HOMEsoto Designブログデザインへの考え方

デザインへの考え方

大阪吹田市のお庭で新たなタイルデッキを考えてみました

2022年9月3日|カテゴリー「デザインへの考え方
お庭デッキの提案
おもしろいお庭タイルデッキ
場所は大阪府吹田市で現在開発中の新興住宅地内の新築物件ですが 外構・エクステリア工事は終了してから sotoDeignにお問合せ頂いた案件になります。
今回のお問合せとしましてはリビングからデッキに出て家族で過ごしてみたいというご要望で ウッドデッキとタイルデッキどちらを選択するかということについてもかなり悩まれていらっしゃいましたが sotoDesignのご提案は今回ブログで紹介させてもらうタイルデッキでした。
これまでもタイルデッキかウッドデッキかということについてブログでも色々書き込んでまいりましたが 両者に良いところと悪いところがあって 強いて一つ大きな差を言うならば タイルデッキの方がデザインの可能性が沢山あるということに尽きるのでは無いかと考えております。
写真をご覧頂いておわかりいただけるように ウッドデッキではアールラインや直線でも細かな直線で描くことはできませんが 今回のタイルデッキでは複雑な線を描きながら飾り台(ベンチ兼用)や植え枡を描いております。
飾り台事態はコンクリート製で植え枡自体は床タイルの切り取りで製作されています。
普通に考えるとベンチや飾り台を創る際には柱材や天板材など色々な素材を使用しなければならないので 今回のプランのように全体がシンプルに見えることはおそらくありません。シンプルプランが得意なsotoDesignならではのプランではないかと思います。
最後に屋根はオリジナルシェードをアルミ柱に脱着できるように計画しました。夏場と冬場にて脱着し使い分けていただければと思っています。

本日の初回プレゼンでお客様にも絶賛好評だったタイルデッキになりますが 今から工事の完成がとても楽しみです。
詳細はブログでも紹介させていただきますので デッキをご検討中の方は是非sotoDesignにお問合せください。
ご希望にそう 素敵なデッキをご提案いたします。

エクステリアプランを彩る色々なアイデア

2022年7月16日|カテゴリー「sotoDesignの日常
コンクリートの飛び石
ブロックの靴脱ぎ石

門まわりの楽しいアイデア
タイルくり抜いた花壇

大変有り難いことですがsotoDesignには日頃から数多くお問合せを頂き デザイン外構プランをご提案させていただいております。
そのほぼ全てのお客様に対してい各々個別ヒアリングを細かくおこないながらのプランニングをおこなっていくわけですが 勿論 建物は決定しており ガレージ位置やアプローチ(導線)などはほぼ決まっている状態でのプランご依頼になりますのでお客様が口にされる内容でだけでプランすると おそらく誰がプランニングしてもほぼ同じようなプラン内容になる可能性が大きくなります。
ヒアリングでお客様からよく耳にすることがありますその言葉とは
「・・・のお玄関に使用されているあの素敵な石材とか、・・・さん所のきれいな塗り壁」等々の言葉。
それらのお話をきっちりお聞きすると それは素材に対するあこがれであって デザインが気に入っていることでは無いことがわかります。
それではsotoDesignではデザイン上で他社とどのような差別化をおこなっているかと申しますと 4枚の写真に写っているよう多岐にわたっております。
例えば Φ300で創ったモルタル造の飛び石や 300角の立方体のコンクリートにステンレス板をほどこした飾り台や
現在製造中止になっていますがそ.ら.らというコンクリート2次製品を使用した上り下りステップや
タイルの真ん中を真円に切り抜いた花壇等々です。
どれもけっしてプランのメインになるわけでは無いものばかりですが あれば喜んでいただける物ばかりです。sotoDesignではこのようにプランの隅々まで検討を繰り返し全てのお客様にプランプレゼンするように心がけております。時にはプレゼンまでの時間が少し長くなってしまう場合もありお客様に御迷惑をおかけする事がありますが より良いデザインを生むために考えが変わることは有りません。
プランを彩る色々なアイデアに興味のある方は是非sotoDesignにお問合せ下さい。じっくり考え抜かれたデザインを一緒にお話してみませんか?

庭の高さ(レベル)のお話

2022年7月11日|カテゴリー「デザインへの考え方
部屋から庭へ降りやすい高さ

タイルデッキと庭の高さ
タイル面と芝生の庭

お庭に茶色のタイルデッキ

お庭にスムーズに降りる
タイルデッキからお庭へ

今日は久しぶりにお庭のお話を少し書いてみたいと思います。
普通このような書き込みの場合は植物や石材などについてお話することがほとんどになります。例えばこの植木に咲く花は綺麗だとかこの石材は落ち着いた色合いが良いですね等などその部位や部品の良いところの説明が多いですが
今日のsotoDesignはお庭のレベル(地面の高さ)に絞ったお話をしてみたいと思います。

sotoDesdignにお問合せいただくお客様の中で大多数のお客様が大小に関わらずデッキのあるお庭を望まれるケースが大変多いと思います。よく耳にする内容が「家族とバーベキューやお友達等とお茶を飲んだりしたい」等ほぼ皆様が口を揃えて言われます。
そこでデッキの計画やお庭のプラン内容をお話する最中にいつも疑問に思うことがあります。それはお庭の高さ(レベル)の件ですがここから少しイメージしながらお聞き下さい。
皆様のご要望をお聞きしていると家族団欒のリビングがあり そこにはお庭に続く掃き出し窓があり その窓から地続きでタイルデッキやウッドデッキなどがあります。そこから先は皆様ウッドデッキには転落防止の手摺などの防護柵を設けると言う具合です。皆様なにか違和感を感じませんか? 
貴重な敷地内に設けたお庭部分をでデッキの手摺などによって分断するおつもりですか?
デッキなどは手摺などが存在しなくても段差があるだけでお庭を分断する事になります。
写真に写っている2邸のお庭にはデッキ部分に手摺や階段などの段差は存在しません。デッキの上でお茶の最中にお子様がデッキから落ちないかなどと心配もいりませんし 何より段差の無いお庭にプランなのでお庭自体を広く感じながら利用いただけるお庭になります。
つまり
リビング→デッキ→お庭につながる部分に段差(レベル差)を付けないプランを強くオススメいたします。
このブログを読んで頂き少しでもお庭のレベル(高さ)の件が気になる方がおられましたら是非当社にお問合せ下さい。
見た目と機能の両立したお庭のデザインをさせていただきます。


高槻の外構のシンボルツリーから植栽の提案について考えます

2022年5月13日|カテゴリー「デザインへの考え方
高槻外構植木植える前

高槻の外構アオダモ

こちらは今月始めころに完成いたしました高槻市で工事をした外構物件になります。
潔くシンプルな外構にシンボルツリーのアオダモが彩りをそえます。
sotoDesignがおこなうエクステリアプランニングの中に植物を必要以上に使用することはありません。
決して お花や植木を見てきれいだと思わない訳ではありませんし 綺麗にガーデニングされている美しいお庭等を見ると皆様と同じように感動もします。それでもsotoDesignのデザイン外構プランは「植物で一杯」という作品が少ないのはなぜかというと自分自身が考えた玄関までのアプローチデザインやガレージデザイン等が 植物の影に隠れてしまうことを避けたいからという理由に他ならないです。結果的には植物の使用量をセイブして デザインした作り込み部分とのメリハリをつけることで むしろ考えた外構デザインがより効果的に見て取れるように調整されております。
もちろん植栽は「盛れる」要素でもあるので こういうデザイン手法はともすると見る方々に物足りなさを感じさせるかもしれませんが デザインされた部分が目立つ・分かりやすくすること等が一番の目的であり sotoDesignらしいスッキリとしたデザイン外構には 必要な引き算行為となっているのです。




0c0e113e2977267a99957b05398e6a8c

e24ba34fd5bf70e1df3f1c2a6193c879

といいながら 全く植物の存在しない外構プランの提案はこの数十年の営業活動のなかで数件しかプランしたことが有りませんので 植物や植木などグリーンとsotoDesignの創るシンプル外構のプランは 付かず離れずの程よい関係が一番望ましいとここ近年は考えております。直接数字に表すことは難しいですがあえて言えば植物3に対して自分が表現したいデザインが7くらいでしょうか? おそらくsotoDesign自身のこの考え方は 基本的にこれからも継続されていくとだろうと思っています。(もちろん元は植木屋。植木のご希望があればきちんと対応できます!)
緑が充実した外構

外構コストを下げる工夫

少し話はそれるかもしれませんが、私の知り合いで植物の使用を中心とした外構・エクステリアデザイナーをたくさん存じ上げておりますが 皆さんとても魅力的なデザインセンスを持っておられ私自身とてもリスペクトしております。
外構デザインのご依頼を検討されるときにちょっとしたフィルターとして ガーデン中心のエクステリアデザイナーがいいか 植木はそこそこにすっきり広いデザイン重視の外構デザイナーか という目線で選択するのもいいかもしれません。もちろんデザイナーもプロなのでどちらのタイプに依頼しても バランス良く外構を提案するはずですが
お客様は施工例などご覧になったり こうしたブログをいくつか読んだりして ご自分がお好きなテイストのデザインをしている外構デザイナーにまずは問い合わせてみてください。
その先にはきっと素敵なエクステリアや外構のご提案が待っていると思います。

吹田市外構物件でデザインの違う複数プランを検討しています

2022年5月6日|カテゴリー「sotoDesignの日常
フェンスピンコロタイルサイクルポート土間コンクリート

グレーチングルチアウッドタイル立水栓
sotoDesignではお問い合わせ頂いたお客様への外構プランついて特に考え抜き最終的に決まった内容でCAD入力することが多いですが 今回吹田市のお客様へのエクステリアプレゼン下書を2タイプ作成させていただきました。
水平と垂直を基調としたシンプルなプランと 方向性などが少し曖昧になっても大丈夫なプランなのです。元々シンプルモダンなプランを得意としていsotoDesignであれば 角張った方のプランをご提案する事が非常に多かったのですが 最近事務所のトレンドとしては 2つ目の少しラフなプランのご提案も多くなって来ました。
この方向性の少し曖昧なプランには非常に面白いところがありまして 物件としてお問い合わせ頂いた際には必ず決まっているゾーニング(用途割り)の中で2つ目の方法を使用しプランすると同じ広さでも少し広く見えますし、駐車していない場合のガレージが案外そっけなく見えがちになること防げたりもします。
このように二つ目のプランも素敵な仕上がりになることは十分理解いた上で今回は1つ目の角張った方のプランでプレゼンを進めたいと考えております。そこは初回ヒアリングでお客様のご要望が「シンプル」にしてくださいというご要望をどうしても尊重したいからです。作者側が良いと考えていてもお客様の心をつかめなければ初回プレゼンとしては不合格になります。そうならないためにの決断ですが正直作者としては心揺れるところであります。
プレゼンの結果はブログでも紹介したいと思いますのでお楽しみに。