HOMEsoto Designブログデザインへの考え方

デザインへの考え方

土間タイル貼りディテールについて

2020年5月19日|カテゴリー「デザインへの考え方
タイル土間作業の様子
タイルのアールの様子

大阪府豊中市の外構での土間タイル工事の様子になります。
sotoDeignでは300角タイルをかなりの割合で使用します。勿論今回の現場でも使用しているのですが高頻度での大きな
理由にあげられるのが劣化しにくいと言うことが最大の理由になります。
そのほかの理由としてはsotoDesignが得意としているシンプルモダン外構・エクステリアに非常によく合うからになります。それらの理由からですが何の変哲も無いタイル貼りに少しでも表情をつける為にこれまでも色々な使い方を模索してきた中で今回写真でご紹介する方法はかなり良いのではと思い紹介させていただきました。ご覧のように床タイル貼りの角を取り少し丸めるだけの極かんたんな収めに見えますが見るとやるとでは大違いでタイルを貼る職人さんと提案したデザイナー両者の取り組む気持ちがそろっていないと完成しない納め方になります。
理由としてまず職人さんに仕上がりより少し大きめにタイル貼りをお願いしそれを確認してからデザイナーが現場で一番なめらかなアールになるように下書きをおこないます。このなめらかなアールがくせもので現場での下書きは中々なめらかなアールにはなってくれませんので時間を掛けながらの作業になります。その後職人さんがアールに沿いカットするというかなり時間の要す作業となります。しかしこのような作業を積み重ねていかなければ良い仕上がりにならない事を心得ているsotoDesignでは これらの作業は「標準仕様」と心得て毎物件取り組んでおります。
目につく広範囲を占める土間タイル。今回の外構も素敵に仕上がりました。
本日はタイルの収めだけの紹介になりますが綺麗に仕上がったタイルのディテールをご覧ください。
後日きちんと写真撮影をおこないブログでも紹介させていただきます。

オリジナル表札が出来上がりました

2020年4月20日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
タイルにエッチングした表札

シンプルモダンな外構タイル表札

sotoDesgnにご依頼頂いた物件の多数で実践ている事でオリジナル表札作成という事があります。
お客様からプラン作成のご依頼を頂いた時点でどうしても使用されたい商品(表札)がなければほぼ全邸で実践しています。
今回の物件ではタイルに文字を彫り込むエッチングと言う工法を使用し表札を作成したのですが  お選びいただける素材は沢山あり例えばステンレス、アルミ、ガラス、アクリル樹脂などの素材をプランの内容に合わせながらご希望に合わせて作成していくことになります。
いきなり表札のデザインから入れませんので外構・エクステリアの全体像やお客様のご希望に合わせていきますのでご依頼頂いたお客様からはかなり高い評価を頂いております。良く考えてみるとカタログ商品である既製品の表札も価格的に安いものではありませんのでsotoDesignの取り組んでいる表札がうまくマッチした場合は他にはない完全オリジナル品であり、うまくいけばコスト的にも有利になることもしばしばで お客様から支持を頂いている事もうなずけます。
こちらのお客様の表札も例外ではなく お客様からお褒めの言葉をいただきました。しかし完全にオリジナルの物を作成するわけで作成する側からの意見を率直に申しますと 作成に要する手間や時間等は既製品の表札に比べて何倍物もの手間暇がかかるのです。しかしこの手間暇を無くして良い物件(作品)にならない事をsotoDesignは心得ているつもりで、どのお客様のプランにもこのような気持ちで取り組んでおります。
もし現在外構・エクステリアデザインでお困りの方は是非一度sotoDesignにお問い合わせ下さい。
オリジナルデザインの表札など多彩なアドバイスでお待ちしております。

外構工事が始まる前と後

2020年3月17日|カテゴリー「デザインへの考え方
建築地更地

外構工事着工直後
弊社に外構工事や設計のご依頼のためご連絡いただけるタイミングはいろいろあります。
お家が建ってから探して探して最後の最後に弊社にたどり着いて外構依頼を頂く場合も多くありますが まれに
建物着工以前からご連絡を頂いて  打ち合わせを始める場合もあります。
敷地に対してどんな位置にどんな建物が建つのかは決まっているので sotoDesignとしては設計を始めることもできますが
お客様にとっては更地の段階で外構プランのご提案しても いまひとつピンときづらく わかりにくいかもしれないので
建築が始まってお家が建ち始めてからのご提案のほうが親切なのかなぁとは思います。ただ、時間的に余裕が有る方が外構デザインの検討もじっくり行えるし 今や職人不足のため工事にあたる職人を着工時期にキープするのも早いほうが安心です。
建物が決まってもいないうちにお話いただくと さすがにもう少し経ってからご連絡くださいと申し上げるしかありませんが。

現在外構工事が始まっているこちらの現場は建築が始まる前からご依頼いただいていた物件です。
最初に現場を確認したときは 左のように更地の状態でした。この段階で 右の写真の構造物のボリュームがイメージするのは難しいですよね。
工事は着々と進行しています。こうしてみると物がだんだん積み上がって形になっていくのは面白いなと思います。
プロの外構デザイナーはだいたいのイメージはわいていて そのとおりになっていくのを確認しているような感じですが
お客様にとったら契約時にみたCADイメージと 果たしてどのくらい重なっているのでしょうか?
プレゼンやCADのテクニックを丁寧にわかりやすくしなければならないと改めて思います。

岡山へエクステリア勉強会に行ってまいりました

2020年2月10日|カテゴリー「sotoDesignの日常
エクステリアデザイナー勉強会
岡山玉島エクステリア勉強会
先日岡山へ外構・エクステリアの勉強会へ行ってまいりました。
今回勉強会のお題はクリエイティブリユースについて岡山の玉島にあるIDEA R LABにて 代表の大月ヒロ子氏に色々とお話をうかがいました。
今回参加人数は関西組が4人と岡山組が8人の総勢12人で
クリエイティブリユースについて考えて見ました。当日は朝9時半よりIDEA R LABさんの企画しているショップや展示場等を見て廻り実際のクリエイティブリユース例等を見て回り各自頭に予備知識を入れてから大月ヒロ子氏のクリエイティブリユースに取組んだきっかけや考え方などをレクチャーいただき勉強会の前半が終了しました。
各メンバーお楽しみの昼食は武田屋 湊さんで炭焼きおもてなし膳を頂き皆大満足でお昼からは岡山組の妹尾さんがプロデュースされたお庭を数件見学させていただき
 その後クリエイティブシェアハウスにて今回のお題のクリエイティブリユースについてディスカッションをしました。各自のクリエイティブリユースへの考え方や思いを時間一杯までお話することができました。
最後に少しだけsoto+についてもお話させていただき各メンバーさんからお褒めの言葉を沢山いただき大変良い気持ちのまま大阪への帰路につきました。
今回の会ですが名前が有るわけでもなく 定例会が有るわけでも無いのにいざ声がかかるとこれだけの人数が集まることも特筆することです。次回は関西組がホストになり勉強会を企画したいと思います。

シンプルな外構デザインの考え方

2020年1月22日|カテゴリー「デザインへの考え方
大阪市内のコンパクト外構

昨日に続き大阪市で完成(表札のみ未完)した物件で外構・エクステリアデザインの考え方について少しお話ししたいと思います。
写真をご覧いただください。sotoDesignの得意とするシンプルモダンなデザインで無国籍な仕上がりになっております。
普段からデザインする際に考えていることとしてお客様が良く口にされる「イングリッシュガーデン風」とか「バリ風」などと いうご希望を聞きますがsotoDesignでは決してそのような考え方でプランに取り組むことはありません。
なぜかというと、なになに風で創ってしまいますとその時点で別のものを模したことになります、まずこの真似をする当考え方に違和感を感じるわけなので上記のようなながれでプラン作製はしません。
基本的にどのようなものを考えるときもオリジナルなものを考えるように努力しております。ここからは上記の邸においてどの部分をオリジナルと考えて創ったかということをお話すると、立柱から少しずつ変化しながら外柵に変わっていくところです。この場合普通な考え方であれば門柱えを建ててその横にフェンスをつけるという流れのデザインになりますがそうすれば街でよく見られる普通の光景になることになります。今回の物件では門柱から外柵へと自然に変化していくことに加えて階段と吐き出し窓開口部の濡れ縁?部分も2つの要素が一つに合体しているので細切れに見えないよいうに考えております、というように
説明しないとなかなかわからない部分も細部に渡って考え抜いた結果としてこれらの物件が考え出されるわけです。
経験上ですが、これら要素のつながりがうまくいったプランは全体のフォルムなどが美しく良い結果につながる事が多いと思います。これらの考え方で考え出されたプラン達はおかげさまでお客様達に喜んでいただいております。
いずれにせよそプランニングにおいてはその人独自の考え方で生み出さなければ本当にオリジナルな作品にならず
究極的に誰かの真似になってしまうことになるのです。
sotoDesisgnのプランはいつも独創的でオリジナルなものを追い求めて考えられております、全ては唯一無二のものを作るために。