HOMEsoto Designブログデザインへの考え方

デザインへの考え方

シンプルな外構デザインの考え方

2020年1月22日|カテゴリー「デザインへの考え方
大阪市内のコンパクト外構

昨日に続き大阪市で完成(表札のみ未完)した物件で外構・エクステリアデザインの考え方について少しお話ししたいと思います。
写真をご覧いただください。sotoDesignの得意とするシンプルモダンなデザインで無国籍な仕上がりになっております。
普段からデザインする際に考えていることとしてお客様が良く口にされる「イングリッシュガーデン風」とか「バリ風」などと いうご希望を聞きますがsotoDesignでは決してそのような考え方でプランに取り組むことはありません。
なぜかというと、なになに風で創ってしまいますとその時点で別のものを模したことになります、まずこの真似をする当考え方に違和感を感じるわけなので上記のようなながれでプラン作製はしません。
基本的にどのようなものを考えるときもオリジナルなものを考えるように努力しております。ここからは上記の邸においてどの部分をオリジナルと考えて創ったかということをお話すると、立柱から少しずつ変化しながら外柵に変わっていくところです。この場合普通な考え方であれば門柱えを建ててその横にフェンスをつけるという流れのデザインになりますがそうすれば街でよく見られる普通の光景になることになります。今回の物件では門柱から外柵へと自然に変化していくことに加えて階段と吐き出し窓開口部の濡れ縁?部分も2つの要素が一つに合体しているので細切れに見えないよいうに考えております、というように
説明しないとなかなかわからない部分も細部に渡って考え抜いた結果としてこれらの物件が考え出されるわけです。
経験上ですが、これら要素のつながりがうまくいったプランは全体のフォルムなどが美しく良い結果につながる事が多いと思います。これらの考え方で考え出されたプラン達はおかげさまでお客様達に喜んでいただいております。
いずれにせよそプランニングにおいてはその人独自の考え方で生み出さなければ本当にオリジナルな作品にならず
究極的に誰かの真似になってしまうことになるのです。
sotoDesisgnのプランはいつも独創的でオリジナルなものを追い求めて考えられております、全ては唯一無二のものを作るために。

ガレージなど床面のデザイン

2020年1月20日|カテゴリー「デザインへの考え方
コンクリート土間のデザイン

タイル土間のデザイン

今日は外構・エクステリアデザインをする際必ず出てくるガレージなどの床面のデザインの考え方などについて少しお話をしてみたいと思います。
上記のようにプランを考えるとき床の事も含め外構全体のデザインとして考えないといけないと思っております。普通床のデザインや収めを考える時には常套手段のタイル貼りや洗い出しやそのままのコンクリートコテ押さえ他にも色々仕上げは有ると思いますがこれらは全て床材料のことであり、材料そのものとデザインという行為は全くもって異なることですよね。
ところが普段打合せをしていると「床はタイル貼りでとか洗い出しが良い」とかいう言葉をよく耳にします。
そこでよくよくお話をきっちりヒアリングすると、それらは材料に気がいってしまっていてタイルをどのように使うとか石貼をどう貼っていくかではないこと多いように思います。素敵に見えるデザインやまとまりの良いデザインとは
たとえ全て真っ白の素材で作っても良く見えるものだと考えているsotoDesignとしては むしろ上記2枚の写真の様にその素材を生かしてどのような工夫ができるかだと考えており日頃からディテール及び収めについて考えます。

上記写真はコンクリート土間に入れているスリットやホール(丸)抜きやタイル貼り後の切り抜きで工夫しただけのデザインになりますが このようにほんの少しの考え方をかえるだけでプラン自体の質に大きな差が出てきます。
何度も言いますが、どのような材料を使うかよりもその材料をどのように使用するかの方が大切だと思っています。

外構商品すべて創作一点物(制作物)です

2020年1月11日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
オリジナル門柱の作品例
オリジナル外構の作品例
普段からsotoDesignのお仕事の中でオリジナル制作品を使用した外構・エクステリアプランをご提案しております。
それは門柱や表札、照明や外柵などプラン全体の中において一部にオリジナル品を使用するケースがほとんどですが
(プラン全体は勿論オリジナルで魅力的なものをご提案するように心がけております。)
今回ご紹介する写真の物件は床のタイルと土間コンクリートとポスト(本体)以外は全てと言ってよいほどオリジナル製品で出来上がっております。例えば門柱ですが一見普通の打ちっ放しコンクリートのように見えますが特殊なコンクリートで超薄肉コンクリートで暑さが50ミリ厚しかありません(最薄35ミリ厚まで加工可能)。
普通のコンクリートではポキッと折れてしまいますがこのコンクリートは特殊素材を使用しておりますので折れることがありません。続いてステンレスインターホンカバーとステンレス表札にステンレスアプローチ灯に至るまで全て一点一点デザインしながら作成しました。ポストのみ既製品を使用しそのスタンドはステンレスオリジナル品になります。
勿論全体の外構・エクステリアプランにおいても何度もヒアリングを繰り返し仕上げたプランですのでお客様もかなり満足度が高かったようで大変喜んでおられました。sotoDesignは敷地の大きさや予算の大小でお仕事を受けません。
全てのお客様にお喜びいただけるように全力で取り組んでおります。外構・エクステリアのプランでお困りの方は是非
sotoDesignにお問い合わせ下さい。お待ちしております。

sotoDesign外構デザイナーの今年の抱負

2020年1月9日|カテゴリー「sotoDesignの日常
外構へ面白い提案
外構の設計施工をはじめとする業務を年始より開始し数日が経ちますが バタバタで今年の抱負について何も触れていなかったので少しそのあたりについてお話してみたいと思います。
まずここ数年間職人さん不足について感じている事になりますが、この職方不足については業種を越えて本当に深刻な問題になっております。あまりの職方不足に工事受注ができても工事着手ができずに最終的には黒字倒産などと言うことも耳にすることがあるくらい本当に深刻な問題にです。sotoDesign自体が職方さんを増やしていこうなどという考えを持ったところで すぐに職方さんの数が劇的に増えるわけもありません。そのような問題の中sotoDesignでは一年間の工事受注量を増やすのではなく物品(当社でいうsoto+)の開発販売で工事売上の何%かを補うという考え方です。このように販売できるオリジナルの商品をどの会社も持っているわけではないと思いますので 他の事で工事受注金額を下げて物品販売で不足分を補うという考えを 今からでもシュミレーションしておいた方が良いという考えに落ち着きました。
これが職方さん不足問題が加速している現状での一つの問題解決になればという気持ちからの sotoDessignの抱負は
工事件数を 見知らぬ職人に任せてやたらに増やすのではなく質の良い物件工事を従来の職人さんとしていく事と
エクステリア物品販売(soto+)の
さらなる強化です。
今年も始まったばかりですがsotoDesigとスタッフ一同頑張ってまいりますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2020年にむけて

2019年12月31日|カテゴリー「sotoDesignの日常
新しい茨木の外構完成の様子

2019年はチャレンジの一年でした。
外構の世界で働いて35年ちかくになりますが 初めてやることがたくさんありました。
わからないことがたくさんありました。その都度 手を貸して下さる方々に支えられて感謝しながら過ごした一年でした。
思えば 自分が好きなスタイルの外構を作り、それを見て気に入ってくださったお客様からご贔屓いただいて
一年中 仕事の絶えることがないなんて本当にありがたいことだと思います。
ただ どこにも属さずやっている以上 ちいさな空間でひとりよがりになりがちなところを
エクステリアプロダクトを製作販売することで より広い分野の方々と出会い交流し協力することができました。
おかげさまでプロダクトの出だしも順調で すでに次のデザインやエクステリア商品を検討しながらの仕事納めとなりました。
また年末年始は ひきつづき春施工になる外構デザイン計画やプレゼンの作成をおこないます。
弊社の大きな柱は やはりデザイン外構の設計施工にほかなりません。
思いを込めて建設をされている施主様のお気持ちに沿うように 親身にしっかりと考え知恵をしぼり よいデザインをする
2020年もかわらぬ熱意で生真面目にがんばっていきたいと思います。