものが重宝されていたように思いますが関東出身の同級生に聞くと「それは大阪だけだ」と言われたことを思い出します。
これまでsotoDesignはほぼ関西でお仕事をしており地域での趣向の違いなどあまり感じたことが無いのですが
今回は関西と関東の趣向の違いみたいなものを感じずにはいれません。というようにこれからsotoDesignで商品開発をする際はこのような点についても視野にいれながら取り組んで行かなければならないと思いました。
いずれにせよ今年の春に関東でカタログ掲載と展示会での反応をじっくり見てみたいと思います。

想像を超えるデザイン思考力

2020年1月17日|カテゴリー「sotoDesignの日常
genetoデザインのお庭
genetoデザインの庭石
こちらの写真は2019年11月に京都三十三間堂の真横で外国人向けに新しく建設されたホテルの庭部分の写真です。
工事依頼を受けたのは友人でもありsotoDesign自宅の作り付け家具を全て手掛けてくれた京都の建築事務所GENETOの
山中氏です。建物は地上から4階までの建物で各部屋にはプライベートの坪庭が備わっているなんとも素敵なレイアウトなホテルになっています。
sotoDesignは建物は好きでもそこまで細かい法規まではわからないのですがどうやら法規的には
各部屋に坪庭を設置することは非常に困難らしくなんとか有識者の頭を総動員して法の目をくぐり抜けるように成功したのがこちらのホテルのようです。
今回こちらのホテルに置いて坪庭の存在は相当大きなものでそこにどのような庭を創ろうかと考えたのですが 建物の床の強度から積載可能重量は非常に小さく何を創ると言っても重量的にオーバーになります。
その上植物への散水が困難という二重苦がつきまといます。そこで考えたのが築山の中にスチレンを入れて軽量にして散水の問題にはハイゴケを使用しましたというのがsotoDesignのプランでした。ところが写真をよくご覧下さい景石の表面に何か張り付いていると思うのですがその答えは錫です。石の表面の凹凸を全てひらい ハイゴケの緑のコントラストで見たこと無い情景が現れております。この考えは流石にsotoDesignでも考えつかなかった事で想像を超える思考力と言える所以です。
今年も始まって間がありませんが今年の外構・エクステリアプランにこのようなサプライズができればと考えております。今年のsotoDesignも独創的で想像力豊かに行きたいと思います。

今年のEXGへのエクステリアプロダクトsoto+展示参加のお知らせ

2020年1月16日|カテゴリー「お知らせ
今年のEXG展示会にsoto+が展示されます。このEXG展示会というのは関西で言うところのエクステリアフェアーに当たるもので規模などはこちらのEXGのほうが大きな展示会になります。流石に天下の千葉幕張メッセでおこなわれるだけあり各メーカーさんなどもかなり力が入っており来場者数なども日本一とお聞きしております。
sotoDesignは毎年6月の初旬におこなわれる関西エクステリアフェアーには時間が許す限り見に行くように心がけております。そのようななか2019年度のEXG展示会にほぼノーアポイントでsoto+の試作品をバッグに詰め込み多数の関係者にご覧いただきました。
何ヶ月か経過したある日 関東の外構・エクステリア商社さんの株式会社メイクさんより連絡が入りsoto+を2020年のカタログに掲載し販売したいということでした。数ヶ月経過してのお話でしたので正直少しビックリした記憶があります。その後何度かのカタログの掲載のためのデータのやり取りをしながら年を越し 先日EXG展示会の話をしていると「soto+もEXG展示会に展示しますので宜しくお願いします」との事です。非常にありがたいお誘いでsotoDesignもスタッフとともに4月3日と4日の両日ですが千葉幕張メッセに常駐することとなりました。
去年試作品ですが幕張メッセに持ち込んでおいて良かったと感じております。あの時少しお声がけした事がきっかけで
今年のEXG展示会に展示いただけるので本当に感謝しております。
本当は手始めに関西エクステリアフェアーから出展計画をしておりましたが関西の展示会は商社しか展示できないだとかWEB販売している商品は展示できないなどの妙なルールがあるらしく、そのような中EXGにてsoto+の商品展示が可能となり本当に喜んでおります。今年の4月が今から楽しみです。展示会はもう少し後ですがこの様子はブログで特集したいと考えております。
エクステリアガーデン
表札兼インタホンカバーについて打合せ

外構商品すべて創作一点物(制作物)です

2020年1月11日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
オリジナル門柱の作品例
オリジナル外構の作品例
普段からsotoDesignのお仕事の中でオリジナル制作品を使用した外構・エクステリアプランをご提案しております。
それは門柱や表札、照明や外柵などプラン全体の中において一部にオリジナル品を使用するケースがほとんどですが
(プラン全体は勿論オリジナルで魅力的なものをご提案するように心がけております。)
今回ご紹介する写真の物件は床のタイルと土間コンクリートとポスト(本体)以外は全てと言ってよいほどオリジナル製品で出来上がっております。例えば門柱ですが一見普通の打ちっ放しコンクリートのように見えますが特殊なコンクリートで超薄肉コンクリートで暑さが50ミリ厚しかありません(最薄35ミリ厚まで加工可能)。
普通のコンクリートではポキッと折れてしまいますがこのコンクリートは特殊素材を使用しておりますので折れることがありません。続いてステンレスインターホンカバーとステンレス表札にステンレスアプローチ灯に至るまで全て一点一点デザインしながら作成しました。ポストのみ既製品を使用しそのスタンドはステンレスオリジナル品になります。
勿論全体の外構・エクステリアプランにおいても何度もヒアリングを繰り返し仕上げたプランですのでお客様もかなり満足度が高かったようで大変喜んでおられました。sotoDesignは敷地の大きさや予算の大小でお仕事を受けません。
全てのお客様にお喜びいただけるように全力で取り組んでおります。外構・エクステリアのプランでお困りの方は是非
sotoDesignにお問い合わせ下さい。お待ちしております。

エクステリアプロダクトsoto+2020年の活動

2020年1月10日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
インターホンカバー兼表札デザイン
関東地方にエクステリア商品商社の集合体組織が運営しているギャザーというセレクト品の販売カタログがあります。
去年の春に千葉の幕張メッセのエクステリア商品見本市にsoto+を持ち込み(ノーアポイント)当社soto+をご覧頂きました。その後数ヶ月経過した頃に来年ギャザーのカタログに掲載して販売したいというお話でした。と言いましても通年通しで使用する総合カタログなので去年のうちから色々とデータのやり取りなどをしておりました。一応年末でデータのやり取りも終了したかと思っていたのですが先日追加データがほしいというメールが届いたので「なにか問題でも有りましたか?」と質問すると「soto+の為に2ページ分用意していますのでもう少しデータを頂きたい」ということでした。sotoDesignは「え?」と思いました、なぜかと言うと商品のカタログなのでページには商品が羅列されて掲載されている状態を予想しておりましたが(実際ほぼ2019年度版のカタログはそうでした)
もしギャザーのカタログ担当者さん達に認められて沢山のページ数を割り当てて頂いたのであればとても幸いですし
つまりそれはsoto+の持つエネルギーの高さを感じてもらえたのだと思います。
いずれにせよ近々カタログが仕上がるようなので今から楽しみにしておきます。
それと少し先のお話ですが4月3日(金)4月4日(土)の両日は千葉の幕張メッセでEXG2020のギャザーブースで
我がsoto+の3点が展示されます。当日(両日)はスタッフ共々現地にいておりますので宜しくお願い申し上げます。