デザインへの考え方

北欧の新築住宅

2017.08.07 デザインへの考え方
orestad6
今日は 北欧での住宅について色々紹介していきます。まずこちらの写真ですが新市街の竣工間もない集合住宅の様子です。同じ作りの壁のようなものが 多数立並びますがこれは それぞれの邸の仕切りになっておりそのしたは ゴミ収納庫やストックヤードとして使用するようです。屋上緑化がなされていてもう少し時間が経つと 植物も育ってくれると思います。
orestad5
床(土間)はインターロッキング敷になっていますが日本ととくにかわらない施工のようです。ただ 違うなぁと思ったのは 入口にグレーチングが入っている事。日本では 基礎があってステップを数段上り玄関へ行きますがこちらでは 玄関と道路の高さが同じというのが一般的なようです。そうなると 雨や雪が玄関から入ってくるのを避けるためここへグレーチングを入れているのでしょう。日本の基礎高なら必要のないものですね。
orestad3
ポストも各邸にすでに取り付けられています。なんの変哲もないシンプルな亜鉛メッキのポストですが材木の茶色と ポストの色と 芝生の緑のコントラストがとても綺麗だと思いました。
orestad1
次はこの集合住宅のパブリックスペースの植栽ですがなんとなく日本の植物によく似ていると感じました。日本に帰ってから調べてみたら日本の植物が品種改良されて北欧方面へ持ち出されているそうです。だから 馴染みがあったのかもしれません。
orestad2
こちらもパブリックスペースの目隠しになります。何の変哲もない縦格子のフェンスですが内側から強化ガラスが貼られています。おそらく風よけなのでしょう。なかなか凝ったことがされています。コストも結構かかると思うのですが・・
orestad4
この集合住宅では外構のデザインがシックにまとめてあります。先程も書きましたが 色の調和がとてもうまいと思います。やはり日本とは違って屋外での材木の使い方が腐食について寛大なのがとても気になります。こちらのデザイナーさんに日本の人工木を渡したらどのような反応をするのか?以上北欧で見た新築住宅の様子です。

最新記事

  • アーカイブ
    2023年
    2022年
    2021年
    2020年
    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年