HOMEsoto Designブログデザインへの考え方

デザインへの考え方

外構デザインのディテール

2018年10月24日|カテゴリー「デザインへの考え方
タイルのデザインデティール

モルタル土間のディティール

大阪で個人のお客様に外構・エクステリアデザインしていますが 普段からどのようなことを考えてデザインしているかということに少しふれてみたいと思います。
二枚の写真は別々の完成現場の写真ですが、これらのプランにはなにげなくも美しく見えるデザイン・ディテールを
使用してあります。
例えば左の写真に写っている写真のタイル端部をご覧ください。普通は300角タイルの端っこは角張った仕上がりになりますが、写真のように300アールの処理を施すとずいぶんと柔らかい雰囲気にみえ、
その結果 自然石の乱張りとのマッチングもよくなりプランの不和感がなくデザインの統一感が感じられると思います。
デザインすることは何も特別な材料や特殊な事をしなくてもほんの少しのひらめきや遊び心でいかようにでもなるのではないかと最近特に感じております。
何度もいいますがそれほど特別な事は行われておりませんが十分見応えのある外構の仕上がりになっているのではないかと思います。

二枚目の写真は土間コンクリートのガレージのデザイン・ディテールになります。
こちらも角にはアールがとられていて、なおかつ芝生や植物のグリーンベルトの幅が変化していているので、よく使用される100ミリ程のスリットとは全く違った仕上がり感に見せる事に成功しています。
それもコンクリートというごくあたりまえの素材を使用しながらこれだけの躍動感を出せるのですから、皆さんが言われるコンクリートの床は好まないという事への一つの回答にもなると思います。

このようにsotoDesignでは高額な素材や特殊な材料を使用することなく皆様にお喜びいただけるデザインにチャレンジしております。この考えはこれからも変わることなく続き、これからお会いするお客様達にお喜び頂けるデザインに取り組んで参りたいと思いますので宜しくお願い申し上げます。

北海道㈱よねざわ工業さんから異型ブロックが届きました

2018年10月13日|カテゴリー「デザインへの考え方
よねざわ工業異型ブロックデザイン

独特な形のブロック

先日のブログでも少し紹介いたしましたが、このブロックは北海道を拠点されている㈱よねざわ工業さんという
ブロックメーカーさんが新規発売されたコンクリートブロックになります。

メーカー担当者さんとはsotoDesignの作製している色々なプロダクツに興味を持たれて連絡頂いたのが最初のきっかけになります。色々とお話をしよねざわさんのカタログを拝見しているとあまり見ない一見風変わりなブロックに目が行きました。
どうやらこのブロックのを使用しての施工例が多くないようで、
「使用例をカタログに載せたいのでsotoDesignで使用例を作ってくれませんか?」というオファーを頂き、
わざわざ北海道から大阪までこのブロックを数十個送ってくださいました。
大阪で現在プレゼンをお待ち頂いているお客様のお仕事の間をぬって現在色々と検討をしているところです。
頭の中では何種か出ていますが、まとめ上げるにはもう少し時間が必要になりそうです。
概略としては、このブロックの特性でもある52度の角度を活かし、そこにsotoDesignお得意の表札や照明などの
プロダクツを組み込む予定です。
またカラーでの見せ方も検討したいと考えております。
いずれにせよ、折角北海道より送付頂いたブロックなのできっちりデザインを落とし込み
よねざわさんにも 同じくこちらの外構のお客様にも「なるほど」と言っていただける使用例を創ってみたいと考えております。


雨の日外構事務作業

2018年9月8日|カテゴリー「デザインへの考え方
外構デザイン中
雨が降る予報でいたので 施工中の現場とも事前に打合せ 段取りをとってあった本日は
問屋さんなどとの発注や 職人さんとの打合せなど
施工に関する段取りであっという間に一日暮れてしまいました。

夜になったら もう電話もかけられないので 事務作業や設計に入っています。
机の上のファイルの山が増えていく一方ですが
スタッフが建物を入力してくれたものから プラン設計に入りCADにて外構の作図を進めています。
設計は担当が一人なので 追われていますが
古い作品のコピーをするような手抜きしないのはもちろん
それぞれのお客様の条件やご希望に合わせて 入念に検討を重ねています。

この頃の大量に来てくださるお客様に対しながら思うのですが
なるべく時間をかけて検討を重ねた作品は 説明にも熱が入るものですね。
やはり
なぜ 数ある外構業者の中から 弊社を選んでいただけたのか考えたら
弊社にあるのはデザイン力です。
お客様をお待たせするのは本当に心苦しいのですが
ざざっとプランすることはできません。性格上も無理そうです。
こうでもないああでもない この場合だとこんなメリットが・・など
しっかりと考え自信を持っておすすめできる外構デザインプランを
ご提示したいと思います。

8月が終わります

2018年8月31日|カテゴリー「sotoDesignの日常
新企画門柱完成
8月も終わりです。
なんという夏だったのでしょうか。
大阪にいながら 全国で起きる天災をニュースで見ては不安になるような毎日でした。
そういう 私どもも北大阪地震の影響など受けることになりましたが 程度が軽かったのでありがたいことだと思います。
しかしこれまでにかかわったお客様の中には被害に合われた方もいらっしゃって
対処に追われることもありました。
地震の後処理のために職人さんが不足する側面もあり
外構業界といえど土木に近いものとして
たいへん慌ただしくイレギュラーな夏でした。

エクステリアのご依頼も春までは落ち着いていたものの
夏から秋に建物が完工するご依頼のお客様が一気にご来社され ひとつひとつ対応させていただくのでいっぱいになっています(もちろん施工も順番でパンパンです)。
秋以降、または来年に建物完成のお客様方には
プランの提出やお打ち合わせに 長くお時間いただく事になっており
申し訳ない限りです。

以前の作品のコピープランや 既成品を並べるだけのデザインのない外構プランなら
ずっと簡単にご提示できるかもしれないのですが
デザイン外構が欲しくてご訪問いただいていると思っているので
デザインにはどうしても妥協できず時間がかかっております。
不器用だなと自分でも思うのですが
どうして弊社にご依頼いただいたのか、それを考えると
安価な外構が欲しいなら他社さんでも早い安い外構屋さんはいらっしゃるし
そこへ我々が向かうのは 違うんじゃないかと。
お客様に ご理解いただけるようにお願いしながら
やはり弊社らしい方法で 外構をプランし提案するしか
現在のところ無いように思います。

今日も仕上げ作業に同行してまいります。
ひとつづつこうして仕上げていかないと・・・

9月も頑張ってまいります。


門柱一体型の表札デザイン

2018年8月2日|カテゴリー「デザインへの考え方
門柱一体型表札

ステンレス表札300角

少し前の作品ですが 門柱自体が表札でもあるというデザインをご紹介します。

コンパクトな敷地や 立地条件等によって 外構デザイン自体もきゅっとコンパクトにして
無駄のないデザインを 常に心がけています。
少しずつ 「余白」を貯めていくことで 例えば樹木を植えるスペースを絞り出すことが出来たり
アプローチを少し広くとることに成功したりと
難しい敷地条件を諦めることなく 他社から出てこないアイデアをご提示することができています。
詳しくご説明させてもらえた 当のお客様によると
こんな部分がこんなに大事で有効だとは 説明を聞くまでわからなかった
やはりプレゼンは直接会う時間をとって 聞いてよかった というお声をいただきました。
プランにかけたお時間が 必ず比例するわけではないですが
入念に考えてご提示した外構デザインが お客様を感動させることを経験として知っているつもりです。
エクステリア商品を 慣れた形でレイアウトするだけの外構屋さんと一緒にされたり
詳しい内容説明よりも 費用がいくらになったかのほうが重要だと思うお客様には 伝わらない熱かもしれませんが
無駄なく機能美を目指すsotoDesignにとっては 門柱自体が表札でもあるということは
敷地の難しさをいかにクリアしようかと ひねりにひねった結果出来てきたもので
もはや sotoDesignにとっては スタンダードな発想の一つでもあります。
さらにこちらの作品では ステップへ上がる階段の中に 門柱を含んでデザインしました。
玄関から道路までの奥行きに余裕がない敷地条件のなか 絞り出した形です。
聞いてしまえば単純なことかもしれませんが 良いアイデアというのは 蓋をあければシンプルなものだと思います。

現在も デザイン外構のご依頼に追われていますが シンプル・イズ・ベストを骨子とし新しいアイデアを形にしています。

門柱や表札などのオリジナルデザインはこちらでも詳しくご紹介しています
sotoDesign「オリジナル商品」