HOMEsoto Designブログデザインへの考え方

デザインへの考え方

門まわり宅配ボックスのデザイン

2019年3月25日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
海外製の宅配ボックス

大きな宅配ボックス
オリジナルプロダクトの話から派生して

昨年のエクステリアフェアで一番多く並んでいたエクステリア商品は ほかでもない「宅配ボックス」でした。
新しいトピックスの少ない外構業界としては 宅配便サービスに対するあれこれのニュースをうけて
お!と飛びついたのが 宅配ボックスだったのだと思われます。
大手メーカー各社が 様々な種類の宅配ボックスを提案していました。
ポストのように玄関前のアクセントにもなるので 商品としては力の入れ甲斐もあるのかもしれません。
ただ どこのメーカーさんの商品もやはり似たような商品ばかりです。
そしていつも課題に挙げられるのが 「宅配ボックスは外出時に一回しか荷物を受けられない」という点。
ご存知かと思いますが 宅配ボックスに荷物を入れて閉じてしまうと外から開かなくなる機構ですから
複数回 宅配が来ると 二回目はもう開かないということです。前に入れたものが万が一紛失したり破損したら困りますからね。
家族が多いとか ちょうどお届け日が重なるとか けっこう荷物が2つ以上届くことはありがちだと思いますが
それに対する対応策でいいなと思えるものが あまり見当たりません。
今年のエクステリアフェアでは なにか新作が出るでしょうか・・
弊社はあまりエクステリア金物のカタログ商品を使わないので詳しくないのですが。

さて 以前も紹介したこちらの宅配ボックス
お客様がネットで見つけたものですが イギリス製の商品です。
海外はネットショッピングは日本よりも一般的ですし歴史もある。そのためか宅配ボックスも練られたものが多いです。
これは二回分の宅配にも対応してくれるようです。とても単純な構造なので
なぜこれが日本でできないのかなと考えると 商品を創る側の過剰なクレーム対策というか
おそらくなにかしらの 「海外ではOKだけど日本ではクレーム」の動作があるのでしょうね。
それはどんなことなんだろう?とちょっと考えていました。
今回プロダクトを販売するにあたって そういう日本人が過剰に反応する「危険」「雑な扱い」というものが
プロダクト創りにあたり結構壁になるものだなと実感しました。
シンプルなものはおそらく丁重ではないので 粗雑なんていう評価になりかねないですが
不必要に機能を増やしてパーツを増やして複雑な構造にすることで高価になれば それはそれでお客様にとっては嬉しくないことだろうとも思います。
安全に越したことはありませんが 正しく気をつけて使いましょう とお願いしたい気持ちが正直少しあります。
なかなかバランスが難しい部分ではあるのですが
そのあたりも工夫したり探りながら 一番はお客様が使いやすいことを考えて外構プランも外構プロダクトも
計画し実施するべきですね。

デザインの検討の中 そんなことをふと思いました。
イギリス製宅配ボックス

外構デザイン上の些細なこだわり

2019年2月25日|カテゴリー「デザインへの考え方
建てる柱の工夫
横さんがない柱
今日はsotoDesignがデザインをおこなう上で、ほんの少しですがこだわっている部分のお話をしたいと思います。

上の二枚の写真をご覧頂き何か感じる事はありませんか?
いつものsotoDesignブログではその物件の一番の見せ所をご紹介するのでこのような写真をわざわざ詳しく紹介する事も
少ないわけですが、実はそのような部分の方がその作者の本当の部分が垣間みれたりするのではと思いこのブログを書いていきます。
何気ない縦桟の写真に見えるでしょうが、実は縦桟をつなぐ横桟(構造材)が無いわけです。
思い浮かべて見て下さい、皆さんが街で目にする縦ルーバーには必ずそういった構造材がついているので見たときに
重々しく感じるしゴチャゴチャ下感じがしスッキリ感が無いと思います、sotoDesign製の縦ルーバーはかなりスッキリ
見えると思いませんか?
でもこの設置のやり方は職人さんにはあまり優しいということにはなりません。やり方としては地面の下に横桟を設置してあり、土やコンクリートの下に入っているだけなのですが現場で一本一本組み付けていき、最終的に一挙に立てあげる
という方法を取り入れております。職方さんには少し負担増になっていることは承知の上ですが良い物を創る側としてはどうしても見過ごせないところであり、こんなところがsotoDesignのデザイン上のちょっとしたこだわりの部分であり
これからも続けていきたいところであります。




施主支給品もうまくDesignに取り込みます

2019年1月11日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
門まわりアイデア
オリジナル品を使ったアイデア
今日は2つの表札について少しお話を致します。
右の写真の表札はお客様からどうしても使用して下さいと言われプランに取り込んだ表札で、右側の表札はお客様と
最後の最後まで考え抜いて創造した表札です。

どちらの門まわりをご覧頂いても違和感なく門廻りとして収まっているように見えませんか?
左の写真はご支給頂いた表札をオリジナル門柱に取り付けております。こちらの門柱も十分素敵に仕上がっていると思います。理由は既成品の表札をそんまま取り付ける事をせずに 取りつけ方に工夫をしているからだと思われます。
オリジナルにしつらえたコンクリート門柱に対し 少しずらして表札を取り付けてあります。
その上 黒いベースのプレートは表札の幅に合わせてカットしてインターホンと一体にしてありますので
なおオリジナル感が出ていると思います。完成時にはもちろんお客様も喜び ご満足いただきました。

次は右の表札です。こちらは全て完全にsotoDesignのオリジナル品になります。こちらの門廻りは物件が進んでいる間もお客様とずっと打ち合わせし続けて 最終的に仕上げた門廻りになります。違和感はどこにもありません。
全てを(寸法やカラー等々)オリジナルで作成したのですから当然ですが。

お客様からどのようなお題が出たとしても(それがき製品であっても)それを受け入れsotoDesignらしくプランしていけば、お客様にお喜び頂きなおかつsotoDesignも納得がいくプラン創りができるという事例でした。

現在、エクステリア・外構をご検討されている方がおられましたら是非一度お問いわせをお待ちしております。


エクステリアにおける素材の可能性

2019年1月10日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
プロダクトアイデア
エクステリアプロダクトの素材に
大変ありがたい事ですがsotoDesignには外構・エクステリアについてのお問い合わせに来られるお客様がたくさん来られます。
このご期待に沿うべくそのお客様にベストなデザイン外構プランをお出しするようにしております。
お客様のご希望は それぞれ全邸ちがったものです。
sotoDesignではそれらのご希望になるべく答える事ができるように 普段から色々な素材について調べ、検討を繰り返しております。
これらの繰り返しにより少しずつですが知識や経験を積むことができ、結果お客様に喜んで頂けるプラン創りができる
と信じております。

今回の写真に写っている素材達は決してエクステリア・外構専用に開発された素材ではありません。
ですが、その専用素材ではないところにsotoDesignには興味があります。
専用の材料や製品をただ使用しているだけならば誰が考えても設計しても似たようなものになるのは当たり前です。
それがsotoDesignにとっては あまりおもしろいとは思えません。
いつも プラン作成時の基本思考は 「他になくそれでいてハッとするデザイン」を目指してデザイン外構プランの作成に取り組んでおります。
それらを実現するためのステップの一つとして新しい素材の検討をくりかえし行い、使用できる素材があれば
どんどんその素材をプランに取り組んでいき
実際に現場で使用してみてお客様の反応など 大概的な反応を見てはブラッシュアップしていく取り組み方をしています。
素材の段階での みきわめや可能性はsotoDesignの創造にはなくてはならないものであります。
一見すれば一つの何気ない素材達が宝物に見えているのはsotoDesignだけでしょうか?、、、

外構デザインのディテール

2018年10月24日|カテゴリー「デザインへの考え方
タイルのデザインデティール

モルタル土間のディティール

大阪で個人のお客様に外構・エクステリアデザインしていますが 普段からどのようなことを考えてデザインしているかということに少しふれてみたいと思います。
二枚の写真は別々の完成現場の写真ですが、これらのプランにはなにげなくも美しく見えるデザイン・ディテールを
使用してあります。
例えば左の写真に写っている写真のタイル端部をご覧ください。普通は300角タイルの端っこは角張った仕上がりになりますが、写真のように300アールの処理を施すとずいぶんと柔らかい雰囲気にみえ、
その結果 自然石の乱張りとのマッチングもよくなりプランの不和感がなくデザインの統一感が感じられると思います。
デザインすることは何も特別な材料や特殊な事をしなくてもほんの少しのひらめきや遊び心でいかようにでもなるのではないかと最近特に感じております。
何度もいいますがそれほど特別な事は行われておりませんが十分見応えのある外構の仕上がりになっているのではないかと思います。

二枚目の写真は土間コンクリートのガレージのデザイン・ディテールになります。
こちらも角にはアールがとられていて、なおかつ芝生や植物のグリーンベルトの幅が変化していているので、よく使用される100ミリ程のスリットとは全く違った仕上がり感に見せる事に成功しています。
それもコンクリートというごくあたりまえの素材を使用しながらこれだけの躍動感を出せるのですから、皆さんが言われるコンクリートの床は好まないという事への一つの回答にもなると思います。

このようにsotoDesignでは高額な素材や特殊な材料を使用することなく皆様にお喜びいただけるデザインにチャレンジしております。この考えはこれからも変わることなく続き、これからお会いするお客様達にお喜び頂けるデザインに取り組んで参りたいと思いますので宜しくお願い申し上げます。