HOMEsoto Designブログデザインへの考え方

デザインへの考え方

お庭や外構デザイン等の検討プロセスについて

2020年11月11日|カテゴリー「sotoDesignの日常
IMG-9836
朝夕と昼間の温度差が大きいので体調管理が難し時期ですがブログ読者の皆様は体調いかがですか?
先週は特に多忙な週だったので一時的に体調を崩しそうになりましたが気合でなんとか乗り越える事ができました.
sotoDesignのように歳を重ねてくると若い時のように無理はききませんので特に要注意です。
そのような日々で最近の新規お問い合わせ物件でお庭のリフォーム(新規も含め)のご依頼を何件かお受けしております.
ご依頼内容で何時もsotoDesignが真っ先に考える事は ~に似た庭とか ~風ガーデンなどの誰かの作品や国や地方の考え方などをそのままプランにする事は避けるようにしています。要するにイングリッシュガーデン風などは最たるものです、ではどのような考えでプランを進めていくかと言うことになりますが、sotoDesignとして最も多いやり方として土地の形状や高低差等を読みその要素をデザインとして取り込んでいくというやり方多いです。例えば高低差の有る敷地をプランする際に必ず階段が必要になりますが、その階段位置や階段の取り回し方次第により全体のバランスを見たりします又それらのボリューム感等をとても大切に扱うことによりプラン全体に均整の取れた美しいデザインになると考えております。
言葉で言うと分かったような分からないような説明になってしまいますが、最初に言ったようにこれらの操作は決して
~風や ~に似たというプランの検討ではなく、その邸でしか実現し得ない切り口により検討を繰り返すプランになるので出来上がったプランはその敷地にしかできない独特のデザインとして出来上がる事になります。
それが皆様にご支持頂いているsotoDesign流のデザインと確信しております。何にも似ていない独自のデザインを追い求めてきてほぼ30年が経ちますが今でも毎日が勉強だと考えております。
sotoDeisgnの考えるデザインに自分自身が刺激を受けなくなったらその時は弟子に譲る事に決めております。
まだまだその時は訪れそうもないと思いながら毎日のように刺激を受けながら
お客様のためのエクステリア・外構デザインに取り組んでおります。

タイルメーカーの来社に共通の思いを感じました

2020年10月22日|カテゴリー「デザインへの考え方
タイルメーカー来社
本日sotoDesign事務所にタイルメーカー担当者さんがこられて色々とお話する機会に恵まれました。
こちらのタイルメーカーさんは大手タイルメーカーの商品等のタイルも焼いている老舗のタイルメーカーになり70年程の実績があるそうです。
どのような事をアピールされるのかと思いきや、これまでも大手メーカーとのお付き合いは有りながらも 自社の力が業界に対しどこまで通用するのか? または自社の製品能力を知ってもらいたいという思いで独自のタイルブランドを立ち上げて業界に向けて猛アピールしているとの事でした。
sotoDesignはその話をお聞きし「どこかで聞いた事のある話だな」と共感しました。そこには外構・エクステリアのオリジナルブランドであるsoto+とuchi+のメインコンセプトである 「美しさと廉価の共存」とほぼ同じ考えだと思いました。こちらのタイルメーカが言うには「他社タイルメーカーにはない防汚性と安価」が売りだそうで、この2つの事柄が実現されていれば実際に市場への受け入れという事になれば文句のつけようが無い商品コンセプトになります。
当社のsoto+の商品開発にあたり現在最も注力している点であり メーカー担当者さんのお話を聞いていても大変納得させられる事が多かったです。
なので実際に次回物件の色決め時に持参しお客様にもご提案してみようと考えております。
もしこのようなコンセプトの商品が業界に沢山入って来れば お客様にご提供できる価格がとても安く設定できたりしますので市場への影響はとても大きくなると思われます。むしろそのような商品でないと今後のお客様ニーズに答える事ができないのではと考えております。
現在sotoDesignのオリジナル商品は同コンセプトでリニューアル中であります。それらの商品群ももう少しで皆様にお見せできるかなと考えておりますので今しばらくお待ち下さい。
本日はsotoDesignが共感できる共通の思いをお聞きし嬉しかったというお話でした。

外構デザインバリエーションについて

2020年10月18日|カテゴリー「デザインへの考え方
デザイン外構提案
初回打ち合わせ時によく耳にする言葉で何々流のデザインとか何々風のデザインが素敵等の言葉をお聞きすることが多々あります。
その際sotoDesignがいつもお客様にお答えする言葉があります。それは~風とか~流のデザインはご提案いたしませんとお答えするようにしております。理由は何かの真似をしても決して良い結果がでないと判断しているからです。よく言われるイングリッシュガーデン風とか、何々のように等を実行したところで 決してイングリッシュガーデンを超えられない訳でどこまで言ってもイングリッシュガーデン「風」と言われる訳です。それらの言葉について非常に違和感を覚えてしまいます。どこまで言っても何かの真似だからだとsotoDesignは感じています。
元々世の中に自分が手掛けた作品とそっくりなものがある事自体よく思っていないので 何時も何か別の物や考えを求めて考え続けている次第です。実際ご契約いただき工事させていただいている外構・エクステリアの物件もsotoDesignが進化している
途中だと考えており、手掛けている工事の途中から すでに次は何ができるかを考え続けております。なのでsotoDesignの創る作品は決して何にも似ていない独自なものだと考えております。
まだまだその見極めや考えに甘いところは沢山あると思いますが これからも他にない考えや工夫でお客様の外構・エクステリア計画のお手伝いができればと思います。唯一無二のsotoDeignを目指します。


外構・エクステリアプラン考案時の糸口

2020年10月13日|カテゴリー「デザインへの考え方
デザイン外構計画
外構計画図面
ブログ題名に糸口などと書くと何か難しい事の様に思えてしまいますね。
今日は私達外構・エクステリアデザイナーが何を思い また何を頼りにプランの糸口を見つけご提案に結びつけていくのかということを少しお話してみたいと思いますが、もしかすると少し理解のしにくいお話なるかもしれませんので宜しくお願い致します。
sotoDesignは数十年このお仕事に取り組んできて数え切れない数のプランをご提供してまいりましたが、ファーストヒアリングを経ていきなりCADに向かいプランニングしていくという事はまずありません。
ではどのようなことを考え又考慮してプランを作成していくのかと言いますと、まず第一に土地の形状や高低差等を確認していきます。どの邸でも敷地形状や高低差等は違うものでありそのような要件で外構設計プランの糸口が見つけられるのか?と皆さんはお思いでしょう。
ところが長年こういうお仕事をしていると たとえ小さな事柄でもその外構設計プラン糸口にできる様になって来ます。例えば一つの敷地を例に取ればよくわかります。プランのご依頼があった敷地図をよく確認してみると 敷地の前面道路と玄関の向きはきっちり平行ではなく少し斜めになっていることがほとんどです。これを専門用語でいうと敷地がバチッていると言うのですが この少しの「バチリ」を利用してプランを進めていきます。
上から見て真四角な敷地は少ないのでこの手法は実際に使用されているケースが多かったりします。言葉に置き換えればよく言われていいる「敷地形状を読む」という事になります。
この様にともすれば些細な事として見過ごしてしまいそうな事をプランの糸口として計画を進めていきます。
文章にするとなんでも無いことの様に思われがちですが これらも経験を積み設計のスキルとして蓄積を重ねて来なければ中々その部分がプランの糸口だという気づきができません。
私達外構・エクステリアの設計に携わる者は いかにしてこの糸口を見つけるかを常に模索し続けており、私の経験上ですがこの糸口がうまく見つかれば プランは短時間でなおかつ濃い内容のプランが完成する事が多いように思います。
反面この糸口がうまく見出す事ができなかった場合は プラン作成に時間を要したりプラン内容がグズグズになる傾向が強い様に思います。なんとなく描いている一本の線やプランのように思われると思いますが 実際は糸口や方向性などを色々と検討しその中から選び出されたベストな回答だと信じて エクステリアプランづくりに立ち向かっています。
一人のプラン作成者としての独り言ぐらいにお読み頂ければ幸いです。現在お待ちいただいているお客様達の外構プランも少しずつではありますが進行しておりますのでもう少しお待ち下さい。

実現しなかった外構プラン達のご紹介1

2020年10月1日|カテゴリー「デザインへの考え方
デザイン外構プラン大きなオーバードア
デザイン外構プラン黒いタイル貼り
デザイン外構プラン庭の入口

今日はsotoDesignのいくつかの外構プランを パースにてご紹介したいと思います。
これらのプランは プラン修正となって変更になってしまったものや 非成約の物件に提出したプランですが
どの作品も 敷地条件を考えお客様のご希望を叶えるように 練りに練って作成したものなので
ボツになってしまったけれど力を注いだ分 消えてなくなってしまうのでなく どこかでご紹介したいなと考えていました。

一番最初の作品は 門代わりの壁がおしゃれな外構プランです。
植栽も入りアクセントに弊社デザインのインターホンカバーmasuをつけています。
ガレージには大型のオーバードアがついて とてもリッチな外構になります。
カーポート屋根もあるので自転車をとめたり 一時の来客にも使っていただけます。
樹脂木で外柵のフェンスもつくり セミクローズドの計画になっています。


二番目の作品には シックな黒の大判タイルを貼ってモダンな外構デザインになっています。
建物にあわせ 重厚で白や黒を基調としたイメージで作成しました。
縦格子と横格子でつくる目隠しフェンスが端正なかっちりとした印象ですが
赤いポストが目を引く おとなの外構といった落ち着いた雰囲気です。


三番目の外構は 白と茶色でまとめた割とオーソドックスなスタイルです。
大きなカーポート屋根と階段のアプローチが目につくと思いますが
階段が2箇所あるのを見ていただけますでしょうか?
一つは玄関へ向かうアプローチとしての階段 もうひとつはお庭との出入りに使える階段です。
広い敷地をきちんとゾーニングして 機能的にも使いやすい導線も考えてデザインしたものです。
こうなるとお庭のお手入れにも便利だし お客様を招いてバーベキューなどの際にも使えます。
一段目の茶色いタイルがきゅっと視覚を引き締めてくれる 美しいシンプルナチュラル外構プランとなっています。


いかがだったでしょうか?
弊社では 初回のご提案時からこのようなわかりやすいイメージパースでプランをご提示しています。
機会があれば 他にも残っている外構プラン例をまたご紹介できればと思っています。